【東京リベンジャーズ】東リベの人気キャラランキング!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 東京卍リベンジャーズ

大人気漫画の東京リベンジャーズは敵、味方両方にとても魅力的なキャラクターがたくさん登場。今回は東京リベンジャーズの人気キャラクターランキングをご紹介します!

記事にコメントするにはこちら

東京リベンジャーズとは

東京リベンジャーズとは週刊少年マガジンで連載中の和久井健(わくいけん)先生による、不良漫画かつタイムリープ能力を持つ主人公という異色の組み合わせの大人気漫画。和久井先生は、新宿スワンやデザートイーグルなどを手掛け、ヤンキー漫画には定評があります。

東京リベンジャーズはヤンキー漫画の要素だけではなく、タイムリープというSFチックな要素も加わり主人公が過去を替え、どう未来を変えていくのか話の続きが気になる1話の店舗が良い漫画です。

 

人気が凄い!

東京リベンジャーズは大人を中心に人気が広がっていきました。理由としては、今の大人が小さいころに見ていたヤンキー漫画と、現代で流行っているタイムリープものという2つの異色の組み合わせが幅広い年代に受け入れられたのではないかと考えます。

またマイキーこと、佐野万次郎(さのまんじろう)をはじめ沢山の魅力的なキャラクターが登場するのも人気の理由でしょう。

 

人気キャラランキング

作品の魅力もさることながら、登場キャラクターも魅力的な人物が多い東京リベンジャーズ。今回はキャラクターの人気ランキングをご紹介します。キャラクターを紹介する中で、一部ネタバレ表現もありますので、ご注意ください!

 

【10位】稀崎鉄太

稀崎鉄太(きざきてった)は主人公、花垣武道(はながきたけみち)が最初に戦うキャラクターです。非常に頭が良く、策略家で武道が何度タイムリープしても立ちはだかります。また武道の恋人、橘日向(たちばなひなた)に好意を寄せており、武道と付き合ったのがきっかけで人が変わってしまいました。稀崎の最後は壮絶な形で幕を閉じます。

 

【9位】千堂敦

武道の親友の1人、赤い髪がトレードマークの千堂敦(せんどうあつし)が9位にランクイン。通称「アッくん」で溝中五人衆のリーダーです。最初の方のタイムリープではキーマンとなっており、武道の目の前で投身自殺をしたり、日向を殺害してしまいます。9度目のタイムリープ後は、夢だった美容師の職に就いていました。

 

【8位】乾青宗

乾青宗(いぬいせいしゅう)は十一代目黒龍(ブラックドラゴン)の副総長を務めている運動神経抜群で、顔にあざのある男。九井一(ここのいはじめ)とは幼馴染で、仲間想いな一面があります。

 

【7位】河田ソウヤ

通称アングリーと呼ばれている、河田ナホヤ(かわたなほや)の双子の弟、河田ソウヤ(かわたそうや)が7位にランクイン。ナホヤとは対照的で、常に怒ったような表情をしているのが特徴です。

表情に似合わず、性格は優しくヤンキーにも関わらず人を本気で殴ることが出来ません。しかし、本来はとても強く、過去にナホヤと泣かないと約束をしましたが、泣くことでそのリミッターが外れ骨折しているにもかかわらず天竺の1人を倒しました。

 

【6位】河田ナホヤ

6位の河田ナホヤはスマイリーと呼ばれていて、河田ソウヤの双子の兄です。常にニコニコしていますが、ソウヤと合わせて「目黒のツインデビル」と呼ばれているほどケンカが強く冷徹な心を持っています。

 

【5位】場地圭介

武道の前に壱番隊隊長をしていたのが、場地圭介(ばじけいすけ)という黒いロングヘアが特徴の男。東京卍會の創設者であり、マイキーとは幼馴染の関係です。素行は荒々しく短気な面が多くみられますが、仲間想いで優しい性格をしています。

稀咲を倒すために、仲間を裏切り自分自身を犠牲にして東京卍會を抜けてしまい、最後は命を落としてしまいました。

 

【4位】松野千冬

かっこよさとかわいさを併せ持つ、松野千冬(まつのちふゆ)が4位にランクイン。千冬は壱番隊の副隊長をしていて、場地を尊敬しています。武道が東京卍會のメンバーにタイムリープのことを初めて伝えたのがこの千冬で、千冬自身もなんとなく武道がタイムリープしていることに気づき快く協力することを伝えました。

千冬は小柄ながらに喧嘩も強く、仲間想いであることから男女ともに人気の高いキャラクターです。

 

【3位】三ツ谷隆

第3位は弐番隊隊長の三ツ谷隆(みつやたかし)がランクイン。短気な荒くれ者が多い東京卍會のメンバーのまとめやくで、いつも冷静さを失いません。自身は母子家庭で育っており、双子の妹のルナとマナの世話をするなど面倒見の良い一面を持ち合わせています。

 

三ツ谷はギャップが人気?

 

クールで冷静沈着な三ツ谷も東京卍會のメンバーですから、ヤンキーらしくケンカももちろんします。しかし、三ツ谷は学校の手芸部の部長も務めているほど手先が器用で、創設当初の特攻服を仕立てたり、武道の初めて着る特攻服も作るほど。現代ではファッションデザイナーもしており、ケンカをするヤンキーの部分と手芸が得意なかわらいらしい部分のギャップが人気の秘密です。

 

【2位】佐野万次郎

佐野万次郎こと、マイキーが2位です。マイキーは東京卍會の総長で「無敵のマイキー」と呼ばれるほど、ケンカが強くカリスマ性が非常に高い、沢山の人に慕われる男。武道の1回目のタイムリープの際にケンカに負けそうになりながらも立ち向かう武道を見て気に入り、タケミっちとあだ名をつけてかわいがるようになりました。

 

マイキーはすべてがかっこいい!

身長162cm、体重は56㎏とマイキーは決してケンカにおいては恵まれた体格とは言えませんが、それでも誰にも負けない強さを誇っています。さらに強いだけではなく、とても仲間想いで心優しく、仲間がバカにされると許せないという熱い男です。

 

【1位】龍宮寺堅

東京リベンジャーズの人気キャラクター第1位にはドラケンこと、龍宮寺堅(りゅうぐうじけん)が輝きました。ドラケンは東京卍會の副総長を務めており、マイキーの幼馴染でありながら最高の相棒。見た目はいかついですが、実はシャンプーが目に入るのが怖く、未だにシャンプーハットをかぶっているというお茶目な一面もあります。またマイキーの妹である、エマとは両想いですがなかなか関係が進展しません。

 

友情に熱いドラケン

ドラケンは陽気なマイキーと比べるとクールで落ち着いた印象を受けます。しかしマイキーの右腕、心の部分を担っており、とある事件の際にマイキーへ人の心を持つように諭すなど大人な一面を持っています。

 

人気キャラランキングまとめ

今回は大人気漫画の東京リベンジャーズの人気キャラランキングをご紹介しましたが、いかがでしたか?東京リベンジャーズにはまだまだ沢山のキャラクターが登場するので、漫画を読んで推しキャラを探してみてくださいね!

記事にコメントするにはこちら