【精霊幻想記】テレビアニメ放送!あらすじ・キャラクター・動画配信サービスなどを紹介!なぜ小説家になろう版は削除された?

カテゴリーまとめはこちら:精霊幻想期

北山結莉さんによる人気ライトノベル作品『精霊幻想記』。自分の前世である日本の大学生・天川春人の記憶を取り戻したリオによる、今世と前世の因果を巡る旅が描かれます。そんな本作は2021年にテレビアニメ化! あらすじ・キャラクター・動画配信サービスなどの情報についてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『精霊幻想記』とは?

『精霊幻想記(せいれいげんそうき)』は、北山結莉(きたやま・ゆり)さんによるライトノベル作品。イラスト担当はRiv(リフ)さん。『精霊幻想記』になる前の旧タイトルは『こんな世界で』と『精霊幻想記 〜こんな世界で出会えた君に〜』。元は小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されていた作品で、2015年10月からホビージャパンのHJ文庫より書籍版が刊行されるようになりました。

2016年10月から12月にかけて、HJ文庫内にある「コミックファイア」のページでtenkla(てんくら)さんによる漫画版が連載されましたが、tenklaさんの体調不良により3話で終了。その後、2017年7月より「コミックファイア」上にて、みなづきふたごさんによる漫画版が新たに一から連載されることになりました。2021年6月時点で、シリーズ累計発行部数は160万部を突破しています。

「小説家になろう」から『精霊幻想記』が削除されたのは何故?

2014年2月より「小説家になろう」にて連載が開始された『精霊幻想記』は、2015年から書籍版が刊行されるようになった後もそれと並行してWeb連載が続けられていましたが、2020年10月30日をもってWeb連載版は取り下げと言う形で削除されることになりました。その理由は、(故意ではありませんが)「小説家になろう」の規約に違反していたことにあります。

作者の北山結莉さん自身は、Web連載版と書籍版との間には要所要所の展開やキャラクター同士の人間関係に違いがあるため、「小説家になろう」では規約違反となっている「続きは書籍で」には当たらないという考えでWeb連載版の執筆を続けていましたが、実際にはそれに当たるのではないかとの指摘を受け、「小説家になろう」の運営側に確認をした結果、「Web連載版と書籍版との間に設定や展開に関する差異があるのは確かだが、Web連載版は『続きは書籍で』の状態に当たる」との公式見解が出たとのことでした。

そのような経緯から、Web連載版は「小説家になろう」から取り下げという形で削除されることになりましたが、北山結莉さん自身にはWeb連載版の方で繰り広げられてきた物語をなかったことにはしたくないという気持ちがあり、再掲載の場所や時期に関しては未定ですが、いつかWeb連載版の方の連載も再開させて完結させたいそうです。

物語のあらすじ

本作の主人公は、幼い頃に母親を殺されて孤児となった少年・リオ。スラム街で必死に生きてきたリオは、ある日とつぜん、自分の前世である「天川春人(あまかわ・はると)」としての記憶を取り戻します。天川春人は日本の大学に通う青年で、事故に巻き込まれて死亡したことをきっかけに異世界のリオへと転生したのでした。

突然の天川春人としての記憶の覚醒、そして強大な魔力の覚醒に混乱するリオでしたが、偶然出くわした第2王女フローラ・ベルトラム誘拐事件の解決に貢献したことをきっかけに、貴族の子女たちが通う王立学院に入学することを認められます。スラム街という階級社会の最底辺から実力を積み上げていくリオは、さまざまな出会いと別れを重ねながら、自らの過酷な運命に立ち向かっていくことになるのです。

2021年夏にテレビアニメ放送!

