【ハイキュー!!4期】木兎光太郎がかっこいい!名言&エピソードまとめ

カテゴリーまとめはこちら:ハイキュー!!

「木兎光太郎」は大人気バレー漫画「ハイキュー!!」に登場する、全国トップ5の実力を持つエーススパイカーです。今回はそんな木兎光太郎について、彼のプロフィールや過去のエピソード、赤葦京治との関係まで徹底解剖!アニメ4期での活躍を前に、ぜひこの記事で木兎光太郎を予習しちゃいましょう!

記事にコメントするにはこちら

木兎光太郎のプロフィール!身長は?誕生日は?

学校 梟谷学園高校3年1組
誕生日 9月20日
身長 185.3cm
体重 78.3kg
ジャンプ最高到達点 339cm
好物 焼肉

木兎光太郎は、梟谷学園高校の3年生です。バレー部のキャプテンを務めますが、生川高校のマネージャー宮ノ下いわく「木兎光太郎は梟谷の末っ子」。キャプテン・エースとしてチームを引っ張るのではなく、チームに引っ張られているキャプテンなんです。

とはいえそんなことは、梟谷の監督・コーチ・チームメイトもすでに理解済み。木兎光太郎のもろさが、他のメンバーの強さを引き出すことで、梟谷は全国大会の常連校に名を連ねる強豪校へと育てました。

名前のモデルは「ミミズク」

木兎光太郎の「木兎(ぼくと)」という苗字、実はミミズクが由来なんです。ミミズクを漢字で表記すると、「木兎」になるんですよ。

ちなみに木兎光太郎が所属する梟谷学園高校のメンバーは、全員の名前にフクロウ・ミミズクが関係しています。

木兎光太郎 ミミズク
赤葦京治 アカアシモリフクロウ
木葉秋紀 コノハズク
鷲尾辰生 ワシミミズク
猿杙大和 サルクイワシミミズク
尾長渉 オナガフクロウ
穴掘秀一 アナホリフクロウ
雀田かおり スズメフクロウ
白福雪絵 シロフクロウ

木兎光太郎に関しては、「人懐っこくて好奇心旺盛」という性格や見た目まで、ミミズクと似ているような…?なんだか木兎光太郎が可愛く見えちゃいますよね。

木兎光太郎エピソード1.ポジションはウイングスパイカー(WS)

木兎光太郎のポジションは、ウイングスパイカー。梟谷のポイントゲッターであり、全国トップ5に数えられる実力者です。

ハイテンションで天然、悪く言えばおバカなキャラである木兎光太郎は、一見パワープレイヤーに見られがち。しかしフェイントやブロックアウト、リバウンド、さらにコースの打ち分けなど、バレーでは非常に知的なテクニックをたくさん持っているんです。

烏野高校・音駒高校・梟谷学園高校による合同合宿の際に、木兎光太郎が見せた超インナーのクロススパイクには、烏野高校のメンバーも驚いていました。

木兎光太郎エピソード2.性格はハイテンション!誰とでも仲良くなる

木兎光太郎の性格は超ハイテンション!その陽気な性格は「敵味方関係なくチームの士気をあげてしまう選手」「敵ながら賞賛を送りたくなってしまう選手」と評されています。

またすぐに誰とでも仲良くなれる人懐っこさ、木兎光太郎の魅力。彼の持つそのフレンドリーな性格が、「梟谷の末っ子」と呼ばれる大きな理由でしょう。

烏野・音駒との合同合宿では、月島や日向のことを気に入って仲良くしており、その中で月島には「バレーにハマるきっかけ」を与え、日向には必殺技(フェイント)を伝授。バレーの実力者として、烏野メンバーに大きな影響を与えたキャラクターでもあります。

テンションが下がると「しょぼくれモード」に…

基本的にハイテンションな木兎光太郎ですが、感情の起伏が激しいところがデメリット。「ミスを連発する」「スパイクが決まらない」などのストレスが溜まると”しょぼくれモード”になり、「今日はもう俺に(トス)上げんなっ…!」と、ふてくされてしまうのです。

そんなときは大抵、木兎光太郎のお世話係を務めるチームメイト「赤葦京治」がうまいこと持ち上げて、単純な木兎光太郎はそれでまた調子を取り戻します。しょぼくれモードが発動したときは、まさに木兎光太郎が「チームに引っ張られている」様子がよくわかるワンシーンです。

天然な性格がプレイの弱点になっている

「しょぼくれモード」だけでなく、木兎光太郎は天然な性格によって、ときどきプレーに支障をきたすことがあります。

例えば春高予選、対音駒高校戦のときのこと。この試合で木兎光太郎は、ストレートのスパイクをガンガン決めるのですが、ストレートを打ちすぎたことによって、クロススパイクの打ち方を忘れてしまうのです…。

