【終末のワルキューレ】ブリュンヒルデは綺麗だけではない!超個性派のキャラクター!!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 終末のワルキューレ

人類存亡を懸け『神と人とのタイマン勝負』を描いた大人気マンガ『終末のワルキューレ』。アニメが2021年6月17日からNetflixで全世界独占配信されるや否や圧倒的な人気ぶりで瞬く間に世界の人気アニメに躍り出ました。終末のワルキューレの主人公であるブリュンヒルデとはどんなキャラクターでしょうか?今回はブリュンヒルデの魅力について紹介していきます。

記事にコメントするにはこちら

終末のワルキューレの主人公(ヒロイン)兼語り部であるブリュンヒルデ。

パッと見てとても強そうで麗しい女性という印象。

でもブリュンヒルデって、どういうキャラクターなのでしょうか?

終末のワルキューレとは?

『終末のワルキューレ』は月刊コミックゼノンで連載中の激熱バトル漫画。

数あるバトル漫画の中でも、神様と人間のバトルという独特の世界観や設定で連載当初から人気を博していました。

あらすじは以下の通りです。

全世界の神VS偉人、武人、傑人!!!!

地上で横暴を極める人類に対し、神々は人類の滅亡を決定をしてしまいます。

その決定を覆すべく選ばれたのは人類史上最強、13人の戦士たち。

神々とのタイマン13番勝負に勝ち、人類は今後も地上で生き延びることができるのか!?

ブリュンヒルデは神話の人物?

ワルキューレ(ドイツ語: Walküre)またはヴァルキュリャ(古ノルド語: valkyrja、「戦死者を選ぶもの」の意)は、北欧神話に出てきます。

日本では戦乙女・戦女神などと訳されます。

戦場で生きる者と死ぬ者を定める女性、およびその軍団のことです。

分かりやすく表現をすると、戦う天使(または天女)。
甲冑に身を包み、羽飾りの兜と剣や槍・盾などを装備して武装。天馬を駆って空を翔けるとされています。

半分神で、半分人間です。

戦で亡くなった者を天上の宮殿ヴァルハラへ導く役割を担っています。

ちなみに、ブリュンヒルデ(Brynhildr)は『 輝く戦い』という意味です。

ブリュンヒルデのプロフィール

ブリュンヒルデは、主人公兼物語の語り部として描かれています。

神VS人間のタイマン勝負・ラグナロクを神々に仕掛けた人物でもあります。

5月27日生まれのA型。

眉目秀麗で聡明・容姿端麗で美しい女性です。

かつてはワルキューレでありながら、人間に堕とされてしまったこともあり人類の味方。

唯一の親人類派でもあります。

ワルキューレ13姉妹の長姉らしく、凛とした姿勢を崩しません。

名だたる神々の人類滅亡の決議に反対する時も臆せず、挑発する一面もあるので強心臓の持ち主ですね。

だが、その本性は…?

ブリュンヒルデの隠された(?)本性は後半に書いています。

ブリュンヒルデの声優は誰?

ブリュンヒルデの声優を務めるのは、人気女性声優の沢城みゆきさん。

ゲゲゲの鬼太郎の鬼太郎・ルパン三世の峰不二子などなど…とても有名なキャラクターをたくさん演じられています。

そんな沢城さんとブリュンヒルデは一心同体化のようなシンクロ率が魅力です。

まるで、ブリュンヒルデは沢城さんにアフレコをしてもらうために誕生したキャラクターと言っても過言ではありません。

沢城さんは、ブリュンヒルデを演じる時に大切にしていたことを以下のように語っています。

彼女は見目麗しい、上品で端正な顔立ちなんですけど、そこからびっくりするくらいゲスい発言がたくさん出てくるんです。これも掛け合わせの魅力がすごくある子だなと思いました。

なので声を当てるときは、すでに絵は美しいので、声としても上品さを損なわず、本当に「クソジジイ」と思いながら言うというか(笑)。

そういう気持ちは失わずに、でも美しくという真逆のことを同時にやるような面白みがあって、とにかくレンジの広さに尽きる気がします。

シリアスとギャグ、二面性があるブリュンヒルデを沢城さんがしっかりと演じています。

振り幅の大きいキャラを演じきる沢城さんはすごいと思います。

ブリュンヒルデの顔芸が酷い?

気高いワルキューレ13姉妹の長所のブリュンヒルデですが、顔芸が話題にもなっています。

回が進むにつれ、芸人びっくりの顔芸を披露する機会が増えていくのです。
この顔芸をする時はだいたいキレているか、もしくは悪いことを考えている時なのです。
基本的に神々に対しては異常に辛辣な対応します。

全知全能の神であるゼウスに対しては「戦闘変態嗜虐愛好神(エロジジイ)」呼ばわりしています。

また「神殺し」という目的の為なら姉妹の死すら冷酷に切り捨てる非道な一面もあります。
顔芸や冷酷な一面のせいで一部読者からは「人類の守護以外に何か真の目的があって悪巧みをしているのではないか」と勘繰られてしまう悲しき主人公です。

ストレスが頂点に達するとサルミアッキのパイをドカ食いするという、変わった癖を持っています。

味覚が壊滅しているのか、食べている最中も案の定 顔面崩壊を起こしています。

ボロボロ周りに零しながら汚く食べます。

ちなみに、サルミアッキパイは北欧のお菓子ですごく不味いそうです。

興味本位からですが、一口食べてみたいものです。

まとめ

血で血を洗う、神VS人間の闘いに彩を添えている美しく勇敢で、それでいてコミカルな面もあるブリュンヒルデ。

ブリュンヒルデの魅力が随所に溢れ出る素晴らしい作品を、是非鑑賞をしてみて下さい。

ブリュンヒルデと一緒に顔芸をして、手に汗握る死闘を楽しめるかもしれません。

 

記事にコメントするにはこちら