そんな『精霊幻想記』のテレビアニメが、2021年7月から9月にかけて放送! 制作を担当するのは、「ルパン三世シリーズ」や「名探偵コナンシリーズ」などの制作で知られるアニメ制作会社「トムス・エンタテインメント」。

監督・シリーズ構成は、『薄桜鬼』や『ギャラリーフェイク』などの監督として知られるヤマサキオサムさん。音楽は、『魔弾の王と戦姫』の挿入歌「竜星鎮魂歌」の作編曲や『バミューダトライアングル〜カラフル・パストラーレ〜』の挿入歌「シャボン」の編曲を担当してきた山崎泰之(やまざき・やすゆき)さんが担当します。

テレビアニメでは原作のどこまでの展開が描かれる?

『精霊幻想記』は2021年9月現在で、既に書籍が20巻刊行されている大ボリュームの作品です。今回のテレビアニメでは、本作の第5巻に掲載されたセリア・クレールの政略結婚のエピソードまでが描かれます。セリアは本作のメインヒロインの1人で、弱冠12歳にしてベルトラム王立学院初等科の研究者兼講師を務めるほどの才媛。王女誘拐事件の解決に貢献したことをきっかけに、ベルトラム王立学院に入学することになったリオの心の支えになった女性で、リオがベルトラム王国を出奔することになった際に唯一別れを告げた人でもありました。

リオが旅立ったあと、そんなセリアはアルボー公爵家の嫡男であるシャルル・アルボーと政略結婚せざるを得ない状況に追い込まれます。本当はシャルルと結婚などしたくなかったのですが、セリアは周りのことを考えて無理やり自分の気持ちを抑え込もうとしていました。そんなときに、リオは久しぶりに旅先からベルトラム王国へと帰還するのです。セリアの政略結婚の一件を知ったリオはどうするのか? セリアはこの状況からいったいどうなるのか? ぜひ、それはテレビアニメを観てご確認ください!

テレビアニメの動画を視聴できる配信サービスは?

テレビアニメ『精霊幻想記』は、Amazon プライム・ビデオ/U-NEXT/dアニメストア/バンダイチャンネル/ニコニコチャンネル/FOD/TSUTAYA TVなどの動画配信サービスで視聴することが可能です。

この中でもオススメなのは、「U-NEXT」での視聴です。本来「U-NEXT」は有料動画配信サービスなのですが、「31日間無料トライアル」を利用して、その期間内で一気見してしまえば全話無料で視聴することが可能です。テレビアニメ『精霊幻想記』は全12話なので、寝る前に1日1話観るようなペースでも十分に間に合います。一緒に他のアニメも観られるので、ぜひ一度登録してみてはいかがでしょうか。

OPテーマ曲は高野麻里佳(こうの・まりか)さんによる「New story」

テレビアニメ『精霊幻想記』のOPテーマ曲「New story」の歌唱を担当するのは、青二プロダクションに所属する声優・歌手の高野麻里佳さん。1994年2月22日生まれで、東京都出身。身長158cmで、血液型はA型。2015年に放送されたテレビアニメ『それが声優!』で小花鈴役を担当し、初めてのテレビアニメ準主演を果たしました。

さらにその同年から、同作で共演した声優の高橋李依(たかはし・りえ)さんと長久友紀(ながく・ゆき)さんと一緒に、同作から派生した声優ユニット「イヤホンズ」としての活動を開始。2020年に「イヤホンズ」と両立する形でソロアーティストとしての活動を開始することを発表し、2021年にソロ1stシングル「夢みたい、でも夢じゃない」がリリースされました。

テレビアニメ『精霊幻想記』のOPテーマ曲となった「New story」は、ソロ2ndシングルです。この曲の作詞は、『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』のEDテーマ曲「This is 勇者, but 残念!?」や『七星のスバル』のOPテーマ曲「360℃星のオーケストラ」の作詞・作曲・編曲を手がけてきたhisakuniさんが担当。作曲・編曲は、『おそ松さん』のOPテーマ曲「6つ子の魂ナユタまで」や『ゆるキャン△ Have a nice day!』のOPテーマ曲「See The Light」の作曲で知られるアッシュ井上(いのうえ)さんが担当しています。

