【進撃の巨人】ジーク・イェーガーは主人公エレン・イェーガーの異母兄!ジークが裏で進めていた計画の内容は?

カテゴリーまとめはこちら:アニメ

諫山創さんによるダークファンタジー漫画作品『進撃の巨人』。人類を捕食する謎の「巨人」が存在する世界を舞台に、主人公エレン・イェーガーが巨人を駆逐するために戦い続ける様が描かれます。そんな本作に登場するエレンの異母兄ジーク・イェーガーについてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『進撃の巨人』とは?

『進撃の巨人』は、圧倒的な力を持つ巨人と人類との戦いを描いた少年漫画作品。作者は、今作が初連載となった諫山創(いさやま・はじめ)さん。作者のデビュー作の読み切り版を原型とした連載作品で、講談社発行の月刊少年漫画雑誌「別冊少年マガジン」の2009年10月号(創刊号)から連載が開始され、2021年5月号に掲載された第139話で完結しました。累計発行部数は2019年12月時点で1億部を突破。講談社から発行されたコミックスで1億部を突破したのは、人気推理漫画「金田一少年の事件簿シリーズ」に続き2作目になります。

2011年のスピンオフ小説化以降さまざまな形でメディアミックスが展開されており、コミックスの売上にも火をつけたテレビアニメは、2013年に第1期、2017年に第2期、2018年から2019年にかけて第3期が放送されました。2020年12月から2021年3月にかけて第4期「The Final Season」Part.1が放送され、同年冬からはその続きの内容が放送される予定です。この他にも、ゲームやキャラクターイメージソングCDが発売されたほか、2015年には前後篇2部作の実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』が公開されました。

物語のあらすじ

「残酷な世界」を描き続けた今作の始まりの舞台となったのは、巨大な三重の壁の内側にある生活領域。この世界には人類を捕食する謎の「巨人」が存在し、その圧倒的な脅威から命を守るために、人々はその内側に暮らしていたのでした。「超大型巨人」の襲撃を受けてその壁が破られてしまった日、巨人に母親を捕食された主人公エレン・イェーガーは、いつか巨人を駆逐してやるという苛烈な怒りを胸に抱き、訓練兵団での厳しい訓練を経て、壁外調査を行う集団「調査兵団」に入団します。

エレンたちは巨人の正体に関して何も知りませんでしたが、物語で調査兵団を中心とした者たちが活躍するにつれ、人々が恐怖した巨人の正体は実は元は「エルディア人(またはユミルの民)」と呼ばれる人間で、「パラディ島」と呼ばれる島に生活圏を築いていたエレンたちもまたそのエルディア人の一部だったことが明らかとなります。物語の途中まで本人には記憶がありませんでしたが、エレンもまた実は父親グリシャ・イェーガーから特別な力を持った巨人「進撃の巨人」と「始祖の巨人」を継承した立場にありました。

エルディア人はその圧倒的な巨人の力で他民族を蹂躙してきた過去から、世界中の人々から憎まれていました。パラディ島の海の向こうにある大国マーレでは、エルディア人は差別されると同時に巨人化する兵力として利用され、エレンたちパラディ島の住人たちもまた世界から憎悪の目を向けられる立場にあったのです。物語中盤までどうやって巨人に立ち向かうかを考えていたエレンたちは、それ以降は海外の人々を相手にどのように生き延びていくかを考えざるを得なくなるのです。

ジーク・イェーガーとは?

そんな本作に登場するジーク・イェーガーは、主人公エレン・イェーガーの異母兄。誕生日は8月1日。身長183cmで、体重は92kg。額の真ん中で分けた金髪と丸メガネ、そして髭が特徴的な男性で、飄々としていて掴みどころのない性格をしています。大国マーレでは「マーレの戦士」を束ねる戦士長の立場にあり、「獣の巨人」による投石攻撃によって様々な戦場で武功を立ててきました。

「マーレの戦士」のみならずマーレの戦士候補生たちからの信頼は厚く、またマーレ軍上層部からも「驚異の子」として忠誠心と能力に信を置かれる立場にあり、それはマーレでは被差別の立場にあるエルディア人でありながら元帥に対して自分の意見を口にすることができるほど。そんなマーレに対して強い忠誠心を見せてきたジークですが、裏では密かにとある計画を進めており……?

