【いちご100%】ネタバレ有り。続編にがっかり?東城綾がヒロインの続編の内容は?

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / いちご100%

週刊少年ジャンプで人気連載作品だった『いちご100%』。伝説のラブコメディの続編があるって知っていましたか?続編が残念な内容だったとのことなので紹介をしていきます。

記事にコメントするにはこちら

「いちご100%」とはどういう作品?

原作者は河下水希さん。

『りりむキッス』に続いて、2作目となる連載作品でした。

魅力的で可愛い女の子キャラクターを描くのが得意な原作者だと思います。

週刊少年ジャンプで連載をされていた

『週刊少年ジャンプ』で連載をされていました。

2002年12号から2005年35号の4年間です。

巻数は全19巻。話数は全171話です。

いちご100%は『ニセコイ』に抜かれるまでは最長連載のラブコメディ作品でした。

2021年7月時点で累計発行部数は約800万部を記録しています。

伝説のラブコメ漫画

活発なボーイッシュが魅力の西野つかさ・眼鏡を取ると美少女の大人しい東城綾。

更には、ナイスバディの北大路さつき・妹キャラの南戸唯。

主人公・真中淳平が繰り広げるドタバタ恋愛コメディです。

どのキャラクターにもファンがいるほど。

主人公がモテモテ

前述した4人のヒロイン達にモテモテの主人公・真中淳平。

将来の夢は映画監督なのですが、パッとしない冴えない男子高校生です。

テストはいつも赤点レベル、元サッカー部員なのに運動神経は良くないのに4人からめちゃくちゃモテていました。

極度の優柔不断であり、八方美人な部分もあるので4人からモテるのだと思います。

恋愛感情に鈍感なところもあるので、恋愛をこじらせてしまう傾向にもあります。

アニメ化をされた

2005年からアニメ放送もされていました。

話数は全24話です。

声優は真中淳平役を 鈴村健一さん、東城綾役を能登麻美子さん、西野つかさ役を豊口めぐみさん、北大路さつき役を小林沙苗さん、南戸唯役を水樹奈々さんが担当するなどキャスティングが豪華なのも話題に。

「いちご100%」の続編

本編終了から12年の歳月が過ぎ、2017年4月〜7月発売の増刊『ジャンプGIGA』2017 vol.1〜2017 vol.4で、続編『いちご100% EAST SIDE STORY』が連載されました。

衝撃的でした。

この物語では誰が主人公になるのか?内容は?と話題になりました。

続編のタイトルは「East Side Story」

この続編は時間経過に伴って、本編でのヒロインたちの容姿(目や髪型)が若干ですが変わっています。

主人公は前作ヒロイン・東城綾(とうじょう あや)

EAST SIDE STORYというタイトルなだけあって、東城綾が主人公になっています。

慶法大学2年生になり、少し大人になった東城綾も美しいままです。

ネタバレになってしまいますが、本編で真中が最終的に選んだ相手は西野つかさでした。

続編での東城綾は未だに真中のことを忘れられずにいます。

東城綾のその後は幸せでいるのでしょうか?

冴えない地味な高校生・中間(なかま)

続編では中間が主人公になっています。

中間は地味で冴えない男子高校生。

実家は古本書店を営んでいます。

真中に雰囲気が似ていますが、真中よりも長身で誠実です。

一方、真中に負けず劣らず妄想が強いのが玉に瑕。

年上の女性(特に女子大生)に憧れを抱いています。

続編の残念なポイント

全4話で構成をされていた続編なんですが、読者の多くは「続編は残念だった」と語っています。

では、一体どういう点が残念だったのでしょうか?

・主人公の高校生が前作と違う人

続編は真中淳平ではなく、中間という高校生が主人公です。

苗字は完全に真中をモジっているのでしょう。

下の名前は存在しません。

これは、登場するヒロイン達を魅力的に魅せるために当て馬として主人公を作っているのでしょうか?

お色気・ドキドキなシーンが満載な作品ですが、それだけではないストーリー展開が売りだっただけに適当さが伺えてしまったように思います。

・すぐにモテモテになってしまう

本編でのヒロインの1人だった北大路 さつきもサブヒロインとして登場をします。

外村 美鈴(そとむら みすず)というサブヒロインも。

中間は真中に似ていて、ヒロインを夢中にさせる所謂ラッキースケベの素質を持っています。

ですが、全4話という短いストーリーの中で可愛いヒロイン達からモテモテになるというのは無理があると思います。

・東城の新しい恋

結局のところ、中間とはいい感じになる東城綾でしたが交際するところまでには発展せずでした。

新しい恋をする東城綾を応援したいファンが多い中で、最終的にはくっつかずに終わってしまいモヤモヤした人もたくさんいるのではないでしょうか?

せめて、告白をしてもよかったのでは?と思います。

ずっと真中のことを引き摺っている東城綾なだけに、幸せ展開を望んだ読者も多いと推測します。

中間とどう展開を見せるのか、というところで続編は終了。

完全に消化不良です。

まとめ

個性的な4人のヒロインが大活躍をする『いちご100%』。

本編も続編も読みごたえがありますので、是非読まれたことがない方も続編の存在を知らなかった本編のファンの方もご鑑賞下さい。

記事にコメントするにはこちら