【ヘタリア】初めましての人向けキャラまとめポスト

国の擬人化として人気を博しているこの作品

アニメもまた始まったことだし、ということで今度からヘタリア初めましてする人もいるかもしれない、

ということで

よくわかるヘタリア!

国について

彼らは数百年単位で生きることもあれば、一瞬でてきたと思ったら

消えたりすることもあります。

ごくごく一部に、人間から「こういう人」になったやつがいるとかいないとか。

ほとんどの人にとっては、なぜか国の名前で呼ばれている

不思議な人達という認識です。

経済や国民感情で体調が悪くなることがあり、

経済が悪化しすぎると風邪のような症状を訴えます。

国の中のもの同士の争いなんかは

体調が悪化しすぎて身動きが取れなくなることも…。

国のほかにも日本であれば都道府県の人達、

アメリカであれば州の人達もいるとか。

枢軸国

イタリア(フェシリアーノ・ヴァルカス)

ヘタリアの主人公で北イタリア

兄は南イタリア(ロマーノ)

女の子とパスタが大好きな青年。泣き虫。

料理は美味しいし絵もうまいし服も作れるし歌も歌えるヘタレ。

アホ毛(くるん)は「イタリア人の性的ななにか」

乳首はコルシカ島。

鳴き声「ヴェ~」

ドイツ(ルートヴィッヒ)

生真面目で苦労性な青年。

イタリアの面倒をよく見ている。綺麗好きな筋肉。

神聖ローマ帝国としてたくさんの国がいたが

プロイセン以外の兄は引退してるか地方にいるかだんだん消えちゃうか。

趣味は読書にお菓子作りに犬の散歩。

「くたばれパスタ野郎」

日本(本田菊)

東洋に浮かぶ武士の国。

真面目で物静かで堅物。

機械いじりと絵画が得意だけどひきこもり島国だったおかげで

独特な文化と雰囲気を持っていて今では立派なオタク。

空気が読めるし遠慮もできる。おじいちゃん。

「最終奥義・遺憾の意」

連合国

アメリカ(アルフレッド・F・ジョーンズ)

明るくパワフルでゴーイングマイウェイでヒーローな青年。

トニーという宇宙人が在宅している。

とんでもない味覚でどんな色をしていようが食べる。食べるそして肥える。

趣味はゲームや映画作り。SF好き。

メガネはテキサスを表し、アホ毛はナンタケットを表す。

度は入ってるけど別になくてもいい。

「つまり、俺がヒーローだ」

イギリス(アーサー・カークランド)

紅茶と伝統を愛する皮肉屋で意地っ張りの

元ヤン今紳士な青年。味覚音痴。ツンデレ。

妖精さんとお友達でよく話しているところを目撃される。

酒癖がかなり悪い。紅茶とか刺繍とか好き。

毎年7月4日前後や独立関係の話をすると体調を崩す。

男四兄弟の四男坊だが兄弟仲はギスギス。

兄はスコットランド、ウェールズ、北アイルランドの三人

眉毛はイギリス国民の紳士的な何か

「か、勘違いすんなよっ!俺のためだからな!お…お前のためなんかじゃないんだからな!」

フランス(フランシス・ボヌフォワ)

愛情表現豊かな気取り屋でマイペースな青年。

芸術と文化を愛し、絵も服も人も

とにかく美しいものが大好き。

イギリスとは昔から喧嘩しまくってるけど考え方はこっちのがお兄さん。

でも自分大好きなので英語は覚えない。

顎髭はタルン峡谷を表す。

「じゃあお兄さんはアメリカとイギリスに反対ってことで」

ロシア(イヴァン・ブラギンスキ)

昔は苛められっ子だった北の巨大国。ウォッカ大好き。

田舎っぽい素朴さと子供っぽい残酷さが入り混じって

なんともいえない威圧感を出す青年。怖い。

冬将軍は彼の味方。

姉にウクライナ、妹にベラルーシがいる。

昔は「ソビエト」という家で、

姉妹とバルト三国らと共に暮らしていた。

「コルコルコルコル」

中国(王耀)

見た目若いけどおじいちゃん超えた仙人的な何か。

あちこちで兄貴風を吹かすけど兄貴っぽくない。

年上なので財布が寂しくても何かと奢りたがる。

料理と拳法が得意。

美人画は異常にうまい、動物のキャラクターを

描かせるとどこかで見たことがある物になってしまう。

語尾は「アル」ではなく平仮名で「ある」

「反省も後悔もしてねーあるよ」

ロマーノ(ロヴィーノ・ヴァルガス)

