【進撃の巨人】エレンたちの暮らしているパラディ島はどんな島?移住の歴史や最終的にどうなったのかも含めて紹介!

カテゴリーまとめはこちら:アニメ

諫山創さんによるダークファンタジー漫画作品『進撃の巨人』。人類を捕食せんとする謎の「巨人」が存在する世界を舞台に、かつて母親を巨人に捕食された主人公エレン・イェーガーが、巨人を駆逐するために戦い続ける様が描かれます。そんな本作に登場する「パラディ島」についてご紹介していきます!

記事にコメントするにはこちら

目次

『進撃の巨人』とは?

『進撃の巨人』は、巨人の捕食対象となった人類が自由を求めて戦う様を描いたダークファンタジー漫画作品。原型となったのは、作者の諫山創(いさやま・はじめ)さんが19歳の頃に「MGP(マガジングランプリ)」において佳作を受賞した短編漫画作品。2009年10月号(創刊号)から月刊少年漫画雑誌「別冊少年マガジン」において連載が始まり、2021年5月号掲載の第139話で完結。コミックスは全34巻を数えました。2019年末の時点で累計発行部数が1億部の大台を突破し、他にも数々の賞の受賞するなど、高い評価を受けている作品です。

2011年のスピンオフ小説の発売以降、メディアミックスが多種多様な形で展開され、単行本の売上にも火をつけたテレビアニメは2013年に第1期が放送されたあと、第2期、第3期、第4期「The Final Season」Part.1と続いていき、2022年1月からは「The Final Season」の続きが放送開始される予定です。いくつかのスピンオフ漫画作品やゲームなども発売されたほか、2015年には実写映画として『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』と『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』が、前後篇2部作で上映されました。

物語のあらすじ

本作の主人公は、まだ見ぬ壁外の世界への憧れを抱く少年のエレン・イェーガー。エレンは、同心円状につくられた巨大な三重の壁に守られた領域で生活していました。この世界には人間を捕食する謎の「巨人」が存在し、その脅威から身を守るために人々は壁の内側で生活していたのです。845年、「超大型巨人」による襲撃を受けて「ウォール・マリア」が陥落した日、外からやってきた巨人に母親を捕食されたことで、エレンは巨人に対する強烈な怒りを抱くようになり、訓練兵団での厳しい訓練を経て、壁外調査を行う「調査兵団」に入団します。

エレンたちは巨人の正体について何も知りませんでしたが、物語の途中で壁内人類の恐れていた巨人の正体は、実は元は「エルディア人(またはユミルの民)」と呼ばれるただの人間であったこと、さらに「パラディ島」と呼ばれる離島を生活領域としていたエレンたちもまた、その一部だったことが判明します。実は主人公のエレンもまた、父親のグリシャ・イェーガーから特殊能力を持った巨人「始祖の巨人」と「進撃の巨人」を引き継いだ立場にありました。

かつてエルディア人は巨人の力を利用することで、世界を蹂躙してきました。その凄惨な歴史から、パラディ島から海を隔てた大国マーレにいるエルディア人は、厳しい迫害を受けると共に巨人化できる兵力として利用され、エレンたちパラディ島の壁内人類もまた、「悪魔の末裔」として世界から憎悪される立場にあったのです。

物語中盤まで巨人をどう倒すかを考えていたはずのエレンたちは、その事実が判明した後は、海外にある国々を相手にどのようにして自分たちの安全を確保するか、その方策を考えざるを得なくなります。その頃、女王ヒストリア・レイスの手にふれたときに、「進撃の巨人」の能力で未来の光景を目にしてしまったエレンは、真意を打ち明けずに独自の行動をとるようになり、その果てに超大型巨人の大群で世界を踏み荒らす「地鳴らし」を発動させることになるのです。

パラディ島とは?

パラディ島は、主人公エレン・イェーガーたちエルディア人が生活している島。大陸にある大国マーレの海岸部から、少し離れた沖に浮かんでいる離島です。100年ほど前、可能な限りのエルディア人を連れてその島に移住した第145代目の王カール・フリッツは、同心円状に巨大な三重の壁を築き、人々はその領域の中で生活をするようになりました。

その三重の壁の中心に向かうほど標高が高くなっているため、三重の壁の中心部から外側に向かって河川は流れています。また、「ウォール・マリア」の周りには、高さ80メートルを超える樹木の生い茂った「巨大樹の森」があります。かつてエルディア人が1000年以上にわたって他民族を蹂躙してきたことから世界的に憎悪の目を向けられている土地ですが、同時に豊富な地下資源が眠っていると目されていることから狙われている場所でもあります。

ここからは、そんなパラディ島に関してより詳しくご紹介していきます!

