【ワンピース】50億円で取引される「オペオペの実」能力まとめ・考察

ズルくね?

もうローが主人公な気がしてきたよ

ワンピースの悪魔の実でもチートランクに値する実の一つである「オペオペの実」をまとめてみました。

チートすぎでしょうよ…。笑◯空間を支配し”執刀”する死の手術(デス・オペレーション)オペオペの実は、遠距離攻撃可能な超人系(パラミシア)の悪魔の実。

戦闘、治療、瞬間異動、交渉等、能力を応用することで様々な状況で役立つ能力。◯オペオペの能力者”トラファルガー・ロー”

白い町フレバンス出身のローは、幼少期に珀鉛病を患っており、残り数年の命と言われていたが、それを不憫に想ったコラソンが、手に入れたオペオペの実をローに食べさせた。

◯ROOM(ルーム)

オペオペの実の能力を使う際に展開する特殊空間。多彩な技は、全てこのルームの中でのみ使用出来る。

なお、ルームの範囲は拡げれば拡げるほど能力社の体力を使うが、ローが今までもっとも広く拡げたのはドレスローザの王宮で対ドフラミンゴ・トレーボル戦の時。ドフラミンゴですらROOMを展開していたのが気付かなかったほど巨大なROOMを作っていた。◯シャンブルズ“ROOM”内にある物体の位置を入れ替える技。ローが使う瞬間移動もコレを応用したもの。

さしずめドラえもんが持つ「どこでもドア」の範囲制限版?違うか。

この能力が本当に怖いのは、物体だけでなく、人格を入れ替えることも可能。スモやんとたしぎちゃんの身体が入れ替わったのもこの能力。

◯タクト



“ROOM”内で作った空間に入ったものを自在に操作する技。巨大な船や隕石なども、指の動きだけで動かすことが可能。今までの実戦の中で、対人でタクトを使ったような描写は見られなかった。ひょっとすると人体以外のモノ(=無機物)に対してのみ、タクトを使用することが出来るといった制約がある可能性もある。

◯メス

相手の内蔵を、生きたまま抜く早業の攻撃技。相手の急所に狙いを定め、素手で放つ!

対スモーカー戦でローが使った技で、スモーカーの心臓を打ち抜いた。みんなスモやん死んだと想って大騒ぎしましたね。

◯カウンターショック

相手の身体に手をあて、強烈な電気ショックを与える。

パンクハザードの対ヴェルゴ戦で一定のダメージを与えられたようだが、活動停止には至らず。逆に半殺しにされた。

◯切断(アンビュテート)ROOM内での通常斬撃。そして切断面を自在にくっつけることができる。◯ラジオナイフ

普段の”切断”と違って、数分の間どんな処置でも”能力”でも接合出来ない。

つまりロギア能力者もこの技を喰らったら身体が元に戻らない、、ということだろうか?

この技もドレスローザ編の対トレーボル編で使って動きを止めているが、トレーボルがロギアではないという疑惑がある中、果たして本当に効いたのかちょっと謎ではある。ちなみに武装色で防がれそうか気がしなくもない。

◯ガンマナイフ

外傷なく、内蔵だけを破壊する、ローの必殺技!!身体の内部を直接攻撃するため、恐らく武装色を発動させていたとしてもガード不能な技である。この技もドレスローザ編の対ドフラミンゴで使って大ダメージを与えたが、対するドフラミンゴも糸を使った”自己修復”というチート技で躱され残念無念また来週〜状態だった。

◯死の刀(ステルベン)



タクトで刀を操り回転させ対象を切り裂く技。

ドレスローザ編のトレーボル戦で、トレーボルがロギア能力者ではないことを見抜き、複数の刀をROOM内でタクトを発動させることで操り、高速回転させトレーボルを切り裂いた。正直ドフラミンゴに使ったガンマナイフほどの威力はなさそうだが、非能力者で且つ武装色で身体を硬化できない相手に対しては有効な技になようである。

◯禁断の奥義:奇跡の手術(オペ)ドフラミンゴ曰く、オペオペの実の最上の業で、術者の命を引き換えに、特定の人に永遠の命を与えることが出来る能力だと言う。まさに不老不死。死者を生き返らせる術ではないんだね。笑ズルくね?

もうローが主人公な気がしてきたよ