EDテーマ曲は大西亜玖璃(おおにし・あぐり)さんによる「Elder flower」

テレビアニメ『精霊幻想記』のEDテーマ曲「Elder flower」の歌唱を担当するのは、リンク・プランに所属する声優・歌手の大西亜玖璃さん。 1997年5月2日生まれで、愛知県出身。身長160.5cmで、血液型はA型。2017年発売のドラマCD『ヨメクラ』に登場する一之瀬未羽役で声優デビューを果たしました。

「ラブライブ!シリーズ」では上原歩夢役を担当し、そのシリーズに登場する女性声優で構成されたユニット「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」としても活動。ソロアーティストとしては、2021年3月に1stシングル「本日は晴天なり」を発表してデビューを果たしました。テレビアニメ『精霊幻想記』のEDテーマ曲となった「Elder flower」は、2ndシングルにあたります。作詞・作曲・編曲は、OPテーマ曲「New story」の作詞を担当したhisakuniさんが担当しています。

『精霊幻想記』キャラクター情報その1:主人公 リオ(CV.松岡禎丞さん)

リオは、本作の主人公。短い黒髪をした端正な顔立ちの少年で、幼少期に両親を失ったあと、ベルトラム王国のスラム街で生活をしていました。7歳の頃、日本で不慮の事故で亡くなった大学生・天川春人の記憶を取り戻し、自分は彼が異世界に転生した存在であることを知ります。天川春人が生前に有していた知識や武術の腕前などを引き継いではいるものの、リオ自身はあくまで天川春人は自分の一要素だと捉え、別人だと認識しています。

天川春人の記憶を取り戻したばかりで混乱していた頃に、ベルトラム王国の第2王女フローラ・ベルトラム誘拐事件に偶然遭遇。彼女を救出したこと、そしてたった7歳の子どもにしては異常なまでの力を感じられたことで、その功績と監視の意味で貴族の子女たちの通う王立学院に入学することを許可されました。階級社会ゆえの価値観もあって、入学後に文武共に優れた成果を見せるもスラム街という出自ゆえに周囲からは快く思われず孤立しましたが、ベルトラム王立学院初等科で講師を務めるセリア=クレールなどの少数の理解者には恵まれました。

しかし、卒業前に起こったとある事件からベルトラム王国から離れなければならない状況に追い込まれ、恩師のセリアのみに別れを告げて、前々から行きたいと思っていた両親の故郷であるヤグモ地方へと旅立ちました。その先で、リオは自分自身の本当の出自や、心の奥底にあった母親の死にまつわる復讐心などに向き合うことになります。

その来歴ゆえに少々人間不信の気があり、他人の善意や好意を期待しないがゆえの謙虚さや、理不尽な扱いを受けても怒りを発しないドライな一面がありますが、身内だと認識した人間に対して見せる繊細な優しさもあります。声を担当するのは、「ソードアート・オンラインシリーズ」のキリト/桐ヶ谷和人役、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のベル・クラネル役などで知られる声優の松岡禎丞(まつおか・よしつぐ)さん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その2:王立学院講師 セリア=クレール(CV.藤田茜さん)

セリア=クレールは、本作に登場するメインヒロインの1人。初登場時の年齢は、主人公のリオより5歳年上の12歳。長い銀色の髪をツーサイドアップにした髪型と青い瞳が特徴的な少女で、周囲から注目されるほどの優れた容姿をしていますが、背の小ささゆえに幼く見えるため年相応には見えません(本人は気にしているようで、背の低さを指摘されると怒ることも)。

弱冠12歳にしてベルトラム王立学院初等科の研究者兼講師を務めるほどの才媛で、優れた魔術の腕があります。黙っていれば深窓の令嬢のように見えますが、意外にさばさばした性格で天真爛漫な一面もあり、また時に研究に没頭すると周りが見えなくなってしまうことも。行方不明になった第2王女フローラ=ベルトラムをスラム街で捜索していたときに初めてリオと出会い、フローラ救出の功績に対する褒美として学院初等科に中途入学してきたリオの担任になりました。