ここからは、そんなジーク・イェーガーに関する知識の数々をご紹介していきます!

『進撃の巨人』ジーク・イェーガーの知識その1:声優は子安武人(こやす・たけひと)さん

ジーク・イェーガーの声を担当する子安武人さんは、ティーズファクトリーに所属する声優。1998年に設立された同社の代表取締役も務めています。1967年5月5日生まれで、神奈川県横浜市出身。身長174cmで、血液型はA型。趣味に創作・ゲームを挙げています。実子は、『Re:ゼロから始める異世界生活』の二代目ロズワール役、『ヴァルキリーアナトミア -ジ・オリジン- 』の白月のジークフリート役などで知られる同社所属の子安光樹(こやす・こうき)さん。

元々はスクリーン俳優志望でしたが、数多の映画を視聴するなかで偶然出会った『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』のワンシーンに感銘を受けて声優の仕事に興味を持ち、「立体的な芝居」を目指すようになりました。声優デビューを果たしたのは、1988年放送のテレビアニメ『どんどんドメルとロン』。翌年放送のテレビアニメ『天空戦記シュラト』の夜叉王ガイ役で、初めてのレギュラーキャラクターを演じました。他にも、『楽しいムーミン一家』のスナフキン役、『銀魂』の高杉晋助役、「ジョジョの奇妙な冒険シリーズ」のディオ・ブランドー/DIO役などで有名です。

『進撃の巨人』ジーク・イェーガーの知識その2:幼少期の声優は山下大輝(やました・だいき)さん

幼少期のジーク・イェーガーの声を担当する山下大輝さんは、アーツビジョンに所属する声優。 愛称は「ダイキング」や「だいちゃん」。1989年9月7日生まれで、静岡県浜松市出身。血液型はA型。趣味・特技に、写真・歌唱・テニスを挙げています。元々はミュージカル俳優を目指していましたが、専門学校で音楽を学ぶうちに演技への興味が強くなったこと、さらに進路指導担当の先生が日本ナレーション演技研究所の卒業生だったことから、声優に転向しました。

2012年放送のテレビアニメ『リトルバスターズ!』の生徒B役で声優デビュー。200人以上の大規模オーディションで役を勝ち取り、翌年放送のテレビアニメ『ガイストクラッシャー』の白銀レッカ役で初主演を果たしました。さらに、同年から放送を開始したテレビアニメ「弱虫ペダルシリーズ」の小野田坂道役でも主演を務めたことで、声優としての知名度を大きく上げることになりました。他にも、『僕のヒーローアカデミア』の緑谷出久役、『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』のナランチャ・ギルガ役、『ポケットモンスター』のゴウ役などで有名です。

『進撃の巨人』ジーク・イェーガーの知識その3:「獣の巨人」の巨人化能力者

ジーク・イェーガーは、知性を失わないまま特別な能力を持つ「九つの巨人」の1つ「獣の巨人」の巨人化能力者です。力を解放すると、毛深い体毛と異様に長い両腕が特徴的な、オランウータンのような見た目をした17メートル級の巨人になります。ジークの場合はそのような姿になりましたが、「獣の巨人」は継承者の素質によって姿や能力が大きく異なり、過去には羊やオカピのような姿をした者も存在していました。

ジークが継承するまで「獣の巨人」は他の巨人に比べて少し大きいだけで戦争の役にはあまり立たないと認識されていましたが、ジークはオランウータンのようなその長い両腕を活かした投球能力によって戦場で強力な遠距離攻撃を放つことができました。砕いた岩の破片を高速かつ広範囲に投擲することで飛行船や艦隊すらも粉砕することができるほか、作中で調査兵団と対峙した際にはほぼ全滅させてしまうほどの壊滅的な損害を出させています。

また、母親から王家の血を受け継いだジークは、自分の脊髄液を何らかの形で取り込んだエルディア人を「叫び」によって知性のない「無垢の巨人」に変えて操作することも可能です。基本的に無垢の巨人は夜間に活発に動くことはありませんが、この手段で生み出されたものは夜間であっても月の光があれば行動することが可能になります。作中では、パラディ島の壁内のラガコ村に脊髄液入りのガスを散布することで住民たちを無垢の巨人に変えたほか、脊髄液入りのワインを飲ませることでパラディ島の兵団幹部や調査兵団兵士長リヴァイの部下たちを無垢の巨人に変えていました。

