【BORUTOネタバレ】サスケェ・・・性格丸くなりすぎwwwボルトの親世代の活躍まとめ

BORUTO見てきたので感想と共に親世代のまとめつくりました!

サスケ変わったなぁと近所のおばさんの如くしみじみと感じてしまうくらいのサスケの変化っぷりに驚きです。

親世代

うずまきナルト

NARUTOの主人公でありボルトの父親でもある七代目火影

短髪になり前作の映画よりさらに大人っぽくなっている

うちはサスケ

黒い服に身を包んでいるサスケ。

今は里の為に動き回っているよう。左腕は失ったまま

奈良シカマル

七代目火影を支えている里の頭脳。

髭も生えだいぶシカクに似てきている

サイ

中忍試験官となっているサイ。

くせもの特有の試験を与えるらしい

木葉丸

ボルトの先生として大きく成長した姿を見せてくれる。

螺旋丸をボルトに教えた。

五影

五影もあらたな世代に。

土影 黒ツチ、三代目であったオオノキの孫娘。

風影 我愛羅、髪型がきちっとしていて大人っぽさがぐっと増している

水影 長十郎、髭があることで五影感が出ている

雷影 ダルイ、髭と髪の毛のおかげでずいぶん見た目が雷影っぽくなっている

七代目火影ナルト

出典:http://i.ytimg.com

火影としてのナルト

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

公務に追われ常に大量の影分身。

TV出演も影分身という忙しさ。

中忍試験三次試験では火影として会場に入り、ボルトの不正を見抜き額当てを取り上げた。

親としてのナルト

出典:http://i.ytimg.com

忙しさのあまりヒマワリの誕生日にケーキを持っていたナルトは影分身であり、途中無理がたたり影分身が消えてしまう事態に。落ちるケーキとそのことで落ち込むヒマワリと怒るボルトという暗い雰囲気に。

中忍試験ではボルトの結果を気にしたり、メールしたり、影分身でなく本体がボルトの部屋に行き声をかけたりしていた。

物語終盤ではボルトとしっかりと向き合い親子の絆を取り戻した。

バトルシーン

出典:http://img.cinematoday.jp

中忍試験三次の会場にモモシキとキンシキが九尾チャクラを目的として襲来した際は、

火影として里のみんなを守るために一人で攻撃を食らったりとそれはもうかっこいい。

結果として敵に捕まってしまうが後から来たサスケ+ボルト+五影により囚われの身からは脱し、サスケと共に体術しか効かないモモシキとバトル。

ここが体術だからこそのハイスピードアクションでそれはそれはカッコイイ。

最後にはボルトの螺旋丸を大きくしてあげてさすがの威厳も見せてくれました。親子ダブルパワーの螺旋丸高まる。

なんかかっこいいサスケ

出典:http://2.bp.blogspot.com

ボルトの師匠としてのサスケ

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

ボルトに弟子にしてくれと頼みこまれ、ボルトの放つ螺旋丸を見て弟子入りを許可。

ナルトの弱点ではなく父親の事を知ることが必要だと諭したり手裏剣の投げ方を教えたりかなりちゃんと師匠として動いてます。お前そんなキャラだったか・・・?

ナルトがいなくなり、父親のすごさに気が付いたボルトに師匠として言葉を投げかけ、助けに行くぞとなるシーンは心の中で「サスケェ・・・・・!!!お前・・・!!!」とならざるを得ませんでした。

ラストではボルトに師匠を信じろ、といいボルトにとどめを刺させるというできた男だよお前は。

陰で動き回るサスケ

出典:http://i.ytimg.com

里のためにカグヤの後にくる襲撃者にそなえ各地を転々とし、ナルトに報告しに里に帰ってきたりとナルトに引けを取らない忙しさっぷり。

ボルトが窓から投げ捨てた少年時代のナルトの服を道で拾いわざわざナルトに届けてくれます。

お前そんなキャラだったか。

バトルシーン

出典:http://contents.oricon.co.jp

初っ端からサスケのバトルシーンで始まります。

少し劇場でびっくりしました。

このバトルシーンがんもうかっこよくて!キンシキと戦っているんですが早すぎてもう常人には分からない。体術で飛ばし飛ばされ言葉では何とも言えぬカッコ良さがあります。そうだアカデミー入学しよう。

三次試験会場で敵が襲来した時サラダを助けたりナルトに協力したりいやはやお前も丸くなったなぁと感涙いたしました。

そしてナルトを助けに行った先の空間で体術で戦うサスケ。

刀を駆使して片腕とは思えないようなカッコイイアクションを見せてくれます。

お前こんなにかっこよかったのか。

中忍試験時の親世代

サイ

中忍試験一次で試験官として出てくるサイ。

今までで一番見た目が好みです悲しむべくは彼が既婚者という事ですね。

墨まみれになったら脱落、とし〇×クイズを出します。答えはどっちもはずれで結局墨まみれにならなければいいというとっさの判断を見るための試験でした。サイらしいですね。かっこいい。

そんなサイの出した試験に対し息子であるいのじんは「父さんらしい、空気読めてない」といったような事をつぶやいていました。息子さん父親の事よくわかってますね。

シカマル

ナルトに中忍試験の結果を伝えにくるさいに息子同士の対決もあるかもなぁというあたり父親だなぁと感じさせられました。疲れのあまりナルトの影分身が消えてしまったときも本体のそばにいましたし相談役としてなかなか忙しい生活を送ってそうです。

でもシカマルは息子がシカダイだから特に親子の確執はおこらなさそうですね。

ラストバトル

五影

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

映画のクライマックスであるラストバトル。

ナルトとサスケがモモシキと戦っている間やっかいなキンシキを相手にします。

キンシキは五影でかかっても苦戦する相手だったようで長十郎や黒ツチが術でしめあげてもそれを突破されかつふき飛ばされるといったようにかなりのもの。

ですが五影めっちゃ動く綺麗な作画でめっちゃ動く。

術も見れるしNARUTO本編でのマダラVS五影の時とはまた違う世代という事で見応えはたっぷり。全体的に若い!前の五影を見てきたせいで威厳にかけるかな?といった感じですが戦闘シーン流れ的にもあるしあまり活躍という活躍はなかったけれど新しい五影をたっぷりと見ることができた気がします。

予告


出典:http://www.moview.jp

ナルトとサスケの共闘はやはりわくわくするものがありますね!全体的に何回「サスケェ・・・!!」と心の中で叫んだかわかりませんがあの終末の谷を経てどんだけ丸くなったんだよと、お前ジャイ〇ンか?と言いたくなるほどただの良い奴すぎてただのナルトの友でした。

映画自体は普通にすごく面白かったし個人的にラストに大蛇丸ぶっこまれた時はんんはぁと変な声が出るかと思いましたね。

そして見終わった後私は自分の右手のひらから螺旋丸が出せる気がしました。

出典:http://info.nicovideo.jp

とりあえずもう一度映画見たいので映画館行こうと思います。