初対面のときから出自に関する偏見を持たずに人として優しく接してくれたこと、さらに授業後に文字を教えてくれたり一緒に紅茶を飲んだりして交流を深めてきたことから、リオにとってセリアは学院生活の中で唯一心を許すことのできる大事な存在になりました。とある事件からベルトラム王国を離れざるを得なくなったときも、リオはセリアにだけは別れを告げに行っています。

セリアはその頃からリオに対して好意を寄せており、アルボー公爵家のシャルル・アルボーと政略結婚せざるを得ない状況に追い込まれたときにはリオのことを忘れようとしていましたが、その結婚式前日にまさかのリオ本人との再会を果たすことになります。『精霊幻想記』のキャラクター人気投票では堂々の第1位を獲得。声を担当するのは、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の水本ゆかり役や、『魔法少女なんてもういいですから。』の葉波ゆずか役などで知られる声優の藤田茜(ふじた・あかね)さん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その3:リオと契約した人型精霊 アイシア(CV.桑原由気さん)

アイシアは、リオと契約している人型精霊。長い桃色の髪をした少女で、幻想的な雰囲気と人間離れした美しさの持ち主。リオが前世の「天川春人」としての記憶を取り戻したと同時に意識の中に姿を現すようになった存在で、第2王女フローラ=ベルトラム誘拐事件の際に窮地に追い込まれたリオに対して魔力の扱い方を教えました。

天川春人についての全ての記憶をリオと共有していますが、なぜ自分がリオと契約しているか、また自分はどのような存在であるのかといった自分自身の記憶に関する全てを失っている様子。初めて具現化したときに名前すらなかったため、リオから精霊の民の里の古い言葉で「暖かい春」や「美しい春」を意味している「アイシア」と名付けられました。

自分の存在理由を「春人のため」と語り、契約精霊として彼の行動をサポート。リオの持っている能力をトレースすることが可能なため、実質的にはリオと同格の戦闘能力を持っています。声を担当するのは、『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』の汐留白亜役、『小林さんちのメイドラゴン』のトール役などで知られる声優の桑原由気(くわはら・ゆうき)さん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その4:狐獣人の少女 ラティーファ(CV.楠木ともりさん)

ラティーファは、本作に登場するメインヒロインの1人。年齢はリオの3歳下で、初登場時は9歳。薄茶色の髪と赤色の瞳が特徴的な狐獣人の少女で、両耳と尻尾が生えています。ベルトラム王国のユグノー公爵家当主ギュスターヴ・ユグノーに奴隷として飼われている間、彼と彼の息子のスティアードから度重なる虐待を受け、服従の呪詛のかけられた隷属の首輪をつけられた過酷な環境で全ての感情を押し殺しながら耐え続けていました。

狐獣人という種族ゆえに身体能力が高く、とある一件の口封じのために、主人の命令でリオを暗殺する刺客として差し向けられました。その暗殺に失敗した際に、リオに隷属の首輪を解除してもらったことでようやく奴隷の身分から解放されることになり、それからリオを「お兄ちゃん」と呼んで慕うようになりました。

実際、リオからも本当の妹のように可愛がられています。声を担当するのは、『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』のレン/小比類巻香蓮役、『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』の優木せつ菜役などで知られる声優の楠木(くすのき)ともりさん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その5:天川春人の幼馴染 綾瀬美春(CV.原田彩楓さん)

綾瀬美春は、本作に登場するメインヒロインの1人。長い黒髪の美少女で、やや引っ込み思案ではあるものの、芯はしっかりとした優しい性格の持ち主。リオの前世である天川春人の幼馴染で、幼い頃に春人は家庭の事情で引っ越しをすることになったときに、美春に対して結婚の約束と「死んでも守る」という誓いの言葉を残しました。

