【ラブライブ!スーパースター!!】平安名すみれのここが可愛い!推したくなる魅力を解説するわよ!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ

2021年10月3日の夜、アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』と登場人物である「すみれちゃん」、カップリングの「クゥすみ」がTwitterのトレンド入りを果たしました。当日放送された10話「チェケラ」はギャグエピソードかと思いきや、平安名すみれにスポットを当てた感動的なエピソードとなりました。推さずにはいられないすみれちゃんの魅力や彼女に関連するキャラも解説していきます。

記事にコメントするにはこちら

アニメ「ラブライブ!スーパースター!!」はどんな作品?

 『ラブライブ!スーパースター!!』は、東京の表参道と原宿と青山という3つの街の間にある新設校で結成されたアイドルグループ「Liella!(リエラ)」を中心にしたメディアミックスプロジェクトです。
テレビアニメや雑誌、CDシングルのリリース、声優陣によるライブやYoutubeでの生放送番組など、多岐にわたる活動をしています。
テレビアニメは2021年7月からNHK Eテレで日曜日の夜7時半から放送され、部活動の一環でアイドル活動を行っている高校1年生5人の奮闘や成長が描かれていました。

テレビアニメの公式ハッシュタグである「#ラブライブ」や「#Liella!」が毎週Twitterのトレンド入りを果たすほど、多くの視聴者から注目されている作品です。

主役は、新設校のスクールアイドル「Liella!」の5人

ここでアニメのあらすじを紹介しましょう。
本作の主役は、東京表参道・原宿・青山のちょうど間に位置する新設校「結が丘女子高等学校」に通う高校1年生の女子生徒5名です。

歌が大好きだけど人前で歌うことが苦手な澁谷かのんは、入学式の日に、スクールアイドルに憧れて上海からやってきた留学生・唐可可(タンクゥクゥ)に歌声を聞かれ、「スクールアイドル活動を一緒にしませんか」と誘われます。
かのんはどうしても人前で歌うことができず、一度彼女の誘いを断ってしまいました。
かのんが人前で歌えないことを知った可可は「応援します! かのんさんが歌えるようになるまで諦めないって、約束します!」と、かのんに宣言。かのんと一緒にスクールアイドルをしたいともう一度誘います。
可可のまっすぐな言葉に心動かされたかのんは、「歌が大好きだ」という気持ちを思い出し、ふたりでスクールアイドル活動を始めることにしました。

二人は代々木のスクールアイドルのフェスイベントで新人特別賞を受賞し、スクールアイドル部を設立します。
その後、舞台の上で輝く二人を見てスクールアイドル活動を始めたいと思った、元子役タレントの平安名すみれ、ふたりにダンスの指導できるほどダンスに精通している、かのんの幼なじみ・嵐 千砂都(あらし ちさと)が加入。

そして、学校の創立者の娘で生徒会長である葉月恋(はづきれん)の家と学校がおかれている現状、恋の母の学校に対する想いを4人は知ることになるのです。
恋を加えた5人は、全国のスクールアイドル達が競い合う一大行事「ラブライブ」にエントリーし、頂点を目指して奮闘していくことに。しかし、全国への道は過去大会よりもさらに険しいものでした。

果たしてLiella!の5人は全国の頂点に立ち、入学希望者を増やして学校を存続することができるのでしょうか。

平安名すみれはこんなスクールアイドル!

2021年10月3日日曜日の夜、Twitterのトレンドワードに「すみれちゃん」、彼女と可可のカップリングを意味する「クゥすみ」がトレンド入りを果たしました。

すみれちゃんこと平安名すみれは、かのんと可可のクラスメート。学校の近くにある由緒正しい神社が彼女の家です。
彼女はショービジネスの世界にいたと周囲に口外しています
「ギャラクシー」が口癖で、「私を誰だと思っているの!」と言うほど、人前ではいつも強気。一方で人前では決して弱いところを見せないようにしています。

スクールアイドルを始めたきっかけは、偶然立ち寄った代々木のスクールアイドルフェスで、かのんと可可のパフォーマンスを見たことでした。
入部後はメンバーにいじられ、発言をなかったことにされることも多いですが、仲間思いな一面を見せるようになっていきます。

