【進撃の巨人】アッカーマン一族とは何か?ミカサの頭痛の原因まで解説!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 進撃の巨人

諫山創さんによるダークファンタジー漫画作品『進撃の巨人』。人類を捕食する「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人に母親を捕食されたことをきっかけに、いつか巨人を駆逐するという想いを抱いた主人公のエレン・イェーガーが戦い抜く様が描かれます。そんな本作に登場するアッカーマン一族についてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

『進撃の巨人』とは?

『進撃の巨人』は、人類と巨人との戦いを描いたダークファンタジー漫画作品。作者は、今作が初連載となった諫山創(いさやま・はじめ)さん。作者のデビュー作である読み切り作品をベースに、講談社発行の月刊少年漫画雑誌「別冊少年マガジン」にて2009年10月号(創刊号)から2021年5月号まで連載されました。2019年12月時点でシリーズ累計発行部数は堂々の1億部を突破。金田一一(きんだいち・はじめ)の活躍を描いた人気推理漫画「金田一少年の事件簿シリーズ」に続き、講談社のコミックスの中で2つ目の1億部を突破した作品となりました。

テレビアニメは2013年に第1期(全26話)、2017年に第2期(全12話)、2018年から2019年まで第3期(全22話)が放送され、2020年12月から2021年3月にかけて第4期となる「The Final Season」Part.1が放送されました。2021年冬からはその続編が放送される予定です。2011年のスピンオフの小説化以降、この他にも多種多様なメディアミックスが展開され、2015年には前後篇2部作の実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』が公開されました。

物語のあらすじ

物語の舞台は、巨大な三重の壁の内側にある世界。人類を捕食する謎の存在「巨人」による脅威から身を守るため、人々はその内側で生活をしていました。「超大型巨人」の襲撃でその壁が破られてしまった日、巨人に母親を捕食されてしまった主人公のエレン・イェーガーは、いつかかならず巨人を駆逐してやるという決意を胸に、訓練兵団での厳しい訓練を経て、壁外調査を行う型破りな集団「調査兵団」に入団します。

物語中盤までは壁内人類と巨人との戦いがメインに描かれますが、衝撃的な真実が次々と明らかになっていった後は海外までもが視野に入るようになっていきます。エレンたちは壁内にいる人類がこの世界の人類の全てだと思っていましたが、エレンたちの暮らすパラディ島の外には実は様々な国が存在していたことが明らかになります。さらには、エレンたちを苦しめていた巨人は、実は元は「エルディア人(またはユミルの民)」と呼ばれる人間で、エレンたちもまたその一部であったことが明らかになるのです。

エルディア人はかつて巨人の力を利用して世界を蹂躙してきた歴史から、世界中の人々から憎まれる立場にありました。海外のマーレ国にいるエルディア人は厳しい迫害を受けると同時に巨人化する兵力として利用されており、パラディ島にいるエレンたちもまた憎まれる立場にあったのです。物語中盤までは巨人の脅威にいかに立ち向かうかを考えていたエレンたちは、世界中の憎しみを前にどのように生き延びていくかを模索することになるのです。

アッカーマン一族とは?

アッカーマン一族は、エルディア人の王家にあたる「フリッツ家」に仕えていた武家の一族。本家と分家に分かれており、調査兵団兵士長のリヴァイ・アッカーマンや中央第一憲兵団対人立体機動部隊隊長のケニー・アッカーマンなどは本家、本作のヒロインのミカサ・アッカーマンや彼女の父親などは分家にあたります。

身体能力に非常に長け、ある時とつぜん「力に目覚めた感覚」を覚えたことをきっかけに、身体の中から恐ろしいほどのパワーがわいてきて、何をどうすればいいかを全て把握することができるようになります。この能力は遺伝的に受け継がれていくものであり、一般人よりも圧倒的に優れた戦闘能力を発揮することが可能です。

作中で多数の戦闘シーンが描かれたミカサ、リヴァイ、ケニーは、過去に全員「力に目覚めた感覚」を覚えた経験があり、ミカサの場合は人攫いに連れ去られてナイフで戦わざるを得なくなった際、「世界は残酷なんだ」と自覚した瞬間に、自分を完璧に支配できるような力が発揮できるようになりました。