その後、春人は再会できる日を夢見ながら勉強や武術の鍛錬に励み、高校入学をきっかけに生まれ育った場所に帰ってきましたが、そのときに美春と親しげに話す男子の存在にショックを受け、話しかけることができませんでした。翌日に意を決して話しかけようとしたものの、美春は行方不明になってしまったために再会することは叶わず、このことが春人の生涯におけるトラウマと後悔になりました。

『精霊幻想記』のキャラクター人気投票では第2位を獲得。声を担当するのは、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の三船美優役や『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』のハルカラ役などで知られる声優の原田彩楓(はらだ・さやか)さん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その6:ベルトラム王国第1王女 クリスティーナ=ベルトラム(CV.鈴代紗弓さん)

クリスティーナ=ベルトラムは、ベルトラム王国の第1王女。薄紫色のロングヘアとつり目が特徴的な少女で、利発な性格で、何事においても優れた成績を収めています。王立学院ではリオと同じクラスに在籍し、自分の立場に対する自覚があるためかリオとの接触を避け、妹のフローラに対してもあまり言葉を交わさないようにと諌めていました。

また、王族としての責任感が強い一方でプライドの高さもあり、スラム街出身ながらも文武共に優秀な成績を収めるリオに対して厳しい目を向けることもありました。リオとの出会いは、行方不明となった妹のフローラを探しにスラム街を訪れたとき。2度目に会ったときに、誤解からリオにビンタをしてしまったことを深く後悔することになりました。

声を担当するのは、『ぼくたちは勉強ができない』の武元うるか役、『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』のワイズ役などで知られる声優の鈴代紗弓(すずしろ・さゆみ)さん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その7:ベルトラム王国第2王女 フローラ=ベルトラム(CV.本渡楓さん)

フローラ=ベルトラムは、ベルトラム王国の第2王女。年齢はリオや姉のクリスティーナの1歳下。前髪に編み込みをした長い薄紫色の髪と丸い瞳が特徴的な少女で、クリスティーナとは対照的に気が弱く自己主張が苦手なところもありますが、他者の気持ちを考えられる優しい性格の持ち主でもあります。得意としている魔法は、治癒魔法です。

幼い頃に誘拐されてしまった際、前世の記憶を取り戻したばかりのリオの手によって救出されることになりました。この一件をきっかけに王立学院に中途入学することになったリオとは学年が異なったこと、さらに立場の違いからクリスティーナに諌められたことでほとんど交流をすることはありませんでしたが、とある出来事で窮地に陥った際に再びリオの手によって命を救われることになりました。

フローラ自身はリオに対して感謝の気持ちと淡い恋愛感情を抱いていましたが、王立学院で周りの貴族の子どもたちからリオが差別的かつ不当な扱いを受けていても自分が何もできなかったことに対して、その後長く後悔し続けることになりました。声を担当するのは、『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』のライカ役、『亜人ちゃんは語りたい』の小鳥遊ひかり役などで知られる声優の本渡楓(ほんど・かえで)さん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その8:フォンティーヌ公爵家令嬢 ロアナ=フォンティーヌ(CV.金子彩花さん)

ロアナ=フォンティーヌは、ベルトラム王国の国王派に属するフォンティーヌ公爵家に生まれた令嬢。長い金色の縦ロールの髪をした少女で、エメラルド色の瞳が特徴的。リオとの出会いは、行方不明になった第2王女フローラ=ベルトラムの行方を探すためにスラム街を訪れたとき。その後、フローラ救出の功績から王立学院に入学することになったリオと同級生になりました。

第一王女クリスティーナ=ベルトラムの同級生でもあり、彼女と行動を共にするすることがよくあります。身分が下の者に対してやや高圧的な言動が目立ちますが、それはあくまで貴族に生まれた者としての責務を果たそうとする意識が生まれるもので、本人に悪気があるわけではありません。

声を担当するのは、『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』の一条葵役、『フィリスのアトリエ 〜不思議な旅の錬金術士〜』のイルメリア・フォン・ラインウェバー役などで知られる声優の金子彩花(かねこ・さやか)さん