『進撃の巨人』パラディ島に関する知識その1:パラディ島の壁内はどんな場所?

パラディ島の住人たちは、巨人の脅威から身を守るため、同心円状の強固な三重の壁に囲まれた巨大な城郭都市で生活しています。壁の名前は外側から「ウォール・マリア」「ウォール・ローゼ」「ウォール・シーナ」で、「ウォール・シーナ」の中には王都ミットラスがあります。「超大型巨人」の襲撃で「ウォール・マリア」が陥落した845年までの総人口は、125万人ほど。これにより、最も外側の壁「ウォール・マリア」の領域が放棄され、物語中盤でその領域が取り戻されるまで、壁内人類の活動領域は外側から2番目の壁「ウォール・ローゼ」まで後退することになりました。

壁の扉部分には他の場所より突出した行政区があり、そこだけ壁が2重にあるような形になっています。これは、巨人が人間が密集した場所に引き寄せられる習性を利用し、巨人をおびき寄せて的を絞ることで警備のコストを抑えることが目的。巨人に襲撃されるリスクが高い地区ですが、経済的には優遇されており、さらに王政側がここに居住する者を「最も勇敢な者」とプロパガンダを行うことで定着を促しています。主人公エレン・イェーガーは、そのうちの1つである「ウォール・マリア」から突出した「シガンシナ区」で生まれ育ちました。

生活様式

壁内人類の生活様式は産業革命以前のヨーロッパに近く、電気、航空機、カメラ、コンピュータなどの現代的な技術は存在しませんが、刀剣類や圧力機器の製造に関しては産業革命の頃より進み、立体機動装置のような対巨人武器がつくられるなど、かなり歪な形での発展を遂げてきています。これには王政が歴史上の「秘密」を守るために壁内人類の壁外への進出や、それを可能とする技術や兵器などの発展を妨げるために、中央第一憲兵などを暗躍させてきたことが関係しています。

宗教

物語終盤で明らかになりますが、「ウォール・シーナ」「ウォール・ローゼ」「ウォール・マリア」という壁の名前は、実はエルディア人の始祖ユミル・フリッツの3人の娘からとられたもの。壁内には、人類を守護するそれらの壁を「3つの女神」と崇めて神格化した宗教「ウォール教」があり、「神聖なる壁を破ってはならない」という理念から、壁の不可侵保存を主張しています。「ウォール教」の神職者はそれらの壁が何で構成されているかという秘密を知っており、その情報を自ら口にすることはできません。こうした事情から、壁内王家とは浅からぬ関係にあります。

兵団

壁内・壁外のち治安と軍事を担う組織として「兵団」があります。兵団にあるのは、壁内で警察業務や王の近衛兵としての仕事を担う「憲兵団」、壁の補強や警護を仕事とした「駐屯兵団」、壁外遠征を行う「調査兵団」の3つ。志願者は「訓練兵団」で必要な各種訓練を受けたあと、卒業する際に希望先を選択して正式に配属されることになります。志願者にとってこの中では、戦闘とは無縁な安全な内地で仕事ができることから、「憲兵団」が最も人気があります。

『進撃の巨人』パラディ島に関する知識その2:パラディ島のモデルは「マダガスカル島」

主人公エレン・イェーガーたちの暮らす「パラディ島」のモデルになったのは、「マダガスカル島」だと言われています。『進撃の巨人』の世界地図は、実は現実世界の世界地図の上下左右を反対にしたものになっており、大国マーレのある大陸はアフリカ大陸、パラディ島はそこから少し離れた沖にあるマダガスカル島と対応しています。

マダガスカル島は雄大な自然を持つ土地で、日本の1.6倍の面積があります。パラディ島には馬、羊、牛、猫、狼、イノシシは存在しますが、作中でエレンが「猿」という単語を聞いて疑問に思った通り、猿は存在していません。位置的には同じでも、猿の生息するマダガスカル島とこの点では違っているようです。

