【うらみちお兄さん】豪華声優が目白押し!声優情報を紹介!<前編>

カテゴリーまとめはこちら:アニメ

久世岳さんによるブラックコメディ漫画作品『うらみちお兄さん』。子ども向け教育番組「ママンとトゥギャザー」に出演する体操のお兄さん・表田裏道と彼を取り巻く人々との世知辛い日常が描かれます。2021年にテレビアニメ化した本作に出演する声優情報についてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『うらみちお兄さん』とは?

『うらみちお兄さん』は、体操のお兄さんとそれを取り巻く人々との世知辛い日常を描いたブラックコメディ漫画作品。作者は、『トリマニア』や『ニラメッコ』の連載で知られる漫画家の久世岳(くぜ・がく)さん。2017年2月に久世さんが自身のツイッターアカウントにオリジナル漫画作品として投稿した際に大きな反響を呼び、同時期に pixivにあるWebコミック配信サイト「comic POOL」の担当と新連載に関する話が進んでいたことから、同年5月より連載を開始することが決まりました。

2021年5月の時点で、電子版を含めたコミックスの累計発行部数は150万部を突破。第3回「次にくるマンガ大賞」のWebマンガ部門において第1位、2017年度の「WEBマンガ総選挙」のインディーズ部門において第1位を受賞するなど、高い評価を受けている作品です。

物語のあらすじ

本作の主人公は、幼児向けの教育番組「ママンとトゥギャザー」に出演している体操のお兄さん・表田裏道(おもた・うらみち)。通称「うらみちお兄さん」の彼は、子どもたちに笑顔を向ける優しいお兄さんとして振る舞っていますが、その名前の通り裏表が大変激しく、時折およそ体操のお兄さんとは思えないほどのブラックな一面を見せることもありました。

30代に入って日々衰えていく身体と、先行きの見えない人生への不安を明るい笑顔でごまかしながら、時折「しんどい」「辛い」「何もしたくない」とぽろっと本音を漏らす大人の持つ暗闇に子どもたちもドン引き気味……!? それでもうらみちお兄さんは子どもたちと一緒に体操をしながら前を向くのです。たとえ未来に希望がなくとも、社会の世知辛さに絶望しようとも。そんな大人になったよい子のみんなに送る、後ろ向きの人生讃歌が始まります。

『うらみちお兄さん』はつまらない?面白い?

そんな大人のブラックユーモアが描かれた『うらみちお兄さん』には、「つまらない」「面白い」両方の感想が寄せられています。うらみちお兄さんが子どもたちに見せる大人の闇がいまいち笑いとしてピンとこなかったり、うらみちお兄さんが子どもたちにドン引きされるエンドが定番となっていることがマンネリのように感じられたり、大人たちの見せる作り笑顔に面白みを感じられなかったり……などの賛否の「否」の意見もありますが、一方で、そのうらみちお兄さんが笑顔で毒を吐く姿がツボにハマったり、うらみちお兄さんだけでなく様々な大人の闇を抱えたキャラクターの魅力にハマってしまったりと、そうした賛否の「賛」の意見も多くあります。大人の闇が描かれたブラックユーモアにハマってしまったらずっと楽しんで読めてしまう作品。それが『うらみちお兄さん』なのです。

『うらみちお兄さん』の動画配信サービスは?

テレビアニメ『うらみちお兄さん』は、「dアニメストア」「Hulu」「Amazon Prime Video」「dTV」「FOD」「Netflix」「バンダイチャンネル」「U-NEXT」などで配信されています。この中でもオススメなのは、「dアニメストア」での視聴! 初めての方は初月無料でお試しできるので、その間に全13話を完走してしまえば全話無料で楽しむことが可能です。寝る前に1日1話でも、週末にまとめて一気見でも十分に間に合うので、一度お試しで登録してみてはいかがでしょうか?