『精霊幻想記』キャラクター情報その9:ベルトラム王国近衛騎士団団長 アルフレッド・エマール(CV.浜田賢二さん)

アルフレッド・エマールは、ベルトラム王国にある近衛騎士団の団長を務める人物。前髪を一筋だけ残してオールバックにした薄茶色の髪の男性で、王国最高最強の騎士として「王の剣」の称号を持っています。その実力はリオから難敵と評されるほど。騎士の模範とも呼べるような実直な性格の持ち主で、指揮力や洞察力にも優れていますが、貴族然としたシャルル=アルボーとは折り合いが悪い様子。

リオから難敵と評されるほどの実力の持ち主。妹は、第1王女クリスティーナ=ベルトラムつきの騎士であるヴァネッサ=エマール。声を担当するのは、『機動戦士ガンダム00』のパトリック・コーラサワー役、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』のヴァトー・ファルマン役などで知られる声優の浜田賢二(はまだ・けんじ)さん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その10:ベルトラム王国近衛騎士団副団長 シャルル=アルボー(CV.田丸篤志さん)

シャルル=アルボーは、ベルトラム王国の近衛騎士団の副団長を務める人物。短い金色の髪と茶色のツリ目が特徴的な男性で、ベルトラム王国を国王派と二分している貴族派の筆頭であるアルボー公爵家の嫡男として、その権威を笠に着ながら傲慢で威圧的な態度を取って、周囲の者たちを従えています。

第2王女フローラ=ベルトラムをみすみす誘拐されてしまったこと、さらにその失態を覆い隠そうとフローラを救出したはずのリオに対して拷問を加えたことから、近衛騎士団副団長としての地位を失いました。その後、フローラ救出の一件をきっかけに王立学院に入学したリオと模擬戦闘をする機会を得ましたが、リオを相手に敗北して大恥をさらすことになりました。

とある一件でベルトラム王国から離れざるを得なくなったリオが旅立ってから、アルボー公爵家は権力を取り戻し、シャルルは伯爵家出身の王立学院講師セリア=クレールを自身の7番目の妻に迎えようとします。声を担当するのは、『魔法科高校の劣等生』の吉田幹比古役、『ディズニー ツイステッドワンダーランド』のアズール・アーシェングロット役などで知られる声優の田丸篤志(たまる・あつし)さん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その11:謎の男性 レイス=ヴォルフ(CV.遊佐浩二さん)

レイス=ヴォルフは、本作に登場する謎の男性。オールバックにした長い青色の髪と赤色の瞳が特徴的な男性で、ベルトラム王国駐在のプロキシア帝国大使という肩書はあるものの、その正体は不明。リオの行く先々に姿を現しては、さまざまな事件を起こしていきます。

声を担当するのは、『Fate/Apocrypha』の赤のランサー/カルナ役、『TIGER & BUNNY』のルナティック/ユーリ・ペトロフ役などで知られる声優の遊佐浩二(ゆさ・こうじ)さん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その12:ガルアーク王国の公爵令嬢 リーゼロッテ=クレティア(CV.東山奈央さん)

リーゼロッテ=クレティアは、ガルアーク王国のクレティア公爵家に生まれた令嬢。清楚かつ穏やかな雰囲気を身にまとう非の打ちどころのない美少女で、毛先のはねた薄水色の髪と同色の瞳が特徴的。王立学院を飛び級で卒業したあと、ガルアーク王国西部にある交易都市アマンドにおける最大の商業組織「リッカ商会」を設立しました。

リッカ商会の会頭として活躍する傍ら、冷静さと柔軟性を併せ持った思考と優れた処世術によってアマンドの代官としても頭角を現しています。商売のみならず人を見る目にも優れており、それまであまりぱっとしない都市であったアマンドを、娯楽の充実化や農業改革により発展させたこともあって人望も厚い様子。時折「ロッテ」の名前で接客を担当しており、リッカ商会までリオが買い物に来たときには彼女が応対していました。

