【終末のワルキューレ】ヘルメスはトリックスター?どんな神様?

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 終末のワルキューレ

終末のワルキューレに登場するゼウスに仕える執事・ヘルメス。ヘルメスとは一体どのような神様なのでしょうか?

記事にコメントするにはこちら

終末のワルキューレってどんな話?

終末のワルキューレは「月刊コミックゼノン」の2018年1月号から連載されている漫画作品です。

原作・梅村真也さん、構成・フクイタクミさん、作画・アジチカさんが担当しています。

2021年6月から、ネットフリックスにてアニメの配信が始まりました。

始まった当初から大人気。

続編を期待する声を受け、2021年10月からは第二期が地上波で放送されることが決定しました。

第一期のオープニングテーマはマキシマムザホルモンの「KAMIGAMI-神噛-」。

エンディングテーマは島爺の「不可避」と豪華。

ついには舞台化も決定し、ノリにノッている漫画作品と見受けられます。

世界の名だたる神々が1000年に1回集まり「人類存亡会議」が開催されていました。

会議の議題は人類が今後も存続して良いのか、否かを問うものでした。

この会議にて、人類同士で争い・環境を破壊し愚かな行動をしている哀れな人類に対して「人類は滅ぶべき」と、参加をした神々はこの議案に賛成しました。

このまま人類に終末が与えられるかと思ったその時、その身を人間に堕とされ半神半人となったワルキューレの長姉・ブリュンヒルデが決議に待ったをかけました。

「神VS人類の最終闘争(ラグナロク)」で決着をつけないか?と神々に提案するブリュンヒルデ。

神側・人類側それぞれが13人ずつの戦士で対戦。全13戦で決着がつけられます。

ここに神VS人類のタイマン勝負が行われるのでした。

人類の存亡はどうなってしまうのか…?

ヘルメスってどんなキャラクター?

オリュンポス12神の第10柱に名を連ねるギリシャ神話の伝令神。

燕尾服を着た美青年の姿をしています。

普段は父ゼウスの執事として仕えています。

ラグナロクは、戦を司る神でもある兄のアレスと共に高みの見物で観戦をしています。

ギリシャ神話に登場する青年神。
ゼウスがマイアとの間にもうけた子。象徴は朱鷺と雄鶏。
全神々の内で一番足が速く、弁が立つことから伝令役を担う。また狡猾な知恵者でもあり、ゼウスの参謀としても働いている。

 

ヘルメスってどんな神様?

前述の通り、オリュンポス12神の第10柱に名を連ねるギリシャ神話の伝令神。

と、共にローマ神話のメルクリウス(マーキュリー)にもあたります。

ヘルメスのルーツはアルカディアの豊穣と牧畜の神であると言われています。

アルカディアとはギリシア南部、ペロポネソス半島中央部の県のことを指します。

畑の境界や三差路に置かれた石柱(ヘルマ)に姿が彫刻されていたことから、旅人・交通の守護者となりました。

ヘルメスの名はこのヘルマに由来するとも言われています。

この成り立ちから死者を冥府へ送り届ける死神としての性格も併せ持つようになっています。

人間に富を与える神であり、手には翼・蛇のからみついた杖を持っています。

商業貿易を司る神ということで、日本でも商業学校などの校章に杖がよく使われているとのこと。

ゲン担ぎにはもってこいの神様ということでしょうか。

トリックスターとしての才能あり?

トリックスターとは“いたずら者”という意味があります。

父ゼウスに忠実な執事のヘルメスが本当にいたずら者なのでしょうか?

ギリシャ神話のヘルメスは、こう記されています。

ヘルメス神はトリックスターとしての顔を持っています。

テュポーン討伐など、神々の難敵との戦いではその知恵と俊足と手癖の悪さを活かして勝利への突破口を開くことが多いのです。

他の神々の道具を応用するテクニックに優れ、ゼウスの使いである鷲を巧みに操ったり、ギガントマキア(オリンポスの神々と巨人族との大戦)ではハデスの隠れ兜を用いてギガースを討ち取ったりしています。

単に頭が切れるだけでなく、巧妙な罠を仕掛けたり悪知恵もしっかり働くということが分かります。

天才的なバイオリン奏者!?

ラグナロク第2回戦…父ゼウスの出陣時には自ら無数のバイオリンで「G戦場の大殺戮」を奏でました。

その演奏は、天界にいる名高き音楽家たちでさえも感涙するほどです。

ヘルメスの声優は誰?

ヘルメスの声優は諏訪部順一さんが担当をしています。

諏訪部さんは東京都出身の声優、ナレーター。東京俳優生活協同組合所属です。

声優としての代表作は、テニスの王子様の跡部圭吾役・うたの☆プリンスさまっ♪の神宮寺レン役・黒執事のアンダーテイカー役などなど多岐にわたっています。

声優としてはいろいろな役を演じ分けていて、少年役から大人役まで幅広いです。

バリトンの低い優しい、渋い声が魅力です。

まとめ

ヘルメスはあくまで執事の立場としてラグナロクに居合わせています。

戦いに赴く神の中には入っていません。

ですが、トリックスターのヘルメスはもしかすると今後ラグナロクにおいて番狂わせをする神かもしれないです。

まだ大人しく観戦をしているのも気になります。

一体、ヘルメスは本性をこれから出していくのでしょうか?

大注目です。

記事にコメントするにはこちら