『進撃の巨人』ジーク・イェーガーの知識その4:「獣の巨人」の姿でパラディ島を偵察

当初、「獣の巨人」の継承者のジーク・イェーガーと「車力の巨人」の継承者のピーク・フィンガーは、マーレを守護するために、全ての巨人の頂点に立つ特別な巨人「始祖の巨人」をパラディ島から奪還する「始祖奪還計画」には参加しないはずでしたが、後にその計画が停滞したことを受けてパラディ島に派遣されることになります。「始祖奪還計画」が開始されてから5年後にパラディ島に上陸したジークは、壁内のラガコ村に自身の脊髄液入りのガスを散布したあと、その住民たちを「叫び」によって無垢の巨人に変えました。

この村は主人公エレン・イェーガーの同期の1人であるコニー・スプリンガーの故郷で、母親が無垢の巨人になってしまったことは、その後長く彼を苦しめることになりました。壁内に巨人の群れが発見されて調査兵団が混乱するなか、ジークは「獣の巨人」の姿で周囲の状況を観察。自ら囮になるために1人残った調査兵団分隊長のミケ・ザカリアスと接触し、人語を話すことで彼から情報を引き出そうと試みましたが、怯えた彼を相手にそれは叶わず、立体機動装置のみを取り上げました。

その後、ウォール・ローゼ壁上からウトガルド城を偵察した際、「獣の巨人」の投石攻撃により調査兵団の団員2名を殺害。エレンの同期たちの留まっていたその城を巨人の群れに襲わせたあと、自ら姿を消しました。この頃、本編ではまだ巨人に関するほとんどの事実がわかっていない状態であったため、「獣の巨人」の姿をしたジークが人語を喋ったり、無垢の巨人の群れを差し向けたりしたことは、読者の目には非常に恐ろしく、不気味なもののように映ったのでした……。

『進撃の巨人』ジーク・イェーガーの知識その5:シガンシナ区決戦でリヴァイを天敵と認識

ジーク・イェーガーは「始祖奪還計画」のメンバーであったライナー・ブラウンとベルトルト・フーバーと共に、シガンシナ区にやってきた調査兵団と対決。シガンシナ区市街でライナー、ベルトルトが主人公エレン・イェーガーらと戦っているあいだ、内門の外側に集まっていた調査兵団を無垢の巨人の群れで包囲することで孤立させ、さらに「獣の巨人」による投石攻撃を行うことで追い詰めていきました。

調査兵団の多くがその犠牲となっていくなか、調査兵団兵士長のリヴァイに「獣の巨人」を討たせるべく、調査兵団13代団長のエルヴィン・スミスは新兵たちを引き連れて捨て身の作戦を決行します。それはリヴァイ1人を密かに「獣の巨人」に近づけさせるあいだ、「獣の巨人」による投石攻撃を受けるのを覚悟で、馬に乗ったエルヴィンと新兵たちが信号弾を放ちながら特攻を仕掛けるというものでした。

ジークは、己の命を捨てて特攻してきた調査兵団のやり方に憤りながらも、まるで戦いを野球のゲームであるかのように茶化しながら次々と砕いた岩の破片を投げつけていきますが、それに気を取られている間に無垢の巨人を伝って忍び寄ってきたリヴァイに背後を取られ、うなじから自身の本体を引きずり出されてしまいます。リヴァイのブレードを口内に突っ込まれて左目下から貫通させられるという絶体絶命の状況に陥りますが、リヴァイがジークを誰かに食わせることで「獣の巨人」の能力を奪おうと考えていた隙に、「車力の巨人」に回収されたことで何とか逃げ延びます。