『うらみちお兄さん』声優情報その1:表田裏道(おもた・うらみち)の声優は神谷浩史(かみや・ひろし)さん

表田裏道は、本作の主人公。通称「うらみちお兄さん」。子供向けの教育番組「ママンとトゥギャザー」の体操のお兄さんとして活躍しており、普段爽やかな笑顔を振りまいていますが、社会にメンタルをやられたために情緒は不安定で、子どもの前で大人の世界の闇を口にすることがあります。

そんな表田裏道の声を担当する神谷浩史さんは、青二プロダクションに所属する声優・歌手・ナレーター。相性は「ヒロC」や「かみやん」など。1975年1月28日生まれで、茨城県牛久市出身。身長167cmで、血液型はA型。1994年に放送されたテレビアニメ『ツヨシしっかりしなさい』に登場するアベックの男役を演じたことで、声優デビューを果たしました。

今でこそ、三大週刊少年漫画雑誌ジャンプ・マガジン・サンデー掲載作品の主人公役をそれぞれ演じた経験があるほどの人気声優ですが、実は声優としてはやや遅咲きのブレイクで、本格的に芽が出始めたのはデビューから10年が過ぎてからのことでした。ブレイクする前と後の差がわかるエピソードとしては『ONE  PIECE』が有名で、1999年に放送を開始した同作では第1話から海賊Aなどの端役を演じていましたが、10年後にはファンからもかなり高い人気を誇るトラファルガー・ロー役を担当。神谷浩史さん自身もこれには「成り上がり」と語って喜んでいました。

他にも有名な役としては、「夏目友人帳シリーズ」の夏目貴志役、『荒川アンダー ザ ブリッジ』の市ノ宮行(リクルート)役、『斉木楠雄のΨ難』の斉木楠雄役などがあります。第3回声優アワードにおいて主演男優賞・ベストパーソナリティー賞、TAF東京アニメアワード声優賞を受賞するなど、高い評価を受けている声優です。

『うらみちお兄さん』声優情報その2:蛇賀池照(だが・いけてる)の声優は宮野真守(みやの・まもる)さん

蛇賀池照は、子ども向け教育番組「ママンとトゥギャザー」の歌のお兄さん。通称「いけてるお兄さん」。元ミュージカル俳優らしい高い歌唱力と抜群のルックスを誇りますが、レベルの低い下ネタを聞けばツボに入ってしまい、行間も空気もアナログ時計すらも読めないという一面もあります。

そんな蛇賀池照の声を担当する宮野真守さんは、劇団ひまわりに所属する声優・俳優・歌手。愛称は「マモ」「マモちゃん」。1983年6月8日生まれで、埼玉県大宮市出身。身長182cmで、血液型はB型。兄の影響を受けて小学生時代から劇団ひまわりに所属し、小学1年生の頃に西友のCM「西友大市」で俳優デビュー。高校3年生の頃にオーディションに合格し、2001年に『私はケイトリン』のグリフェン・ロウ役の吹き替えで声優デビューを果たしました。

その翌年に発売されたPlayStation 2用ゲーム『キングダム ハーツ』のメインキャラクター・リク役で声優として注目を集め始めるようになり、『DEATH NOTE』の夜神月役、『機動戦士ガンダム00』の刹那・F・セイエイ役、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEシリーズ」の一ノ瀬トキヤ/HAYATO役など、数多くの話題作で主要なキャラクターの声を担当してきました。近年ではアニメ作品のみならず、エディ・レッドメインさん演じる「ファンタスティック・ビーストシリーズ」のニュート・スキャマンダー役などの吹き替えも担当しています。

歌手としては、2007年に放送されたテレビアニメ『鋼鉄三国志』のEDテーマ曲「久遠」を歌ったことをきっかけに本格的な活動を開始するようになり、これまでに 『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』のOPテーマ曲「オルフェ」、『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 後編 Paladin; Agateram』の主題歌「透明」などの歌唱を担当してきました。『うらみちお兄さん』では、OPテーマ曲「ABC体操」の歌唱を多田野詩乃役の水樹奈々(みずき・なな)さんと担当するとともに、EDテーマ曲「Dream on」の歌唱を単独で担当しており、そのほか劇中歌も歌っています。

