【終末のワルキューレ】破壊の神・シヴァ!必殺技は何がある?

カテゴリーまとめはこちら:その他 / 終末のワルキューレ

終末のワルキューレに登場する破壊が生き甲斐の神様であるシヴァ。どんな必殺技を使って戦うのでしょうか?

記事にコメントするにはこちら

終末のワルキューレってどんな物語?

原作:梅村真也さん、作画:アジチカさんで創られている作品が終末のワルキューレです。

月刊コミックゼノンで大好評連載をしています。

あらすじ

1000年ぶりに開かれた全世界の神が集まる人類存亡会議。

人類を創造した神々は満場一致で人類の滅亡を決めてしまう。

半神・半人のワルキューレの長女であるブリュンヒルデが神々の決定に異を唱えます。

神VS人類の最終決戦…ラグナロクを開催することを提案します。

その提案に乗る神々。

ここに、神々と人類のタイマン勝負という熱き勝負が繰り広げられるのでした。

シヴァってどんなキャラ?

「人類存亡会議」においては、人類の滅亡か存続を決める大事な会議において「終末でいいんじゃね?」と寝転がったまま軽く言ってのけます。

シヴァはどのような神様なのでしょうか?

シヴァはヒンドゥー教に登場をする

ヒンドゥー教の三柱・主神の一つがシヴァです。

インド国内で圧倒的な人気を誇る神として無数の寺院が奉じられています。

ヒンドゥー教の一つのシンボルともいえる大きな存在なのです。

シヴァという言葉は「吉祥な」、「好都合な」、「慈悲深い」、「親切な」、「友好的な」という意味があります。

シヴァの外見は全身に灰を塗り、額には熱光線を放つ第三の目を持っています。

一匹のナーガ龍をベルトの代わりにし、三叉の鉾を武具として携える姿が有名です。

破壊の神と言われる所以とは

シヴァは「破壊と再生」を司る神とされています。

病気を治したり、人に尽くしたりと慈悲深い面もありますがそれとは対照的に激昂するような恐ろしい性質も持ち合わせています。

こんなエピソードがあります。

神々はシヴァとパールヴァティー(ヒンドゥー教の女神の一柱であり「山の娘」という意味を持っています)を結びつけるために、愛の神カーマを差し向けます。
愛の神カーマが放つ矢は、当たるとたちまち恋心を抱いてしまうという「愛の矢」。
カーマがシヴァに近づき、矢を放とうとすると、修行真っ最中のシヴァはそれを邪魔されたくありませんでした。

額にある第3の眼から鋭い火炎を放ち、一瞬にしてカーマを焼いてしまいました。
第3の眼から出でる炎はどんなものでもたちまちに灰にしてしまうほどの強力なもの。

踊るのが大好き

必殺技の中に踊りながら繰り出すものがたくさんあります。

シヴァと踊りには深い関係が。

作中でも『ターンダヴァ』という、実際に存在する踊りです。

このようなエピソードがあります。

ターランガムという森に、異端の教えを信仰する聖者達が暮らしていました。
シヴァは、この異端の教えを正すために森へと向かいました
シヴァが来ることを知った聖者達は、祭祀の炎の中から凶暴なトラを造り出しました。

そして、そのトラをシヴァに放ちましたが、軽く笑ってトラを捕まえた挙句には爪の先で皮を剥いで身に纏ったのです。
聖者達は、今度は魔術で巨大な毒蛇を出現させます。
ですが、シヴァはその巨大な毒蛇を首飾りのようにして踊り出したのです。
宇宙のリズムに呼応し一体化することで、シヴァの舞踊は見ている者でさえ陶酔させるほど。

シヴァは聖者達の前で踊り続けました。
その踊りに圧倒された聖者達。

最終兵器として怪物ムヤラカを呼び出しては攻撃をしかけますが、いとも簡単に踏みつけ更に踊り続けたのです。

シヴァの舞踊は、煩悩と同じ数108種あるのです。

シヴァの必殺技まとめ

破壊の限りを尽くす神、シヴァの必殺技をまとめてみました。

輪廻武踊(ターンダヴァ)

第38話初登場。踊るように怒涛の拳の連打を浴びせます。

絶え間なく相手に連続攻撃を仕掛けることができます。

「タ・キ・タ・タティン・ギ・ナ・ト・ム」という、リズムに乗って繰り出す攻撃は予測不可能な動きを見せます。

虎爪炎舞(クリッティヴァーサス)

第38話初登場。 空中に飛び上がってから炎をまとわせた踵落としを繰り出します。

輪廻武踊灰燼(ターンダヴァ・カルマ)

第40話初登場。 自身の心臓を自ら掴み、強制的に心拍をアップさせ体を燃え上がらせます。

全身から燃える炎を自在に操ることが可能。ですが、最終的には自身が燃え尽きてしまう危険がある大技なので戦いが長引くほど消耗します。

大切炎舞(デーヴァローカ)

第41話初登場。 「輪廻舞踊灰燼(ターンダヴァ・カルマ)」の状態で 全身燃え上がらせて繰り出す蹴り技。

アニメでのシヴァ

シヴァの声優は誰が担当している?

シヴァの声優を担当をしているのは鈴木達央さんです。

千葉県市川市生まれ、愛知県岡崎市育ちの声優で歌手です。

所属事務所は、アイムエンタープライズ所属。

声優になろうと志したきっかけは、ファンである海外ドラマ『特攻野郎Aチーム』の吹き替えを聴いたからでした。

マイク前での仕事に興味が沸き日本ナレーション演技研究所名古屋校(3年間通学)を経て、現在の所属事務所に入所をしました。

声優としての代表作品は『うたの☆プリンスさまっ♪シリーズ』の黒崎蘭丸役、『ファイナルファンタジー15』のノクティス・ルシス・チェラム役、『七つの大罪』のバン役など、多岐に渡っています。

2009年から音楽ユニット・OLDCODEX(オルドコデックス)としても精力的に活動をしています。

まとめ

☆終末のワルキューレってどんな物語?

・あらすじ

☆シヴァってどんなキャラ?

・シヴァはインド神話に登場をする

・破壊の神と言われる所以とは

☆シヴァの必殺技まとめ

・輪廻武踊(ターンダヴァ)

・虎爪炎舞(クリッティヴァーサス)

・輪廻武踊灰燼(ターンダヴァ・カルマ)

・大切炎舞(デーヴァローカ)

☆アニメでのシヴァ

・シヴァの声優は誰が担当している?

 

アニメでは姿こそ現してはいるものの、まだ対戦をしていない神様です。

第2回戦に出場予定でしたが、ゼウスの我儘により選手交代をしてしまいました。

第5回戦で雷電との肉弾戦を繰り広げます。

シヴァの実力や人柄がよく表れている対戦になるので、是非読んでみて下さい。

記事にコメントするにはこちら