【るろうに剣心】最終章の見どころを紹介!難しい原作を実写映画ではどのように描くのか?

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 映画 / るろうに剣心

最終章と謳っている通りに原作の「追憶編」「人誅編」を実写化した2作品は何巻から何巻までだったのでしょうか?
「追憶編」「人誅編」の物語をご紹介していきます。

記事にコメントするにはこちら

主演は俳優の佐藤健さん、監督は大友啓史さん、アクション監督は谷垣健治さんとそうそうたる顔ぶりで作られた『るろうに剣心』の実写映画。
新型コロナウイルスの影響で公開延期を余儀なくされていた映画『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が2021年4月23日・6月4日に無事に公開をされました。

『るろうに剣心』の作品情報

正式タイトルは「るろうに剣心—明治剣客浪漫譚(めいじけんかくろまんたん)—」。通称「るろ剣」という愛称で親しまれています。
1994年から1999年まで、週刊少年ジャンプにて連載された時代劇漫画である。
原作者は和月伸宏さんです。
明治時代の日本を舞台に、過去の最強の幕末志士・緋村剣心が神谷薫・明神弥彦・相楽左之助・高荷恵等の心強い仲間たちと一緒に激動の時代を生き抜いて来た宿敵たちと死闘。

新しい時代で成長をしていく、歴史やロマン・アクションが溢れる作品です。

週刊少年ジャンプの大人気連載作品だった!

90年代後期における、週刊少年ジャンプの看板作品のひとつ。

時代設定が近代日本である明治時代・読み手がドキドキするような戦闘シーン・実在の人物をモデルにした魅力的な登場人物など、今までの週刊少年ジャンプにがなかった新鮮な要素が織り込まれていました。

幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客、緋村剣心。明治維新後は「不殺」(ころさず)を誓い、流浪人として全国を旅していた。神谷薫との出会いや、同じ激動の時代を生き抜いた宿敵達との戦いを通じて、贖罪の答えと新たな時代での生き方を模索していく。

アニメ化に実写舞台化もされた!

1996年にアニメ化、2012年に実写映画化、2016年・2018年には元宝塚雪組トップスター・早霧せいなさん主演で舞台化がされました。

その他にも、アニメ劇場公開・OVA化・ゲーム化もされています。

『るろうに剣心』最終章の紹介

るろうに剣心の実写映画は過去に3作品、撮影されています。

いずれも興行収入30億越えをしている人気映画の仲間入りを果たしています。

主人公の緋村剣心役には、佐藤健さんが抜擢されました。

原作は何巻から何巻まで?

『るろうに剣心 The Final』は原作漫画の19巻から21巻までの内容です。

『るろうに剣心 The Beginning』は原作漫画の21巻終盤から最終巻である28巻までの内容を一気に描いています。

緋村剣心の過去が明らかに「追憶編」

こ幕末の時代、緋村剣心が”人斬り抜刀斎”と呼ばれていた頃の話になります。

長州藩の志士で倒幕派の暗殺者〝人斬り抜刀斎〟として怖れられた緋村剣心。

ある日の夜の居酒屋で、雪代巴というミステリアスな女性と出会います。

剣心は二人組の酔っ払いが巴に絡むのを制止。

店の外で突然襲ってきた男を斬る現場を巴に目撃され、彼女を監視するために一緒に暮らすこととなりました。

二人の間には徐々に愛情が芽生えていき…?

本作で人気の高いキャラクター・雪代巴役を有村架純さんが艶やかに演じています。

仲間と共に死闘を繰り広げる「人謀編」

元新選組隊長の斎藤一は志々雄真実に甲鉄艦を売った中国大陸の裏社会を牛耳る武器商人を横浜駅で逮捕します。

日本と大清帝国間の領事裁判権のために武器商人は釈放されることになりました。

実はその武器商人・雪代縁は姉である雪代巴を殺害した剣心に恨みを持つ義弟なのでありました。

雪代縁役には、新田 真剣佑さんが抜擢。

狂気を秘めている縁を堂々と演じていました。

この追憶編・人謀編はとにかく「内容が重い」と読者の間で囁かれています。

どう重いのかというと、心優しい最強剣士である剣心が数多の人を斬っていく「抜刀斎」になるまでの過程を描いています。

それまでの展開が実に少年誌向けの熱いバトルが繰り広げられた内容で明治時代と言う新しい世を前向きに生きていく登場人物達の描写が多かっただけに、剣心の過去が暗くどんよりとしたものでここでリタイアする読者も少なくなかっただろうと思います。

作者である和月伸宏氏も、どうやっても話が重くなる展開をエンターテイメント性に持っていくのかを苦労されたようです。

ですが、この剣心の過去の悩み・苦しみがあるからこそ剣心という主人公に感情移入が出来てさらに物語に深みを与えてくれたのも事実です。

一度は婚姻を交わしていた雪代巴に対する感情や愛情、雪代縁の姉へ対する執着や剣心への憎悪、神谷薫の剣心への想いなどを見ても、複雑な人間関係を実写映画で表現をするにはうってつけのように思います。

そして、るろうに剣心の魅力のひとつは迫力あるアクションシーンでもあります。

体を張って行われるアクションの数々を是非、刮目してみて下さい。

まとめ

伝説の歴史ロマン&アクション漫画である『るろうに剣心』をいろいろな形で楽しんでみてはいかがでしょうか?

つい、目をそむけたくなるような辛いシーンもあるとは思いますが間違いなく傑作と呼んでも過言ではない実写映画のラストを是非、見届けて下さい。

記事にコメントするにはこちら