【呪術廻戦】最新ネタバレ!159話を徹底解説!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ / 呪術廻戦

呪術廻戦の最新ネタバレ!159話を徹底解説します!100点を超えるプレーヤーを探すことに決めた虎杖たち。そこで浮上したのは鹿紫雲一(かしもはじめ)と日車寛見(ひぐるまひろみ)。この2人はいったい何者なのか?!日車の素性に迫ります。

記事にコメントするにはこちら

呪術廻戦前回158話のおさらい

秤(はかり)たちを味方につけることに成功した虎杖(いたどり)たち。これからどう死滅回游を攻略していくかを相談し、100点以上持っていてルール追加をする気がない人物を倒し、津美紀(つみき)が死滅回游を離脱することのできるルールを追加することに決めました。そこで浮かび上がってきた2人の人物。鹿紫雲一(かしもはじめ)と日車寛見(ひぐるまひろみ)。この2人を狩ることに決めた虎杖たち。一体この2人は何者なのか?最新159話のネタバレを見ていきます!

呪術廻戦最新159話「裁き」のネタバレ

159話のタイトルは「裁き」。一体どんな内容でしょうか?

 

死滅回游 泳者(プレーヤー)「日車寛見(ひぐるまひろみ)」とは何者?

159話で日車寛見についてわかったことは下記の内容です。

・日車寛見は日本の国選弁護士

・社会的弱者の刑事弁護にあたっている

日本の刑事裁判の有罪率は99.9%という中で、無罪を主張する被告人の言葉を信じ、無理筋と言われるような案件で弱者救済のために弁護をしています。

 

この情報だとかなり良いやつなのか・・?と思う内容ですね。まだまだ不明なことが多い日車寛見ですが、159話全体の流れを見ていきましょう!

 

呪術廻戦最新159話のネタバレあらすじ

《日車が担当している刑事事件の概要が語られる》

岩手県盛岡市で2016年3月、女児とその母親計2人の刺殺体が自宅で見つかった事件。盛岡地検は近くに住む「大江圭太(おおえけいた)」を2人に対する強盗殺人の容疑で起訴した。逮捕までの経緯は下記。

大江は巡回中の警官からの職務質問中に逃走し、自宅に駆け込んだところ追いかけてきた警官が血のついた刃物を発見。現行犯逮捕である。後のDNA鑑定で刃物の血痕と被害者のDNAが一致している。

しかし大江は一貫して反抗を否認。証拠となった刃物に関しても、「拾ったもので、自分のものではない」と否定。

 

《弁護士事務所で日車と清水(しみず)という女性弁護士が話している場面》

大江の主張に対して無理があると言う清水。しかし日車は大江の主張を信じて弁護するつもりの様子。理由は下記。

・大江が職務質問を拒否した理由

→昔知人が薬物を使用していたことが原因で不当な聴取を受けたことがあるため

・血のついた包丁を拾った理由

→後で警察に届けるつもりだった

そんな言い分を信じるのかと呆れる清水に、大江の環境を考えるとシロであることを否定できないという日車。

大江はNPO法人で住み込みで働いている。そこは行き場の無い高齢者に対するシェルター運営や自立支援が主な活動である。だが大江に給料は支払われておらず、お小遣いと称してお年玉を貰ったり弁当や食材の現物支給があるのみ。にもかかわらず月5万円を家賃として徴収されているそう。入居者には前科のある者も少なくないそうで、パトカーや救急車を呼んでは行けないルールがあるのだ。そのため大江は拾った刃物をすぐに警察に届けられなかったという。

「その団体かなりグレーですね」という清水。それに対し「かなりクロに近いグレーだ」と応える日車。ただでさえ東北(こっち)は震災復興資金が流れ込んでから運営実態の怪しいNPO法人が増えているため、凶器が落ちていても意外ではないという。

日車は、以上のことから大江がシロである可能性が十分にあるため、その証拠集めの指示を清水に出します。それに対し、「国選なんてギャラ安いうえにやることが多い・・やるだけ損だ・・」と思う清水。「なんでこんな案件受けたんですか!!」と日車に訴えます。

