【ワールドトリガー】黒鳥ことブラックトリガーまとめ

巷で噂のブラックトリガー。

ブラックトリガー → ブラックトリ → 黒鳥 と称されているようです。

ブラックトリガーとは?

優れたトリオン能力を持った使い手が、死後も己の力を世に残すために自分の命と全トリオンを注ぎ込んで作ったもの。

このトリガーには、作った人間の人格や感性が強く反映されるため、使用者と相性が合わなければ起動できないという難点がある。

しかし、その難点を補って余りあるほど強力な力を持つ。

空閑遊真の黒トリガー(名称不明)

指輪型のトリガーで、正式名称は不明。

死亡寸前の状態である遊真の身体を保存し延命させるために、遊真の父・空閑有吾によって作られた。

遊真の本当の身体は、指輪の形をしたトリガーホルダーに格納されている。

普段は、常にトリオン体に換装した状態で生活している。

通常時のトリオン体の耐久度は低いものの、ある程度の自己修復機能を備えている。

通常のトリオン体から、ボーダーの戦闘トリオン体に換装することが可能。

ブラックトリガーの特性として、「他者の攻撃を学習する」機能が備わっている。

相手の使う武器や兵装を、印として学習し、使用可能となるトンデモ性能である。

風刃 (ふうじん)

ブレードタイプのトリガーで、物体に斬撃を伝播させ目の届く範囲どこにでも攻撃が出来る。

残弾の数だけ剣から光の帯が伸びており、残弾が無くなるとリロードをする必要がある。風刃は他の黒トリガーと比較して起動できる適合者が多いという珍しい性質を持っており、

迅悠一からボーダー本部に返還され、アフトクラトルによる大規模侵攻では三輪秀次が使用した。三輪の進言により、現在は本部に置かれ必要に応じて適合者の誰でも使用可能となった。

制作者は最上宗一。

天羽月彦の黒トリガー(名称不明)

天羽月彦が所持しているトリガーで、詳細は一切不明。

ただ、「天羽が闘っている姿は人間離れしているので一般人に見せられない」といった台詞が作中に存在することから、なんか大変なことになるということは予想できる。

ゾオン系の悪魔の実的なものを想像しています。

卵の冠 (アレクトール)

ギリシャ語で”雄鶏”

アフトクラトルのハイレインが所持しているトリガー。

卵の形をしたトリオンから、動物型の弾丸を放つ。

動物の種類は50を超え、鳥・魚・トカゲ・ハチ・クラゲの形状が確認されている。

ちなみに、ハイレインのお気に入りはカエルとゾウガメらしいが、作中では全く敵に当たってない。

どんまい、ハイレイン超どんまい。動物弾は自在に操ることが可能で、ヒットしたトリオン由来のものを強制的にキューブに変化させる特性を持つ。

さらにキューブ化したトリオンを卵に戻すことで欠損した自身のトリオン体を回復させることも出来る。

色々出来て便利そう(小並感

泥の王 (ボルボロス)

ギリシャ語で”泥”

エネドラの所持していたトリガー。

トリオン体を、液体・気体・刃状の固体に変化させることが可能で、主に奇襲が得意。使用者の身体も変質させることが可能で、弱点部位を硬質化によってガードし弱点以外は斬っても撃ってもダメージはない。

どっかで見たことあると思ったらヌマヌマの実。

星の杖 (オルガノン)

ギリシャ語で”楽器”

ヴィザが所持しているトリガーでアフトクラトルの国宝。

ボタン付きの杖の形をしており、内部には刃が仕込まれている。杖から伸ばす円状のラインに沿って超高速の刃が走り周囲を一気になぎ払う。

とっても強いし、執事っぽいおじいちゃんが使ってるのでとてもクール。

名前もかっこいいし、イチオシです。←

窓の影 (スピラスキア)

ギリシャ語で”影の螺旋”

アフトクラトルの紅一点美女、ミラが所持しているトリガー。

離れた場所に錐状の刃を発生させたりゲートを開いて移動の補助を行う。 作中ではラービットを送り込んだり、味方をワープさせたりと素晴らしいサポート具合でした。

そんなことよりミラかわいいよね。

以上、ブラックトリガーまとめでした。とても分かりやすーい                          でも天羽の事は、詳しく知りたいんだよね~