全銀河に名を轟かす「カリスマギャラクシースクールアイドルになるという夢を持ち、夢を叶えるために、努力を続けることができる人物です。

ここからは、テレビアニメ最新話までのネタバレも含みますので、注意してご覧ください。

かつてショービジネスの世界で活躍!歌もダンスも完璧

すみれは、ことあるごとに「ショービジネスの世界に生きてきた私が」と発言しています。
すみれは幼い頃、子役タレントとして芸能活動を行っていました。そのため、人に注目されることには慣れており、ダンスも完璧にこなすことができます。

ダンスが得意な千砂都の見せる動きを再現した時や、かのんと可可がフェスで披露したダンスを完璧に踊ってみせた時は、かのん達を驚かせました。
スクールアイドルに人一倍強い思いを持つ可可も、彼女のダンスを見て即戦力だと褒めたことがあります。

10話では即興で見事なラップを披露し、メンバーたちを驚かせたほど、多彩な才能を持ったスクールアイドルです

不遇な子役時代、代表的な役はダイオウグソクムシ?!

すみれには、一番目立つ場所で脚光を浴びたいという夢があります。
子役だった頃、すみれは主役を目指して歌もダンスも頑張ってきましたが、何度もオーディションに落選し、脇役ばかり演じていました。
なかでも本人が一番気にしていた役は、深海生物のダイオウグソクムシの役でした。
撮影では、他の女の子たちはお姫様のようなドレスをまとっていましたが、すみれだけがダイオウグソクムシの着ぐるみを着ることに。「グソクムシ~グソクムシ~♪」と一人で歌う場面もありました。

しかし学校の帰り道にこっそり一人で当時の動画を見ていたすみれは、心配して尾行していたかのんに横から見られてしまいます。
動画のことを忘れてほしいすみれは、かのんを神社の事務所内に監禁。呪いを使ってかのんの記憶を消そうとしたほど、彼女にとって恥ずかしい思い出でした。
その後、かのんからグソクムシの存在を聞いた可可からことあるごとに「グソクムシ」と呼ばれています。

健気にスカウトを待ち続ける

スクールアイドルになる前のすみれは、放課後に原宿の竹下通りを何度も歩いて芸能事務所からのスカウトを待ち続けていました。
たとえ雨の日であっても必ず竹下通りを訪れ、人通りの多い場所を何度も往復しています。
もちろんそう簡単にうまくいきません。それでもわずかな可能性を信じて、諦めずにすみれは毎日放課後、竹下通りを足を延ばしているのです。

自分のことを誰かに見つけてほしくて、歩き続けてきたすみれ。その一途で健気な姿を応援せずにはいられません。

実は料理が得意で思いやりの心の持ち主

強気な発言が目立つすみれですが、アニメ6話「夢を見ていた」で、意外な特技を見せています。
その特技は、料理です。
可可は憧れのスクールアイドル「サニーパッション」に、彼女たちの故郷である島に招待してくれたお礼として、故郷の上海料理をふるまおうとしましたが、料理をすべて焦がしてしまいます。
落胆する可可を横にすみれは、「しょうがいないわね」と言ってエプロンを着て、料理を始めました。
簡単な物なら作れると話していたすみれですが、可可のレシピノートを見ながら鮮やかな手さばきて、何品もの料理を一人で作り上げます。

夕食中、すみれは「この料理は可可の故郷の料理で、2人で作ったもの」だとサニーパッションに説明し、料理が上手くできなかったけれど、サニーパッションを喜ばせたかった可可の顔を立てようとします。
さらに「料理をおいしく感じるのは島の食材がいいから」と、サニーパッションの地元を褒めていました。

自分だけの手柄にしたりせず、もてなしてくれた側にも感謝の気持ちを伝えており、すみれが思いやりの心を持つ優しい性格の持ち主であることが明らかになったのです。

普段は「ショービジネスの世界に生きてきた私が」と自己アピールをする姿が印象的なすみれでしたが、彼女の器の大きさや大人の対応に、心を掴まれたファンもいるようです。

世話焼きで自分から率先して名乗りを上げる

料理の件だけでなく、すみれは世話焼きな一面を持っています。
夏の暑い日に屋上で倒れてしまった可可をうちわであおぎ、船酔いで可可が苦しそうにしていた時は彼女を気にかけ、安眠する彼女を見て安心した表情を浮かべていました。

