【刀剣乱舞】贋作? 真作! 虎徹兄弟愛憎記

一筋縄じゃいかない関係。。。

いいものです。



とうらぶの中にも数多くそんな関係を持った男子がいますが、中でもお気に入りは虎徹兄弟!

刀剣乱舞開始当初、ド派手な金の鎧に身を包んで登場して皆の度肝を抜き、初期刀きっての外見インパクトを誇る蜂須賀虎徹。

多くのプレイヤーを「検非違使出るな!」「検非違使来い!」の相反する声がこだまする混沌に放り込んだ、

検非違使戦のレアドロップとして設定された、長曽祢虎徹と浦島虎徹。

もともと贋作の多い虎徹が元になった刀剣男士であり、長曽祢虎徹に至っては贋作という説が出ているだけあって(実は真作説もあるそうです。複雑ですね)、大変こじれた兄弟関係となっております。

蜂須賀虎徹

まず、最初に実装された蜂須賀虎徹は、真作であることに大変な誇りを抱いています。

同じく真作の弟、浦島虎徹は可愛がっていますが、贋作である兄の長曽祢虎徹には反発している……

ですが、あくまで反発にとどまっている辺りが、彼の人の好さを感じさせます。

憎みたいけど、憎むことが出来ない……そんな気配を感じるのです。

まぁ、

「長曽祢……?あんな奴は兄でも何でもない。虎徹の名を騙る偽物だ」

とは言っていますけど。

でもそもそも嫌いなら話題にしなくてもいいのに、

本丸で突っつくたびに言っちゃうあたりがなんというか、

無視も出来ないところを感じさせるんですよね。

顔合わせるとこれですけど。

他にも贋作関係の台詞は多く、内番の畑当番や馬当番ではあからさまに

「……こういうことは、贋作にでもやらせたらどうだ?」

とか

「虎徹の真作をつかまえて、やらせることがこれか?」

と言い放ってきます。

他の場面では結構挨拶のちゃんとできる育ちの良さを感じるだけに、

真作であることが誇りであると同時に、一種の重荷にもなっているようにすら感じられます。

本人は絶対認めないと思いますけど。

一方浦島虎徹に対しては結構猫かわいがりです。

「浦島虎徹は弟でね……誰とでも仲良くなれる、可愛い奴だよ」

この台詞で既に。既に!!

まぁこんなこと言ってる弟が可愛くないわけないですよね!

ちゃんと練習メニューまで組んであげてるらしいですよ。

すごいベタベタっぷりですね。

浦島くんもこの過保護ぶりを嫌がるでもなくニコニコしてるので、

やっぱり誰とでも仲良くなれるは伊達じゃないと思います。

まぁ、蜂須賀さんは兄馬鹿ですけどね。

浦島虎徹

そんな可愛い浦島くんが、では長曽祢兄ちゃんのことをどう思っているかというと。おおう? 仲良い……?

腕とか首とかにぶら下がってるとかすごく仲良いムーブメントですよね?

本丸での台詞でも「蜂須賀兄ちゃんは長曽祢兄ちゃんのこと嫌ってるけど、

「正直贋作がどうとかどうでもいいよね!」とか。

「血が繋がってなくても、兄弟がいっぱいいるっていいことだと思うけどなぁ」とか。

完全に贋作にはこだわっていないどころか、贋作も兄弟として仲良くしたい様子。

そうなると、浦島くんにだけ懐いている贋作虎徹のびびり少年とか、

新しく入ってきても面白そうかもしれませんね。

あ、はい。キャラ被っちゃいますね。

(一応五虎退には贋作疑惑があります)

ともあれ、贋作に対しては仲良くしたいという立場をとる浦島くん。

しかし、蜂須賀さんとは、根本的に相いれない思想ですし、

後述しますが割と長曽祢さんも贋作疑惑に対して神経質なところありますし。

そんな中でちゃんと蜂須賀さんとも長曽祢兄さんとも仲良くしている浦島くんも、

実は結構な苦労をしているのかもしれませんね。

長曾根虎徹

そして、長曽祢兄ちゃんです。

正直、私は最初にこのイラストを見た時、

「わーっはっはっは! 贋作とか気にんすんじゃねー!」

という豪快タイプを想像していました。

そしてようやく出会っての第一声がこれ。

「長曽祢虎徹という。贋作だが、本物以上に働くつもりだ。よろしく頼む」

……あ、あれ?

随分謙虚な気がしますよ?

本丸に行っても、ちょっと寂しげにこう言われますし。

「おれが贋作であることに対して弁解するつもりはない。実際そうだからな」

でもって弟の蜂須賀さんのことに触れたと思えば……、

「蜂須賀虎徹はおれのことを毛嫌いしているがな。仕方ないよなぁ。

 贋作が兄であるように振舞っているのだからな」

え、なんか、こう、手合わせで「チッ」とか言ってたのと違いませんか。

あの舌打ちってもしかして、嫌われてる自分への不甲斐なさとかそういうの……なんですかね……?

戦いの時に大変いい笑顔を見せる長曽祢兄さんですが、

中傷や重傷を喰らってもその笑顔はほとんど変わりません。

割と傷だらけだぞ兄さん!!

手入れに送り込んでも

「贋作だから、と言われても、仕方がないか」

と一人孤独に呟いていて、切ない気持ちになります。

悲しいこと言わないで兄さん!!

蜂須賀さんとは別の意味で、長曽祢兄さんも贋作の名に苦しめられてきたのかもしれません。

近藤勇の佩刀という誇りには、贋作だったという評判が常に付きまとうわけで。

蜂須賀さんは厳しく当たって来るし、浦島くんこそ優しいものの、

板挟みにしている苦悶も感じているかもしれなくて。

こういうところ、紛れもなくお兄ちゃんだと思うんですけど!

真剣必殺

ちなみに、虎徹兄弟が一番、

「あ、兄弟」

と思わせてくれるのは、何と言っても真剣必殺。完 全 に 一 致 。

蜂須賀さんとかどうやったらここまで脱げるのか全くわかりません。

もしかしてワンタッチでその鎧脱げるの?

……え?

虎徹兄弟は3人じゃなかったって?

…………えへ☆

というわけで、虎徹兄弟もなかなか深い愛憎の闇の中にいるという話でした。

彼らがいつか和解して、一緒に仲良くご飯でも食べに行ける日を、願ってやまない審神者であります。

えがちゃんwwwwww