『うらみちお兄さん』声優情報その3:多田野詩乃(ただの・うたの)の声優は水樹奈々(みずき・なな)さん

多田野詩乃は、子ども向け教育番組「ママンとトゥギャザー」の歌のお姉さん。通称「うたのお姉さん」。有名音楽大学を卒業したエリートですが、運とタイミングに恵まれず、アイドル歌手・ものまね演歌歌手・ナイトクラブのジャズシンガーと、職を転々としてきました。売れないお笑い芸人の恋人・須胡井宙太(すごい・ちゅうた)とは同棲6年目。

そんな多田野詩乃の声を担当する水樹奈々さんは、StarCrewに所属する声優・歌手・舞台俳優。 愛称は「奈々ちゃん」「奈々様」など。 1980年1月21日生まれで、愛媛県新居浜市出身。身長152cmで、血液型はO型。趣味に音楽鑑賞を、特技に書道を挙げています。初めてオーディションを受けて役を射止めたことで、1998年に発売されたPlayStation用ゲーム『NOëL 〜La neige〜』の門倉千紗都役で声優デビューを果たしました。

同年に放送開始された『時空探偵ゲンシクン』の大和ソラ役でテレビアニメ初レギュラー出演を果たし、2002年に放送されたテレビアニメ『七人のナナ』の鈴木ナナ役でテレビアニメ初主演を果たしました。その他にもこれまでに、『NARUTO -ナルト- 』の日向ヒナタ役、「魔法少女リリカルなのはシリーズ」のフェイト・テスタロッサ/フェイト・T・ハラオウン役、『ハートキャッチプリキュア!』の花咲つぼみ/キュアブロッサム役などを担当しています。

歌手デビューを果たしたのは、2000年に発売されたシングル「想い」。これまでに『魔法少女リリカルなのはA’s』のOPテーマ曲「ETERNAL BLAZE」、『戦姫絶唱シンフォギアXV』のOPテーマ曲「METANOIA」などの様々な曲の歌唱を担当してきました。『うらみちお兄さん』では、OPテーマ曲「ABC体操」を蛇賀池照役の宮野真守さんと共同で歌っているほか、劇中歌「傘持ってないときに限って雨降るのなんで」「猫が何もない空間を見てる」などの歌唱を担当しています。

『うらみちお兄さん』声優情報その4:兎原跳吉(うさはら・とびきち)の声優は杉田智和(すぎた・ともかず)さん

兎原跳吉は、子ども向け教育番組「ママンとトゥギャザー」に登場する着ぐるみ「ウサオ君」の中の人。主人公・表田裏道の大学の後輩で、裏道に対して余計なちょっかいをかけることが多いため、よく八つ当たりされています。外交的なお調子者な人物ですが、女子局員の間ではあまり評判が芳しくなく、面白くなってモテることを目標にしています。

そんな兎原跳吉の声を担当する杉田智和さんは、株式会社AGRSに所属する声優・作家。2020年に設立された同社の代表取締役も務めています。愛称は「杉」「トモちゃん」。1980年10月11日生まれで、埼玉県比企郡嵐山町出身。身長177cmで、血液型はB型。声優になろうと思ったきっかけは、学校行事で舞台脚本を考えて自分の声を録音したものに効果音やBGMをつけてみた際、兄から声や喋りを活かした仕事はどうかと勧められたこと。

高校3年生の頃、1998年に放送されたラジオドラマ版『魔装機神サイバスター』のシンジ・キリハラ役で声優デビューを果たし、その翌年に放送されたテレビアニメ版『魔装機神サイバスター』の南光次役で初レギュラーを獲得しました。テレビアニメ初主演を果たしたのは、2002年に放送された『ちょびっツ』の本須和秀樹役です。

声優としての知名度を一躍上げることになったのは、2006年に放送を開始したテレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョン役と『銀魂』の坂田銀時役。その他にもこれまでに、『ジョジョの奇妙な冒険』のジョセフ・ジョースター役、『鬼滅の刃』の悲鳴嶼行冥役、『暗殺教室』の烏間惟臣役などを担当しています。