『進撃の巨人』パラディ島に関する知識その3:第145代目の王カール・フリッツが民を連れて移住した過去

1800年以上前、エルディア人の始祖ユミル・フリッツは、巨木の下にあった洞に落ちた際にムカデのような何か(「有機生物の起源」とも言われるもの)と接触したことで、巨人化能力を獲得。エルディア帝国は彼女の死後にその力を「九つの巨人」に分け、それを利用することで約1700年にも渡って他民族を弾圧し続けてきました。約100年前、世界を支配したことで敵のいなくなったエルディア帝国では、「九つの巨人」のうち「始祖の巨人」を除いた8つの巨人を持つ家同士が結託と裏切りを繰り返して争い合う「巨人大戦」が勃発しました。

マーレ人の英雄へーロスはそこに勝機を見出し、巧みな情報操作によってエルディア帝国を瓦解させ、最終的に彼は「九つの巨人」の1つ「戦鎚の巨人」を持つタイバー家と手を組むことで、勝利は不可能とされてきたエルディア人の王であるフリッツ王までもをパラディ島に退かせることに成功したのでした。世界ではこのような歴史が共有されてきましたが、実はこれは「表の歴史」にすぎません。

「巨人大戦」を終わらせて世界を救ったのは、実は英雄へーロスでもタイバー家でもなく、パラディ島に退いたフリッツ王本人だったのです。第145代目の王カール・フリッツは、これまでのエルディア帝国の行ってきた凄惨な歴史、エルディア人同士の争い、そして長きに渡って虐げられてきたマーレに深く心を痛め、エルディア帝国の歴史に自ら終止符を打つことを決めたのです。

全ての巨人の頂点とされる「始祖の巨人」を継承すると同時にタイバー家と手を組んだカール・フリッツは、へーロスをマーレ人の英雄として仕立て上げ、計画通りにエルディアを同士討ちで内部崩壊させた後に、可能な限りのエルディア人を引き連れてパラディ島に移動し、そこに巨大な三重の壁を築いたのです。

『進撃の巨人』パラディ島に関する知識その4:カール・フリッツの行動の真意は贖罪と束の間の平和を築くこと

パラディ島に移住する際、第145代目の王カール・フリッツは、もしも壁内にいるエルディア人の安寧を脅かすことがあれば、その時は三重の壁を築く土台に使用された超大型巨人の大群を目覚めさせ、世界の全てを踏み荒らす「地鳴らし」を発動させると警告しました。しかし、実はこれはあくまでただの警告にすぎず、現実に行使できるものではありませんでした。

カール・フリッツは以後の「始祖の巨人」の継承者に自分の平和思想を引き継がせるために、「始祖の巨人」との間に「不戦の契り」を交わしました。「始祖の巨人」はエルディア人の記憶の改竄や身体改造、他の巨人の操作などを行える驚異的な能力を持つ巨人で、それを行使するためにはエルディア人王家の血を引いていることが必要でした。「不戦の契り」は、王家の血を引いた「始祖の巨人」の継承者にのみ効力を発揮します。これにより、王家の血を引く者は「始祖の巨人」を継承するとカール・フリッツの平和思想に自動的に支配され、「始祖の巨人」の能力のほとんどを行使することができなくなったのでした。

カール・フリッツが「不戦の契り」を生み出したのは、1000年以上にも及ぶ長きに渡って他民族を蹂躙してきたエルディア人の罪深さを自覚していたため。もしも力をつけたマーレが後にエルディア人王家の命や「始祖の巨人」を奪取するつもりならそれを受け入れ、エルディア人の殲滅を望めばそれすらも甘んじて受け入れるつもりでいました。エルディア人の犯してきた罪は、それほどまでに重いと考えたのです。ただ、いずれ報復を受けるまでの間だけ、エルディア人が争いのない束の間の楽園を生きることだけは許してほしいと思っていたのでした。

『進撃の巨人』パラディ島に関する知識その5:「壁外人類は滅んだ」という偽の歴史が語り継がれる

第145代目の王カール・フリッツは、可能な限りのエルディア人を率いて海外からパラディ島に移り、そこに同心円状の巨大な三重の壁を築いたあと、「始祖の巨人」の力を用いて人々の記憶から過去の歴史を抹消することで、壁内に一糸乱れぬ平和な楽園を築こうとしました。しかし、海外からの移住者の中には、「始祖の巨人」の力の影響を受けない少数民族も含まれていました。

