まさかのエネル再登場?エネルの強さや再登場の可能性についてご紹介

カテゴリーまとめはこちら:ワンピース(ONE PIECE)

空島編での最大の敵といえばエネルです。そんなエネルが再登場したのではないか、とインターネットで噂されているのをご存じでしょうか。今回はそんなエネルについてご紹介します。

記事にコメントするにはこちら

エネルってどんなキャラクター?

 

 

エネルは先述したとおり、空島編で登場したキャラクターです。ルフィと戦った結果、負けてしまいます。

 

そんなエネルはどんなキャラクターなのかご説明します。

 

元スカイピアの唯一神

 

 

空島を統べる国、スカイピアで唯一神という名の国王でした。現在は新国家が建国されています。

 

先代の国王を倒し追放してから、6年間スカイピアを恐怖政治で支配しました。

 

頭巾長い耳たぶ雷神の太鼓を背負っているのが特徴です。

 

エネルの強さはどれくらい?

 

エネルはゴロゴロの実の能力者です。このゴロゴロの実は体を雷に変化させ、最大で2億ボルトの電撃を放つことができます。

 

機動力も高い上に、体を雷にすることができるので、金属などを伝って移動できます。油断していると攻撃した側が感電するおそれもあるのです。

 

ゴロゴロの実の能力は最強と言われているものの1つに挙げられます。

 

しかし唯一の弱点が電気を通さない存在です。そのためゴム人間であるルフィに攻撃はほとんど効きませんでした。

 

ちなみに雷のほかに長い棒を武器に戦います。そのため能力だけでなく、戦闘能力も高いです。

 

エネルは覇気も使えます。見分色の覇気なのですが、エネルは心綱(マントラ)と呼んでいました。

 

スカイピア全土の敵の位置を探知、攻撃の先読み、盗聴ができます。

 

エネルが再登場したと予想されている1004話

 

1004話ではローの能力によって宝物殿に赤鞘九人男が転送されました。そんな赤鞘九人男のところには、ある人物のシルエットが映っています。

 

そのシルエットは錦えもんより小柄で、長い髪もしくは耳たぶの姿です。そのためこのシルエットの人物がエネルで、ワノ国に来ているのではないか、という予想が立てられています。

 

影の正体は1005話でわかる?

 

影の正体は1005話ではわかりません。なぜなら手当てを受けた錦えもんたちも意識がもうろうとしており、覚えていないからです。

 

そして現在も影の正体はわかっていません。

 

影の正体として、候補が挙がっているのはエネル以外に2人います。その2人は日和福ロクジュです。

 

エネルがワノ国に来ると予想されている理由は?

 

 

エネルがワノ国に来ると予想されているのにはいくつか理由があります。

 

まずは見た目です。エネルは雷神風で雷太鼓を背負っています。見た目が和風なので来るのではと考えられているのです。

 

次にエネルと福ロクジュの耳が似ているという点が挙げられます。『ワンピース』の中で耳が長いのはこの2人だけなので、親子説が出ています。

 

ほかにもエネルが月に関係があり、光月家に『月』が含まれている上に、光月家が作ったポーネグリフが空島にあったことから、ワノ国に来るのではと考えられているのです。

 

 

大見出し:今、ワノ国編はどうなっている?

 

 

現在ワノ国編はさまざまなキャラクターが戦っており、状況も複雑となっています。そんな『ワンピース』の最新話がどんな風に展開しているのか、ご説明いたします。

 

1022話はどんな話?

 

飛び六胞は全滅しました。そんな1022話では複数の戦況が書かれています。

 

1つ目の戦況は雷ぞうと福ロクジュです。

 

福ロクジュがオロチに仕えたのは、忍という存在はその時代の将軍に仕えるものだと考えているからです。つまり福ロクジュからすれば、光月家にいまだに仕えている雷ぞうが、異質なのです。

 

しかし雷ぞうはモモの助のいう新たな将軍を得て、オロチ・カイドウという夜が終わり太陽が昇ると考えています。

 

キラーとホーキンスの戦いも終盤に近付きつつありました。ホーキンスの身代わりは残り1体となりました。しかしホーキンスは「身代わりは僅かだが、重要なのは誰の命か」と余裕です。

 

実は最後の身代わりの対象は、キッドだったのです。ローと一緒に『ビッグ・マム』と戦っているときに、キッドは大ダメージを受けます。

 

そのころサンジとマルコは、キングとクイーンの2人と戦っていました。しかしサンジもマルコも限界が近づいていました。

 

ゾロもまだ回復しきっておらず、侍たちに抱えられて逃げています。ゾロはもともと重症なので回復に時間がかかっているのです。

 

キングがそんなゾロを狙いますが、マルコが攻撃を防ぎます。

 

攻撃の対象がマルコに移ると「ああ、降参」と言ったあと「花形、登場だよい」という言葉の直後に、サンジのディアブル・ムートンショットと、ゾロの三刀流・煉獄鬼斬りが繰り出されました。

 

 

まとめ

 

空島編でルフィにボコボコにされたエネルですが、実は扉絵の短期集中連載で再登場しているのです。

 

短期集中連載では月に行き、宇宙海賊を倒した後地下に古代都市を発見します。とりあえず都市を攻撃した結果、眠っていたロボット兵の充電が完了して、エネルに忠誠を誓う、という内容のものです。

 

短期集中連載から本編につながるのか、エネルが再登場するのか、楽しみです。

記事にコメントするにはこちら