「たまにはいいだろう。楽な仕事ばかりじゃ腕が鈍る」と応える日車。「たまにじゃないじゃん!!」と言う清水。

※ここで日車はいつもこういった案件を受けていることがわかります。

 

《日車の過去を知る女性弁護士・高木と清水の会話の場面》

高木は過去に日車と一緒に働いていた弁護士。その高木と清水が喫茶店で会話をしている場面。清水の話を聞いて、日車は相変わらず変わっていないという高木。高木の過去の回想に入ります。

日車が危険運転致傷(飲酒運転)を担当したときのこと。19歳の被告人は飲酒も運転も職場の人たちに強要されたものだった。しかし関係者に口裏を合わせられ、示談金も用意できず執行猶予も取ることができなかった。

被告人は、「嘘つき 無罪になるって言ったじゃないか!」と、攻め立てるような恨みがましい目で日車を見ながら怒鳴った。

日車と高木の会話に移り、「これで無理筋の弁護なんて懲りたでしょ」と諭す高木。弱者救済は立派だが、限界があるという。

しかし日車は「弱者は経済的にも精神的にも追い詰められています。私に当たるのも無理はない。」と被告人を擁護。

「君の精神(こころ)はどうなるのさ、日車君」と高木に問われ、「・・・私は」と日車が答えようとするところで回想が終わります。

※ここは後の場面に繋がっています。

 

《母子殺害事件の裁判》

被告人大江は無罪という判決が出ます。日車と清水の尽力によるものでした。

盗まれたものが大江の部屋に見当たらなかったこと、NPO法人内に犯行直後から行方不明になっている人物がいたこと。そして犯行推定時刻に大江がコンビニの防犯カメラに映っていたということが要因でした。

「オレを信じてくれてありがとう」と涙を流し、日車に感謝する大江。

 

《控訴審(二審)》

一転して有罪、無期懲役という判決が下った。二審で新たな証拠は提出されず、「行方不明者の犯行と疑う理由は無い」という無茶な事実認定のみによるもので判決が覆ったのだ。

日車の心理描写。「三審の最高裁は狭き門で、上告はほぼ門前払い。まともに審理されることすら難しい。この裁判は初めから有罪ありきの――」

そのとき日車を見ていたのは、有罪判決を受けた大江の、絶望とともに日車を軽蔑するような視線だった。

日車は過去に担当した飲酒運転をした19歳の悪態をつく視線を思い出す「何故私をその目で見る・・・」

※ここで先ほどの高木との会話の続きの回想になります

「君の精神(こころ)はどうなるのさ、日車君」

「・・・私は弱者救済など掲げてはいません。昔から自分がおかしいと感じたことを放っておけない性分でした。それが治っていないだけです。正義の女神は法の下の平等のために目を塞ぎ、人々は保身のためならあらゆることに目を瞑る。そんな中縋りついてきた手を振り払わないように、私だけは目を開けていたい」と自分の意志を語りました。

場面は現在の裁判所に戻り、閉廷となり立ち上がる裁判官たち。

突如、カンカンカンカン!!と十字架の入ったガベル(裁判官がよく鳴らす木槌)のようなものを振り鳴らす日車。その異様な雰囲気に隣に居た清水も困惑します。

日車は「全員戻れ やり直しだ」と言い放ちます。目つきが明らかに変わっているその日車の後ろには、天秤を模したおぞましい呪霊らしきものが出現していました。

ここで159話は終わりです。

 

呪術廻戦次回160話の見どころ

日車の後ろの呪霊のようなものはなんなのか?普段はかなり善人の弁護士でありそうな日車が死滅回游でここまで点数を稼いでいるのはなぜなのか?まだまだ不明な点が多いですね。次回は日車がさらに掘り下げられるのでしょうか?それともいよいよ死滅回游に入る虎杖たちの場面に移るのか?次回も目が離せません!

 

 

記事にコメントするにはこちら