生徒会長選挙の際も、無理やりでもかのんを立候補させようとする可可と千砂都を止めるためか、自ら出馬表明します。
すみれは、困っている人を放っておけず、誰も手を挙げないのなら自分から進んで前に出ることができる人物なのです。

自分と周囲を比べてしまう一面が放っておけない

すみれは幼少期、主役になることを夢見て歌やダンスなど様々なことに挑戦して腕を磨いてきましたが、どのオーディションでも主役を射止めることができず、脇役ばかり割り振られていました。

その苦い経験があったためかスクールアイドルを始めてからも、他の4人が持っているスキルや熱量が自分より上に感じ、いざ自分がセンターに立つとなると自信がないあまり他のメンバーにセンターの座を譲ってしまったり、尻込みしたりしてしまいます。

何度努力しても報われず、スキルや才能の高い人がオーディションに合格する姿を何度も見て、悔しい思いを何度も繰り返してきたすみれ。
すみれの一生懸命頑張っても報われなかった過去や、彼女の人と比べて自分には何もないのではないかと思ってしまうところは、同じように悩んできた人にとって他人事には思えず、応援せずにはいられません。

自分と人を比べて、自分には才能やスキルがない、ダメだと思ってしまった経験のある方は、きっと彼女の気持ちが痛いほどよくわかるのではないでしょうか。

強気な発言とは裏腹に、とても繊細で優しい心の持ち主。それがすみれの本質であり大きな魅力なのでしょう。

誰よりも努力家

すみれがラブライブの地区大会に進む大事な場面でセンターに抜擢された際、すみれは夕方ひとりでストレッチやランニング、発声練習を一生懸命していました。
センターに立つ以上、周囲の期待に応えるパフォーマンスをしようと、陰で毎日猛特訓していたのです。

彼女の一生懸命な姿や歌声を聞いた可可は、彼女こそセンターに立つのにふさわしい人物だと思い、彼女を華やかに見せる衣装を作り上げました。

今まで可可は、すみれの「スクールアイドルはアマチュア」という発言を全く許すことができず、彼女とぶつかることがありましたが、見えないところで精いっぱい頑張る姿に心を動かされたようです。

何度努力しても叶わなかった過去や低い自己肯定感を持ちながらも、最後まで諦めずに必死に努力したすみれ。
彼女の惜しみない努力が実を結んだ最高のパフォーマンスは必見です。

アニメの担当声優は?

平安名すみれを演じるのは、ペイトン尚未さんです。
ペイトン尚未さんは、埼玉県出身で2003年7月1日生まれの18歳。現役女子高生声優です。
父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフで目鼻立ちも美しく、多くのファンから美人声優と言われています。
2017年10月から2019年12月までアイドル育成プロジェクト・アイドルING!!!のメンバーとして音楽活動を開始。2020年にゲーム『BATON=RELAY』の高橋京子役で声優デビューをしています。
中学時代にチアリーディングに打ち込んでおり、チアダンスでは全国2位の実力を持っているのだそうです。
アニメやVOCALOIDが大好きで、TwitterやInstagramでは手書きイラストを投稿しています。

強気だけれど本当は仲間想いで、見えないところで頑張るすみれの魅力を引き出す、ペイトン尚未さんの演技に注目です。

センター楽曲はあるの?

2021年10月現在、平安なすみれがセンターで歌った楽曲は一曲あります。
アニメ10話で登場した「ノンフィクション」が、すみれの初センターを飾った楽曲です。
今まで夢を叶えられなかったすみれが初めて夢を叶えたライブシーンは、多くの視聴者の心をわしづかみにさせました。
この楽曲はジャズをベースにした楽曲で、すみれのラップから始まります。
今までの『ラブライブ!』シリーズの楽曲の中でも珍しい大人っぽい楽曲で、5人それぞれの艶やかな歌声に聞きほれてしまいそうな楽曲です。
センターに立つすみれの衣装は、他のメンバーよりもスカートにボリュームがある華やかなデザインで、髪の毛も縦ロールにするなど、本物のお姫様のような風格を漂わせています。

すみれの持つ魅力を最大限に発揮させたこの楽曲。ぜひアニメのライブシーンや音楽でじっくりと堪能してみてください。

アニメですみれと深い関わりを持つLiella!のメンバーは?

