【進撃の巨人】キース・シャーディスはエレンたちの教官!9つの知識を紹介!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 進撃の巨人

諫山創さんによる大ヒット少年漫画作品『進撃の巨人』。人類を捕食する謎の存在「巨人」がいる世界を舞台に、主人公のエレン・イェーガーが巨人を駆逐するまでの物語が展開されます。そんな本作に登場するキース・シャーディスは、エレンたちだい104期訓練兵団を指導した教官。そんな彼に関する知識の数々をご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

『進撃の巨人』とは?

『進撃の巨人』は、諫山創(いさやま・はじめ)さんによる少年漫画作品。作者のデビュー作である読み切り作品を元に、講談社発行の月刊少年漫画雑誌「別冊少年マガジン」にて2009年10月号(創刊号)より連載開始され、2021年5月号に掲載された第139話で完結を迎えました。ジャンルとしてはダークファンタジーにあたりますが、魔法や超能力といった要素は控えめで、むしろ架空の歴史物語のような硬派な展開が中心になっています。

テレビアニメは2013年に第1期が全26話放送された後、2017年に第2期が全12話、2018年から2019年にかけて第3期が全22話放送され、2020年12月から2021年3月にかけて第4期となる「The Final Season」Part.1が放送されました。2021年冬からは、その続きとなる第76話から放送が開始される予定です。この他にも、2011年のスピンオフの小説化以降さまざまなメディアミックスが展開されており、2015年には前後篇2部作として構成された実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』が公開されました。

物語のあらすじ

「残酷な世界」を描いたこの物語の始まりの舞台は、巨大な三重の壁の内側にある領域。今作の世界には人類を捕食する謎の存在「巨人」が存在しており、その脅威から身を守るために人々はその内側に生活圏を築いていたのでした。「超大型巨人」による襲撃でその壁が破られた日、壁の外からやってきた巨人に母親を捕食されてしまった主人公のエレン・イェーガーは、いつか巨人を駆逐すると誓い、訓練兵団での厳しい訓練を経て、壁外調査を行う型破りな集団「調査兵団」に入ることになります。

エレンたちは巨人の正体について何も知りませんでしたが、物語が進むと、人々が恐れていた巨人の正体は実は元は「エルディア人(またはユミルの民)」と呼ばれるただの人間であり、「パラディ島」と呼ばれる島に暮らしているエレンたちもまたそのエルディア人の一部であったことが明らかになります。エレンもまた、実は「進撃の巨人」と「始祖の巨人」という特別な巨人を継承した立場にありました。

エルディア人はその巨人の力で世界を蹂躙してきた歴史から、世界中の人々から憎まれる立場にありました。パラディ島の海の向こうにあるマーレ国では、エルディア人は迫害されると同時に巨人化する兵力として利用される立場にあり、エレンたちパラディ島の住人たちも同様に世界から憎悪の目を向けられる立場にありました。

物語中盤までは強大な力を持つ巨人にいかにして立ち向かうかを考えていたエレンたちは、それ以降は海外の国々を相手にいかにして生き延びていくかを考えざるを得なくなります。そんな中、「進撃の巨人」の力で未来の光景を目撃してしまったエレンは、調査兵団の意向を離れて独自行動をとるようになり、その末に超大型巨人の群れに世界中を踏み荒させる「地鳴らし」を発動させてしまうことになるのです。

キース・シャーディスとは?

キース・シャーディスは、エレンたち第104期訓練兵団の指導を担当した教官。顎髭を生やしたスキンヘッドの中年男性で、誕生日は8月11日。身長198cmで、体重は107kg。日頃の観察から訓練兵たちの実力や性格を正確に評価できる分析力があり、一目見るだけでどういった人生を歩んできたかを察せられるほどの洞察力もあります。訓練兵団の教官として優れた指揮能力を発揮していますが、彼の人生には自身を「傍観者」と称するほどの劣等感に塗れた後悔と苦しみがありました。

ここからは、そんなキース・シャーディスに関してより詳しくご紹介していきます!

