【7seeds】どんな作品?アニメの内容は?

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 7seeds

記事にコメントするにはこちら

7seedsとは?

あの伝説的少女漫画『BASARA』の原作者:田村由美さんによる漫画作品。

それが『7seeds』です。

『別冊少女コミック』(小学館)において、2001年11月号から連載を開始しました。

『月刊フラワーズ』(小学館)創刊に伴い、同誌に移籍。

2002年6月号から2017年7月号まで連載された約16年の歴史を誇った超大作です。

2011年12月には連載10周年を記念してファンブック発売。

2018年1月には事実上の最終巻となる外伝が発売されました。

平成18年度(第52回)小学館漫画賞少女向け部門受賞。

2020年9月時点で電子版を含めた累計発行部数は650万部を突破しています。

偉い学者たちによって、人類の滅亡を危ぶまれた世界。

「近い将来、巨大天体が降り地球は様々な災害に見舞われ、恐竜が滅亡した時と同じような状態になるであろう」と予測されます。

各国首脳らが極秘会議を重ねた結果7seedsとされるプロジェクトが発足されました。

7seedsの概要は、若く健康な人間を選んで冷凍保存し地球が災厄に襲われている間眠らせ続ける。

やがて人が住める状態になったとコンピューターが判断した時に、自動解凍を行い放出するというプロジェクトです。

この7seedsプロジェクトに被験者として巻き込まれていく若者達、葛藤や複雑な感情に苛まされながらも前を向いて生きていく群像劇です。

7seedsプロジェクトは国ごとに行われています。

日本では7人ずつ5チーム「春・夏A・夏B・秋・冬」に分かれています。

選ばれる基準は様々で、遺伝性の病気や早死にした者・犯罪者が身内にいないこと、本人の健康状態、生殖能力の有無、豊かで問題のない家庭に育った、容姿も麗しい者や、ある分野に秀でている者が選ばれています。

7seedsの登場人物

岩清水 ナツ(いわしみず なつ)

夏のBチーム編の主人公。16歳で蟹座のO型。埼玉県さいたま市出身。視力は良好で両目とも1.5です。

内向的で自分の殻にこもりがちな性格。

学校でもいじめられていて登校拒否状態でした。

当初は内気な性格ゆえ周りに迷惑をかけることも多かったが、過酷なサバイバル環境で生きていくことで次第にたくましくなっていき成長をしていきます。

声優は東山奈央さん。

青田 嵐(あおた あらし)

夏のBチームの一員。高校2年生の17歳。蠍座のO型。東京都杉並区出身。

水泳部のエースでオリンピックを目指していました。

虫が大の苦手で音痴。母親を亡くしています。

「春のチーム」の末黒野花とは恋人同士です。恋人の花を一途に想い続けています。

優しく誠実な性格で、誰に対しても気さくに真っ直ぐに接します。

声優は福山潤さんです。

麻井 蝉丸(あさい せみまる)

夏のBチームの一員。18歳。静岡県浜松市出身。

チームのムードメーカ的存在。

水商売の母親と子ども一人という母子家庭に育ち、父親は誰なのかは知らないです。

口の悪いわがままな不良少年。だけど面倒見はよく、洞察力に優れています。

複雑な家庭環境と、昔にいじめられていた経験から不良になりました。

虫と犬が苦手。

声優は小西克幸さんです。

末黒野 花(すぐろの はな)

春のチーム編の主人公。夏のBチーム、嵐の恋人でもあります。

17歳。東京都世田谷区出身。

特技はフリークライミングと、男性より勝気な性格で明るく行動力のあります。

幼い頃から父親にサバイバル知識を教わっていて、女性ながらナイフの扱いや昆虫にも慣れています。

嵐との再会を希望に、勇敢にサバイバル生活をこなしていきます。

声優は日笠陽子さんです。

新巻 鷹弘(あらまき たかひろ)

冬のチーム編の主人公。高校2年生。神奈川出身。

野球部で、50年に1人のピッチャーと言われるほどの逸材です。

甲子園のヒーローで、嵐・花・万作も彼のファンでテレビに釘付けでした。

小心者で臆病な面もありますが、温和で実直・優しい性格です。

冬のチームでただ1人生き残り。

春のチームと合流するまで15年の間、人間1人と犬達で生きていました。

北海道に生息する野犬を飼い慣らし、家族のように多数の野犬に囲まれながら旅をしていました。

声優は佐々木望さんです。

7seedsのアニメの評判は?

Netflixにて第1シリーズが2019年6月28日より全世界独占配信されました。

第2シリーズは2020年3月26日に配信済みです。

ファンの間では、あまり評判はよくないのが現実です。

明らかに原作とは違うエピソードもあるとのこと。

7seedsの最大の魅力は人間と人間との濃密な交流です。

物語の肝になる人間関係がしっかりと描かれていいないのが難点だと推測されます。

話数は24話と限られているので全体的に駆け足だったのかもしれません。

連載16年も続いた大作を、たった30分程度の24話のアニメでまとめるのは難しかったのでしょう。

まとめ

芸能人にもファンの多い、田村由美さんの漫画作品。

現在『ミステリと言う勿れ』という作品が連載されています。

7seedsも大変読みごたえがある作品となっていますので、是非原作もアニメも鑑賞してみて下さい。

記事にコメントするにはこちら