ベルトルトとライナーを回収するために「車力の巨人」に乗って市街地に来たとき、ジークは異母弟のエレンに出会います。捕らえたベルトルトを奪われまいとジークのことを強く警戒するエレンに対し、ジークは「信じてほしい。俺はお前の理解者だ。俺達はあの父親の被害者…。お前は父親に洗脳されている」と語りかけます。ベルトルトの救出は難しいと判断したジークは、エレンに「いつかお前を救い出してやるからな」と言い残してライナーだけを回収してその場を去ります。ジークがエレンに対して「父親に洗脳されている」と口にしたのには、実は彼の過去が深く関係していました。

『進撃の巨人』ジーク・イェーガーの知識その6:グリシャ・イェーガーとダイナ・フリッツの間に生まれた過去

ジーク・イェーガーは、大国マーレでグリシャ・イェーガーとダイナ・フリッツとの間に生を受けました。幼い頃、グリシャは妹のフェイを連れて収容区を無断で抜け出し、川辺まで飛行船を見に行ったことがありました。その際、マーレ治安当局の職員からグリシャは暴力による制裁を受け、もう1人の職員に連れられて行ったフェイは翌日無残な死体となって発見されました。グリシャはフェイを連れて行った職員を怪しみながらもその死の真相を知らずにいましたが、後に反体制地下組織「エルディア復権派」からフェイはその職員の息子たちの犬に食われて殺されたのだと知らされます。

憤ったグリシャは「エルディア復権派」に加入し、そこでダイナ・フリッツという女性に出会います。ダイナは巨人大戦末期にパラディ島に逃れることを拒んで大陸に留まることを選んだエルディア人の王家の一族ただ1人の末裔で、彼女の一族はいつか再びエルディアが立ち上がる日を信じて収容区に潜伏し続けていたのでした。出会った翌年にグリシャとダイナは結婚し、ジークを授かります。

「エルディア復権派」は、過去にエルディア人の王がパラディ島に持ち去ってしまった「始祖の巨人」を取り戻すことがエルディア復活の鍵だと考えていましたが、時期を同じくして、パラディ島にある資源を狙うマーレ政府はパラディ島から「始祖の巨人」を取り戻すべく、エルディア人の子どもたちの中から「マーレの戦士」になれる者を募集し始めます。このままではマーレ政府に先を越されかねないと焦燥に駆られた「エルディア復権派」は、幼いジークを「マーレの戦士」の中に潜り込ませようと目論みます。

『進撃の巨人』ジーク・イェーガーの知識その7:両親をマーレ政府に密告

幼少期のジーク・イェーガーは、「エルディア復権派」に所属する父親のグリシャ・イェーガーと母親のダイナ・フリッツから、エルディアの誇りを抱きつつも敵であるマーレに忠誠を誓うような人間になるように洗脳教育を施される一方で、祖父母からはエルディア人は悪魔の末裔であるというマーレ寄りの歴史を教えられ、2つの思想の間で板挟みの状態になっていました。

両親が自分自身のことをろくに見てくれなくても、ジークは彼らの期待に応えようと必死に「マーレの戦士」になるための訓練に臨みましたが、その成績は芳しいものではありませんでした。ある日、ジークは「獣の巨人」の継承者で巨人学の研究者でもあるトム・クサヴァーという男性に出会います。ジークにとっては、クサヴァーとキャッチボールをしながら何気ない話をするときだけが、唯一心を安らげることのできる時間でした。

そんな頃、マーレ政府が「エルディア復権派」の尻尾をつかんだという話をたまたま耳にしたジークは、このままでは一家全員がパラディ島に送られて無垢の巨人にさせられる「楽園送り」になることを危惧し、両親に対して危ないことはもうしないように求めます。しかし、両親はジークの話に聞く耳を持つことはありませんでした。その絶望から涙を流していたジークから事情を聞いたクサヴァーは、彼に両親を告発するように助言します。

7歳のジークは、自分と祖父母の身の安全を守るために、両親をマーレ政府に告発。グリシャとダイナは拷問を受けてから船でパラディ島に輸送され、そこでダイナは無垢の巨人にされましたが、グリシャは「エルディア復権派」の内通者であった「フクロウ」ことエレン・クルーガーによって命を救われ、彼から「進撃の巨人」を継承しました。そして、グリシャはパラディ島の壁内でカルラという女性と共に新たな家庭を築き、ジークの異母弟になるエレンをもうけたのでした。

『進撃の巨人』ジーク・イェーガーの知識その8:トム・クサヴァーと約束した内容は?