『進撃の巨人』キース・シャーディスの知識1:声優は最上嗣生(もがみ・つぐお)さん

キース・シャーディスの声を担当するのは、賢プロダクションに所属する声優の最上嗣生さん。旧芸名は「中島嗣生(なかじま・つぐお)」で、「もがみん」の愛称で知られています。1980年1月18日生まれで、埼玉県出身。2002年に放送されたテレビアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』に登場する県警役で声優デビューを果たしました。

その他にもこれまでに、『D.Gray-man HALLOW』のクロス・マリアン役、『僕のヒーローアカデミア』のMr.コンプレス役や脳無役、『フューチャーカード 神バディファイト』の雷斧アギト役などを担当。2020年からは、同じ声優の山本和臣(やまもと・かずおみ)さんと一緒に、ゲームをしたり料理をしたりお話ししてみたり色々やってみるチャンネル「かずとみもがみ」をYoutubeに開設して、配信を行っています。

『進撃の巨人』キース・シャーディスの知識2:エレンたち第104期訓練兵団を厳しく指導

訓練兵団は、「調査兵団」「駐屯兵団」「憲兵団」に正式に配属される前の兵士たちが各種訓練を受ける兵団。その教官を務めるキース・シャーディスは、入団式の日にエレンたち第104期訓練兵団の者たちを「バカみてぇな名前だな」「こんな所でへこたれる者が憲兵団になどなれるものか」などと言って次々と罵倒していきました。この罵倒は毎年行われる通過儀礼で、それまでの自分を否定して真っさらになった状態から兵士に適した人材に育成するための意図があります。

ただし、既にその通過儀礼を終えていると判断した者に対してはこの罵倒を行ってはいません。このとき、キースがそれを行わない対象として選んだ者が、2年前の巨人侵攻で地獄を味わったエレン・イェーガーやミカサ・アッカーマン、とある目的のために身分を隠してパラディ島の訓練兵団に入団した「マーレの戦士」のライナー・ブラウン、ベルトルト・フーバー、アニ・レオンハート、そして孤児の生い立ちから地獄を味わってきたユミルであったあたり、人を見る目は確かであったことが伺えます。

キースは訓練兵たちに厳しく接する一方で、それぞれの長所や短所、特性をしっかりと把握した上で的確な評価を行っており、たとえばエレンのことは「格闘術に秀でる他は目立った特技は見られないが、他ならぬ努力で徐々に成績を伸ばした。人一倍強い目的意識を持つ」、アニのことは「斬撃の侵入角度に非の打ち所が無い…。目標を深くえぐり取る。性格は孤立ぎみ。連帯性に難がある」と評しています。また、素行の悪い訓練兵に対しては頭突きや死ぬ寸前まで走れといった制裁を与えており、サシャ・ブラウスなどからはトラウマを抱かれてもいます。

『進撃の巨人』キース・シャーディスの知識3:グリシャ・イェーガーを発見した過去

訓練兵団の教官になる前、実はキース・シャーディスは調査兵団に所属していました。後にエレン・イェーガーの父親となるグリシャ・イェーガーと初めて出会ったのは、壁外調査の帰路のことでした。人類の居住区である壁の内側ではなく、巨人がいて危険なはずの壁の外側に、なぜか記憶を失った状態で佇んでいた彼を発見し、保護したのです。これをきっかけに、「グリシャ・イェーガー」という名前と、自分が医者であること以外は何も思い出せない彼とキースは交流を持つようになりました。

彼と酒場で食事をしていた際、キースは何も知らないグリシャに対して調査兵団のことを語りました。そのときにグリシャから「あなた達はこの壁の誰よりも賢く勇気がある。調査兵団の存在は人間の想像力や魂が自由であることを示す証拠であり、人類の誇りそのものだ」「私なんぞに務まるものではないでしょう。調査兵団はもっと特別な…選ばれし者でないと…」という言葉を聞いたキースは、自分のことを特別な存在だと考えるようになり、後に調査兵団第12代団長に就任することになります。

『進撃の巨人』キース・シャーディスの知識4:実は第1話に登場したとある人物と同一人物

調査兵団団長に就任する前、キースは「私が団長にさえなれば成果は出せるのだ」と思っていましたが、就任してから無謀な壁外調査を繰り返した結果、成果を出すことができないまま調査兵団も自分自身も疲弊していくことになりました。いつしか人々から「シャーディス団長は突撃するしか能が無いって話だ。そのくせ自分だけは生き延びちまうもんだからタチが悪いよ」「さっさと団長代えちまえばいいのにねぇ」などとまで言われるようになってしまい、自分の無力に深く苦悩するようになります。

『進撃の巨人』を読んだことがなくても、第1巻第1話で調査兵団の兵士であった息子の死に絶望する母親からの「息子の死は!! 人類の反撃の糧になったのですよね!!?」という問いかけに対して、中年男性が「何の成果も!! 得られませんでした!! 私が無能なばかりに……!! ただいたずらに兵士を死なせ…!! ヤツらの正体を…!! 突きとめることができませんでした!!」と涙を流しながら語るシーンは知っているという方は多いのではないかと思いますが、実はこの時にそれを語っていた中年男性こそがキース・シャーディスだったのです。現在のスキンヘッドとは違い、当時は黒髪を生やしていたのでした。