王政による迫害の歴史

かつて王政の懐刀であり、人類存続の担い手である王政中枢の1つであったはずのアッカーマン一族は、約100年前から壁内で激しい迫害を受けるようになりました。その理由は、アッカーマン一族が当時の王の意向に背いたことにありました。約100年前、第145代目の王にあたるカール・フリッツが可能な限りのエルディア人を率いて海外からパラディ島に移住し、そこに三重の壁を築いた際、彼は全ての巨人を統べる存在とも言える「始祖の巨人」の力を用いて人々の記憶を改竄し、過去の歴史を根絶することによって一糸乱れぬ平和を実現しようとしました。

この「始祖の巨人」による記憶操作を受けるのはエルディア人のみで、その影響を受けない少数民族の中にアッカーマン一族は含まれていました。アッカーマン一族は東洋の一族と共に当時の王の思想に異議を唱えたことで、王による操作を受けない一族として恐れられるようになり、王政による厳しい迫害を受けるようになったのでした。それによって一族が根絶やしにされる寸前にまで行き着きましたが、壁内王家の一員であるウーリ・レイスにケニー・アッカーマンが協力することを決めて王政側についたことをきっかけに、その迫害はようやく収まることになりました。

ミカサ・アッカーマンの頭痛の原因は?

コミックス28巻で、エレン・イェーガーは幼馴染のミカサ・アッカーマンとアルミン・アルレルト、そしてマーレの戦士候補生であるガビ・ブラウンの前で、マーレ戦士隊の戦士長を務める異母兄のジーク・イェーガーから聞いた情報を語ります。彼の言葉によれば、アッカーマン一族はエルディア帝国がユミルの民をいじくり回した結果誕生した一族で、人の姿をしたまま一部の巨人の力を引き出すことが可能でした。

アッカーマン一族はエルディア人の王を守護する意図で設計されたため、その名残で誰かを宿主として認識すると血に組み込まれた習性が発動する仕組みになっており、極限状態の中で宿主と認識した者の命令を聞くなどの諸々の条件が揃うことで、血に秘められた本能が覚醒します。それに目覚めたアッカーマン一族の人間は、驚異的な身体能力が発揮できるだけでなく、全てのユミルの民が空間を超越して繋がる「道」を通じて過去のアッカーマン一族が積み重ねてきた戦闘経験までもを引き出すことが可能。また、その力に目覚めたアッカーマン一族の人間は、本来の自分が宿主の護衛を強いられることに抵抗を覚えることで、突発性の頭痛を起こすことがよくあるとのことでした。

実際、作中でミカサには頭痛を起こす描写がよくあり、ミカサはエレンから「本来の自分を失い、ただ命令に従うために作られた一族。つまりは奴隷だ」と冷たく言われて動揺していました。しかし、コミックス32巻の回想でジークはエレンに対してアッカーマン一族に特有の疾患があるとは聞いたこともないし、宿主を守るための習性もないと口にしており、実はこれはエレンの嘘であったことが明らかになっています。

読者の間でもミカサの頭痛の原因に関して長らく議論がなされてきましたが、コミックス34巻に収録された最終話でようやくその原因が明らかにされました。この世から巨人の力が消え去った後、靄の中でミカサは始祖ユミルに対して「あなただったのね…。ずっと私の頭の中を覗いていたのは…」と話しかけます。始祖ユミルはエルディア人が巨人の力を持つきっかけになった女性で、死後2000年ものあいだ空間を超越した「道」の世界で、奴隷として働き続けていました。アッカーマン一族であるから頭痛が起きていたのではなく、その始祖ユミルに頭の中を覗かれていたからミカサにはよく頭痛が起きていたのでした。

『進撃の巨人』アッカーマン一族の登場人物その1:調査兵団兵士長 リヴァイ・アッカーマン

リヴァイ・アッカーマンは、調査兵団に所属する兵士長。アッカーマン一族の本家の人間です。刈り上げた短い黒髪と三白眼が特徴的な男性で、小柄な体格をしています。「人類最強の兵士」と称されるほどの抜きん出た実力の持ち主で、物語序盤で巨人化能力を持つエレン・イェーガーの処遇を決める兵法会議を終えたあと、エレンを自らの率いる特殊作戦班に所属させ、彼の上官兼監視役を担うことになりました。