トム・クサヴァーには、かつて妻と子どもを失った過去がありました。クサヴァーは自分がエルディア人だということを伏せた上で、マーレ人の女性とのあいだに息子をもうけましたが、いつまでも隠し通せるわけもなく、クサヴァーの出自を知ったそのマーレ人の女性は息子を道連れにして自死を選んでしまったのでした。愚かな自分を責め続けたクサヴァーは、「贅沢な自殺の方法」に飛びつくために「獣の巨人」の継承者となり、「マーレの戦士」の一員となったのです。

マーレの戦士候補生としてたくましく成長したジーク・イェーガーは、任期の終わりが近づいてきたクサヴァーから、「始祖の巨人」の力を用いればエルディア人の身体の構造をも変えてしまうことができるという話を耳にします。両親から「エルディア復権派」の道具として扱われ、愛されもしなかった悲しい経験をしてきたジークは、エルディア人が生まれてこなければ世界は巨人の脅威に怯えずに済み、さらにそもそも自分たちは生まれてきさえしなければこんなに苦しまずに済んだという考えから、「始祖の巨人」の力でエルディア人から生殖能力を奪うことを提案します。

クサヴァーは、自分さえ生まれてこなければ妻と子どもは命を失わずに済んだという絶望を抱いていたことを語り、ジークは自分が「獣の巨人」を継承した後に「始祖の巨人」を手に入れることで、エルディア人から生殖能力を奪って緩やかな滅びを迎えさせる「安楽死計画」を実現することを約束します。その後、クサヴァーを捕食して「獣の巨人」の継承者となったジークは、「獣の巨人」による投擲能力とエルディア人王家の血による「叫び」の能力で頭角を現し、他の「マーレの戦士」の者たちに比べて年上だったこともあって、リーダーの戦士長に就任したのでした。

『進撃の巨人』ジーク・イェーガーの知識その9:「反マーレ派義勇兵」の中心人物

自分と志を同じくしたトム・クサヴァーから「獣の巨人」を継承したジーク・イェーガーは、「安楽死計画」を実現するために必要な「始祖の巨人」を手中に収めるべく、表向きは「マーレの戦士」としてマーレ軍に絶対服従を誓いながら、裏では「反マーレ派義勇兵」を組織。「反マーレ派義勇兵」をパラディ島の壁内に送り込み、最新技術の提供や友好国との橋渡しの役割を担う見返りとして、自分をパラディ島に受け入れるように要求しました。

異母弟のエレン・イェーガーが「始祖の巨人」の継承者だと知った後は「安楽死計画」に協力するように求め、「始祖の巨人」の力を発動するために彼と接触しようと試みます。パラディ島に来たあと、自身はリヴァイ部隊の監視のもとで巨大樹の森のキャンプに留め置かれ、エレンも独断行動の責任を問われて牢に入れられるという妨害に見舞われますが、エレンを信奉する反兵団破壊組織「イェーガー派」と「反マーレ義勇兵」が結託することで兵団の実権を握り、さらにはジークの脊髄液入りワインを飲ませて兵団幹部を服従させることで優位な状況に持っていき、飛空船に乗ったマーレ軍がパラディ島に侵攻しに来た大混乱のなかでとうとうエレンとの接触に成功します。

『進撃の巨人』ジーク・イェーガーの知識その10:記憶を巡って知ったグリシャの本心

全てのエルディア人は空間を超越した「道」で繋がり、その「道」は全て1つの「座標」で交わります。ジーク・イェーガーは「始祖の巨人」の継承者であるエレン・イェーガーと接触し、その「座標」に到達します。そこには、エルディア人王家の奴隷であった始祖ユミルがいました。ジークは自身の悲願であった「安楽死計画」を実現するため、共に「座標」に到達したエレンに対し、全てのエルディア人が今後永久に子どもをつくることができない身体になるように始祖ユミルに命じることを要求します。

