【戦姫絶唱シンフォギア】錬金術師カリオストロを徹底解説!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 戦姫絶唱シンフォギア

カリオストロは、2019年に放送された戦姫シンフォギアシリーズの第4期「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」で、シンフォギア装者・立花響たちの敵役として登場したキャラクターです。ここでは、魅力あふれるカリオストロの正体と結末について解説していきます!

記事にコメントするにはこちら

【戦姫絶唱シンフォギア】カリオストロってどんな子?

カリオストロは、『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』に登場する敵役のキャラクター。パヴァリア光明結社に所属する錬金術師です。一人称は「あーし」。かなり露出度の高い、きわどい服を着用しており、胸が大きいのが特徴。明るい口調であり、笑顔がキュートでかわいいぶりっ子です。過去の経験により、「自分の気持ちに嘘はつきたくない」という強い思いで行動しています。

戦闘時は、錬金術師の女性戦士が着用するファウストローブを使用。ファウストローブは指輪型であり、腕部からエネルギービーム連射する戦法を使います。軽快なフットワークで相手を翻弄させ、パンチやビームを乱発する接近戦闘スタイルが得意です。シンフォギア装者の雪音クリス(ゆきね・クリス)とマリア・カデンツァ・イヴの2人と互角に渡り合える実力を持っています。

カリオストロは男性から女性へと変わる

数百年前、カリオストロは詐欺行為を生業とする詐欺師で男性の姿をしていました。サンジェルマンに出会い、錬金術により生物学的に女性の姿に生まれ変わり、不良長寿になります。なぜ、女性へと性転換をしたのかは、公式では明かされていません。アニメ登場した時点で、女性として過ごしていたと思われます。元々が男性だと思えないぐらい可愛い女性なので、サンジェルマンの錬金術としての能力の高さがうかがえます。

カリオストロが所属する組織について

パヴァリア光明結社はどんな組織?

カリオストロは、パヴァリア光明結社という組織に所属しています。パヴァリア光明結社とは、創始者のアダム・ヴァイスハウプトと幹部により昔から歴史の影で活動していた秘密結社。カリオストロの他にも、女性の錬金術師・サンジェルマン、女性へと性転換した幹部の錬金術師・プレラーティなどが所属しています。メンバーの大半が、異端技術でもある「錬金術」を使いこなすことができます。また、外部の人間に異端な技術や産物、資金などを提供し、裏で暗躍する組織と同盟を結んでいたのです。

パヴァリア光明結社は、シンフォギア装者の立花響(たちばな・ひびき)たちと深い関係があります。第2期の「フロンティア事変」、第3期の「魔法少女事変」で登場する敵組織を裏で支援していた秘密結社だったのです。4期で、裏の世界で動いていたパヴァリア光明結社が本格的に動きだします。

サンジェルマンとプレラーティの関係

サンジェルマンとプレラーティは、パヴァリア光明結社に属している仲間です。リーダー格のサンジェルマンは、カリオストロとプレラーティを完全な女性の身体へと性転換させた女性の錬金術師。カリオストロは、サンジェルマンに絶大な信頼を寄せており、理想を実現させるために力を貸していたのです。また、自分の居場所を作ってくれたことに深い感謝の気持ちを持っています。

カリオストロにとって、プレラーティは同じ錬金術師であり、信頼できる仲間になります。カリオストロとプレラーティは、良好な関係だったようです。儀式で動けないサンジェルマンや傷を負って戦えないプレラーティに代わりに1人で雪音クリスたちを相手に戦闘に赴いたりと仲間のために戦います。そして、最後までサンジェルマンを支えて戦士として戦い抜いたのです。立花響たちと負けないくらい、強い絆で結ばれた関係なのでしょう。

カリオストロの結末は?

物語の後半で、カリオストロはシンフォギア装者の雪音クリスとマリア・カデンツァ・イヴの2人を相手に交戦。相打ち覚悟で臨んだが、雪音クリスとマリア・カデンツァ・イヴによるユニゾンの合体技で敗北して死亡したと思われていました。しかし、カリオストロは自らの死を偽装して身を隠していたのです。そして、プレラーティが、風鳴翼(かざなり・つばさ)と月読調(つくよみ・しらべ)によるユニゾンの合体技で敗れますが、カリオストロにより救出。アダム・ヴァイスハウプトに裏切られたことに気づき、サンジェルマンの元に向かいます。

サンジェルマンが、日本に落下させようとしている反応兵器を命をかけて、消滅させようとしていたのです。カリオストロとプレラーティは、持てる力のすべてをサンジェルマンに授けて、反応兵器を消滅させる手助けをします。そして、反応兵器が消滅後、力を使い果たしたサンジェルマンとプレラーティと共に光の粒子となり消えてしまいます。

カリオストロは、サンジェルマンのために信念を曲げて嘘をつき、命をかけて反応兵器を止める道を選んだのです。カリオストロは、大切な仲間であるサンジェルマンとプレラーティと共に消えていく姿は、笑顔であり幸せだったのではないでしょうか。

カリオストロ役の声には蒼井翔太(あおい・しょうた)さん

カリオストロの声を担当するのは、声優・歌手・舞台俳優をこなす蒼井翔太さんです。1987年8月11日生まれ、福岡県出身。身長174㎝、血液型B型。男性声優の石田彰(いしだ・あきら)さんが女性の声を演じた「美少女戦士セーラームーン」でフィッシュ・アイ役に衝撃を受け、声優に興味を持ちます。2006年に、SHOWTA.として歌手デビューします。アニメやゲームの仕事をしたいという思いが強く、2010年から株式会社Sに所属して芸名「蒼井翔太」に改名。本格的に声優の勉強を始めます。

2011年、ゲーム「Black Robinia」で声優デビュー。同年、「君と僕」の松下隆之介役でアニメデビューし、劇中歌も担当しました。女性のようなハイトーンのボイスが特徴で、声優以外でも音楽や舞台などで活動の幅を広げています。その他これまでにも、「乙女ゲームの不滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」のジオルド・スティアート役、「劇場版 美少女戦士セーラームーンEternal」のフィッシュ・アイ役などを担当しています。

まとめ

ここでは、「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」の登場キャラクターのカリオストロを紹介しました。

シンフォギア4期を通して、カリオストロ、サンジェルマン、プレラーティの3人の絆の強さを感じられます。サンジェルマンの理想を実現するため、立花響たちの敵として立ちはだかります。しかし、最後には命をかけて日本の危機を救いました。

カリオストロは、仲間のためなら命をかけて戦う覚悟を持った強い戦士です。シンフォギア4期の敵役の中でも、魅力あふれるキャラクターの1人でしょう。

 

記事にコメントするにはこちら