物語中盤のシガンシナ区決戦では、第13代調査兵団団長を務めるエルヴィン・スミスに対して「獣の巨人」を仕留めることを誓い、エルヴィン率いる兵士たちの命がけの囮作戦が進行する中で「獣の巨人」との直接対決に挑んだものの、あと一歩のところで逃走を許してしまう結果になりました。エルヴィンの死後も「獣の巨人」の巨人化能力者であるジーク・イェーガーとの因縁は終わらず、パラディ島にやってきた彼の監視任務についていた際に、彼に「叫び」の力を行使されて逃走されそうになるも、捕縛することに成功しました。

彼をそのまま連行しようとした際、雷槍の自爆に巻き込まれたことで再起不能に近いほどの重傷を負いましたが、第14代調査兵団団長に就任したハンジ・ゾエによる治療と看病を受けたことで満身創痍の状態ながらも意識を取り戻しました。その後、「始祖の巨人」の力を掌握して超大型巨人の大群に世界中を踏み荒させる「地鳴らし」を発動させたエレンとの最終決戦に参加し、自ら姿を現したジークの首を切り落としたことで、ようやくエルヴィンへの誓いを果たしました。

その戦いの終わりでミカサ・アッカーマンがエレンの首を切り落とし、この世から巨人の力が消失した後、死した仲間たちの幻影に穏やかな心で向き合いました。それから3年が経過した後、マーレの戦士候補生であったファルコ・グライスが、リヴァイの乗った車椅子を街なかで押している様が描写されています。

リヴァイ・アッカーマンの声優は神谷浩史(かみや・ひろし)さん

そんなリヴァイ・アッカーマンの声を担当するのは、青二プロダクションに所属する声優の神谷浩史さん。1975年1月28日生まれで、茨城県牛久市出身。身長167cmで、血液型はA型。1994年に放送されたテレビアニメ『ツヨシしっかりしなさい』に登場するアベックの男役で声優デビューを果たしました。透明感のある声が特徴的で、これまでに「夏目友人帳シリーズ」の夏目貴志役、『おそ松さん』の松野チョロ松役、「〈物語〉シリーズ」の阿良々木暦役などを担当しています。

『進撃の巨人』アッカーマン一族の登場人物その2:中央第一憲兵団・対人立体機動部隊隊長 ケニー・アッカーマン

ケニー・アッカーマンは、王政直轄の憲兵団「中央第一憲兵団」に所属する「対人立体機動部隊」の隊長。アッカーマン一族の本家の人間です。パラディ島の王都ミットラスで憲兵の喉を切り裂いてきた「切り裂きケニー」の異名で知られた男性で、調査兵団兵士長を務めるリヴァイ・アッカーマンの母方の伯父にあたります。病気で母親を失って孤児になってしまった彼に殺人術や対人格闘術などの処世術を教えたあと、このような生き方をしている自分では人の親になどなれないという想いから、彼の元を去りました。

かつて王政によるアッカーマン一族への弾圧に抵抗するために活動していましたが、壁内の真の王であるウーリ・レイスの居場所に自ら乗り込んだ際に、ウーリの持つ「始祖の巨人」の力の前に敗北。それまで力こそが全てだという信条を持っていたケニーは、強大な力を持つはずのウーリが下賤の自分を相手に頭を下げたことに衝撃を受け、彼の力になることを決意。これをきっかけにアッカーマン一族に対する迫害は終わりました。中央憲兵団に入ったケニーは自らの「夢」を叶えるべく、議会による指示のもとに、要人の暗殺や対人立体機動部隊の設立などを行いました。

ケニーはウーリとの間に互いの立場の違いを超えた友人関係を築き、自分のようなどうしようもない人間であっても神にも等しい「始祖の巨人」の力を手に入れさえすれば、彼が見ていたものと同じ景色を見られるのではないかという想いを抱きました。ウーリが亡くなったあと、彼の兄であるロッド・レイスの傍でそれを奪うことのできる機会を狙っていましたが、レイス家以外の血筋では意味をなさないことを土壇場で知ることになります。