『うらみちお兄さん』声優情報その5:熊谷みつ夫(くまたに・みつお)の声優は中村悠一(なかむら・ゆういち)さん

熊谷みつ夫は、子ども向け教育番組「ママンとトゥギャザー」に登場する着ぐるみ「クマオ君」の中の人。主人公・表田裏道の大学の後輩で、寡黙で落ち着きがありますが裏道と同じく不器用な人間であり、なかなか社会に馴染むことのできない鬱屈を抱えている様子。クマオ君として子どもたちから慕われる一方、金欠の兎原跳吉からも何かと頼られている模様です。

そんな熊谷みつ夫の声を担当する中村悠一さんは、インテンションに所属する声優。愛称は「ゆうきゃん」。1980年2月20日生まれで、香川県木田郡高松市出身。身長175cmで、血液型はB型。趣味に車を、特技にゲームを挙げています。1998年に代々木アニメーション学院在学中に声優の子安武人(こやす・たけひと)さん主演のドラマCD「大正浪漫雑記帳」でウェイター役として出演し、2001年に発売されたOVA『D+VINE[LUV]』のギュラン役で声優デビューを果たしました。

同年に放送された『電脳冒険記ウェブダイバー』では、グリフィオン役やライガオン役でテレビアニメ初レギュラーを担当。その後、2007年に放送されたテレビアニメ『おおきく振りかぶって』の阿部隆也役、『CLANNAD』の岡崎朋也役などで次々とメインキャラクター演じ、徐々に声優としての知名度を上げていくようになりました。

落ち着いた爽やかな声で兄役や父親役、あるいは保護者のような立場の役を演じる機会が多く、これまでに『魔法科高校の劣等生』の司波達也役、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の高坂京介役、『甘々と稲妻』の犬塚公平役、『フルーツバスケット』の草摩紫呉役などを演じています。

『うらみちお兄さん』声優情報その6:出木田適人(でれきだ・てきと)の声優は堀内賢雄(ほりうち・けんゆう)さん

出木田適人は、子ども向け教育番組「ママンとトゥギャザー」のディレクター。その名前の通りいい加減でテキトウな性格の持ち主で、他の意見は一切聞かずに、過酷なスケジュールや環境の中で出演者やスタッフにとんでもない無茶振りを仕掛けることがあります。

そんな出木田適人の声を担当する堀内賢雄さんは、ケンユウオフィスに所属する声優。2002年に設立された同社の代表取締役も務めています。1957年7月30日生まれで、静岡県御殿場市出身。身長173cmで、血液型はB型。趣味に歌・ゴルフを、特技に野球を挙げています。当初はDJになることを目指してマルチな活動をしていましたが、知り合いのプロデューサーから役者業を勧められたことをきっかけに興味を抱くようになり、オーディションに合格して1983年に放送された特撮番組『アンドロメロス』のアンドロウルフの声でデビューを果たしました。

アニメ番組ではこれまでに、『機動新世紀ガンダムX』のジャミル・ニート役、「恋する天使アンジェリークシリーズ」の炎の守護聖オスカー役、『ONE PIECE』の錦えもん役などを担当。外国映画や海外ドラマなどでの吹き替え経験も豊富で、ブラッド・ピットさんをはじめに、これまでにチャーリー・シーンさんやベン・スティラーさん、ベン・アフレックさんなどの演じた役の吹き替えを担当しています。

『うらみちお兄さん』声優情報その7:カッペリーニ降漬(ふりつけ)の声優は中井和哉(なかい・かずや)さん

カッペリーニ降漬は、子ども向け教育番組「ママンとトゥギャザー」の振付師。いつでもメイクをバッチリ決めたカリスマオネエで、リハーサルの段階で出演者が死にかけるレベルのスパルタぶりを発揮しますが、スタッフの中では比較的良心的な性格で、女子局員とも仲の良い関係を築いています。

そんなカッペリーニ降漬の声を担当する中井和哉さんは、青二プロダクションに所属する声優。1967年11月25日生まれで、兵庫県神戸市出身。身長169cmで、血液型はA型。特技に測量・アーチェリーを挙げています。実は元々は地元で公務員として働いており、このまま公務員として働き続けてもいいのかと自問自答した際に子どもの頃に声優に憧れていたことを思い出し、休日を利用しながら青二塾に通って、1995年に放送されたテレビアニメ『空想科学世界ガリバーボーイ』のサイ役で声優デビューを果たしました。

