【東京喰種】西尾パイセンの不死身っぷりまとめ

東京喰喰種に出てくる、西尾 錦の不死身っぷりとちょこと良いところをまとめました。

弱い弱い言われてるけど、断じてそんなことはない・・・はず・・・。

西尾 錦(にしお にしき)

東京喰種の登場キャラ。

20区所属の喰種。口癖は「クソ」。

金木研、永近英良と同じ大学に通っていて、カネキ達より1つ上の2年生である。

2月4日生まれのみずがめ座。血液型O型。尾赫。愛称は「ニシキ」。

昔は姉と二人でホームレスのように生活していたが、姉が親しくしていたバイト先の人間の通報によって喰種捜査官に殺されたことから人間を信用しなくなる。

しかし、ニシキが喰種と知っていてもなお『生きて』と言い、ニシキの存在を認めてくれた、人間の西野貴未だけは信用して深く愛しており、『お前(貴未)になら別に裏切られてもいいかも』と思っている。

しかしどうやら尻にひかれている模様・・・・。馬のクソはダメだよニシキパイセン…。

にしキック

ニシキが放つただの蹴り、それが通称にしキック。

その蹴りは本人曰く『霧嶋董香や四方蓮示にも引けをとらない』とのこと。

(しかし悲しいことに四方さんは蹴りで敵を真っ二つにしています・・。)

本人が自負するとおり、にしキックの威力は相当なもので、自分のテリトリーと主張していただけ(ルール違反をしているのはニシキのほうだが)で捕食していた喰種吉田カズオの首をどーんし、また、カネキの体を吹っ飛ばし、極めつけには『アオギリの樹』の構成員の首もどーんするという威力。 (つよい)

しかし、アニメの金木君には防がれたようです・・・・。にしキック・・・・。

それにしてもにしキックって名称若干ださいですよn

不死身伝説



敵に恵まれないのかわりとぼこぼこにされてるニシキですが、

ここでどんなに殺されかけても生還してくる、

クソみたいに不死身なニシキの伝説を見てみましょう。

そのいち

赫子の相性的に有利にも関わらずヒデを汚され逆上したカネキの無意識の攻撃を受け「止めろバカヤロウ、死ぬ死ぬ(以下繰り返し)」と絶叫。下手をすれば逆どーんものの大ダメージ。(アニメ放映時には規制が入っていた、BD/DVD版では解除されている)その後は「これは・・・リゼの・・・チクショウ」のあと吐血。

そのに

月山によって貴未が攫われた際、軽く投げ飛ばされたあと、一人反撃を試みるも「何なんだ君は」と赫子で一刺しされる。その後絡んで「うるせぇ・・・」と制止したら「鬱陶しい!(以下繰り返し)」とメッタ刺しにされる。この後「まいったな、このままだと殺してしまいそうだ」と言われる。

この時点で、私はニシキしんだなって確信してました。

死にかけにも関わらず「戦略的・・・咀嚼!」と称して月山が貴未を食べようとしていたところを今度はネクタイを掴んで止め「ニシキ君・・・君は・・・ゾンビかい?」と暴言を吐かれ、

「離せ!離したまえ!」と踏みまくられる。この隙を突いてトーカの一撃で月山は右半身に大ダメージを負う。

しかもそのあと、トーカちゃんを庇い背中に攻撃をうけます。

完全に死んだ・・・と思ったら、生きてるんですよね・・・。

しかもちゃんと金木君にも感謝の言葉を言ってるので、本当は優しい人なのかもしれないですね!

そのあとも、アヤトの攻撃から自ら盾になってトーカちゃんを守ったり・・・

(そのあと倒れますが、またケロッと復活してます。)あと、一話でもトーカちゃんにふるぼっこされてますよね・・・・ほんと不死身の戦士・・・。

不死身だけど若干強いのかわからなくなってきましたがきっと毎度戦う相手が悪いだけだと思います。。。ニシキは決して弱くはないと思います。

さいご

東京喰種:reでは、赫子が以前よりも巨大化して切断されてもすぐ回復するなどあきらかにパワーアップしているっぽいのでこれからの活躍に期待です(^^)/

それにしてもニシキパイセンの赫子赤じゃなくて青くてすごいきれいですよね・・・。