【終末のワルキューレ】ポセイドンがめちゃくちゃ強い!クールな素顔に迫る!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 終末のワルキューレ

大人気バトル漫画『終末のワルキューレ』に登場する神の中で、人気を誇っているポセイドン。神にも最恐と謳われるポセイドンの強さはどれほどなのかを見ていきます。

記事にコメントするにはこちら

終末のワルキューレとは?

終末のワルキューレは構成:フクイタクミ 原作:梅村真也 作画:アジチカが監修をしている漫画作品です。

神VS人類のタイマンバトルという、このフレーズを聞くだけで滾ってくるような熱いバトルが繰り広げられます。

2021年6月時点で累計発行部数は700万部を突破!!

このマンガがすごい! 2019 オトコ編 …第5位

全国書店員が選んだおすすめコミック 2019 一般部門 … 第5位

次にくるマンガ大賞 2019 –…第20位

第2回マンガ新聞大賞…第7位

などなど、読者の期待を裏切らない実績もたたき出しています。

ポセイドンが麗しい!!

ゼウスの兄の一人。

「大海の暴君」「海のゼウス」(ゼウス・エナリオス)とも呼ばれています。

老体なゼウスとは対照的に整った顔立ちに金髪碧眼と美青年です。武器はトライデント。三叉になっている矛で、ぱっと見フォークのような形をしています。

見下した相手には視線も合わせず、戦闘でも自らは動かず向かってきた相手、間合いに入った敵を一撃で迎撃します。

見目麗しい姿から、読者の中でもポセイドンのファンの方は多いのではないかと推察します。

ギリシア神話によると、海と地震を司る神。

オリュンポス十二神の一柱であり、最高神ゼウスに次ぐ圧倒的な強さを誇っています。

海洋の全てを支配し、全大陸すらポセイドンの力によって支えられているなどポセイドンの支配力が伺えます。

怒り狂うと、強大な地震を引き起こして世界そのものを激しく揺さぶるほど。

地下水の支配者でもあり、泉の守護神ともされています。

地球は97%も海水で占めているので、ポセイドンの逆鱗に触れると大変な惨事になりかねませんね。

神らしく残忍な面も

アレスやヘルメスから「最も神らしい神」と称されるほどの存在のポセイドン。

『神は群れぬ、謀らぬ、頼らぬ…初めから完璧な存在である』と、完全無欠な存在である神には仲間も謀も不要と考えています。

なんと、オリンポスの神はかつて13存在していたそうです。

何故、歴史上では12神となっているかと言うとポセイドンが実の兄であるアダマスを殺害したからなのです。

アダマスは末弟であるゼウスが、最高神に選ばれたことに不満を持っていました。

兄として面白くないアダマスはゼウスに対して謀反を起こす決心します。

多くの神々に言葉巧みに誘い仲間に取り込んで自分の味方を大勢作っていました。

 

その誘いは、弟のポセイドンにも掛けます。

弟が兄の上に立っているなどあり得ないと訴えるアダマス。

ポセイドンの美学として、神が群れをなすなど考えられません。

謀反の誘いを断ります。

昔から一度も自分と視線を合わせない弟に対し激昂し、斬りかかろうとするアダマスでしたがポセイドンによって一撃され命を落とします。

神は初めから絶対的な神ではないといけない。

その信条から、アダマスを殺害し最初から存在をしていなかった神とみなします。

この冷酷非道なことから、神々からも恐れられる孤高の存在となっていくのでした。

ポセイドンの強さを検証!!

やはりポセイドンの強さは「不動」にあると思います。

動かずして、自身の間合いに入ってきた者をトライデントで一撃…実にシンプルな戦い方です。

3回戦、人類側は佐々木小次郎が参戦。

戦いの序盤においてトライデントで、間合いに入り斬りかかってくる小次郎を追い詰め脇腹を攻撃します。

観客や佐々木小次郎の度肝を抜くような攻撃の速さに、ポセイドンの優位かと思われていました。

佐々木小次郎は様々な技を繰り出すのに対し、ポセイドンの攻撃はその全てが小細工一切なしの高速の突きのみ。

その潔い戦い方こそ、ポセイドンの強さではないでしょうか。

ポセイドンの声優は誰?

ポセイドンのクールでどこか浮世離れしている美しい声を担当している声優は誰でしょうか?

櫻井孝宏さんです。

声優、ナレーター、ラジオパーソナリティと声を扱う仕事を担っています。

盟友・声優の鈴村健一さんが社長を務めているインテンション所属。

声の種類はテノールで、少年役からクールでセクシーな役までこなしています。

声優の代表作品は、おそ松さんの松野おそ松役・ファイナルファンタジー7のクラウド・ストライフ役・鬼滅の刃の富岡義勇役などが多数あります。

ポセイドンを演じるに辺り、櫻井さんは以下の通りに語ってくれています。

“神のイメージに縛られない日本ならではの切り口がとても面白い作品だと思いました。
神対人のマッチアップが渋く、勝ち負けの描き方も凄くて、闘争を通して描く登場人物たちのドラマに胸躍ってしまいました!

傲岸不遜で痛いくらいに冷たいキャラクターです。

殺気漂う仄暗い目で、神は神であると冷酷に体現するポセイドン。
彼の圧倒的な力を表現できるよう頑張りたいです。”

まとめ

ラグナロク3回戦目の勝敗はいかに…!?

こちらは漫画やアニメでチェックしてみて下さい。

きっと実際に鑑賞をされた方が面白いです。

記事にコメントするにはこちら