【BLEACH】死神で一番人気は誰?護廷十三隊人気ランキング!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / BLEACH(ブリーチ)

大人気のバトル漫画BLEACHから、護廷十三隊のみの人気ランキングをご紹介!数多くの人気キャラクターが登場しますがトップ10は一体どのキャラクタなのか?ぜひご覧ください!

記事にコメントするにはこちら

BLEACHとは

BLEACHとは週刊少年ジャンプで連載されていた久保帯人(くぼたいと)先生の大人気バトル漫画です。刀を使ったスタイリッシュな戦いや、おしゃれなセリフやポエムが人気でアニメ化もしました。2022年には最終章である千年血戦編もアニメ化が決まっていて、今人気が再燃している漫画です。

 

尸魂界にいる死神

主人公の黒崎一護(くろさきいちご)や井上織姫(いのうえおりひめ)は人間側の登場人物ですが、BLEACHには他にも様々人物が登場します。特に人気キャラクターが多いのが、尸魂界(ソウルソサエティ)にいる、死神たち。死神はほとんどが護廷十三隊に所属し、尸魂界や現世を守る役割を果たしています。

 

護廷十三隊の人気トップ10!

今回はBLEACHでも人気の護廷十三隊だけで構成された人気ランキングをご紹介。みなさんの好きなキャラクターは一体何位なのか?トップ10を発表していきます。

 

 

【10位】更木剣八

10位は更木剣八(ざらきけんぱち)で、十一番隊の隊長を務めています。十一番隊は血の気が多い部隊で、敵も味方も関係なく戦いを挑む荒くれ者が多いですが、それをまとめているのが絶対的強者の剣八。物語後半でようやく始解ができた剣八は、それまでずっと斬魄刀の力に頼らず戦っていたという、護廷十三隊でもかなり上位の強さを持っています。

 

【9位】檜佐木修兵

BLEACHに数多く登場するキャラクターの中でも苦労人のイメージが強い、檜佐木修兵(ひさぎしゅうへい)は九番隊副隊長。元九番隊隊長東仙要(とうせんかなめ)が担っていた瀞霊廷通信の編集長の役割も果たしています。東仙の教えを忠実に守り、戦うことに恐れを持つことが大切であるという信念を持っています。

 

【8位】綾瀬川弓親

8位は十一番隊五席(後に三席に昇格)の綾瀬川弓親(あやせがわゆみちか)です。弓親は三席、副隊長クラスの実力があるにもかかわらず、あえて五席を選んだ理由が「三は一角がいるべきで、四の字は美しくないから」というくらい美にこだわりを持つ徹底ぶり。

また斬魄刀は十一番隊で唯一の鬼道系で、普段はばれないように偽の始解をして戦っています。

 

【7位】市丸ギン

元三番隊隊長の市丸ギン(いちまるぎん)が7位にランクイン。糸目で京都弁を話すギンは、尸魂界編で事件の黒幕かのような動きで護廷十三隊メンバーを翻弄。とある理由の為に藍染惣右介(あいぜんそうすけ)側に付いていて、敵味方両方を欺きました。ちなみにギンの目が回想以外で開眼したのは、神殺槍(かみしにのやり)が出た時のみで貴重なシーンとなりました。

 

【6位】阿散井恋次

6位は六番隊副隊長の阿散井恋次(あばらいれんじ)です。赤いロングヘアーを束ね、特徴のあるまゆ毛の形をしています。とても熱い男で、幼馴染の朽木ルキア(くちきるきあ)を救うべく、隊長である朽木白哉(くちきびゃくや)に立ち向かいました。敗北こそしましたが、白哉は恋次に敬意を表し、卍解でとどめを刺しました、

 

【5位】吉良イヅル

三番隊副隊長の吉良イヅル(きらいづる)は5位にランクイン。頭が良く、鬼道が得意です。恋次やルキア、雛森桃(ひなもりもも)らと幼馴染で、雛森に好意を寄せている描写があります。

臆病な部分もありますが、いざという時は身を挺して仲間を守る強さを持ち、また回復鬼道も得意なため、破面編での現世では戦闘と救護、両方で活躍しました。

 

【4位】朽木白哉

4位は常に冷静沈着な六番隊隊長の朽木白哉です。白哉は貴族出身で、新しくなった隊長の羽織を安っぽいと切り捨てるなど天然な一面もあります。戦いにおいては常に勝つための最善を取っており、破面編で十刃のゾマリ・ルルーとの戦闘の際、自らの操られた四肢の腱を即座に切り落とすという冷静さを見せました。

 

【3位】雛森桃

明るくかわいらしい女性死神の雛森桃が3位にランクイン。雛森は五番隊副隊長で尸魂界編で中心メンバーとして多く登場しています。五番隊隊長だった藍染を恋愛感情に近いほど敬愛していて、裏切られるまでは藍染のことを話すときに、女の子らしい表情をしていました。

 

一途でかわいい副隊長

何事にも一生懸命、まじめに取り組む雛森は霊術院時代のとある出来事がきっかけで、藍染に強く憧れを抱くようになりました。

藍染の部下になるべく、死に物狂いで必死に努力したことが作中で明かされています。また見た目もかわいらしく魅力的なので、雛森に惹かれる隊士は多いようです。

 

【2位】朽木ルキア

2位は朽木白哉の妹で、十三番隊隊士(後に十三番隊隊長)の朽木ルキアです。ルキアは一護が死神代行として力が目覚めるきっかけとなったヒロインで、古風な物言いが魅力の一つ。兄を尊敬し、可愛い物が大好きという純粋な一面も持ち合わせています。

 

かっこいい女性死神

なぜ隊士なのか?と感じるくらい、ルキアはとても強くかっこいい女性死神です。「袖白雪(そでのしらゆき)」という氷雪系の斬魄刀を使いますが、刀身が白く尸魂界で一番美しいと言われているそうです。ルキアの名言に「我々は仲間だろう一護!」というセリフがあるのですが、これは虚圏に乗り込んだ一護らを援護しにやってきたときのセリフで、一護たちとの強い絆を感じさせてくれるシーンのひとつです。

 

【1位】日番谷冬獅郎

見事1位に輝いたのは十番隊隊長の日番谷冬獅郎(ひつがやとうしろう)です。日番谷は登場当初から人気が高く、強さも折り紙付き。十番隊副隊長の松本乱菊(まつもとらんぎく)が流魂街で暮らす日番谷の能力を見越して、瀞霊廷に引っ張ってきました。

 

クールな十番隊隊長

幼いながらも隊長業務をこなす日番谷は斬魄刀の氷輪丸(ひょうりんまる)のように、クールで冷静。副隊長である乱菊にからかわれたり、さぼられたりしながらも滞りなく任務をこなしています。

また戦闘においてもクールさを失わず、常に相手の一歩先行く戦術を編み出し自分の斬魄刀の能力をフルに生かして戦います。千年血戦編では、斬魄刀の能力で卍解したのち、大人になった姿の日番谷を見る事が出来るのですが、あまりにも身長が伸びて風貌が変わっていたため、恋次とルキアに日番谷のお兄さんと間違われてしまいました。ちなみに身長133㎝から182cmまで伸びていたようです。

 

護廷十三隊人気ランキングまとめ

BLEACHの死神、護廷十三隊のメンバーの人気ランキングをご紹介しましたがいかがでしたか?人気ランキングに登場したキャラクター以外にも、沢山魅力的なキャラクターがいるのでぜひ漫画を見てくださいね!また他に好きなキャラクターがいる方はぜひコメントで教えてください。

記事にコメントするにはこちら