仲良くしてるとキュンとする!人気漫画のカップリング5選

カテゴリーまとめはこちら:アニメ

この2人の絡んでいるシーンがあるとキュンとする、あるいは嬉しい気持ちになる。そんな2人の組み合わせ、カップリングを人気漫画から5組抜粋して紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

カップリングとは

カップリングとは同人創作活動の際にキャラクター同士の恋愛を表す言葉です。異性同士、同性同士どちらの場合でもカップリングと呼ばれ、自分の好きなキャラクター同士で組み合わせたり、公式で恋人関係になったりとさまざまなパターンがあります。

 

公式・非公式色々

カップリングには公式なものと非公式なものがあります。簡単に言うと公式というのは、作中で両想いであることがセリフやシーンで明言されていたり、恋人関係及び婚姻関係にあるカップルを指します。反対に非公式は、作中で2人が思い合っていることが明らかでないカップルのことを指し、二次創作ではこちらも大いに盛り上がっています。

 

カップリング5選

今回は人気漫画の異性カップリングを5組紹介していきます!それぞれのキャラクターの簡単な紹介と、2人の印象的なエピソードも合わせてご紹介していきます。

 

1.BLEACH 黒崎一護×井上織姫

BLEACHに登場する主人公、黒崎一護(くろさきいちご)と井上織姫(いのうえおりひめ)のカップリングをご紹介。一護は言葉遣いが乱暴で目つきも悪いですが、正義感が強く優しい好青年。一方の織姫は心優しくおっとりした天然でスタイル抜群の美少女で学校ではアイドル的存在です。

2人は最終話で結ばれ、黒崎一勇(くろさきかずい)という息子を授かっています。

 

一途に一護が大好きな織姫

織姫は連載当初から一護に強い好意を抱いていました。特に織姫が虚(ホロウ)になってしまった兄に襲われたのを守った際、更に強く一護を意識するようになっているようです。

そんな2人の印象的なエピソードをご紹介。破面編で織姫が虚圏(ウェコムンド)へ自ら行くことになってしまった際、眠る一護の部屋を訪れ、将来の夢などについて話続けます。

そして「あ~あ!人生が5回くらいあったらなあ!そしたら、あたし5回とも違う町に生まれて、5回とも違うものお腹いっぱい食べて、5回とも違う仕事して…それで5回とも…同じ人を好きになる。ありがとう、黒崎くん。さよなら」という名台詞を残します。

眠る一護に泣きながらキスしようとしてできなかった織姫の純情さと一途さが非常に伝わるシーンでした。

 

2.NARUTO うずまきナルト×日向ヒナタ

続いてはNARUTOのうずまきナルトと日向ヒナタ(ひゅうがひなた)のカップリングをご紹介。主人公のナルトは落ちこぼれながらも努力家で明るいキャラクター。

一方のヒナタは引っ込み思案で自分に自信が無いですが、とても心優しい少女です。こちらもBLEACHの一護、織姫カップルと同様に最終回で結ばれています。

 

ヒナタはずっとナルトに憧れていた

ナルトは当初ヒナタのことを「暗くて地味でウジウジしている変な奴」と思っていました。ヒナタは真っ直ぐに努力を続けるナルトに憧れと恋愛感情を抱いており、ナルトに強く影響を受けています。

そしてペイン襲来編でナルトがペインに追い詰められてしまった際に、ヒナタは助けに向かいました。絶対に勝てないとわかっていながら飛び込んだ姿にナルトは困惑していましたが、ナルトの為なら死ぬこともいとわないと告げます。そして「私はナルト君が、大好きだから…」と自らの想いを伝えました。

 

3.ワンピース ルフィ×ハンコック

ワンピースのモンキー・D・ルフィとボア・ハンコックも人気のカップリングの1つです。海賊王を目指してさまざまな困難や闘いに挑んでいく自由奔放なルフィと、九蛇海賊団の船長でありながら王下七武海のメンバーの1人である女傑のハンコックの組み合わせ。

ルフィはハンコックに恋愛感情を抱いている描写はありませんが、ハンコックは自分の能力を使ってもはじめて虜にできなかったルフィに異常な程惹かれています。

 

ルフィが大好きなハンコック

ハンコックはメロメロの実の能力者でメロメロ甘風(メロウ)という光線を浴びせた相手を石化できるという力を持っています。ルフィに背中の奴隷の紋章を見られたことで処刑しようとしますが、ハンコックの問いかけに対して自分が脱出するより、マーガレットらの命を優先したことなどから垣間見せた男らしさに惹かれ恋に落ちます。

その後、ルフィがポートガス・D・エースの処刑を止める為、インペルダウンへ侵入する際に政府に背くとわかっていながらも協力を惜しみませんでした。それほどハンコックは強くルフィを愛しています。

 

4.銀魂 沖田総悟×神楽

続いては実写映画かもされた大人気漫画、銀魂から沖田総悟(おきたそうご)と神楽(かぐら)のカップリングをご紹介。沖田は真選組の一番隊隊長で超が付くほどのサディストで毒舌王子。一方の神楽は万事屋の紅一点で戦闘力の高い夜兎族の少女。

何かと衝突することの多い真選組と万事屋、それぞれに所属している2人は犬猿の仲で、顔を突き合わせる度にケンカをしていて、時には殴り合いになることもあります。

 

ケンカするほど仲が良い!

2人はどちらも毒舌家で戦闘能力が高いため、顔を合わせる度にお互いを罵りあったり、戦っています。しかし何度も顔を合わせ、一緒に修羅場をくぐり抜けていく中で、互いの強さに関しては認め合い、また息があったコンビネーションを見せることもあります。

柳生編では共闘し、神楽が敵に襲撃を受けた際に沖田が庇って敵と戦うシーンも見られます。こうしたことから、2人はケンカするほど仲が良く、しかも死神編では神楽が「嫁の貰い手がなくなりそ…」とつぶやいた後、「だったら俺がもらってやろーか」と沖田は発言しています。作中ではくっつくことが無かった2人ですが、今後続編があれば動向に期待ができますね。

 

5.鬼滅の刃 竈門炭治郎×栗花落カナヲ

最後にご紹介するカップリングは大人気漫画、鬼滅の刃の竈門炭治郎(かまどたんじろう)と栗花落カナヲ(つゆりかなを)の2人です。主人公の炭治郎は正義感が強く、心優しい水の呼吸の使い手。一方のカナヲは両親から虐待を受けた過去から、感情を無くした無口な少女で、花の呼吸の使い手です。

最終話で2人の子孫がいることが判明し、結ばれたことが分かりました。

 

カナヲの世界を変えた炭治郎

カナヲは心を強く閉ざしていましたが、炭治郎との出会いがきっかけとなり大きく変わります。蟲柱の胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)の蝶屋敷で治療と機能回復訓練が終わった炭治郎はカナヲと話をします。

カナヲはそれまで何も話せなかったのですが、炭治郎に初めて語り掛けました。それが炭治郎の心を動かしコイントスをします。賭けたのはカナヲが心のままに生きること。

炭治郎がめげずに何度もカナヲに話しかけたり、閉ざされた心を開かせようとしたおかげてカナヲは炭治郎に惹かれ、最終決戦ではカナヲが炭治郎を救うことが出来ました。

 

カップリングまとめ

人気漫画の公式、非公式のカップリングをご紹介してきましたがいかがでしたか?仲良くしているシーンがあるとほっこりする、そんなカップリングを集めてみました。他にも好きなカップリングがあれば、ぜひコメントで教えてください!

記事にコメントするにはこちら