【HUNTER×HUNTER】最強キャラ!?ツェリードニヒの強さを徹底考察

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)

暗黒大陸編から登場した最強キャラの呼び声高いツェリードニヒの念能力や圧倒的なポテンシャルを解説していきたいと思います。また、今後どのような展開になるかやクラピカとの関係も考察しているのでぜひ読んでいただけると嬉しいです。

記事にコメントするにはこちら

【HUNTER×HUNTER】ツェリードニヒとは?

ツェリードニヒとはカキンの第4王子であり、クラピカの新しい敵として登場し、残忍な性格で是が非でも次の国王になろうとする王子の一人です。14人の王子の中でも注目して取り上げられており、そのポテンシャルはハンターハンター内でもトップを争うものがあります。

性格はかなり残忍で人を見下し、なんとも思わない悪のカリスマのような特徴を持っています。しかし、表では知的でスマートな印象を振る舞っています。

 

念能力

水見式が過去最高クラス

念系統は特質系で、水見式で確かめたときに葉が枯れ、水も沸騰して腐り、腐敗臭を放つ変化を見せました。最強クラスのネフェルピトーのときでさえも葉が枯れるくらいだったので、この変化は過去最高クラスです。

習得ペースが異次元

ツェリードニヒは王位継承戦の開始当時、念の存在すら知りませんでした。ですが圧倒的な成長速度で最新話では、部下に気づかれずに自分の念能力が何かを完全に把握し、意のままに発動させています。

ゴンやキルアも念の習得が早かったが、凝のコツをゴンやキルアは1日で掴んだがツェリードニヒはたった半日でコツを掴み始めました点からとんでもない才能を持ち合わせています。

刹那の10秒

具体的な念能力は、数秒先の未来を予知し、改変する能力です。発動条件は絶状態になったときで絶になると、予知夢が見えその後の10秒間は自分が動いても周りの人は気づきません。

念を教えている部下はツェリードニヒに念を覚えさせるのは危険だと感じ、絶の修行中に銃で殺そうとしたが予知夢を発動させ、未来を改変させ銃を避けました。まだ、この念能力は発展途上なため使いこなせることができたらとてつもない能力になることは間違いないでしょう。

 

ツェリードニヒの念獣

なんと2体所持!

王位継承戦では、壺中卵の儀により各王子に念で作られた守護霊獣という念獣が作られます。本人の性質や能力に合わせて形態が異なり、本人を守って能力を発動します。

ツェリードニヒは壺中卵の儀で得た念獣に加えて、念能力の修行を得て自身の能力でもう一体の念獣を生み出しました。これは他の王子ではありえないことです。

今のところ、ツェリードニヒの念能力は絶状態時が発動条件なので、絶状態時に敵からの攻撃を念獣がツェリードニヒを守るという戦闘スタイルが予想できます。

①念獣

壺中卵の儀で得た1体目の念獣は、首の長い4足歩行の怪物の姿をしており、おぞましい女のような顔をしています。能力は、ツェリードニヒに嘘をついた人間を異形の奴隷に変化させる能力です。

一度目の嘘で体表に傷をつけ、二度目の嘘でその傷が広範囲に拡大します。三度目の嘘で念獣にされてしまうという説があります。

②念獣

念能力の修行を得て生み出した念獣も異形の形をしており、二足歩行の怪物のような姿で大きな羽が生えているように見えます。能力は明らかになっていないが顔や胸の部分に開く場所があるので何かを出したり、取り込んだりする可能性があります。

 

クラピカとの関係、今後の展開

クラピカの最後の標的

ツェリードニヒはクラピカの同胞であるクルタ族の緋を多数所持しており、大量の目を写した動画を闇サイトにアップしています。クラピカが探している仲間の最後の目の持ち主であり、クラピカは彼の情報を得ると引き換えに、十二支んに加入しブラックホエール号に乗ることになりました。

パイロとの関係

パイロとはクルタ族でありクラピカと幼馴染かつ親友であり、クルタ族の襲撃によりパイロは死亡しました。

ツェリードニヒの人体コレクションの中にパイロの頭部らしきものがある描写があります。また先ほど説明した壺中卵の儀によって得た念獣の口の中にパイロと思われる頭部があります。

このことからツェリードニヒはクルタ族襲撃、さらにはパイロに何らかのかかわりがあることが考えられます。

クルタ族襲撃にツェリードニヒが関わっている!?

ツェリードニヒが緋の目を手に入れた方法は2つ考えられます。1つ目はヨークシンなどのオークションで手に入れた可能性です。大国の王子であるツェリードニヒは財力は十分にあるだろうし、ハンターサイトでは入手難度Aである頭部と目のセットがオークションに出回ったとしても競り落とすことは可能なはずです。

2つ目はツェリードニヒが緋の目を獲得するため、クルタ族の虐殺を幻影旅団に依頼した可能性です。作中ではツェリードニヒと幻影旅団の繋がりは描かれていないが、幻影旅団はブラックホエール号に乗っています。事前のクロロの電話の内容から推測すると、元から繋がりがあったのではないかと考えられます。

クラピカと戦うときがくるのか

ブラックホエール号船内のうちに戦う可能性は大いにあると思います。ですが、このままツェリードニヒが念能力を修行していけば、おそらくクラピカは負けるでしょう。また、クラピカは寿命や体力を考えればぎりぎりの状態なので、クラピカは船内で結末を迎えるかもしれません。

記事にコメントするにはこちら