『進撃の巨人』キース・シャーディスの知識5:自らを「傍観者」と口にする苦悩

特別な人間だと思い込んでいた自分はただの凡人にすぎず、何も成し遂げることができないまま大勢の仲間を死に追いやってしまったと、失意の底にいたキースは、優れた才能を持つ「特別な人間」だと思ったエルヴィン・スミスに次代団長の座を託します。ウォール・マリアが突破された日、街中が大混乱に陥っている中でキースはグリシャと再会し、避難所にいた彼の息子のエレンから、グリシャの妻であるカルラが巨人に捕食されて亡くなったという話を聞いて崩れ落ちてしまいます。

かつてグリシャの言葉をきっかけに自分が特別な人間だと思い込んだキースは、カルラの仇討ちをエレンに託そうとするグリシャに対し、「なぁ? また人に呪いをかけるのか? どうするんだ? お前の期待通りの人間じゃなかったら」と問いかけます。グリシャから鋭い眼差しで「この子はあんたと違う。私の子だ。どうか頼む…。関わらないでくれ」と言われたキースは、何も言い返せないまま森に入っていくグリシャとエレンを見送ります。

その後、森に雷光のような輝きが発生したのを確認したキースは、その地点にたどり着いたときに倒れているエレンを見つけます。グリシャはその場におらず、キースはエレンだけを抱えて避難所の寝床に戻してやりました。それから現実から逃げるように、経験豊富な調査兵団の兵士でありながら訓練兵団の教官へと退くことになったのでした。

『進撃の巨人』キース・シャーディスの知識6:エレンのベルトの金具に細工を施した張本人

訓練兵団にいた頃、エレンは他の者たちと同様に、巨人と戦う際に必要な「立体機動装置」を扱うための初歩的な訓練として、両側の腰にロープを結んでぶら下がった状態で一定時間姿勢を保つことにチャレンジしましたが、何度やっても上体を起こせずひっくり返ってしまうことになりました。巨人を駆逐すると意気込んで訓練兵団に入ったはずなのに、初歩であるはずの姿勢制御すら上手くできないことに落ち込むエレン。試験当日、キースに「立体機動装置を扱うことは兵士の最低条件だ。できなければ開拓地に戻ってもらう…いいな?」と言われてからそれに挑んだ際、エレンは一時的に姿勢を保つことに成功しますが、結局ひっくり返ってしまいます。

エレンは自分には本当に立体機動装置を扱う適正はないのかと絶望しますが、キースの指示で身につけていたベルトを取り替えてもう一度チャレンジしてみたら、難なく姿勢を保つことに成功しました。実はエレンが何度やってもひっくり返ってしまったのは、使用していたベルトの金具が破損していたためであり、彼の立体機動装置を扱う能力には何も問題がなかったのでした。

後に、このベルトの金具に細工を施した犯人は、他ならぬキースであったことが明かされています。かつてキースは、酒場のウェイトレスとして働いていたカルラに想いを寄せていましたが、カルラはグリシャ・イェーガーと結婚してエレンを産んだため、キースのその想いは報われずに終わりました。その後、調査兵団団長として結果を出せず失意の底にあったキースは、久々に顔を合わせたカルラに暴言を吐いてしまった際、彼女が息子のエレンのことを「偉大になんてならなくてもいい。人より優れていなくたって…。だって…見てくださいよ。こんなにかわいい。だからこの子はもう偉いんです。この世界に、生まれて来てくれたんだから」と思い、深い愛情を傾けていたことを知ります。

訓練兵団にエレンが入った際、エレンは母親の想いを知らないまま、父親の願い通りに自らの命を燃やして壁の外で燃え尽きるだろうと思ったキースは、エレンに兵団の道を諦めさせるためにわざとベルトの金具に細工を施しましたが、それでもエレンが短時間であっても姿勢制御に成功したのを見て、ベルトの不備を指摘して試験に合格させたのでした。その裏で、自分は何も変えることのできない「傍観者」にすぎないという無力を感じながら。

『進撃の巨人』キース・シャーディスの知識7:訓練兵たちからリンチを受けて拘束されることに

キース・シャーディスは、パラディ島がエルディア人を激しく憎む海外の国々との関係を考え始めた後も、訓練兵団の教官を務めていました。第109期訓練兵団に対して巨人襲撃時のシガンシナ区防衛訓練を指示した際、第109期訓練兵団の間ではひそかに、もう既に壁外の人間が相手になっているはずなのに巨人を想定した訓練をするのは時代遅れだという声が飛び交いました。