過去の歴史を根絶して楽園を築くという王の理想を叶えるには、少数民族が自分の意志で過去の歴史を口外しない必要がありました。少数民族のほとんどは王の理想に従いましたが、王家の懐刀であった武家のアッカーマン一族、そしてルーツの異なる東洋の一族だけは王の思想に異議を唱えました。2つの一族は王の力の及ばない危険な一族として恐れられ、王政による厳しい迫害を受けるようになります。

2つの一族が絶滅寸前にまで追い込まれた頃、東洋の一族の最後の生き残りであった女性は、アッカーマン一族の分家出身の男性と夫婦になり、ヒロインのミカサ・アッカーマンを産みました。アッカーマン一族の迫害に関しては、本家の一員であったケニー・アッカーマンが、壁内の王家の一員であったウーリ・レイスに協力すると決めたことで、ようやく終わりを迎えることになりました。

『進撃の巨人』パラディ島に関する知識その6:壁内世界を統治する「レイス家」

パラディ島でも「フリッツ家」が王族になっていますが、実は現在のフリッツ王家は人々の目から真の王家をカモフラージュするための偽りの王家にすぎず、実権を持ってはいません。かつて第145代目の王カール・フリッツは、可能な限りのエルディア人を連れて壁内に移住した後、「フリッツ」から「レイス」に名前を変えて、初代レイス王と名乗りました。それから約100年のあいだ、表向きはただの地方貴族として振る舞ってきましたが、裏では壁内の最高権力者として暗躍してきたのでした。

「始祖の巨人」を含む「九つの巨人」の継承者は、「ユミルの呪い」により、継承してから13年が経過すると身体が衰えて死を迎えることになります。壁内の真の王家であるレイス家は、壁内に移住する前の歴史と巨人の真実を隠蔽した上で統治体制を敷き、「ユミルの呪い」で死を迎える前に「始祖の巨人」を継承することを繰り返し続けてきたのでした。

850年に調査兵団を中心とした兵団が王政にクーデターを起こした際、レイス家の真実が明らかとなります。その後は、レイス家当主のロッド・レイスと妾のアルマとの間に生まれた王位継承者で、エレン・イェーガーの兵団の同期でもあったヒストリア・レイスが新たな女王として即位することになりました。

『進撃の巨人』パラディ島に関する知識その7:「超大型巨人」に襲撃された理由は?

845年、「超大型巨人」の襲撃によってウォール・マリアは陥落し、エレン・イェーガーの母親のカルラは巨人によって捕食されてしまいました。この「超大型巨人」の正体は、「マーレの戦士」の一員であったベルトルト・フーバーという少年でした。この時、「鎧の巨人」の巨人化能力者ライナー・ブラウン、「女型の巨人」の巨人化能力者アニ・レオンハートも「マーレの戦士」として壁内に侵入。後に、彼らは正体を隠したまま訓練兵団に入り、エレン・イェーガーの同期になります。

彼らの目的は、第145代目の王カール・フリッツ(初代レイス王)が壁内に持ち去ってしまった「始祖の巨人」を奪還することにありました。マーレ政府は近年の軍事技術の目覚ましい進歩を踏まえ、世界の指導者たるマーレの手元にある7つの巨人の力がいずれ軍事で通用しなくなる日がくることに備えて、パラディ島に埋蔵されていると目される莫大な化石燃料を狙っていました。マーレ政府はパラディ島を征服するため、エルディア人の中から7つの巨人を継承する「マーレの戦士」を募り、彼らのうちの数人に「始祖奪還任務」を命じたのでした。

『進撃の巨人』パラディ島に関する知識その8:マーレのエルディア人が「楽園送り」にされる流刑地

マーレには、国内にいるエルディア人の反逆者を対象とした「楽園送り」と呼ばれる刑罰があります。それは事実上の死刑とも言えるもので、エルディア人の反逆者は船でパラディ島に送られたあと、海岸沿いにある壁の上で無理やり巨人化薬を打たれることになります。それによってエルディア人は知性のない「無垢の巨人」と化し、自我を持たないままパラディ島の壁外を彷徨い続けることになるのです。

