【まとめ】東堂尽八の華々しい歴史【弱虫ペダル】

週刊少年チャンピオンで連載中の弱虫ペダルから

不動の人気を誇る東堂尽八の紹介をしていきます

いくよいつも!基本プロフィール!

名前:東堂尽八 (とうどう じんぱち)

所属:箱根学園3年

誕生日:8月8日

身長:174㎝

体重:61㎏

血液型:A型

愛車:リドレー

脚質:クライマー

得意科目:日本史

声優:柿原徹也

舞台版キャスト:玉木規→北村諒

天は俺に概要を与えた!

箱根学園のエースクライマー。通称山神、眠れる森の美形(スリーピングビューティ)。

ロードを乗り出したのは中学2年生からです。

実家でる老舗旅館『東堂庵』の長男(姉が一人いる)

錆びついた古いママチャリを乗るうちに自転車の正しい乗り方を知らず知らずのうちに覚え、始めて出場したロードレースの大会で優勝する華々しいデビューをかざります。

お洒落が好きで「汗をかくからいやだ」「ヘルメットがださい」「ジャージを着たくない」という理由でロードにも乗り気ではありませんでした。

ファンクラブがあるほど女子からの人気があり本人もそれを自覚しています。

「いつものやつやって?」

「ビシッ(ファンを指さす)」

が定番の流れ

さらに本人も「いくよいつもの!」と頼まれてもいないのに口上を述べだす自信家。

山神に相応しい古風な口調をつかいますが、日常生活では口数が多く部員からは「東堂うるせー」と言われる始末。それでも後輩への面倒見はかなり良い上に、負けの経験はあれどIH初日山岳リザルト1位・IH総合個人順位3位を決めました。

ライバルは巻島祐介(総北高校)

後輩クライマーは真波山岳を気にする描写があります。

俺の走りは森さえ眠る

自転車は中学2年生からと経験は浅いですが

ママチャリで鍛えたもっともロスの少ないぺダリングを得意とします。

俺の走りは音もなく加速し、森さえ眠る

つかれた敵は気づかない

気付いた時には遥か彼方だ!

そういったセリフ・走り方から「眠れる森の美形」と呼ばれます。

陰では「忍者」という東堂いわくかっこよくない呼ばれ方もされています

いくよいつもの!

人気なキャラなだけに名言も多く存在しますので

いくつかあげていきます。「俺の登りは森さえ眠る 

だから俺のことを皆は言う”眠れる森の美形”(スリーピングビューティー)スリーピングクライムの東堂ってな!!」「オレは感謝せずにはおれんよ この最高のシチュエーションを用意してくれた 山の神に!!」「それがなぜ叶わない巻ちゃん!! 

踏み出そう山頂を!! だって最後なんだぜこれが! 

勝負出来る最後だ・・俺たちは三年だ!! このインターハイが最後のレースなんだ!!」「いくよいつもの!

登れる上にトークも切れる!更にこの美形!天はオレに三物を与えた!!

箱根の山神天才クライマー東堂とはこの俺のことだっ!!よろしく!!」

「その山頂にリザルトラインがあるんだったら だったら!! 

だったらそれ誰よりも早く登りてぇと思うのがクライマーじゃねーーのかよ!!!」

「箱根は箱根学園の地元だ知り尽くしている!!走りつくしている!!

こっからゴールまでの山岳ステージは マジで好きにさせないぜ!!」

「お前が一人箱根学園のジャージと歴史、プライドを背負い ゴールに向けて走る状態になったのならその時は自由に走れ チームのことは全て忘れていい」「生き残れ。キミはまだのびる」「クライマーが一人で勝てるわけないだろ…総北…

ちゃんと準備しとけよ!!バカヤロウ!!くそおお」

生き残れ、君はまだのびる



現在弱虫ペダル(週刊少年チャンピオン)では卒業後の東堂の姿は明かされていません。

それでも現在、ライバルだった巻島が卒業後IHを応援にくる姿が描かれました!

スペアバイク(番外編)で東堂は「新しい山神をIHで決めよう」と後輩クライマーたちに語っていますので

IHシリーズ中に登場するかもしれません…

今後の展開に期待ですね

東堂くん・・・♡や~✴✴??
ほんっと~に、
カッケーーーー!!!
(/≧◇≦\)東堂様ー!!我らの神!!最高です!真波達のためにもインハイ見に来てあげてねー!東堂様(泣)