ロッドの無知性巨人化に伴う洞窟の崩落に巻き込まれたことで、対人立体機動部隊の全ての部下を失い、自身も致命傷を負いました。ロッドからくすねた巨人化薬を使用して延命する道を選ばず、死へと近づいていくなかで力が全てだと思っていた自分も、ウーリでさえも、何かの奴隷にすぎなかったのだと気づきました。リヴァイと2人きりになったとき、何故ケニーは自分の元を去っていったのかと長くわだかまりを抱えていたリヴァイの疑問に答え、巨人化薬を託すように押しつけて息を引き取りました。

ケニー・アッカーマンの声優は山路和弘(やまじ・かずひろ)さん

そんなケニー・アッカーマンの声を担当するのは、劇団青年座の演技部に所属する俳優・声優の山路和弘さん。1954年6月4日生まれで、三重県伊賀市出身。身長172cmで、血液型はA型。声優としてはこれまでに、『PSYCHO-PASS サイコパス』の雑賀譲二役、「戦姫絶唱シンフォギアシリーズ」の風鳴八紘役、『ワンパンマン』のシルバーファング/バング役などを担当。妻は、『進撃の巨人』でハンジ・ゾエ役を担当する声優の朴璐美(ぱく・ろみ)さん。海外作品の吹き替えで有名で、ジェイソン・ステイサムさんやヒュー・ジャックマンさんなどの名だたる俳優の声を担当しています。

『進撃の巨人』アッカーマン一族の登場人物その3:地下街の娼婦 クシェル・アッカーマン

クシェル・アッカーマンは、パラディ島の地下街の娼婦。アッカーマン一族の本家の人間で、調査兵団兵士長のリヴァイ・アッカーマンの母親であり、中央第一憲兵団・対人立体機動部隊隊長であるケニー・アッカーマンの妹にあたります。兄のケニーと生き別れてしまった後、再会を果たしたときには地下街にある娼館で「オランピア」という源氏名を名乗って働いていました。

娼館の客との間にリヴァイを身籠り、出産。時を経て再びケニーが会いに行った際には、客からうつされた病気で身体が弱り、ベッドに横たわったままガラガラに痩せた状態で死亡していました。ケニーは自分は親代わりになれる人間ではないと思いながらも、そこに残されていた幼いリヴァイのことを放っておくことはできず、彼に地下街を生き延びられる処世術を授けました。クシェルが自分の息子に苗字を教えなかった意図を察したケニーは、このとき自分の苗字はもちろん親族関係にあることをリヴァイには教えず、死ぬ直前にリヴァイからの疑問に答えて自分との関係を明かしました。

『進撃の巨人』アッカーマン一族の登場人物その4:迫害の歴史を知る人物 ケニーの祖父

ケニーの祖父は、ケニー・アッカーマンの祖父にあたる人物。アッカーマン一族の本家の人間で、作中では既に故人。身体がだいぶ弱ってベッドに横たわっている状態で、ケニーの回想の中に登場しました。アッカーマン一族が王政から酷い迫害を受けるなか、先代の秘密を墓まで持っていくことで子孫たちの命を守るつもりでいましたが、家を訪ねてきたケニーから何故アッカーマン一族がそこまでの迫害を受ける必要があるのかと尋ねられ、自身が知る限りの真実を教えました。

ケニーの祖父の声優は金尾哲夫(かなお・てつお)さん

そんなケニーの祖父の声を担当するのは、劇団昴に所属する俳優・声優の金尾哲夫さん。1950年9月29日生まれで、東京都出身。身長は173cm。劇団昴に所属してから俳優として舞台やテレビドラマなどに出演するほか、30代の頃から声優としても海外作品の吹き替えを中心に活動。アニメ作品では、『この音とまれ!』の久遠源役、『彼方のアストラ』のゲルト・ツヴァイク役、『慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜』のウォルクス役などを担当しています。

『進撃の巨人』アッカーマン一族の登場人物その5:調査兵団 ミカサ・アッカーマン

ミカサ・アッカーマンは、本作のヒロイン。アッカーマン一族の分家出身の父親と、壁内人類の中ではほぼ絶滅したとされる東洋の一族の母親との間に生まれました。幼少期に3人組の人攫いに両親を殺害されてしまった後、自身は連れさらわれてしまったところを主人公のエレン・イェーガーによって助けられ、その後はイェーガー家に引き取られることになりました。この出来事をきっかけにアッカーマン一族の血の力に覚醒。この時にエレンが巻いてくれたマフラーはミカサの宝物になり、それ以後は肌身離さず身につけるようになりました。

