【GANGSTA.】ウォリック・アルカンジェロについて



GANGSTA.に登場するニコラスの相棒、便利屋をやっているウォリックのプロフィールや、画像、少年期の過去についてをまとめました。

●プロフィール

出典:http://40.media.tumblr.com

相棒であるニコラスと便利屋を営む。

35歳の身長182㎝。

ニコラスとは、少年時代から一緒におり、お互い複雑な過去を共有している。

少年期は、「ウォレス」と呼ばれていた。

拳銃は所持しているが、腕に自信はないそう。

容姿

出典:http://livedoor.blogimg.jp

綺麗な薄めの髪、幼少期に起こったとある事件で片目を失明し、黒い眼帯をしている。

性格

へらへらしていて女好き。

しかし大事な本心は誤魔化して絶対に言わないなどニコラスと同じく

めんどくさい性格をしている。

●便利屋としての仕事

主な仕事とメンバー紹介

出典:http://tsundora.com

今までは、ウォリックとニコラスの2人で営んでいたが、

便利屋の仕事でアレックスを助けそのまま戦利品として引き取ったため

現在は、アレックス含め三人で営んでいる。

(アレックスは主に電話番)

便利屋の仕事は、

頼まれればなんでもやるらしく

迷子の猫探しから、モノの配達

また、警察がらみの殺しの仕事も頼まれれば受け持つ。

だいたいめんどうな仕事はニコラスが受け持っている・・・。

マフィアグループとの関わりについて

ウォリック達が住んでいるエルガストルムには複数のマフィアグループが存在する。

便利屋はそのどれにも属していない中立派という立ち位置にいるが、

モンロー組、クリスチアーノ組とは、ニコラスの薬のこともあり交流が深い。

警察とも、繋がってはいるがたびたび拘束され事件解決の手伝いをさせられている。

副業について

ウォリックは、便利屋のほかに副業で「ジゴロ」をしており、普段はそちらで稼いでいるらしく

便利屋が本業ではなく彼曰くこっちのジゴロのほうが本業らしい・・・。

⋆ジゴロとは:女性からお金を貰って生きている男性のこと。簡単に言うとヒモ。

そちらのほうの仕事の繋がりも多いらしく、ジゴロの仕事の時は

アレックスには外に行くように言っている。

●ウォリックの隠された能力について

瞬間記憶能力



ウォリックは 超記憶症候群であり、

一度見たもの、人の顔や特徴、情報など瞬間的に記憶し

けっして忘れない。



この能力を持っているためか、裏では「ストレイジ」と呼ばれている。

頭の中に、たくさんの情報が入っているため敵に捕まったときのリスクが大きく

そのような事態を防ぐため、どこのマフィアグループにも属してないのだという。

●過去について

出典:https://scontent.cdninstagram.com

家庭環境

ウォリックは少年期、ウォレスと呼ばれ、

妾の子として実の父、アルカンジェロの元にひきとられた。

しかし、屋敷では周囲から疫病神扱いされ孤立し

父親からも暴力を振るわれていた。

超瞬間記憶能力の持ち主で

屋敷の書庫の本はすべて読破していたため色々なことを知っていた。

ニコラスとの出会い

ウォリックが13歳の時ニコラスと出会う。

ニコラスはウェストゲート傭兵隊に所属していた。

この時の2人の関係は主従関係であり

読唇術はできるが、文字はかけないニコラスにウォリックが文字書きを教えた。

そして書庫から、手話の本を見つけ2人で手話を学んだ。

しかし、このあとニコラスがセレブレ中毒で役に立たないからと実の父に捨てられ

ウォリックが金をつんで引き取る。

このときのウォリックに対するニコラスの心情はわからないまま・・・・。

アルカンジェロ一家惨殺・拉致事件の真相

22年前、アルカンジェロ一家惨殺事件は起こった。

きっかけは、実の父ドメニコが

ウォリックの目に煙草を押し付けたのが原因だと思われる。

それを見ていたニコラスがドメニコを殺害。

そして屋敷中の人間を殺し自殺をしようとしたニコラスに向け

ウォリックが「もっと苦しんでから死ね」と命令。

そしてニコラスの「とらあきゃ」という

言葉の後煙草を押し付けられた方の目を抉り取られた。

その後、運びこまれた病院で2人は普通に「ご飯たべいこ」などの会話を交わしている。

この頃からウォレスではなく、ウォリックと

名乗り始めた。