【ベイビーステップ】大器晩成型 丸尾栄一郎の胸に刺さる名言集

人気テニス漫画「ベイビーステップ」の主人公、丸尾栄一郎。

従来の主人公と異なる彼の魅力を、名言とともに紹介したい。

コツコツ努力野郎「丸尾 栄一郎」

プロフィール

大杉高校に通う男子高校生で、成績優秀。

常に成績がオールAであることから、あだ名はエーちゃん。

頭頂部から前髪にかけてトサカのように立つ癖毛が特徴。

死ぬほど几帳面で、彼のまとめた授業ノートは、エーちゃんノートと呼ばれ、学生の間で神器として扱われる。

テニスとの出会い

高校1年生の時に、高校同級生の鷹崎ナツに誘われテニスに出会う。

現在はSTCに所属してプロを目指している。

体格や筋力は恵まれているとは言えないが、すべての打点を正確に見ることの出来る脅威の動体視力を持つ。

苦手なショットはないが、これといったウィニングショットもないオールラウンダー。

主な武器は、「戦術」と「精密なボールコントール」。試合前、試合中、試合後…とにかくデータを集め、そこから予測と戦術を組み立てる理論派。

そこに、コツコツ努力野郎にふさわしいボールコントールと、決して諦めない強靭なメンタルが組み合わさり、強者にも負けない強さを見せる。

また、とても人当たりの良い性格で、いつの間にかどっかの凄い選手と仲良くなっていたりする。 そして、地味な割にモテる。

なっちゃんとは付き合っており、清水亜希やマーシャからも好かれるというモテモテぶり。

丸尾栄一郎の名言

「頑張れば強くなれるのかな?コツコツやるしかできないけど、こんな俺でも強く・・・」

努力の大切さを教えてくれる。

地道に続けたことが、いつか力になるっ

「たとえ目標がどんなに遠くても、どんなに自分の一歩が小さくても、立ち止まりさえしなければ、、きっといつかは届く。」

決して諦めないエーちゃんらしい言葉。

これだけ真っ直ぐ前を見られるのは本当にすごい。

「俺だってできるだけのことはやってきた!何もしないで負けるくらいなら・・・危険を取る!」

自分を信じているからこそ出来ること。

過程も大事だけど、結果も必要…結果に届かないならリスクを負え!

結果にコミット!ライザップ!

(ブーンツ、ブーンツ、チャーンチャチャーン!チャーンチャチャーン!)

「できるだけやってダメならあとは運!」

それな!

人事を尽くして天命を待つ!

「可能性がある限り何でもやる。それでもダメなら新しい何かで勝負するしかないんだ!」

根性のある努力家はやることが突き抜けてる。

「大事なときほど、自分を信じる」

簡単そうでとても難しいこと。

いざという時に自分を信じるのは、普段から自分を信じていないと出来ない。

人間の強さ。

「とりあえず限界のスケジュールでやってみて 無理かどうかは、その後再検討ってことにしようかと」

これは仕事もそうだと思います。

考えて考え抜いたことを限界までやる。

まず、限界までやる、ということが出来る人が少ないと思います。

そして、その先まで考えて行動出来る人はもっと少ないでしょう。

見切り発車なんかじゃなくて、意思のある進み方だと思います。

最高にクール。

「やっぱり俺は球をコントロールするのが好きで向いてるんだと思う」

自分に向いてることをきちんと自覚出来る人も少ないですよね。

しっかり自分を見つめている証拠ですね。

「俺は…人より頑張れる自信はあるけど、人よりできる自信なんて最初からない…」

個人的にベスト名言。

最初から優れている自信なんて、ただの過信。

積み重ねた過去をもって自覚出来るのが本当の自信。

人より頑張れる自信があれば、なんだって出来る、そう思います。

まだまだエーちゃんから学ぶことは多そうですね。いつもベイビーステップ見ています!メジャー見たいにエーちゃんとなっちゃんの結婚も見たいし、その子供そしてその後も見てみたいです!