【GANGSTA.】ニコラス・ブラウンについて

GANGSTA.に登場するウォリックの相棒ニコラスについてプロフィールや画像などをまとめました!

●プロフィール

出典:https://pbs.twimg.com

ニコラス・ブラウン(34歳)

身長169㎝。通称「ニック」

A/0級の黄昏種(トワイライツ)

ウォリックの相棒にして従者。

ウォリックと一緒に便利屋を営んでいる。

また、ウォリック

とは少年の頃から一緒におり複雑な過去を共有している。

CV.津田健次郎 (少年期:花江夏樹)

容姿

出典:http://contents.oricon.co.jp

黒髪で細みな身体のライン。

顔はアジア系で、ウォリック曰く、歳をとってもあまり

変わらないそう・・・(´・ω・`)

つねにジト目。

ガラハットや、テオと並ぶととても小さく見える。

性格

出典:http://tama-yura.jp



普段は比較的おとなしく、後ろでじっとしていることが多いが

戦闘となると、好戦的で自分の身は気にせず突っ込んでいくため傷が絶えない。

闘いの最中に敵を挑発して煽るなど、ドSな行動を

とることもある。

また、小言を言ってくるチャドに切れ、怒っている場面などもあった。

●戦闘能力

黄昏種の代償について

黄昏種(トワイライツ)とは?

過去の戦争で、身体能力増強のために開発された薬

「セレブレ」を投与された人間を先祖にもつ人間のこと。

脅威的な身体能力を得る代わりに、

先祖から受け継いだ薬物の影響と摂取し続ける薬によって

寿命が極端に短く、中年まで生きると長生きとされる。

また、必ず「代償」といわれる身体的な欠陥をもって生まれてくる。ニコラスの場合、「代償」として聴覚を失っており、

普段は、手話や読唇術でまわりの人間とコミュニケーションをとる。

一応言葉も喋ることはできるが、発音滑舌はガタガタで聞き取りにくく

本人も疲れるからとあまり進んで喋ろうとはしない。

使用武器

出典:http://www.comicbunch.com

ニコラスは、少年の頃から常に腰にさしている日本刀で戦う。

その実力はすさまじく、

まわりが銃を持つ銃社会の中で、一際異彩を放っている。

薬について

黄昏種は身体能力を向上させ昂奮させる「アッパー」と

身体機能を低下させ鎮静させる「ダウナー」と呼ばれる薬品類を

定期的に投与しなければ生命活動を脅かされる身であり、

また「アッパー」や「ダウナー」自体が依存性を持つ劇物であり、摂取のしすぎも命にかかわる。

どちらか片方のみを摂取あるいは投与することで戦闘能力の向上や黄昏種の鎮圧を可能。

ランクとドッグタグについて

出典:http://p.twpl.jp

黄昏種の中には、強さ別にランク制度になっており、本人の強さに応じて

ランクが書かれたドッグタグを持っている。

黄昏種同士の戦いの際には、お互いのドッグタグを見せあうのが礼儀になっているらしい。

また、下位の黄昏種が上位の黄昏種を倒した際には

相手のタグと一緒にそのランクを戦利品として受け取る事ができる。

ニコラスのランクは上位にあたる、A/0級だが、「セレブレ」の過剰摂取によって

身体能力をギリギリまで高めた状態で格上を倒し奪い取ったものなので

ニコラス本人の実力は精々B/5級止まりとされ、周りからは「偽物(フェイカー)」と言われている。

●ニコラスの過去

ウォリックとの関係

少年の頃、ニコラスはウエストゲート備兵隊に所属しており、

警護をするため、お屋敷の坊ちゃんであったウォリックの前に現れたのが

最初の出会いだった。

その頃のウォリックは複雑な家庭環境によって父親から暴力などを受けていた為荒れており

耳が聞こえないニコラスに対してもきつく当たっていた。

が、少したち何をしても何も言わず普通に

接してくるニコラスにウォリックも心を開き

ニコラスも所属している隊で、暴力などを受けていたために

同じような環境同士、ウォリックがニコラスに文字書きを教えるなど

交流が深まっていった。

ニコラスが起こした事件

ニコラスが、ノースゲート傭兵隊に移ってしばらく

ウォリックが煙草を吸っているのが父にバレ、暴力を受ける。

そして、同じく新しい隊に馴染めてないニコラスに、

ぼそっと「ほんともう・・・つかれた」とぼやいたのがきっかけだった。

その言葉に対し、ニコラスは手話で「 殺す? 」と聞き、

その後ウォリックの父、お屋敷の住人を皆殺しにする悲惨な事件が起こった。



その後、自殺を図ったニコラスだったがウォリックに阻止され

「こんなんで死なせてやるもんか。もっと苦しい思いをしてから死ね」と

ウォリックに命令され、それの返事の変わりにウォリックの片目を取った。

父との関係

ニコラスの父は、ニコラスが所属しているウエストゲート傭兵隊の隊長、

ガストン・ブラウンという男だった。

彼の話によると、買った売春婦がたまたま黄昏種で、その売春婦との子供がニコラスだという。

ニコラスを引き取ってすぐ、その売春婦は殺したらしい。

黄昏種は身体能力も高く、戦闘にも使え、高く売れるという理由で傍に置いていたらしいが

薬が切れて苦しんでいるニコラスに素早く処置をしたりと

本当のところはニコラスの事をどう思っていたのかは分からないままだが、



薬で弱ったニコラスを役立たずと言い放ち、置いていったことも

裏でウォリックとのお金が絡んでいるとはいえもしかしたら父親としてニコラスに少しでも

情があったのかもしれない・・・。

まぁ、最後にニコラスに「お父さん」って言われた後に言い放った言葉でもうよくわかんなくなりましたけど・・・・

●ニコラスのかっこいい戦闘シーンまとめ

アレックスが前に飛び出したすんでのところで登場したニコラス!

笑顔がたまりません~~アレックスに襲いかかろうとしている敵を背後から一掃・・・・舐めプして三分待ったあとのニコラスのこのセリフと戦闘シーンが

やばかったです。