作中では、エレン・イェーガーの父親であるグリシャ・イェーガーの所属していた「エルディア復権派」と、後にエレン・イェーガーの同期となるユミルが「楽園送り」にされた姿が描写されています。マーレに生まれ育ったグリシャは、幼い頃に妹のフェイを連れて無断でレベリオ収容区の外に出た際にフェイを殺害されたてしまい、それをきっかけに生まれたマーレ政府に対して強い怒りを理由に反体制地下組織「エルディア復権派」に加入。その後、マーレ政府に告発されたことで「エルディア復権派」は「楽園送り」となり、エレン・クルーガーに命を救われたグリシャ以外の全員が無垢の巨人にさせられました。

ユミルはマーレに生まれた名もない物乞いで、始祖ユミルを信仰するとあるカルト教団に拾われたことをきっかけに「ユミル」という名前を与えられ、その信仰対象を演じて生きてきました。本人は安全な寝床と食事を確保でき、また周りの人々の喜びや幸福に貢献できる嬉しさからその役を演じ続けていましたが、マーレ政府からの摘発を受けたことをきっかけにカルト教団の者たちと共に「楽園送り」となりました。その後、60年近くの歳月を無垢の巨人として彷徨い続けていましたが、「マーレの戦士」の1人で「顎の巨人」の継承者であったマルセル・ガリアードを捕食したことで元の姿と知性を取り戻し、845年のウォール・マリア陥落に乗じて壁内に侵入し、兵団に加入することになったのでした。

エレンたち壁内人類は圧倒的な力を持つ巨人たちに平穏を脅かされ、自由を取り戻すべく巨人たちに戦いを挑んできましたが、実はエレンたちが戦ってきたその巨人たちは、元はマーレ側が船で運んで「楽園送り」としたエルディア人たちだったのでした。作中の無垢の巨人たちの顔と、「楽園送り」にされたエルディア人たちの顔を見比べてみると、よく似ていることがわかります。

『進撃の巨人』パラディ島に関する知識その9:唯一の友好国はヒィズル国

ヒィズル国は、東洋に位置している国で、海外の国々の中ではパラディ島にとっての唯一の友好国。約100年以上前にエルディア帝国と同盟を結んでいた国で、ヒィズル国の将軍家子息はエルディア王家と懇意にし、パラディ島に逗留していたことがありました。「巨人大戦」が起こった際にヒィズル国は敗戦国として立場を追われてしまい、どういう経緯があったかは不明ですが、その混乱の中で将軍家の忘れ形見はパラディ島に取り残されてしまうことになりました。

パラディ島に残された東洋の一族は、第145代目の王カール・フリッツ(初代レイス王)の思想に異議を唱えたことから王政による激しい受けるようになり、純血の者はヒロインのミカサ・アッカーマンの母親を残して絶滅。そのミカサの母親も、家に押し入ってきた人さらいに殺害されてしまったため、将軍家の生き残りは、アッカーマン一族の分家の男性との間に生まれた混血の娘ミカサだけになったのでした。

ヒィズル国の将軍家の系譜にある名家「アズマビト家」の当主キヨミ・アズマビトは、将軍家の直系の子孫を探し求めていました。「マーレの戦士」の戦士長という地位にあるにもかかわらず、エルディア人解放のために暗躍するジーク・イェーガーと密会したキヨミは、将軍家の末裔のミカサへの取り次ぎを条件に、さらにパラディ島以外では採掘されない未知の地下資源も視野に入れ、ジークの取り計らいに賛同します。

パラディ島が海外の国々との関係に頭を悩ませるようになった後、ジークと彼の配下「反マーレ派義勇兵」の仲介を受けたキヨミは、ヒィズル国の特使としてパラディ島に来訪。そこでミカサと初めて対面したキヨミは、ミカサがそうとは教えられないまま母親から「将軍家の家紋」を刺青として受け継ぎ、さらに子どもができたらそれを託すように言われていたことを知り、思わず「なんと…けなげなことでしょうか…」と漏らしたのでした。