『精霊幻想記』のキャラクター人気投票では第3位を獲得。声を担当するのは、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の由比ヶ浜結衣役、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の川島瑞樹役などで知られる声優・歌手の東山奈央(とうやま・なお)さん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その13:銀狼獣人の少女 サラ(CV.新田ひよりさん)

サラは、精霊の民の里で暮らしている銀狼獣人の少女。長い銀色の髪を下で2つに結っている少女で、狼の獣人らしく獣の両耳と尻尾が生えているのが特徴的。精霊の民の里ではハイエルフのオーフィアやエルダードワーフのアルマと行動を一緒にすることが多く、年長者でもあることからよくリーダーのように振る舞っています。生真面目な性格ゆえに、年下のアルマからはからかわれてしまうことも。

高速戦闘が得意で、使用する武器はダガーナイフ。契約している精霊は、全長数メートルにもなる銀狼の姿をした精霊ヘル。リオが精霊の里に滞在する期間中は、ラティーファ、オーフィア、アルマと一緒に同じ家で生活しています。声を担当するのは、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の道明寺歌鈴役、『ウマ娘 プリティーダービー』のマチカネフクキタル役などで知られる声優の新田(にった)ひよりさん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その14:ハイエルフの少女 オーフィア(CV.首藤志奈さん)

オーフィアは、精霊の民の里で暮らしているハイエルフの少女。長い黄緑色の髪をした少女で、エルフらしく両耳がとがっているのが特徴的。優しい性格の持ち主で、柔らかな物腰で相手に接しますが、意外に策士でちゃっかりとした一面もあります。戦闘では、弓による遠距離攻撃を得意としています。また、あらゆる精霊術を使いこなすことも可能で、1人で空を飛ぶこともできます。

契約している精霊は、グリフォンの姿をした精霊エアリアルで、魔力に応じて大きさを変化させることができます。声を担当するのは、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の藍家ひめな役、『ウマ娘 プリティーダービー』のハルウララ役などで知られる声優の首藤志奈(しゅとう・ゆきな)さん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その15:エルダードワーフの少女 アルマ(CV.西明日香さん)

アルマは、精霊の民の里に暮らしているエルダードワーフの少女。毛先のはねた短い赤い髪に褐色の肌をした少女で、ドワーフらしく背が低いのが特徴的。精霊の民の里でよく行動を共にしている銀狼獣人のサラとハイエルフのオーフィアの中では一番年下で、口数はあまり多くはありませんが、年長で真面目な性格のサラのことをからかって遊ぶこともあります。

戦闘の際は大型のメイスを武器として用い、エルダードワーフの種族的な特徴でもある怪力を駆使して戦います。ただし、女の子として自身の怪力を指摘されると怒ることも。契約している精霊は、獅子に似た姿をしている精霊イフリータ。声を担当するのは、『魔法科高校の優等生』のアメリア=英美=明智=ゴールディ役、『八男って、それはないでしょう!』のエリーゼ・カタリーナ・フォン・ホーエンハイム役などで知られる声優の西明日香(にし・あすか)さん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その16:カラスキ王国にある村の村長 ユバ(CV.大原さやかさん)

ユバは、ヤグモ地方のカラスキ王国にある村の村長。長い白髪を後ろでまとめた髪型をした女性で、精霊術の使い手でもあり、村娘のルリやサヨに対して精霊術を教えています。実はリオの父方の祖母にあたり、リオが自身の孫息子だと知った際に自分が血の繋がった祖母だということを教え、リオにはその事実を内密にするように伝えました。

リオの両親は複雑な立場にあったことから、自分ではリオに対して両親に関することを教えることはできず、リオの件を伝えるためにカラスキ王国最強の武士として名を馳せるサガ家当主のゴウキに対して書簡を送りました。声を担当するのは、「美少女戦士セーラームーンCrystalシリーズの海王みちる/セーラーネプチューン役、『Fate/Zero』のアイリスフィール・フォン・アインツベルン役で知られる声優の大原(おおはら)さやかさん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その17:ユバの孫 ルリ(CV.小見川千明さん)