『ラブライブ!』シリーズでは、仲のいいメンバー同士の友情や、同じ感情を持つ仲間同士の人間ドラマが描かれることが多いです。
では、すみれと深いつながりを持つLiella!のメンバーは誰なのでしょうか?

アニメ10話までの時点でのすみれと深いかかわりのある人物を二人紹介します。

渋谷かのん

澁谷かのんはLiella!の中心人物で、すみれのクラスメートです。
かのんは昔から音楽や歌が大好きですが、人前で歌うと声が出なくなることにずっと悩んでいました。
コンクールなどの大事な場面で歌えないことが多く、仲間の期待を裏切ってしまう自分のことを認められなかったのです。
歌えないのが自分の運命であり、これから先も人前で歌うことができないと思っていましたが、可可や多くの観客の支えで、人前で歌うことができるようになりました。

夢を叶えたくてもずっと叶えられず、夢を諦めかけてたすみれと自分を重ね、かのんは彼女をスクールアイドルにスカウトすることに。「すみれを見て自分もセンターに立ちたくなった」「センターが欲しかったら、奪いにきてよ!」とすみれを励ましました。

センターに抜擢された際、消極的になるすみれのことを他のメンバーも心配していましたが、かのんの「きっと自信がないんだろうな。今までのことがあるから」と彼女の立場に立って考えることもできていました。
そして、「きっと本気になれば誰も敵わない力を発揮できるのではないか」と彼女の持つ可能性を強く信じているようでした

かのんは、すみれの本心を理解できる人物と言っても過言ではないでしょう。

唐可可

唐可可はスクールアイドルが心から大好きで、全国大会である「ラブライブ」への出場にも人一倍大きな情熱を燃やしています。
ダンスを軽々踊ることができるすみれを「即戦力」と思っていましたが、すみれの入部した動機が「スクールアイドルはアマチュアであり、自分でもできそうだから」という理由だったので、長いこと彼女のことを認められませんでした。
すみれがスクールアイドルをショービジネスよりも下に見ていると思っているようで、可可はいつもすみれに厳しい発言をしています。
ダイオウグソクムシの役をしていたことをかのんから知ってからは、すみれのことを「グソクムシ」と呼び、名前を呼ぶことはありませんでした。

地区大会予選に向けてすみれが陰で努力していることを知ってからは、すみれのことを認めるようになっていきます。

可可はラブライブで結果が出なければ、上海に帰らなければならないという約束を姉としていますが、彼女は他のメンバーに口外しておらず、姉と電話しているところを聞いてしまったすみれはこの事実を知る唯一の存在でもあります。

過去作ですみれとよく似た人物はこの3人!

メンバーにいじられたり、不運に見舞われたりしながらも、世話焼きで仲間想いな一面を持つすみれ。
すみれ推しの人で過去のシリーズをまだ観たことがない方に、すみれによく似た素敵なキャラクターを紹介します。

『ラブライブ!』シリーズのファンの方も、人気キャラとすみれの共通点をまとめましたので、ぜひご覧ください。

μ’sの矢澤にこ

平安名すみれと性格がよく似ているスクールアイドルのひとりは、初代作『ラブライブ!School Idol Project』に登場する3年生・矢澤にこです。
矢澤にこは、アイドルである自分に誇りを持ち、自分の理想であるかわいいキャラクターを演じています。
1年生の頃に独自にスクールアイドル活動をしていましたが、高いプロ意識やアイドルへの情熱が他の部員に理解されず、活動を停止に。主人公たちがスクールアイドルを始めるまでは、たった一人でアイドル研究部を運営してきました。

すみれとの共通点は主に下の9つです。

・自分に強い誇りを持っている
・プライドが高くて、人に素直になれない
・「しょうがないわね」が口癖
・メンバーによくいじられる
・発言しても何故か仲間達から聞かなかったことにされてしまう
・実は料理が得意
・普段は強気な性格だけど、面倒見がいい
・町に出歩くときはサングラスをかける
・相反するように見えて実は素直になれない相方的存在がいる
・表情が豊か

