銀魂の狂乱の貴公子桂小太郎が面白すぎる

本誌ではいよいよ吉田松陽の正体にせまった銀魂!重要人物になるであろう塾生の1人「桂小太郎」についてまとめてみました

桂小太郎

銀魂に登場する架空のキャラクター

モデルは幕末活躍した「桂小五郎(木戸孝允)」

万事屋ではないが、気がつくと万事屋にいる準レギュラーキャラクター

天人がはびこる江戸・かぶき町で攘夷活動をしていて「狂乱の貴公子」「攘夷志士の暁」などと呼ばれている貧乏な家庭に生まれ「お婆が死んで天涯孤独」と語る

名門塾「講武館」に特待生として招かれたが後に吉田松陽の塾に移り侍になるべく育ち攘夷戦争で活躍した

桂小太郎の容姿

黒い長髪が特徴でセルフパロディ作品「3年Z組銀八先生」ではヅラ扱いされている。地毛です

一度人斬りに狙われて髪を切られてショートカット(それでも耳下まではあるが)になったが気がつくと元の長さにまで伸びた

中性的な容姿を自分でも認めているようで女装も抵抗なくする

桂小太郎の性格

本人曰く「堅物キャラ」

しかし実際は電波として認知されている

「ヅラ」と呼ばれると「桂だ」と返すのが天丼で、それが天敵真選組が目の前でも言ってしまうほど徹底している

たまに「ヅラだ。あっ違う桂だ」とボケてしまうことも少なくない

しかし江戸の行く末と級友高杉の言動については真剣でボケに隠れているがかっこよく活躍することもある

他キャラとの関係まとめ

桂小太郎と銀時

幼い頃から「吉田松陽」の塾「松下村塾」で共に学ぶ

その後桂が戦争で追い込まれると切腹を考えるが銀時の鼓舞によって戦争を生き残ることができた

それもあって現在銀時を攘夷志士にしようと画策

攘夷活動のためのアルバイトや活動中にばったり出会ってはやっかいごとに巻き込まれるが桂自身ボケ気質なために逆に万事屋を振り回す

しかしいざというときは銀時に背中を任せられる人物

桂小太郎と神楽

「リーダーと呼べ」と神楽に言われ真面目なために鵜呑みにしてリーダー呼び

しかし気が合うようで桂にツッコミをほぼ入れない貴重な人物

桂小太郎と近藤

根っからのボケということで素性を明かさない状態(オンラインゲームなど)では気が合うが顔を見合わすとすぐに抜刀する

何度も捕まっては脱獄してを繰り返すため腐れ縁状態だが、

さらば真選組篇で死ぬ覚悟を固めた近藤に脱獄の手引きをすることで友と認め合う仲に

狙われた近藤を身体をはって守り、瀕死の桂を近藤が助けた

桂小太郎と高杉

銀時と3人で松下村塾で松陽に師事する

同じく攘夷浪士ではあるが穏健派と過激派で対立している

桂小太郎とエリザベス

坂本から送られてきた宇宙生物

愛玩動物として可愛がっていたがその戦闘能力は計り知れずペットというより右腕に近い

桂が斬られたと思われたときは仇討ちに必死だったので信頼関係は厚い

桂小太郎と幾松

そば屋の未亡人・幾松に1ヶ月匿われていて、親密になる。

銀時に揶揄されたときも動揺していて、恋愛じゃないにしろ特別な感情を抱いているのは明白

しかし桂は幾松の亡くなった亭主が幾松の隣にはいると言って進展はない

ヅラじゃない、◯◯だ。変装シーンまとめ

乞食僧

銀魂初期の頃には多用していた

宇宙海賊キャプテンカツーラ3世

今1番多く使われているだろう変装

ヅラ子

実際かまっこクラブでは銀子とエースを争う人気だったが競う相手が競う相手なだけに美しいか判別しにくいが

3次元女子からは人気らしい

マリオ

任天堂ファンの土方をあっさり手玉にとった変装

ウエイター

幾松のそば屋での変装

世界観はまるで違うのだが本人はかなり真剣だった

貴公子してるシーンまとめ

桂の今の基盤にもなる切腹未遂のシーン

銀魂の美学でもある泥臭く生きるとはかけ離れてますがそれでも侍のイメージにぴったりはまる姿

紅桜での高杉に宣戦布告するシーン

死んだかと思わせて突然現れた驚きもですが、何よりこの級友に刀を向ける姿とアニメや映画での銀時との共闘に惚れ込んだ人は多いはず

さらば真選組

キャバ嬢に扮した桂が幕府に逆らった銀時らを颯爽と助けた挙げ句、わざと牢に入って近藤を諭すシーンは確かに貴公子でした

何とも不思議な味わいのあるキャラ。かなりの美形なのに頭が残念すぎて、容姿にまで目がいかないw 科白も変。基本ボケポジの銀時が、桂にはつっこみを入れる程のボケボケキャラだし。石田彰の演技が神ががってる上、たまに歌ってくれるのもいい。