【テニスの王子様】連載20周年記念人気キャラランキング!

カテゴリーまとめはこちら:その他

2019年に行われたテニスの王子様連載20周年特別企画の人気投票。本編に数コマしか登場していないキャラクターも投票の対象になったことから、大いに話題を呼びました。記念すべき20周年の人気投票は一体誰が1位だったのか?ぜひご覧ください。

記事にコメントするにはこちら

テニスの王子様の人気投票

人気投票はいつから行われた?

テニスの王子様の人気投票は週刊少年ジャンプ上での人気投票と、バレンタインチョコ獲得個数を競う人気投票の2つがあります。ジャンプで行われた人気投票第1回目は2000年頃に開催され、第1回は主人公の越前リョーマ(えちぜんりょーま)が1位を獲得しています。

 

バレンタイン投票が主流

2001年に初めてバレンタインチョコの獲得総数を競う人気投票が行われました。ジャンプの人気投票ではリョーマが勝ちましたが、バレンタインのランキングでは不二周助(ふじしゅうすけ)が1位になるなど、女性と男性の推しキャラの違いが伺えます。

そしてその後はバレンタイン投票が主流となり、推しキャラに大量のチョコを送るという強者もおり、2018年に行われたバレンタイン投票では総数が45万個を超えてしまう人気の凄さが伺えます。

 

人気キャラは一体誰?

さて、今回は2019年に行われたテニスの王子様連載20周年記念の人気投票の結果をご紹介します!

【10位】氷帝学園:宍戸亮(21874票)

宍戸亮(ししどりょう)は「激ダサだぜ!」が口癖で、氷帝学園の最強ダブルスで鳳長太郎(おおとりちょうたろう)のパートナー。元々はシングルスプレーヤーですが、ある出来事をきっかけに鳳とダブルスを組むことになりました。

ダブルスを始めてから公式戦で一度も負けていませんでしたが、新テニスの王子様では鳳に脱落タイブレークマッチで敗れてしまいました。

 

【9位】氷帝学園:日吉若(22951票)

日吉若(ひよしわかし)は「下剋上」が信条の氷帝学園2年生。関東大会では延長戦でリョーマと対戦しました。実家が古武術の道場で、テニスのプレー自体も古武術を取り入れたスタイルです。また、部長である跡部景吾(あとべけいご)にも実力を認められており、3年生引退後は氷帝学園の部長に就任しました。

 

【8位】立海大;丸井ブン太(23631票)

 

立海大の丸井ブン太(まるいぶんた)は、天才的なボレーヤーで妙技と呼ばれるさまざまな技を操る技巧派。甘いものが大好きで、常にガムを嚙んでいるか何かしらお菓子を食べています。ダブルスプレーヤーで、立海ではジャッカル桑原(じゃっかるくわはら)とペアを組み、新テニスの王子様では比嘉中の木手永四郎(きてえいしろう)とペアを組んで勝利しました。

 

【7位】立海大:仁王雅治(30327票)

続いてランクインしたのも立海大の3年生仁王雅治(におうまさはる)。コート上のペテン師という異名を持ち、得意技は他の人物になりきれるイリュージョンです。関東大会決勝では柳生比呂士(やぎゅうひろし)とダブルスを組み、全国大会決勝ではシングルスで不二周助と戦うなど、ダブルスもシングルスもこなせるマルチプレイヤーです。

 

【6位】青春学園:越前リョーマ(33427票)

テニスの王子様の主人公、越前リョーマは6位にランクイン。リョーマの魅力は何と言っても、ジャンプの主人公らしからぬクールさ。先輩やライバルをものともせず、常に冷静沈着です。しかし、試合となるとクールな表情の中にも、絶対負けないという熱い想いが表れるためクールさと秘めた熱さが人気の秘密でしょう。

 

【5位】四天宝寺:白石蔵ノ介(36668票)

四天宝寺の部長、白石蔵ノ介(しらいしくらのすけ)は正統派イケメンでファンがとても多いキャラです。口癖は「んんーっ、絶頂(エクスタシー)!」と独特で、番外編でもわりとギャグパートが多いですが、そのギャップが萌えるポイント。

さらにテニスの実力も折り紙付きで、シングルス負けなしの不二周助を唯一倒した男でもあります。

 

【4位】手塚国光(51662票)

青春学園の部長にして天才の手塚国光(てづかくにみつ)は、4位にランクイン。実は作中での戦績は意外と良くないものの、クールな姿から想像できない熱い男なのでそういった点が人気の要素となっています。

 

【3位】立海大:幸村精市(55480票)

3位に輝いたのは立海大の部長、幸村精市(ゆきむらせいいち)です。幸村は「神の子」と呼ばれ、ド派手な技は無いものの、相手の自信を徐々に奪っていきイップス状態にさせ、五感を奪うという最強の能力を持っています。

 

幸村の魅力とは?

幸村の見た目は薄幸の美少年。最初に登場した時は、ギランバレー症候群を患い入院していました。美しく儚げな外見とは大きく異なる、最恐のテニスて相手を圧倒するというギャップが人気のポイントです。また、笑顔でさらっと厳しいことを言ってのけるのも、幸村の魅力の一つです。

 

【2位】氷帝学園:跡部景吾(74053票)

テニスの王子様には魅力的なキャラが多く登場しますが、その中で圧倒的なカリスマ性を放っているのが氷帝学園の部長、跡部景吾です。単なる人気だけではなく実力も折り紙付き。新テニスの王子様も活躍しています。

 

跡部の魅力とは?

跡部の魅力は何と言っても「俺様」な気質が女性のハートを虜にしています。テニスの王子様のキャラの中でも、非常にファンに愛されていて、跡部の誕生日には「跡部様生誕祭」というものが森永ダースコラボで実現するほど。跡部にチョコレートを贈るのは、納税と同じ義務だ、と言い切る熱狂的なファンを多く抱えています。

 

【1位】青春学園:不二周助(102638票)

堂々の第1位は、初期から人気が衰えることなく、むしろどんどんファンを増やすばかりの青春学園の天才、不二周助です。2位の跡部に3万票近い差を付け、圧勝しました。不二周助はシングルスで、四天宝寺の白石以外には負けなし。人気も実力も折り紙付きのキャラです。

 

不二周助の魅力とは?

不二周助は魅力的な要素が盛り沢山。見た目ももちろんイケメンですし、優しく王子様のような性格をしています。さらに頭脳明晰で、テニスの実力も文句なし。そして、争いごとが苦手かと思いきや、心の中では手塚をライバル視していて、試合を挑むなど、情熱がある部分が人気の要素になっているでしょう。

 

人気キャラランキングまとめ

テニスの王子様連載20周年記念、人気キャラランキングの結果を紹介してきましたがいかがでしたか?皆さんの好きなキャラはトップ10にランクインしていたでしょうか。

テニスの王子様は続編も連載されていて、人気は留まることを知りません。まだ見たことない人もぜひコミックスを読んでみてはいかがでしょうか。

記事にコメントするにはこちら