【進撃の巨人】クリスタ・レンズが妊娠?クリスタの子どもの父親は誰なのか解説!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ

諫山創さんによる人気ダークファンタジー漫画作品『進撃の巨人』。人類を捕食する謎の「巨人」が存在する世界を舞台に、かつて母親を巨人に捕食されてしまった主人公エレン・イェーガーが、巨人を駆逐するために戦い続ける様が描かれます。そんな本作に登場するクリスタ・レンズ/ヒストリア・レイスは、エレンの兵団での同期の1人。物語中盤で女王となった彼女が子どもを身ごもった件に関して解説していきます!

記事にコメントするにはこちら

『進撃の巨人』とは?

『進撃の巨人』は、圧倒的な力を持った巨人と、その捕食対象になった人類による戦いの数々を描いた少年漫画作品。作者は、これが初連載作品になった諫山創(いさやま・はじめ)さん。作者が19歳の頃にMGP(マガジングランプリ)で佳作を受賞した読み切り漫画作品をベースにして連載作品がつくられました。講談社発行の月刊少年漫画雑誌「別冊少年マガジン」で2009年10月号(創刊号)から連載が始まり、2021年5月号掲載の第139話で完結。2019年12月の時点で累計発行部数は1億部を突破し、コミックスは全34巻となりました。2011年に「このマンガがすごい!」のオトコ編において第1位、同年に第35回講談社漫画賞少年部門を受賞するなど、高評価も受けています。

2011年にスピンオフ小説がリリースされて以降、様々な形でメディアミックスが展開され、コミックスの売上にも火をつけたテレビアニメは2013年に第1期の放送が始まり、その後、第2期、第3期、第4期「The Final Season」Part.1と続いて、2022年1月からは「The Final Season」の続編の放送が始まる予定です。このほかにも、キャラクターイメージソングCDやスピンオフ漫画作品などが発売されたほか、2015年には『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』と『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』という前後篇2部作となる実写映画も公開されました。

物語のあらすじ

「残酷な世界」を描き抜いた本作の始まりの舞台になったのは、高さ50メートルの三重の壁に守られた領域。この世界には人間を追いかけて捕食しようとする謎の「巨人」が存在し、人々は壁外への自由と引き換えに巨人による恐怖から自分の身を守っていたのでした。しかし、「超大型巨人」の襲撃を受けてその壁が破られてしまった日、壁の外から入り込んだ巨人に母親を飲み込まれてしまった主人公の少年エレン・イェーガーは、いつか巨人を駆逐してやるという誓いを胸に、訓練兵団での厳しい訓練の日々を終えたあとに、壁外調査を行う集団「調査兵団」に入団します。

物語開始時点ではエレンたちは巨人の正体に関して何も知りませんでしたが、物語の途中で巨人の正体は実は元は「エルディア人(またはユミルの民)」と呼ばれる人間であったこと、さらに「パラディ島」と呼ばれる島で生活を築いていたエレンたちもその民族の一部であったことが判明します。エレンもまた、実は父親のグリシャ・イェーガーから「始祖の巨人」と「進撃の巨人」という特殊な能力を持った巨人を継承していました。

エルディア人は巨人の力を用いて他民族を弾圧してきた歴史から、現在でも世界中の人々から憎悪の感情を抱かれる立場にありました。パラディ島から海を隔てた大陸にある大国マーレでは、エルディア人は凄惨な迫害を受けると同時に巨人化能力を持った兵力として利用され、エレンたちパラディ島の住民たちもまた世界から「悪魔の末裔」として憎悪される立場にありました。

物語中盤まで人類を捕食する巨人とどう戦うかに苦慮していたはずのエレンたちは、それが判明した後は海外の国々を相手にどうやって生き延びていくか、その方法を模索せざるを得なくなります。そんな折、とあるきっかけで「進撃の巨人」の力で未来の景色を目にしてしまったエレンは、調査兵団の思惑を離れて独自に行動するようになり、その果てに超大型巨人の大群に世界を踏み荒させる「地鳴らし」を決行することになるのです。

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイスとは?