首席の成績で訓練兵団を卒業したあと、調査兵団に入ることを選択。同じ調査兵団に所属するエレンの命を守ることを第一に戦っていましたが、「進撃の巨人」の巨人化能力者である彼は、その力でこの先の未来の景色を目撃してしまったことをきっかけに、仲間たちに本心を語らないまま調査兵団の意向に反して独自の行動をとるようになってしまい、それ以降彼の振る舞いに大きく悩まされるようになりました。

全てのエルディア人が空間を超越して繋がる「道」の世界でエルディア人の始祖ユミルと邂逅し、「始祖の巨人」の力を掌握したエレンは、世界からパラディ島へと向けられた憎しみの念を断つために、超大型巨人の大群に世界中を踏み荒らさせる「地鳴らし」を発動。エレンを殺害することをためらい「私達の家に帰りたい」と願い続けていたミカサは、最終的に自らの手で決着をつけることを選択。エレンの首をブレードで切り落とした後に口づけ、戦いを終わりに導きました。

パラディ島に1人戻った後、エレンがよく居眠りをしていた大きな木の下に彼の首を埋葬しました。それから3年後にその木の下に腰を下ろしながら「あなたに会いたい」と口にしたときに、近寄ってきた鳥がマフラーを巻き直してくれたことに驚き、エレンに対する感謝の気持ちを口にしながら微笑みました。その後は、別の男性と家庭を築いて子どもにも恵まれましたが、白髪が生えて亡くなるまでその木まで墓参りを続けていた模様です。

ミカサ・アッカーマンの声優は石川由依(いしかわ・ゆい)さん

そんなミカサ・アッカーマンの声を担当するのは、mitt managementに所属する声優・俳優の石川由依さん。1989年5月30日生まれで、兵庫県出身。身長161cmで、血液型はAB型。幼い頃から様々な舞台に出演し、2002年にラジオドラマ「青春アドベンチャー『しゃばけ』」の鳴家役で声優デビューを果たしました。透明感と硬質さを兼ね備えた声が特徴的で、これまでに『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のヴァイオレット・エヴァーガーデン役、『トロピカル〜ジュ!プリキュア』の一之瀬みのり/キュアパパイア役、『映画 聲の形』の佐原みよこ役などを担当しています。

『進撃の巨人』アッカーマン一族の登場人物その6:人攫いに殺された男性 ミカサの父親

ミカサの父親は、本作のヒロインであるミカサ・アッカーマンの父親。アッカーマン一族の分家出身の男性で、ミカサの母親となる東洋の一族の女性とは、共に都市部で迫害を受けて壁の端の山奥まで追い詰められたところで出会い、夫婦となりました。

エレン・イェーガーの父親で医者の仕事をしていたグリシャ・イェーガーとは、診療のために家に招いていたことから親交があった様子。シガンシナ区近郊で妻や娘のミカサと共に平穏で幸せな家庭を築いていましたが、844年に希少な東洋の一族に目をつけた3人組の人攫いからの襲撃にあい、ドアを開けたところで刺殺されました。

ミカサの父親の声優は遠藤大智(えんどう・だいち)さん

そんなミカサの父親の声を担当するのは、賢プロダクションに所属する声優の遠藤大智さん。1981年2月3日生まれで、東京都出身。これまでに、『僕のヒーローアカデミア』のトゥワイス役、『フューチャーカード 神バディファイト』の蔵屋敷大志郎役、『ちはやふる』の伊勢大二郎役などを担当。『進撃の巨人』ではミカサの父親役以外にも、リーブス商会会長を務めるディモ・リーブス役も担当しています。

アッカーマン一族は作中で重要な役割を担った一族!

ここまでアッカーマン一族に関してご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

その驚異的な身体能力によって戦闘シーンで特に大きな活躍を見せ、ジーク・イェーガーとエレン・イェーガー異母兄弟のどちらもの命を最終的に刈り取ったアッカーマン一族は、作中で本当に重要な役割を果たした一族でしたよね。テレビアニメ『進撃の巨人』の第4期「The Final Season」Part.1の続きは、2021年冬より放送される予定です。そちらの方でのアッカーマン一族の活躍に期待していきましょう!

記事にコメントするにはこちら