有名な役ではこれまでに、『ONE PIECE』のロロノア・ゾロ役、『戦国BASARA』の伊達政宗役、『血界戦線』のザップ・レンフロ役などを担当。ロロノア・ゾロ役で中井和哉さん=剣士というイメージが確立されたために、『銀魂』の土方十四郎役、『サムライチャンプルー』のムゲン役などの剣士役を多く演じていますが、中井和哉さんご自身は実は先端恐怖症である様子。声優業と並行して、現在では『アッコにおまかせ!』『スッキリ!!』 などの多くの情報番組・バラエティ番組のナレーターとしても活躍しています。

『うらみちお兄さん』声優情報その8:風呂出油佐男(ふろで・ゆさお)の声優は三木眞一郎(みき・しんいちろう)さん

風呂出油佐男は、子供向け情報番組「ママンとトゥギャザー」のプロデューサー。色黒で顔がテカテカした男性上司で、何の連絡もなしにいきなり演者に対して無茶な撮影を押しつけています。

そんな風呂出油佐男の声を担当する三木眞一郎さんは、81プロデュースに所属する声優。1968年3月18日生まれで、東京都出身。身長180cmで、血液型はAB型。趣味・特技にモータースポーツを挙げています。小さい頃から声優の仕事をするイメージが自分の頭の中にあり、1989年に放送されたテレビアニメ『ダッシュ!四駆郎』の神崎操役で声優デビューを果たしました。

同世代の声優と比較するとブレイクは遅めで、デビューから数年が経過した1994年に世界的に大ヒットした3D格闘ゲーム『バーチャファイター2』の主人公・結城晶役を担当したことで仕事が軌道に乗り始め、1997年に放送を開始したテレビアニメ「ポケットモンスターシリーズ」のコジロウ役を演じたことで一般層にも名前が浸透するようになりました。その他にもこれまでに、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』のロイ・マスタング役、『薄桜鬼』の土方歳三役、『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』のワルター・フォン・シェーンコップ役などを演じています。

『うらみちお兄さん』声優情報その9:枝泥(えでい)エディの声優は花江夏樹(はなえ・なつき)さん

枝泥エディは、子ども向け教育番組「ママンとトゥギャザー」のアシスタントディレクター。Tシャツにパンツスタイルをした地味な出で立ちの男性で、目立つことはありませんが、縁の下の力持ちとして日々番組を支えています。たとえ悪ふざけのような企画であっても物怖じせずに、笑顔で奇妙な衣装を演者に勧める鉄の心の持ち主。

そんな枝泥エディの声を担当する花江夏樹さんは、アクロス エンタテインメントに所属する声優。愛称は「なっちゃん」や「花江っち」など。1991年6月26日生まれで、神奈川県出身。身長172cmで、血液型はB型。趣味・特技に、テニス・歌・デザイン画・音声編集・ワープロ・靴ひもを1秒で結ぶことを挙げています。声優を目指したきっかけは、大学には進学せずに趣味の歌を活かした仕事ができないかと考えていた際に、当時再放送されていたテレビアニメ『桜蘭高校ホスト部』を視聴したこと。

2011年に配信されたWebアニメ『ゴールデン☆キッズ』俊太役を演じたことで声優デビューを果たし、2012年に放送された『TARI TARI』のウィーン/前田敦博役を務めたことで、テレビアニメ初レギュラー出演を果たしました。その翌年に放送を開始したテレビアニメ『凪のあすから』では先島光役を担当し、初めてオーディションで主役を射止めました。

その後、2014年に放送されたテレビアニメ『アルドノア・ゼロ』の界塚伊奈帆役、『四月は君の嘘』の有馬公生役、『東京喰種トーキョーグール』の金木研役などのヒット作のメインキャラクターを演じて声優としてブレイク。その他にも、『鬼滅の刃』の竈門炭治郎役、『進撃の巨人』のファルコ・グライス役、『ヴァニタスの手記』のヴァニタス役などを演じています。

