【ベイビーステップ】深沢諭吉のフォロー力の高さに痺れる

ベイビーステップで主人公:エーちゃんの名セコンドを務める諭吉。

縁の下の力持ちの名に相応しい彼の活躍を紹介したい。

プロフィール

エーちゃんと同学年で神奈川県在住。STC所属。

テニスが趣味の両親の影響で5歳からテニスを始める。

練習では結構強いが、試合では実力を出し切れないタイプ。

神奈川県のジュニア選手の情報に非常に詳しい。

その情報量でエーちゃんを助けることが多い。エーちゃんがSTCに入って早々、タクマと正々堂々と勝負したのを見て、

エーちゃんのことを「アニキ」と呼んで慕っている。

また池くんのことは「師匠」と呼んでいる。服装のセンスがかなり前衛的で、眩しい。

初登場時はSTCではBコートだったが、高校2年の神奈川ジュニアテニスサーキット終了後、エーちゃんと一緒にAコートに昇格している。エーちゃんの練習相手をしたり、情報提供したり、エーちゃんの活躍を後押しする良い友人。

公式試合の戦績

高1\t7月下旬 神奈川ジュニアテニスサーキット(グレード4)

【第6シード】

1回戦\tBYE\t

2回戦\t○城ノ内秀人(少年の森JRT)\t1-0(6-1)

3回戦\t○織田真昼(アイルJTC)\t1-0(6-0)

4回戦\t○対戦相手不明 \t1-0(6-2)

準々決勝\t-岩佐博水(ファーサイドTA)\t勝敗不明

【最終結果 ベスト8 or ベスト4】

高2\t

高2 7月下旬 神奈川ジュニアテニスサーキット(グレード4)

【第6シード】

1回戦\tBYE\t

2回戦\t○嶋村修(ミナト飛鳥TC)\t1-0(6-0)

3回戦\t○佐藤泰吾(少年の森JRT)\t1-0(6-1)

4回戦\t○真島潤一(テニスビジョンJTA)\t1-0(6-1)

準々決勝\t●大林良(梅田TC)\t0-1(3-6)

【最終結果 ベスト8】

高2 11月下旬 全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会 関東予選(グレード2)

【ノーシード】

1回戦\t●岡田隆行(かがわTC)\t0-2(1-6 1-6)

【最終結果 1回戦敗退】

高2 3月下旬 神奈川県ジュニアテニス選手権大会(グレード3)

【第6シード】

1回戦\t○古室正大(河合テニスカレッジ)\t1-0(6-0)

2回戦\t○対戦相手不明 \t1-0(6-1)

3回戦\t○緒方利明(テニスビジョンJTA)\tスコア不明

準々決勝\t●最上紀彦(湘南工業学院)\tスコア不明

【最終結果 ベスト8】

高3 7月下旬 関東ジュニアテニス選手権大会(グレード2)

【ノーシード】

1回戦\t○川島大輔(エスタTC)\tスコア不明

2回戦\t○結城学(立川東高校)\t2-1(6-4 3-6 6-4)

3回戦\t●高木朔夜(青城アカデミー)\t0-2(3-6 2-6)

【最終結果 ベスト16】

高3 8月中旬 全日本ジュニアテニス選手権大会(グレード1)

【ノーシード】

1回戦\t○菊池はやた(岡山横代高校)\t2-1(7-5 4-6 6-4)

2回戦\t○野々崎海斗(近清高校)\t2-1(1-6 7-5 7-5)

3回戦\t●丸尾栄一郎(STC)\t0-2(3-6 0-6)

【最終結果 ベスト16】高校最後の試合、尊敬するアニキと初めての公式試合。

結果は負けとなってしまったが、誰よりもエーちゃんの努力と目標を知っている諭吉は、悔しさより先にエーちゃんを応援する言葉をかける。

イガグリ頭の奇抜ファッションの解説役だと思ってたけど、

このシーン見て諭吉好きになりました。

こんな友達、欲しいです。