『進撃の巨人』パラディ島に関する知識その10:「地鳴らし」の発動により壁が崩壊

第145代目の王カール・フリッツ(初代レイス王)が「始祖の巨人」との間に「不戦の契り」を交わしたことにより、事実上誰も個人では「始祖の巨人」の真の力を解放することは不可能になっていましたが、これには実は抜け道が存在していました。王家の血を引く「始祖の巨人」の継承者は「不戦の契り」に縛られてしまいますが、王家の血を引かない「始祖の巨人」の継承者と、王家の血を引く巨人化能力者(あるいは無垢の巨人)が接触すれば、「始祖の巨人」の力を引き出すことが可能になっていたのです。

王家の血を引かない「始祖の巨人」の継承者エレン・イェーガーと、彼の異母兄で王家の血を引く「獣の巨人」の継承者ジーク・イェーガーが接触したことで、2人は全てのエルディア人が空間を超越してつながる「道」の世界にやってきます。ジークはその世界に留まっていた始祖ユミルに命じて、エルディア人から生殖能力を奪うことでエルディア人・他民族を共に平和に導く「安楽死計画」を実現しようとしますが、最終的に始祖ユミルはエレンの方の願いに応えて「地鳴らし」を発動させます。その結果、パラディ島の三重の壁に眠っていた超大型巨人が目覚めて世界を踏み荒らし始め、パラディ島にあった壁は崩壊したのでした。

『進撃の巨人』パラディ島に関する知識その11:最終的にパラディ島はどうなった?

世界がパラディ島に向けた憎しみを断つために「地鳴らし」を発動させたエレン・イェーガーを止めるため、かつての彼の仲間たち、そしてマーレ軍に所属する者たちが協力して戦いの場に駆けつけます。爆風でエレン巨人を吹き飛ばすことに成功したものの、すぐにエレン巨人は形態を変化させて復活し、またエレン巨人の脊髄から飛び出した光るムカデから噴射されたガスにより、その場にいたエルディア人が次々と無垢の巨人と化していく絶望的な状況に追い込まれます。

最終的に、調査兵団兵士長のリヴァイがジーク・イェーガーの首をはねたことによって「地鳴らし」の発動は止まり、エレンの幼馴染であったミカサ・アッカーマンがエレンの首をはねたことをきっかけに、この世界から巨人の力は全て消え去ることになりました。その頃、パラディ島ではエレンを支持する反兵団破壊組織「イェーガー派」が兵団を制圧しており、エレンと戦った者たちはいわばパラディ島にとっては裏切り者の立場にありました。パラディ島の女王ヒストリア・レイスは、エレンが倒されると真っ先にエレンと戦った者たちの親族を保護しています。

それから3年後、世界から報復されることを恐れたパラディ島「エルディア国」では、「イェーガー派」が取り仕切る軍が結成され、軍備増強に力が注がれるようになりました。エレンと戦った者たちの一部が、連合国の和平交渉の大使としてパラディ島に向かい、エレンの首を埋葬するために先にパラディ島に戻っていたミカサが、巨木の下にある小さなエレンの墓に語りかけるところで物語は終わっています。

しかし、これは「別冊少年マガジン」に掲載されたバージョンの終わり方で、コミックスに収録された最終話にはもう少し続きが追加されています。パラディ島は少なくともミカサが結婚し、子どもを育て、老いて亡くなるまでは平和だったようですが、その後なんと他国からの空爆を受けて滅亡しています。その廃墟が緑に埋もれるくらいの時間が経ったあと、1人の子どもと一匹の犬が、エレンの首が埋葬された巨木を見つけるところで話は終わりを迎えます。それはまるで、かつて始祖ユミルが巨木の下の洞に落ちて初めての巨人化を果たしたときを彷彿させるような、不穏なエンドだったのでした。

テレビアニメ「The Final Season」の放送に期待!

ここまで、パラディ島に関するさまざまな知識をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

この世界の唯一の生き残りだと思われていたエレン・イェーガーたちの暮らしていた場所がまさかの島で、海の向こうにはまだ国があり、たくさんの人々が暮らしていたことには本当に驚かされましたよね。そして、そのパラディ島も最終的に滅びて、まるで「同じことの繰り返し」のような、ある種のホラーを感じさせるようなエンドを迎えたことにも本当に驚かされました。

テレビアニメ『進撃の巨人』の「The Final Season」の続編の放送は、2022年1月から始まる予定です。そちらの方でパラディ島の様子がどう描かれるのか、期待していきましょう!

記事にコメントするにはこちら