しかし、エレンはあくまでジークに従うフリをしていただけで、本心では「安楽死計画」に乗るつもりはありませんでした。エレンは父親のグリシャからの洗脳を受けていると考えたジークは、グリシャの記憶を共に巡ることでエレンの考えを変えさせようと試みます。しかし、ジークはその記憶を巡る中で、グリシャはジークをちゃんと愛してやることのできなかった後悔から、エレン自身の自由を尊重して育てていたことを知ります。さらに、実際にはエレンは洗脳されるどころか、「進撃の巨人」の力でグリシャの行動を誘導していたという衝撃的な事実を知ることになります。

空間も時間も超越してグリシャと再会したジークは、グリシャから自分は本当に酷い父親だったと涙を流しながら謝罪され、「ジーク…お前を愛している。もっと…一緒に遊んでやればよかったのに…」と抱きしめられます。そしてその上で、これから恐ろしいことを実現しようとしているエレンを止めるように頼まれたのでした。

『進撃の巨人』ジーク・イェーガーの知識その11:エレン・イェーガーとの主導権争いに敗北

エレンの考えを変えることはもはや不可能だと気づいたジークは、自ら始祖ユミルに対して全てのエルディア人から生殖能力を奪うことを命令します。本来、エルディア人の王家の血を引く者は「不戦の契り」の影響で「座標」では無力になるはずでしたが、ジークだけは長い年月をかけて「不戦の契り」を無効化したことで、始祖ユミルに対して命令を行うことが可能になっていました。

しかし、ジークの命令に従って動き始めた始祖ユミルを後ろから抱きしめたエレンは、「お前は奴隷じゃない。神でもない。ただの人だ。誰にも従わなくていい。お前が決めていい」と語りかけ、虚ろであった始祖ユミルの瞳に光を取り戻させます。焦ったジークは「俺の命令に従え!! すべてのユミルの民から生殖能力を奪えと言っているんだ!! 今すぐやれ!!」と叫びますが、始祖ユミルはエレンの「この世を終わらせる」という願いに応えたのでした。

『進撃の巨人』ジーク・イェーガーの知識その12:「生きる意味」に気づいた最期

「始祖の巨人」の力を掌握したエレン・イェーガーは、超大型巨人の群れにこの世界を踏み荒らさせる「地鳴らし」を決行します。エレンの幼馴染であるミカサ・アッカーマンやアルミン・アルレルトらはその「地鳴らし」を止めようと奮闘し、戦いの最中に死の存在しない「道」の世界に飲み込まれてしまったアルミンは、その世界に囚われたまま砂遊びをしていたジーク・イェーガーと話をします。

元の世界に戻る方法を探しているアルミンに対し、ジークは生命が生きる目的は「増える」ことだと語り、種を存続させるために増え続けることはそんなに大事なことなのかと疑問を投げかけます。アルミンはそれに対し、夕暮れ時に丘にある木に向かってエレンやミカサと一緒にかけっこをしたこと、雨の日に家の中で本を読んだこと、リスに木の実を食べさせてあげたときの出来事などを語り、増えるために必要なものでも何でもないけれど、その一瞬こそが自分にとっては大切なものなのだと語りかけます。

ジークはクサヴァーと一緒に、ただ投げて、取って、また投げることを繰り返しただけのキャッチボールをしたときのことを思い出し、自分にとっても、何の意味もないこれこそが大切だったのだと気づかされます。「安楽死計画」そのものは間違っていなかったと思いながらも、クサヴァーとキャッチボールをするためならもう一度生まれてきてもかまわないかもしれないと思ったジークは、父親のグリシャに対して一応の感謝の念を示し、エレンを止めるためにアルミンたちに協力することを決めます。

自ら元の世界に本体をさらけ出したジークは、リヴァイに対して「オーイ!! ここだー!! 俺に会いたかっただろ!? リヴァイ!? 俺は会いたくなかったけどな!!」と呼びかけることで自分の居場所を教え、彼に自分を仕留めさせました。これにより王家の血を引くジークの生命が断たれたことで、「地鳴らし」は停止したのでした。

テレビアニメ「The Final Season」でのジーク・イェーガーの活躍に期待!

ここまでジーク・イェーガーに関する知識の数々をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

原作は既に完結となりましたが、2021年冬からはテレビアニメ「The Final Season」の続きが放送される予定です。そちらの方でのジーク・イェーガーの活躍を、ぜひ楽しみにしていてくださいね。

記事にコメントするにはこちら