ルリは、カラスキ王国の村で村長を務めるユバの孫娘。ショートカットの黒髪の少女で、年齢はリオよりも1つ年上。リオの父親の兄の娘で、リオにとっていとこにあたります。明るく素直な性格で、ユバの家に滞在することになったリオとも仲の良い関係を築いていました。リオから実はいとこなのだと明かされた後は、砕けた口調で接するようになりました。

声を担当するのは、『ソウルイーター』のマカ=アルバーン役、「ひだまりスケッチシリーズ」のなずな役などで知られる声優の小見川千明(おみがわ・ちあき)さん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その18:ユバの村の村娘 サヨ(CV.久保ユリカさん)

サヨは、カラスキ王国にあるユバの村の村娘。長い黒髪を花柄の髪留めでおさげにした少女で、引っ込み思案ながらも自分の気持ちをちゃんと伝えようとする勇気を持っています。村では兄のシンと2人で生活しています。また、村長のユバから精霊術を学んでおり、ユバの孫娘のルリとは親友同士の関係。元からルリとの仲が良かったこともあって、ユバの村に滞在しているリオともよく行動を共にしていました。

カラスキ王国のエピソードのヒロインとも呼べる存在で、リオに対して好意を抱くようになっていきます。声を担当するのは、『ラブライブ!』の小泉花陽役、『ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝』のロキ役などで知られる声優の久保(くぼ)ユリカさん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その19:ユバの村の村民 シン(CV.増田俊樹さん)

シンは、カラスキ王国にあるユバの村の村民の1人。短い黒髪の少年で、一緒に暮らしている妹のサヨのことを心から大切に思っています。村長のユバから精霊術を学んでおり、ユバの家に滞在するようになったリオが要領よくだいたい何でもこなせてしまうことから、初めのうちは嫉妬心と反感を抱いていました。

しかし、とある一件でリオがサヨやルリの身を守ってくれてから彼を認めるようになり、サヨのリオに対する気持ちを理解するようにもなっていきます。声を担当するのは、『僕のヒーローアカデミア』の切島鋭児郎役、「KING OF PRISMシリーズ」の仁科カヅキ役などで知られる増田俊樹(ますだ・としき)さん。

『精霊幻想記』キャラクター情報その20:リオの宿敵 ルシウス・オルグィーユ(CV.鳥海浩輔さん)

ルシウス・オルグィーユは、リオの宿敵とも呼べる人物。没落したベルトラム王国の貴族オルグィーユ家の嫡男で、リオの父親が亡くなったあと、リオの母親やまだ幼かったリオに対して親切に接していたことから、2人から厚い信頼を寄せられていました。しかし、ある日とつぜん豹変し、家で留守番をしていたリオを薬で動けない状態にさせたあと、そこに帰ってきたリオの母親に暴力を振るい、リオの目の前で殺害しました。

こうして母親と2人で幸せに暮らしていたはずのリオは、スラム街で孤児として暮らすことになったのでした。リオは無意識にルシウスへの復讐心を自分の中で戒めてきましたが、カラスキ王国に滞在している間に遭遇したとある事件をきっかけに、自分の中にあるその想いを再度自覚。復讐の道がいかに険しいものかを理解しながらも、自分の手を汚すことを覚悟でその道を進むことを決意することになるのです。

テレビアニメ第2期はくる?今後の展開も見逃せない!

ここまで『精霊幻想記』のあらすじ・キャラクター・動画配信サービスなどについてご紹介してきましたが、いかがったでしょうか?

テレビアニメ『精霊幻想記」は、原作の内容を一部組み替えながらもひとまずの区切りをつけられるところで終了しましたが、これからの新たな展開を予期させる大変気になるところで終わってもいます。原作は既に20巻刊行されていますから、テレビアニメ第2期に繋がっていくかもしれません。原作の新たな展開はもちろんですが、テレビアニメの方の新たな展開にも期待していきましょう!

記事にコメントするにはこちら