【東京リベンジャーズ】人気キャラ・マイキーって?実写やアニメでは誰が演じている?

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 東京卍リベンジャーズ

実写・アニメ化もされている大人気SFヤンキー漫画『東京リベンジャーズ』。作品の中でトップクラスの人気を誇るマイキーの魅力に迫ります。

記事にコメントするにはこちら

東京リベンジャーズとは?

『新宿スワン』『デザートイーグル』の原作者:和久井健さんの大人気漫画。

ヤンキー作品はよく見かけますが、プラスしてSF要素であるタイムリープを題材にしたサスペンス漫画にもなっています。
ハラハラドキドキの、一転・二転してこれからどうなっていくのかと手に汗を握るストーリー展開です。
2021年7月時点、既刊は23巻とまだ連載中ではあるものの累計発行部数は2500万部を突破し大人気漫画の仲間入りを果たしています。

アニメ化・映画実写化・舞台化もされています。

東京リベンジャーズの主人公は冴えない底辺フリーターの26歳・花垣武道(はながき たけみち)。

外観・部屋共にボロボロで壁の薄いアパートに住み、アルバイトでは6つ年下の女店長から毎日怒られている…。

極めつけは童貞という、なんとも冴えない日々を送っていました。

ある日家でニュースを見ていると、人生唯一の彼女・橘日向(たちばな ひなた)とその弟の橘直人(たちばな なおと)が亡くなったことを知ります。

呆気にとられる武道。

東京で幅を利かせている暴力団『東京卍會(とうきょうまんじかい)』の抗争に巻き込まれ命を落としたのだと判明。

暗い気持ちでアルバイトをこなした帰り道。駅のホームに立っていると、何者かに線路へ突き落されてしまいます。

そして、電車が迫りくる時、死を覚悟した武道は目が覚めるとそこは人生のピークだった中学2年生にタイムリープしていたのでした。

もしかすると、死んだ日向を救えるかもしれないと気付く武道。

最愛の中学生時代の彼女・日向を救うため、自分自身の人生にケリをつけるためにリベンジを決意したのです。

マイキーのプロフィール

佐野万次郎(さの まんじろう)。通称「マイキー」。

過去には中学3年生・15歳でした。

身長162㎝で血液型はB型。

趣味は寝ること。

愛車のバイクはCB250T、好物は旗つきのオムライス・どら焼き・たい焼き。

暴走族「東京卍會」の総長であり「無敵のマイキー」の異名を持っています。
無敵と言われている通りに喧嘩のセンスと実力は抜群、圧倒的なカリスマ性を持つ誰もが憧れる悪のカリスマです。

マイキーの魅力

目を引く容姿

東京卍會の中では、162㎝と最も小柄な体格。

ハイライトの無い黒い瞳。

15歳で髪型は前髪をポンパドール風に纏めてハーフアップ、金髪という派手な見た目です。

髪色は、アニメでは金ですが原作ではピンクゴールド。初期設定では金でしたが、途中でピンクゴールドに移行したそうです。

作者曰く「ハンサムに描くと決めて線の一本一本まで気を使って描いている」「色素が薄く白人のように」と念頭に置いてマイキーを描いているようです。

その時代ごとに髪型だけでなく容姿が変わっていきます。

是非、漫画やアニメで確認をしてみて下さい。

無邪気な性格

初登場はどら焼きを頬張りながら歩いてきたり、お子様ランチを食べたり、食後すぐに寝たり、武道と銭湯へ行った際には湯の中から驚かせてみたり…

純粋無垢な子どものような部分があります。

普段、喧嘩最強なだけに時折見せるギャップが読み手の心を掴むのではと思います。

仲間想い

マイキーの仲間想いを読み取れるエピソードがこちらです。

暴走族「愛美愛主(めびうす)」との抗争の際に、東京卍會参番隊隊長だったパーちんこと林田春樹(はやしだ はるき)の親友がやられた仕返しにマイキーは立ち上がります。

マイキーは「東卍にパーの親友やられてんのに迷惑って思ってる奴いる!? パーの親友やられてんのに“愛美愛主”に日和ってる奴いる? いねえよなぁ!!?」と、東京卍會メンバーを鼓舞します。

仲間のために体を張れるマイキー、素敵ですね。

実写映画では誰が演じている?

実写映画でマイキーを演じているのは吉沢亮さんです。

吉沢さんと言えば、いろいろな漫画原作の実写を多数されていますね。

今は大河ドラマ『晴天を衝け』の主演もされています。

身長はマイキーの162㎝よりも高いのがちょっと引っ掛かりますが、見事にマイキーを演じています。

アニメでは誰が演じている?

マイキーの声優を務めているのは林勇さん。

声優、歌手で神奈川県座間市出身。賢プロダクションに所属をしています。

父親が宝くじで500万円を当てたことがきっかけで、5歳の時に劇団ひまわりに所属するという変わった経歴を持っています。

子役としてテレビドラマやCMに出演していました。

アニメ作品だけではなく、洋画の吹き替えにも多数出演しています。

中性的で、強くも儚い声色はマイキーにぴったりだと思います。

代表作と言えば、ハイキュー!!の田中龍之介、チア男子!!の遠野浩司、文豪ストレイドッグスの立原道造などが挙げられます。

まとめ

まだ漫画の方は続いています。

マイキーもたくさん登場しています。

武道は無事に過去を変えて日向を救うことはできるのでしょうか?

マイキーも明るい幸せな未来を手にすることができるのか、今後の展開に大注目です。

 

記事にコメントするにはこちら