【七つの大罪】ギルサンダー・ハウザー・グリアモールまとめてみた

週刊少年マガジンで連載中の「七つの大罪」 キャラクターが多くて混乱…という方のためのキャラの紹介ポストです。

今回はタイトル通りギルサンダー・ハウザー・グリアモールの幼馴染み組を紹介します

ギルサンダー

プロフィール

年齢 21歳

身長 185㎝

体重 73㎏

血液型 A型

誕生日 8月26日

闘級 1970

概要

二大騎士団長の1人・ドレファス派に属する

階級は「金剛(ダイアモンド)」

先代聖騎士長・ザラトスの息子

ハウザーと行動をよく共にしていて、任務も二人で受けることが多い

グリアモールとは従兄弟にあたるかつてはメリオダスを慕い稽古を受けていた程であったが王国転覆事件後、父親である聖騎士ザラトラスを暗殺されたことで憎悪するようになり、再会したときは「俺はより強い」と告げているしかしそれは表向き

父の殺害の事実をマーガレットから耳にしたことを、ビビアンに知られマーガレットを人質に取られた上にビビアンの使い魔に四六時中監視されている

少年時代にメリオダスから教えられたおまじないを再開直後から救難信号として発していた

リオネス王国奪還後は民を苦しめた罪滅ぼしと真実を知る旅をハウザー・グリアモールとしている

魔力は「雷」

ハウザー

プロフィール

年齢 21歳

身長 182㎝

体重 73㎏

誕生日 9月19日

闘級 1990

概要

同じくドレファス派

階級は「白金(プラチナ)」

リーゼントが特徴の好青年

熱血漢である一方単純で「新世代」を仲間に違いないと言い切った

平民の出身だが王女のベロニカを呼び捨てにしたりとフランクな様子

けんか祭りなどの催しに積極的でバイゼル喧嘩祭りに参加それをきっかけにディアンヌを気にするようになる

立場上一度はディアンヌに攻撃をするが、平民を守ろうとするディアンヌに心を打たれ

ディアンヌを守るべく聖騎士を裏切る

魔力は「風」

グリアモール]

プロフィール

年齢 21歳

身長 213㎝

体重 181㎏

誕生日 11月10日

闘級 1520

概要

ドレファスの息子

階級は「蒼玉(サファイア)」

生真面目で大人しい筋肉質な青年幼少期からベロニカの侍従を務め、彼女に絶対的な忠誠心を持つ。しかしそれ以外の人物には高圧的で冷酷な態度を向けるなど、やや傲慢さが目立つ性格

ベロニカに忠実なものの、努力が空回りしており彼女から怒られることも多々ある。しかし彼女には割とちゃんと頼られており、バイゼルでは「今だって頼りにしている」と告げられた。ちなみにベロニカに期待されるとわふわふっという謎の音が鎧の中から漏れ出る

しかしバイゼルでベロニカを目の前で亡くす

ベロニカの最後の命令でエリザベスを守るよう頼まれるも、ベロニカを置いていくことができず背いてしまう。

「騎士失格だ」と悔やむも、エリザベスに思い出の場所でベロニカを埋葬するよう命じられ、それを請け負った

戦死したと王国に報告されていたが自らの魔力で生存していて

王国決戦でヘンドリクセンと対峙する

ハウザーの闘級1910じゃないの?