【テニプリ】白石蔵ノ介部長のおもしろいところ【なんでやねん】

大阪の四天宝寺中学テニス部部長の白石君はなんだか面白いツッコミどころで溢れていそうなのでまとめてみました。

そもそも白石君とは

プロフィール

所属:四天宝寺中学校3年2組14番

部活:テニス部(部長)、新聞部

委員会:保健委員会

身長:178cm

体重:66kg

血液型:B型

誕生日:4月14日

利き手:左

プレイスタイル:オールラウンダー

得意技:円卓ショット

愛用メーカー:DIADORA(スピードゾーンPRO)/MIZUNO(Wenew 900TI)

趣味:チェス・健康体操

お小遣い使用例:健康グッズ

日課:お風呂上がりのストレッチ(ヨガ)

テニス以外の特技:毒草を見分けられる事

毒草の知識:200個

基本に忠実なパーフェクトテニスをする。

「四天宝寺の聖書(バイブル)」と呼ばれるほど。テニスの王子様界ではめずらしいまともなプレイヤー。

切原赤也の悪魔化を体を張って止め、かつ天使化までもっていったなかなかのやり手。

なんでやねん

口癖

「んんーっ、絶頂(エクスタシー)!」という。

エクスタっている。これがイケメンだけに許される口癖なんだと思うと世知辛い。

外ではなかなか叫べない口癖である。

中三にそぐわないエロさ

キャラクターソングに「毒の花」や「クチビル」などおおよそテニスを嗜む中学三年生の歌う歌ではないようなキャラクターソングがある。

イラストもなかなかのものである。

健康マニア

お小遣いを健康グッズに費やしたり日課が風呂上がりのヨガだったり趣味が健康体操だったりとかなりの健康マニア。

委員会も保健委員と極めている模様。

完璧主義

無駄多いでぇと彼は言う。

断捨離が半端ではない。

無駄を省いたゆえのパンイチなのかもしれない。

またも放課後の王子様ではあるが”エクスタシー侍”として無駄なものを切り捨てる侍と化しただけでなく「No Muda Life~エクスタシー侍のテーマ~」というのもができあがった。

カブトムシ好き

カブトムシにカブリエルという名前を付け、妹にカブトムシは冬を越せないと言われれば夏でも暖房をつけるほど可愛がっている。

そしてカブトムシどうしではあるが同じくカブトムシを飼っている真田と跡部とはライバルらしい。

なんとも中学生らしい感じではあるが普通の中学生はカブトムシへの愛が加速して「カブリエル白書」なるキャラクターソングは出さない。

左腕の包帯

「毒手」と呼ばれる左腕の包帯を中二病など様々な憶測を読者が交わす中やつが出してきた答えは純金のガントレットだった。訳が分からない。

毒草マニア

毒草の知識が凄まじいだけでなく自分でも育てているそうでU17の合宿にはトリカブトを持参した

プレイスタイル自体は地味

テニスの王子様界において希少価値の高いまともなテニスプレイヤー。

ここまで個性の強い派手なところを見せつけておいてプレイは地味とかもうどういうことなのである。

無駄を省いた結果かもしれない。

そして彼のすごいところはそれで不二に勝ってしまうところである。元よりテニスの王子様にはツッコミどころの多いキャラクターが数多くいるが白石君はその中でも上位のおもしろさを誇ると私は思います。