他にも共通点があるのですが、すみれのキャラクターの原点とも言っても過言ではないほど、にことすみれはよく似ています。
普段の姿とアイドルを演じている時のギャップや、本当はとてもやさしい性格の持ち主であると言う点が好感を持ちやすく、応援せずにはいられません。
すみれの優しい一面が好きな方なら、にこのことを応援したくなるでしょう。

Aqoursの津島善子

すみれとよく似た個性を持つ二人目のスクールアイドルは、2作目『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場する1年生・津島善子です。
津島善子は、堕天使系スクールアイドル。自分のことを堕天使ヨハネ、ファンのことをリトルデーモンと呼んでいます。
服装もフリルのついた小悪魔系のものを好み、「堕天使ヨハネ」のキャラクターで占い関連の動画を配信するなど、普段から堕天使キャラクターを演じているようです。

善子には、入学式の日、中二病全開の自己紹介をしてしまい恥ずかしさのあまり不登校になったことがあります。
アニメ1期の序盤では、中二病であることや自己顕示欲にあふれているところをコンプレックスに感じており、スクールアイドルグループの先輩や幼稚園時代の幼なじみの支えで、自分らしさを認められるようになりました。

すみれとの共通点は、下の8つです。

・髪型が前髪を切りそろえたストレートヘア
・強気な性格で強い個性の持ち主
・運が悪いのか、なかなか報われない

・発言しても何故か仲間達から聞かなかったことにされてしまう
・メンバーによくいじられる
・思いのたけを遠慮なく話せる相方的存在がいる
・変装するときはサングラス着用
・声がよく似ている


善子にもメンバーからよくいじられていたり、運が悪くてひどい目に遭うなど、すみれの不遇な面と重なる点もあり、放っておけない魅力があります。
歌声も可愛さの中に大人っぽさのある声で、新曲「ノンフィクション」で見せたすみれの歌声が好きな方もきっと彼女の歌声を気にいるのではないでしょうか。

すみれの個性派ヒロインな部分が好きな人、自分の理想を貫く姿が好きな人におススメできるスクールアイドルです。

虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の中須かすみ

すみれと似た個性を持つスクールアイドルの3人目は、シリーズ3作品目『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』に登場する2年生・中須かすみです。
かすみは自分のことを「かすみん」と呼び、自分の理想とする「可愛い」を常に追求し、日本一可愛いスクールアイドルを目指しています。
歌やダンスもグループ内では上手なほうですが、メンバーや学内の生徒たちが彼女の発言を聞かなかったことにすることもあり、ネタキャラ扱いを受けているのもすみれと共通しています。

すみれとの共通点は、下の8つです。
・強気な性格で強い個性の持ち主
・自分を強く持っている
・変装するときはサングラス着用
・発言しても何故か仲間達から聞かなかったことにされてしまう
・料理ができる(特にコッペパン)
・表情が豊か
・言われてほしくないあだ名がある
・どんな困難も諦めない

かすみも、にこや善子のようにギャグ担当に回ることが多く、様々な表情を見せてくれて、観ていて飽きません。
最後まで諦めずに頑張るところもあって、応援したくなる魅力もあります。
どんな時も一生懸命自分の理想に向かって頑張る女の子が好きな方におススメのスクールアイドルです。

カリスマギャラクシースクールアイドル・平安名すみれを推さずにはいられない!

ここまで『ラブライブ!スーパースター!!』の平安名すみれの魅力を余すところなくお伝えしました。
自分の理想である「カリスマギャラクシースクールアイドル」になるべく、人がいないところで一生懸命努力をし続けている姿に、心を打たれた方も多いでしょう。
過去の『ラブライブ!』を見ていた方もすみれを見ると、彼女の愛らしさや一生懸命なところがにこや善子、かすみと重なって、応援したくなるのではないでしょうか。
ぜひ、この機会にアニメ『ラブライブ!スーパースター!!』をご覧になって、すみれの頑張る姿を応援してみてくださいね。

記事にコメントするにはこちら