『うらみちお兄さん』声優情報その10:縁ノ下(えんのした)カヨの声優は髙橋(たかはし)ミナミさん

縁ノ下カヨは、子ども向け教育番組「ママンとトゥギャザー」のアシスタントディレクター。元気いっぱいのがんばり屋さんで、他のアシスタントディレクターと共に番組を支えています。

そんな縁ノ下カヨの声を担当する髙橋ミナミさんは、東京俳優生活協同組合に所属する声優。本名および旧名義は読みの同じ「高橋未奈美」で、愛称は「みーな」や「たかみな」。1990年12月20日生まれで、神奈川県出身。身長161cmで、血液型はO型。趣味に新体操、特技に英語・ドイツ語(日常会話程度)を挙げています。

ミュージカルと映画『ハリー・ポッター』の影響から、小さい頃にミュージカル俳優と魔法使いになりたいという夢を抱き、大学時代に将来の仕事について考えた際、そのどちらもの夢を叶えられると思ったことから声優の道を目指しました。 2012年から声優活動を開始し、これまでに『アイドルマスター ミリオンライブ!』の馬場このみ役、『ウマ娘 プリティーダービー』のエルコンドルパサー役、『ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝』のティオネ・ヒリュテ役などを演じています。

『うらみちお兄さん』声優情報その11:辺雨育子(へあめ・いくこ)の声優は佐藤利奈(さとう・りな)さん

辺雨育子は、子ども向け教育番組「ママンとトゥギャザー」のヘアメイク担当。「うたのお姉さん」の多田野詩乃と仲がよく、よく恋愛相談に乗ってあげています。

そんな辺雨育子の声を担当する佐藤利奈さんは、東京俳優生活協同組合に所属する声優・歌手。愛称は「サトリナ」や「利奈ちゃん」など。1981年5月2日生まれで、福岡県北九州市出身。身長157cmで、血液型はB型。特技に、書道(毛筆・硬筆初段)・弓道(三級)を挙げています。声優デビューを果たしたのは、2002年に放送されたテレビアニメ『犬夜叉』の娘役でした。

2005年に放送されたテレビアニメ『魔法先生ネギま!』の主人公ネギ・スプリングフィールド役を担当したことで声優としての知名度が一気に上昇し、それから多くの作品でメインキャラクターの声をあてるようになりました。やや低めの地声が特徴的で、キャリア初期の頃から少年役やボーイッシュなキャラクター役のほか、強気な女性の役も多く担当しており、その他にもこれまでに、『とある魔術の禁書目録』の御坂美琴役、『青の祓魔師』の霧隠シュラ役、「美少女戦士セーラームーンCrystalシリーズ」の火野レイ/セーラーマーズ役などを担当しています。

『うらみちお兄さん』声優情報その12:アモンの声優は津田健次郎(つだ・けんじろう)さん

アモンは、子ども向け教育番組「ママンとトゥギャザー」の演出家。本名は「田中トメ三郎」。番組の企画案をつくる際にしばしば迷走していますが、彼のつくったコーナーはシリーズ化が決定するほどヒットしています。

そんなアモンの声を担当する津田健次郎さんは、アンドステアに所属する俳優・声優。 愛称は「ツダケン」や「つんちょ」。1971年6月11日生まれで、大阪府出身。身長170cmで、血液型はO型。趣味にバイク・カメラを挙げています。幼少期にジャカルタに滞在した際に映画の魅力に取り憑かれて役者の道を目指し、1995年に公開された映画『君を忘れない』で俳優デビューを果たし、同年に放送されたテレビアニメ『H2』の野田敦役で声優デビューを果たしました。

独特の厚みを持った色気を感じさせる声が特徴的で、声優としては他にもこれまでに、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』の海馬瀬人役、『呪術廻戦』の七海建人役、『TIGER & BUNNY』のファイヤーエンブレム/ネイサン・シーモア役などを担当。2020年に放送されたNHK連続テレビ小説『エール』ではナレーションを担当したほか、わずかながらも犬井役として顔出し出演したことが話題になりました。

記事にコメントするにはこちら