そんな本作に登場するクリスタ・レンズは、主人公エレン・イェーガーの同期に当たる第104期訓練兵団卒業生の1人。誕生日は1月15日。身長145cmで、体重は42kg。金髪碧眼に小柄な体格をした美少女で、自己犠牲的で献身的な性格の持ち主。外見が整っていることもあり、体調を崩した仲間を介抱したり、お腹すかせた者に食べ物を分け与えたりなどしていたことから、周囲から「女神」「神様」などと思われていました。訓練兵団を卒業した後は、巨人と戦うことに恐れを抱きながらも、生存率が著しく低い「調査兵団」に入団することを選びました。

実は「クリスタ・レンズ」という名前は偽物で、本名は「ヒストリア・レイス」。壁内世界の真の王家「レイス家」の当主ロッド・レイスと、その家の使用人であった妾のアルマとの間に生を受けました。その生い立ちゆえに、周囲の人々はもとより実の母親からすらも愛を与えられずに育ち、孤独な幼少期を過ごしてきました。王家の穢れを清める目的で中央第一憲兵から殺害されそうになった際、ロッドから名前を変えて辺境の地で慎ましく生きのならという条件付きで生かされることになり、その後は「クリスタ・レンズ」と名乗って生きてきたのでした。

ここからは、そんなヒストリア・レイスが作中で女王となり、子どもを宿した件に関して解説していきます!

ヒストリアが女王に即位するまでの経緯

その生い立ちから非常に辛い境遇にあったヒストリア・レイスは潜在的な自殺願望を抱くようになり、周囲から「女神」と讃えられるような自己犠牲的かつ献身的な自分を演じながら死に場所すらも求めるようになっていました。かつてヒストリアと同じように献身的な自分を演じていた同期のユミルは、ヒストリアの内面にあった苦しみを見抜き、ウトガルド城で巨人の群れに囲まれて窮地に陥った際、「胸張って生きろよ」と、ヒストリアが本来の自分自身を生きられるように励ましました。

それをきっかけにヒストリアは本名の「ヒストリア・レイス」と名乗って生きることを決意しますが、それから間もないうちに心の支えとなってくれたユミルとの別離を経験します。その後、現王朝へのクーデターを目論む調査兵団と、それを阻止しようとする王政の思惑に巻き込まれたヒストリアは、中央憲兵団に連れ去られて父親のロッド・レイスとの再会を果たします。その連れ去られた対象には、主人公のエレン・イェーガーも含まれていました。

かつてエレンの父親であるグリシャ・イェーガーは、「レイス家」が所有していた全ての巨人の頂点に立つ「始祖の巨人」を奪取し、それを息子のエレンへと継承しました。父親から愛されたいという願望を抱いていたヒストリアは、ロッドの言うことに従って、自分に巨人化薬を打ってエレンを捕食することで「始祖の巨人」を継承しようとします。

しかし、その直前にユミルからの励ましを思い出してもう自分を殺してたまるかと思ったヒストリアは、巨人化薬を床に叩きつけ、そこに駆けつけてきた調査兵団の者たちと協力して拘束されていたエレンを解放します。その後、巨人化薬を舐めたことで恐ろしいほど大きなサイズの巨人になってしまったロッドを自らの手で仕留めたあと、ヒストリアは壁内世界の女王として即位。壁内世界で困窮している者たちや孤児たちを支援し、民衆からは「牛飼いの女神様」として親しまれるようになったのでした。

ヒストリアは妊娠する必要を迫られていた?

パラディ島が海外の国々と関係に頭を悩ませるようになったあと、ジーク・イェーガーと彼の配下である「反マーレ派義勇兵」の仲介によって、パラディ島にとって唯一の友好国となる「ヒィズル国」の特使としてキヨミ・アズマビトが来訪します。ジークは主人公エレン・イェーガーの異母兄で、「マーレの戦士」の戦士長でありながら、エルディア人の解放のために暗躍している人物でした。

ヒィズル国はおよそ100年以上前にエルディア帝国と同盟関係にあった国で、かつてヒィズル国の将軍家の子息はエルディア人の王家と懇意にし、このパラディ島に逗留していたことがありました。「巨人大戦」が起こったあとに何があったのかは定かではありませんが、将軍家の忘れ形見はパラディ島に取り残されてしまい、その末裔が本作のヒロインであるミカサ・アッカーマンだったのでした。