そのとき、調査兵団の意向に反して独自行動をとるエレン・イェーガーに同調した反兵団破壊組織「イェーガー派」の者たちが、兵団支部を占拠しにやってきます。その筆頭であるフロック・フォルスターは、訓練兵団に対して「我々イェーガー派は現在滅亡の危機にあるエルディアを救うために心臓を捧げると誓った!!」と語り、「今、君達に問う!! 君達は何者だ!? 我らエルディアの指導者エレン・イェーガーと共に未来を生きる者か!? それとも、ここにいるキース・シャーディスと共に古い慣習と共に心中する者か!?」と問いかけます。

そこで「エルディアの未来のため、心臓を捧げます!!」と前に出てきた数人の訓練兵たちに対し、フロックはその覚悟を示すためにキースを足腰立たなくなるまで痛めつけるように指示。それができなければ牢屋に入ってもらうと口にします。イェーガー派に拘束された状態で連れてこられた第14代調査兵団団長のハンジ・ゾエはフロックの横暴に抗議の声をあげようとしますが、キースは「ヒヨッコ共が何人かかってきたところで、相手にならん」と言ってハンジを制し、自ら訓練兵たちに痛めつけられる道を選んだのでした。

『進撃の巨人』キース・シャーディスの知識8:立体機動装置を身につけて訓練兵たちのピンチに登場

エレン・イェーガーに同調する反兵団破壊組織「イェーガー派」に拘束されたキース・シャーディスは、マーレ軍が飛行船でパラディ島に攻めてきた混乱のなかで解放されることになりました。エレンの異母兄であるジーク・イェーガーの「叫び」で発生した無知性巨人たちによって、「イェーガー派」についた訓練兵たちが追い込まれた際に、立体機動装置を身につけて登場。歴戦の兵士としての実力で訓練兵たちの命を救い、「私について来い!! 生き残りたい者がいるならな!!」と鼓舞しました。

訓練兵たちと共に砦の中に戻ったあと、「イェーガー派は民衆に支持され、この島の実権を握るだろう。私のような旧体制は払拭される他ない」と口にしたキースは、訓練兵のスルマから「俺達は教官の助けが無ければ、数時間前に死んでました…。何があっても俺達が教官を守ります!!」と声をかけられますが、自分が何のために大人しく足蹴にされる道を選んだのだと言ってそれに反対します。その上で、いつか立ち上がる日がくるその時まで自分をけして見失わず、体制の中で生き延び続けろと、教官として訓練兵たちを叱咤したのでした。

『進撃の巨人』キース・シャーディスの知識9:テオ・マガトと共に迎えた最期

キース・シャーディスはシガンシナ区の砦に潜んでいたとき、第104期訓練兵団卒業生であるアルミン・アルレルトたちが、兵団の同期でありながらもその正体はマーレの戦士の1人であったアニ・レオンハートを連れて港に向かう姿を目撃。超大型巨人の大群に世界中を踏み荒させる「地鳴らし」を発動させたエレン・イェーガーを止めるため、彼らが協力して飛行艇を奪取しようとしているのだと察したキースは、かつての教え子たちの成長に胸を震わせました。

キースは「イェーガー派」の増援を乗せた汽車を爆破することで、アルミンたちを陰ながら支援。飛行艇を繋いだ輸送船に彼らが乗り込んだ後に、殿を務めると言って地上に残ったマーレ軍元帥のテオ・マガトと初めて顔を合わせました。港に停泊している巡洋艦を今のうちに落としておかなければすぐにアルミンたちは捕まってしまうとマガトから教えられたキースは、共にそれへと乗り込みます。後悔に塗れた人生であってもお互いを讃え合った2人は、弾薬庫を爆破して巡洋艦を落とし、そこで命を落としたのでした。

テレビアニメ「Final Season」のキース・シャーディスの登場に期待!

ここまでキース・シャーディスについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

特別な人間だと思っていた自分は結局は凡庸な人間にすぎなかったと気づき、自己を「傍観者」と表現したキース・シャーディスの人生の苦さは、多くの読者が心のどこかで共感するものだったのではないでしょうか。そんな彼が「特別な人間」だと思ったグリシャ・イェーガーもまた、過去に大きな苦悩を抱えた存在であったと明かされるのが『進撃の巨人』の面白さですよね。

テレビアニメ「The Final Season」Part.1の続きは、2021年冬に放送開始する予定です。そちらでのキース・シャーディスの活躍をぜひご覧になってみてくださいね。

記事にコメントするにはこちら