中国紙「『黒子のバスケ』は、現代日本の外交戦略や国家イメージを良く現している」

NULL

■ドラゴンボールをはめとして熱血アニメは強気で、日本の外交も強気だった。

●熱血アニメは一貫して日本の「アニメ文化外交」の切り札だったが、日本の熱血アニメに大きな変化が見られるようになった。新時代の熱血アニメは日本の国際的地位の変化を捉えさせ、国家のイメージ構築の重要な転換点をはっきりと示している。よくわからんが、記者が黒バス好きなことはわかったなんか無駄に示唆深い