エレンたちと相対したキヨミは、ジークと密会をした際に将軍家の血を引くミカサとの取り次ぎを条件に、さらにパラディ島以外では採掘されたことのない未知の地下資源も視野に入れて、ジークの取り計らいに賛同したことを報告します。その取り計らいとはエルディア人と世界を救う「秘策」であり、「地鳴らし」でパラディ島を守るために必要な3つの過程のうちの1つに、ヒィズル国の協力が必要不可欠だったのでした。

その3つの過程の1つ目は、「地鳴らし」の一部の力を公開して、世界にその破壊力を見せつけること。2つ目は、「地鳴らし」が必要なくなるまで、ヒィズル国の協力を受けながらパラディ島の軍事力を世界水準まで底上げすること。3つ目は、少なくとも軍事力がそのレベルに達するまでの間、「始祖の巨人」の保有者と、王家の血を引く巨人化能力者の両方を継続的に維持することでした。

「地鳴らし」とは、パラディ島の巨大な壁に眠る超大型巨人たちを「始祖の巨人」の力で目覚めさせ、世界を踏み荒らさせること。「始祖の巨人」の力を扱うにはエルディア人王家の血を引いていることが必要でしたが、第145代目の王カール・フリッツが自身の平和思想から「始祖の巨人」と「不戦の契り」を結んだことにより、王家の血を引く「始祖の巨人」の継承者はその真の力が発揮できないようになっていました。しかし、実はそれを破ることのできる裏道が存在し、王家の血を引かない「始祖の巨人」の継承者と、王家の血を引く巨人化能力者が接触したときに、「始祖の巨人」の力を行使することが可能になっていたのでした。

王家の血を引くヒストリア・レイスは、ジークから「獣の巨人」を継承するとともに、可能な限り子どもを増やすことを求められました。それはヒストリアをはじめとした王家の子孫たちがその後何代にも渡って、まるで家畜のように子どもを産ませられ、継承の度に殺されていくことを意味していました。ヒストリアは「地鳴らし」がパラディ島の存続に必要不可欠だと理解し、それを受け入れると口にしました。しかし、エレンはヒストリアとその子孫たちを犠牲にすることに猛反対し、「残された時間の限り、あらゆる選択を模索するのが我々の取るべき最善策ではないでしょうか?」と提案。そんなエレンの姿に、ヒストリアは思わず涙ぐんだのでした。

なぜヒストリアは妊娠することを決意した?

調査兵団が大国マーレのレベリオ区に遠征した854年の時点で、ヒストリア・レイスは子どもを身ごもっています。彼女の妊娠はパラディ島の兵団でも寝耳に水のようだったようで、婚礼も経ずに子どもを宿したことに関して、憲兵団幹部のローグは「獣の巨人」の継承を遅らせるために妊娠したのだと語り、憲兵団師団長のナイル・ドークは馴れ初めの末に誰との間に子どもを産むかは女王の自由意志だと語り、調査兵団団長のハンジ・ゾエや兵士長のリヴァイはジークの提案を受け入れたことに対する覚悟の現れだとしました。

実はヒストリア自身は他の最善策が見つからなかったからと、ジークの提案を受け入れる意思を固め、あの時エレンがかばってくれて、みんなも動いてくれたから十分だと、マーレ遠征前にパラディ島の牧場でエレンに打ち明けていました。しかし、エレンは「お前が良くても…、俺は違う」「お前に島の生贄になるためだけに生まれる子を産ませ、親子同士を食わせ続けるようなマネはオレがさせない」とし、全ての憎しみによる報復の連鎖を断つために本格的に「地鳴らし」を発動し、世界を滅ぼすつもりだということを話しました。