南イタリア。イタリアの兄。

パスタと女の子が大好き。

兄弟間の中は微妙に悪くドイツにもよく突っかかってくるけど

怖がりでヘタレで泣き虫なので大したことはできない。

スペインとの生活が長かったためか文化や習慣、

宗教観がちょっとスペイン似。

くるんを引っ張った時の鳴き声「ちぎー!」

スペイン(アントーニョ・ヘルナンデス・カリエド)

かつては太陽が沈まなかった情熱の国。

性格は陽気で情熱的かつ、大らかでかなり鈍感。空気は読まない。

ちょっと周りにノセられやすいけど怒らせると怖い。

あちこち適当だったりするけど、自分がそう思ったものにはとことん情熱燃やしまくる。

ロマーノの事は異常に可愛がってる。

「あんなやつらほっといてチュロス食うか?」

オーストリア(ローデリヒ・エーデルシュタイン)

音楽とケーキが好きな倹約家のお坊ちゃん。

メガネはオーストリアにおける音楽的な何か。

一本飛び出た毛はマリアツェルで時々変形してる。

口元にある黒子は「オーストリアにおける性的な何か」。

結婚しすぎて厄介事に巻き込まれまくり

追い出されたり、入れられたりとにかく忙しい人。方向オンチ。

メガネに度は入ってるけど別になくてもいい。

ないと結構地味な顔なので威厳を保つため多少伊達も入ってる。

「このお馬鹿さんが!」

ハンガリー(エリザベータ・ヘーデルヴァーリ)

見た目に反して勇ましい元騎馬民族のめっちゃ頼れるお姉さん。

でも敵に回すと怖い。

普段はおしとやかにふるまってるが、時々出ちゃいけない面が出てる。

多分この漫画一男らしい人。

幼少期は自分を男だと思い込んでいた。

中世になってからは女性の服装をするようになり、オーストリアさんのところにいた。

花飾りはバラトン湖を表す。

ルーマニアとは犬にルーマニア人の名前付けるくらい仲が悪い。

「大事なとこ返せ」

プロイセン(ギルベルト・バイルシュミット)

ドイツの兄。

ひたすら戦うことばっかりしてきたせいかちょっと乱暴者。

上司への忠誠心は強く、フリッツ親父大好き。

聖マリア修道会→ドイツ騎士団→(いろいろあって)

プロイセン→という感じになっている。

現代ではドイツの家でごろごろしている。

ドイツの事はヴェストと呼ぶ。左利き。

「ケセセセセセ」

スイス(バッシュ・ツヴィンクリ)

アルプスに囲まれた永世中立国。

今まで様々な苦難をたどってきたせいか

他のメンツと関わり合いを持とうとしない。

昔はオーストリアと仲が良かった。

リヒテンシュタインの事は血縁関係がないにも関わらず

危機を助けて以来妹として可愛がっている。

金は信用する。

「節約は素晴らしい…!」

リヒテンシュタイン

スイスに窮地を助けられて以来お兄様と呼び慕っているしっかり者。

大人しい性格だが友達が多く社交的で

自分の意見はちゃんと言える子。

昔は三つ編みにしていたがスイスとお揃いにするために自ら髪を切った。

リボンは服までお揃いにしたリヒテンが弟に間違われたためスイスが買ったもの。

オランダ

ベルギーのお兄さん。

大きくたくましい。金銭にはうるさい。

庭を汚されることが嫌いで根はマイペースなため縛られることも嫌い。

以前スペインに支配されていたころは

妹のベルギーと共にスペインの家で過ごしていた。

ベルギー

オランダの妹。

真面目で明るくて親切で世話焼きなお姉ちゃん。

だが怒らせると怖いらしい。

元は目立つ顔立ちなのに目立とうとしないため服も地味。

お菓子が大好きでグルメなためワッフルなどの美味しさは格別。

兄妹不仲説もあるが比較的仲は良いほう。

ベラルーシ(ナターリヤ・アルロフスカヤ)

ウクライナとロシアの妹。

美人だがかなりのブラコンで来ている服はロシアから贈られたもの。

ロシアのファンサイトを作ったり

下着を盗んだり被ったりなどの行動をしているらしい。

ロシアに執拗に結婚を迫っていてあのロシアが恐れている。

リトアニアの想いは無視。

「けっこんけっこんけっこん…」

ウクライナ

ロシアとベラルーシのお姉さん。

とばっちり食らいまくり。

優しいが腹がそれなりに黒い。

泣き虫でもあるけれどキエフで一番怖い。

胸がとってもかなり大きく効果音で存在がわかるほど。

「お礼はキエフルーシ継承権でいいからね」

バルト三国

エストニア(エドァルド・フォンヴォック)