しかも赤葦いわく、この程度はまだまだ軽い方で、ほかにも37個以上の弱点が木兎光太郎にはある模様。それでも音駒との試合は、ストレート打ちでの大量得点で勝利。弱点があっても得点をもぎ取るところは、やはり全国トップ5のエーススパイカーですね。

しかし、彼が全国トップ3のエースストライカーになれないところは、この天然がゆえの弱点の多さが起因しているようです。

木兎光太郎エピソード3.過去は影山飛雄に似ている

今でこそ「全国トップ5のエーススパイカー」で、仲間からの信頼も厚い木兎光太郎ですが、過去には苦い経験もしています。

木兎光太郎はバレーに対する姿勢が貪欲で、尋常ではない量の練習をします。中学時代はその「バレーに対する熱量」にチームメイトがついていけず、めんどくさい練習をしたくないチームメイトと、全力で練習に取り組む木兎光太郎との間に、溝が生まれてしまったんです。

これって中学時代の影山飛雄に似ていますよね。影山も「バレーに対する熱量」が強い選手の1人。勝ちにこだわるあまりに無茶なプレーを連発し、「コートの王様」と呼ばれて仲間が離れていってしまいました。

中学時代の仲間には理解されませんでしたが、2人ともバレーが大好きなことには変わりありません。

木兎光太郎が練習に打ち込むのはバレーを楽しみたいから

木兎光太郎が全力で練習を続ける理由は、「”楽”じゃなくて”楽しい”を考える」ため。これは木兎光太郎が、過去に所属していたクラブチームのコーチによる言葉です。

「スパイクが決まったら楽しいからコースの打ち分けを練習する」
「試合でバテなかったらずっと楽しいから体力づくりをする」
「守備が強ければ負けない(楽しい)からレシーブの練習をする」

練習を適当にこなしていれば「楽」ですが、木兎光太郎はそれ以上にバレーを「楽しい」と感じたかったんですね。なので彼はバレーを全力で楽しむために、必死で練習に取り組むのです。

これが原因で、楽をしたかった中学時代のチームメイトとは隔たりができてしまいました。しかし諦めず練習を続けたことによって、木兎光太郎は全国トップ5の実力者になり、コーチの教え通り「バレーを楽しむ」ことができるようになりました。

合わせて読みたいオススメ記事

【ハイキュー!!】強さランキングBEST40!【2020最新版】

ハイキュー!!登場キャラをランク付け!強さの基準は?

今回のランキングは、ハイキューに!!登場するキャラクターの強さ…

木兎光太郎エピソード4.赤葦京治との関係が可愛すぎる!

https://twitter.com/aiueiura/status/1171972592711790592

木兎光太郎と赤葦京治は、梟谷男子バレー部のキャプテン・副キャプテンの間柄。そしてこの赤葦が、木兎光太郎にゾッコンなのです。こちらでは赤葦が木兎光太郎にゾッコンな理由がわかる、2つのエピソードをご紹介します。

赤葦京治のゾッコンエピソード1.試合中は常に木兎のことを考えている

バレーの試合中、赤葦が考えていることは、「いかに木兎光太郎が気持ちよくスパイクが打てるか」そればかり。赤葦は木兎光太郎の、「弱点」「感情の起伏」「彼の行動パターン」をすべて熟知しています。

なのでセッターとして、木兎光太郎に打ちやすいトスを上げることはもちろん、木兎光太郎の心身のコンディションを常に考え、最適な選択を取っているんです。

赤葦京治のゾッコンエピソード2.冷たい態度を取っているが木兎に憧れている

クールな性格であまり感情を表に出さず、天然な木兎光太郎には冷静なツッコミを入れているイメージが強い赤葦京治。

そんな赤葦ですが、梟谷で初めて木兎光太郎のプレーを見た瞬間、「スターだ…!」と心を動かされ、そのときからずっと彼に憧れを抱いているんです。

ちなみに赤葦が初めて木兎光太郎のプレーを見たのは、中学時代。進学先の候補として、梟谷へ見学に行ったときのことです。そこで上記の通り、木兎光太郎のプレーに魅了されたことが、なんと赤葦が梟谷への進学を決めた理由でした

クールな性格が邪魔をして本音は言えないのかもしれませんが、赤葦は木兎光太郎のことが大好きなんです。

赤葦京治をもっと知りたい方はこの記事をチェック!

【ハイキュー!!4期】赤葦京治をもっと好きになるプロフィールまとめ

赤葦京治のプロフィール!誕生日は?身長は?
https://twitter.com/Elaiemann0416/status…

木兎光太郎エピソード5.名言(セリフ)がかっこいい!