驚いたヒストリアは、ここでエレンを止めなければ二度と胸を張って生きていくことができないと説得しようと試みますが、逆にエレンから「お前はあの時オレを救ってくれた、世界一悪い子なんだから」と説得されてしまいます。「あの時」とは、父親のロッド・レイスからエレンを殺して「始祖の巨人」を継承するように求められたヒストリアが、それを拒絶した上で、「巨人を駆逐するって!? 誰がそんな面倒なことやるもんか!! むしろ人類なんか嫌いだ!! 巨人に滅ぼされたらいいんだ!! つまり私は人類の敵!! わかる!? 最低最悪の超悪い子!!」「私は人類の敵だけど…、エレンの味方。いい子にもなれないし、神様にもなりたくない。でも…、自分なんかいらないなんて言って泣いてる人がいたら…、そんなことないよって伝えに行きたい」と言って、エレンを助けたときのことでした。

これを受けて、ヒストリアはエレンに対して「じゃあ、エレン。私が…子供を作るのはどう?」と提案しています。ヒストリアが妊娠を決意したことに関しては謎が多く、これ以上のことはわかってはいません。考えられるとすれば、ジークから「獣の巨人」を継承するまでの時間稼ぎをしたかったということですが、それがエレンに考え直させる時間を与えたかったためなのか、それともエレンと共に罪を背負って「地鳴らし」に協力することを決意したためなのか、どれもはっきりとはしていません。

ヒストリアは誰との間に子どもを産んだ?

連載中に読者の間では、ヒストリア・レイスの子どもの父親は幼馴染の青年か、エレン・イェーガーか、リヴァイか、などと様々な意見が飛び交いましたが、公式ファンブック『進撃の巨人 キャラクター名鑑 FINAL』において、ヒストリアは彼女の幼馴染の青年との間に娘を産んだのだと正式に明かされています。

その青年はヒストリアと同じ土地で生まれ育った男性で、幼少期に構ってほしいという想いから、牧場から出てこないヒストリアに対して石を投げつけていました。そのことを深く反省して償いたいと思った彼は、ヒストリアが女王に即位してから運営するようになった孤児院を手伝い、何年も顔を伏せたまま黙々と下働きを続けていました。ヒストリアはそんな彼に自分から声をかけ、婚礼を経ずに子どもを身ごもったのでした。

それによってヒストリアの「獣の巨人」継承は出産まで見送られることになりましたが、ヒストリアと彼がどういう関係を築いていたかは不明です。幼馴染のその青年にはヒストリアの体調を気遣うような台詞はあるものの、彼には名前がついておらず、さらには最後まで顔も描かれていません。エレンから「地鳴らし」で世界を滅ぼすことを聞いていたせいもあるでしょうが、幼馴染の彼に向けるヒストリアの表情は物憂げなものばかりで、彼に対してどういった感情を抱いていたのかも判然としません。

最終回で子どもの誕生日会が描かれる

「始祖の巨人」の力を掌握して本当に「地鳴らし」を発動させたエレンは、超大型巨人の大群で世界を踏み荒らさせていきます。そんなエレンのことを止めるために、かつての仲間たちやマーレ軍に所属していた者たちが協力して戦いを挑みます。最終的に、調査兵団兵士長のリヴァイがジーク・イェーガーの首を斬り落としたことで「地鳴らし」は止まり、エレンの幼馴染のミカサ・アッカーマンがエレンの首を斬り落としたことをきっかけに世界から巨人の力は消え去ることになりました。

その「天と地の戦い」が起きた日にヒストリア・レイスは娘を出産。最終回では、家族で娘の3歳の誕生日を祝う場面が描かれています。ヒストリアは娘を抱きかかえながら微笑んでケーキを見つめ、ヒストリアの夫となった幼馴染の青年は、その後ろから飲み物とカゴを持って歩いてきています。ヒストリアが何を思って妊娠することを決意し、なぜその青年を相手に選んだのか不明ですが、ヒストリアの娘に対する愛情や、その青年のヒストリアや娘に対する愛情は本物だと言えるのではないでしょうか。

テレビアニメ「The Final Season」での描写に期待!

ここまでクリスタ・レンズ/ヒストリア・レイスが子どもを身ごもった件に関して解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

2022年1月からは、テレビアニメ第4期「The Final Season」の続きが放送される予定です。原作ではヒストリアが子どもを身ごもった件に関しては最後まで謎を秘めたままとなりましたが、テレビアニメの方ではもう少しこの件に関して詳しく描かれるかもしれません。そちらの方の描写に期待していきましょう!

記事にコメントするにはこちら