バルトの優等生。

フィンランドと仲がよく北欧グループに入りたいらしい。

ラトビアとはあまり仲が良くない様子。

伊達メガネで目が悪い振りして

何も見ていないようにふるまっているとんだ策士。

おもちたちを飼っている。

「ラトビァアアアアアアアアアアアアアア!!!!」

ラトビア(ライヴィス・ガランテ)

内向的で泣き虫な少年。

巻き込まれ体質で最近はシーランドとも付き合いがある。

天才でひっ迫してると出来る子。

空気が読めずにロシアの前でとんでもない発言をする。

時々病む。

「酔うってなんですか?」

リトアニア(トーリス・ロリナイティス)

生真面目で世話好き。

以前不況からアメリカの家へ出稼ぎに出たことがある。

ポーランドに振り回されロシアにびくびくする胃の痛い毎日。

ベラルーシには無視されているが片思い中。ポジティブ。

「もしかして俺、実は指がいろんな方向に曲がるのかも…!」

ポーランド(フェリクス・ウカシェヴィチ)

リトアニアの相棒で激しい人見知り。

意外と考えて動いている。

慣れるといつもついて回る。

イタリアやハンガリーと仲が良く

ハンガリーからは「ポーちゃん」と呼ばれている。

「現行犯だし!」

北欧

スウェーデン(ベールヴァルド・オキセンスシェルナ)

威圧感のある無口で何考えているかわかりづらい人。

内面はおちゃめ。でも外見にそれが出ない。

手先は器用。

デンマークの家からフィンランドと共に家出して今に至る。

昔の覇者は今では落着き福祉に力を入れつつ趣味は日曜大工とインテリア。

最近はラドニアが家にいる。

メガネは必需品。

「良い友達もつど(持つと)幸せだない」

フィンランド(ティノ・ヴァイナマイネン)

温和で素朴な頑張り屋。話が長い。

敵に回すと怖いタイプ。

サウナ大好きで寒さにめっちゃ強い。

奇祭を開催してエストニアに上位を埋められる。

ネーミングセンスがひどい。

サンタさん発祥の地でプレゼントも配れるし魔法も使えちゃう。

「おひゃあああああ!!」

デンマーク

めっちゃげんきな人。自称北欧のリーダー。

堅実で勉強家だけどお調子者でよく北欧メンバーに怒られる。

何度も殴り合った仲であるスウェーデンとはマブダチ(自称)

幼馴染のノルウェーとはお互い親友だと思ってる。信じてる。

ノルウェー

アイスランドの兄で口数少なく浮世離れしている不思議君。

デンマークをよくいびり「あんこ」と呼んでいる。

サバを巡って喧嘩もするがアイスランドは大事な弟。お兄ちゃんと言わせたい。

妖精や精霊とお話ししちゃう系。

トロールさんがよく後ろにいる。

浮いているくるんはフィヨルド

アイスランド

ノルウェーの弟。

北欧で一番年下。

訛ると誰も理解してくれないため無理に標準語を話す。

子供っぽい面もある。

昔はノルウェーの事を「おにいちゃん」と呼んでいたらしい。

「パフィン」というペットを飼っている。

亜細亜

香港

元イギリス領。

商売上手で流行好きな美食家。

昔は中国に肩車されたり素直な働き者だったが

イギリスに育てられたことにより今の性格になった。

英語が話せる。

イギリスや中国にちょっかい出すのが好きで

特に中国の変な写真をたくさん集めている

韓国(任勇洙(イ・ヨンス/イム・ヨンス))

ゴーイングマイウェイ君。

アホ毛に顔がついている。「韓国民のなんかそういった気持ち」

インターネットとゲーム好きで趣味は留学とドラマ鑑賞。

意外と筋肉質。

マカオ

華やかな雰囲気の青年。

ポルトガルや中国や香港に対しては冗談も言う。

台湾をちゃんとレディー扱いする。

料理やおもちゃや織物も作れちゃう。陶磁器で一財なした。

台湾曰く若作り。

台湾

ポジティブで大らかな性格の島国少女。

料理作るのが得意で、美味しい料理を安く振舞う。

中国に遠まわしにちょっかいかけるのが趣味。

日本の「卡哇伊(可愛い)」センスには

かなり影響を受けていておしゃれで料理上手と女子力高め。

自分でコスプレ衣装を作ったりするアニメ好き。

ヘタリアには魅力的なキャラがたくさんいます!

彼らを眺める生活、初めてみませんか???