天然でバカっぽい木兎光太郎ですが、ふいに真面目な顔で、とてもかっこいい名言をいうことがあり、そのセリフは作中でも大きな意味を持つ言葉となっています。

それがお前がバレーにハマる瞬間だ

https://twitter.com/showaruzyoshi/status/1204300322371338240

これは烏野・音駒との合同合宿のとき、木兎光太郎が月島に言ったセリフです。バレーに対する情熱がない月島に対し「下手だから楽しくないんだ」と一蹴。そして

「目の前の奴ブッ潰すことと、自分の力が120%発揮された時の快感が全て」

「もしもその瞬間がきたら、それがお前がバレーにハマる瞬間だ」

と月島にアドバイスをしました。これがきっかけで月島は、バレーに対する熱意が意識が変わり、月島が成長するきっかけとなりました。

「ただのエースになるよ」

これは梟谷が、春高バレーの準々決勝「貉坂高校」と対戦したときに、木兎光太郎が放ったセリフです。貉坂高校は、「全国高校3大エース」の桐生八が率いる強豪校。4点と大きく点差が開いてピンチに陥ったとき、

「俺は今まで”皆のおかげのエース”だったけど」

「あと何日かでお前らとはお別れだから」

「いい加減”ただのエースになるよ”」

と、正真正銘のエースになることを宣言します。

宣言通りに木兎光太郎は大暴れして、連続得点。「遅れんじゃねぇぞ」とチームを引っ張り、落ちていたチームのテンションを見事、盛り返したのです。

木兎光太郎エピソード6.アニメ版の声優は木村良平

アニメ版「ハイキュー!!」で木兎光太郎の声を務めるのは、声優の「木村良平」さんです。木村良平さんは「黒子のバスケ」の黄瀬涼太や、「君と僕。」の浅羽祐希、「刀剣乱舞」の和泉守兼定などを演じる人気声優。

イケメンキャラを多く演じているため、同じくイケメンである「木兎光太郎」役にも抜擢されたのかもしれませんね。

ハイステで木兎光太郎を演じたのは「吉本恒生」「東拓海」

ハイステ(舞台版ハイキュー!!)で木兎光太郎を演じたのは、「吉本恒生」さん。

俳優の加藤諒さんが主演を務めた舞台「パタリロ!」にも出演していた、人気の若手舞台俳優さんです。

View this post on Instagram

舞台「12人の怒れる男」のシャッフル公演のDVDが予約開始になりましたね! . シャッフル公演ではスラムへ対して偏見を持つ陪審員10号を演じました! . 俯瞰的に全体を見れなかったので個人的にシャッフル公演のDVDは物凄く楽しみです! . . アフタートークまで収録されているみたいなので幻のナウシカジャンケンも入っているかも…?笑 . 是非チェックしてみて下さい! . http://naikon.cart.fc2.com/ . . #東拓海 #舞台 #12人の怒れる男 #イベント公演 #シャッフル公演 #配役チェンジ #陪審員 #10号 #咳が辛かった #経験のない役 #楽しかった #アフタートーク #ナウシカジャンケン #無茶振りが #恐ろしい

A post shared by 東拓海 (@higashi_takumi.310) on

公演中に右足を骨折してしまい、惜しくも降板となってしまった吉本恒生さんに代わり、木兎光太郎を演じたのが「東拓海」さん。同じくハイステにて、木葉秋紀も演じていました。

木兎光太郎は末っ子エース!しょぼくれるけど本物の実力者

ハイキュー!! DXFフィギュアvol.10 木兎光太郎 単品

今回は「ハイキュー!!」に登場する梟谷学園高校のエーススパイカー「木兎光太郎」について、彼のプロフィールや過去、赤葦との関係性などについてご紹介しました。

しょぼくれモードが弱点ですが、それでも全国トップ5の実力者。「ただのエース」として成長を見せる彼は、今後さらに成長していくでしょう。2020年1月から始まるアニメでも、木兎光太郎は登場します。彼の活躍がアニメで見れるのが、今からとても楽しみですね!

あなたへのオススメ記事

【ハイキュー!!4期】鴎台高校・星海光来の性格は?過去に迫るプロフィールまとめ

身長は?最高到達点は?星海光来のパラメータ

本名
星海光来(ほしうみ こうらい)

学年
鴎台高…

【ハイキュー!!】月島蛍の魅力が分かる名言&エピソードまとめ

月島蛍のプロフィール

クラス:烏野高校1年4組

ポジション:ミドルブロッカー(MB)

誕生日:9月27日…

記事にコメントするにはこちら