【銀魂】ピンチに登場するかっこいい男坂本辰馬の名言・画像まとめ

銀魂が松陽との決着に動き出す一方でJOY4が集結しましたね!因縁があるわけでもないのに助けてくれる坂本のかっこよさを広めるポストです

概要

株式会社快援隊商事の社長であり快臨丸の艦長

宇宙で星間貿易をしている

土佐の国出身の名の知れた商家の息子でありボンボン

銀時・高杉・桂とは攘夷戦争時代よりの戦友で彼らに並ぶ攘夷四天王の一人で「桂兵の龍」という異名を持つ

非常におおらかな性格

人たらしと言われるほどで常に大声で笑っている

登場回

23話「困ったときは笑っとけ笑っとけ」(初登場)

31話「どうでもいい事に限ってなかなか忘れない」

33話「人の名前とか間違えるの失礼だ」

57話「無くしたものを探すときはその日の行動をさかのぼれ」(アニオリ)

204話「年賀状は筆ペンでいけ」

209話「いつまでもあると思うな親と金と若さと部屋とYシャツと私とあなたとアニメ銀魂」(総編集回)

232話「忘れっぽい奴は忘れた頃にやってくる」

233話「宇宙ブルルン滞在記」

234話「千両箱とガラクタの箱」

235話「空の星」

236話「さよなライネルなんか言わせない」

271話「同窓会は遅れてくると入りづらい」

272話「同窓会は思い出したくない思い出も蘇ってくる」477訓「バッグは常に5千万入るようにあけておけ」

478訓「バッグにはきたろう袋もいれておけ」

479訓「本当の商」

480訓「バッグは常に石ころが入るようにあけておけ」

556訓「くだらぬもの」

攘夷時代名シーン

銀「兵がいなけりゃ戦はできねェが、金がなけりゃ兵は戦えねェ。

兵(オレ)たちの戦を支えてたのはあのサギ師さ」

「宇宙にデカい船浮かべて 星ごとすくいあげる漁をするんじゃ」

同窓会名シーン

「しゃあなかろう!わしにはわしには過去しか出番がないんじゃ!」

「あれは攘夷戦争の真っただ中…わしは外からやってきた夷狄を内腑から排することに躍起になっておった」

その時は気づいていなかったんじゃ。戦は起こすよりもその後始末のほうが大変じゃと

陸奥との思い出(アニメ派ネタバレ)

「この船、坂本辰馬が買ったぜよ!!」

おまんらの売りもんが何かは承知ぜよ。解った上で言っちょる。奴隷ごとこの船を買うと。

これでわしは奴隷じゃのうておまんらの立派な客ぜよ。

「わしゃ商人じゃ。金さえ払えば船だろうがバッグだろうが笑って売ってやる」

だが何ぼ大金積まれてもその石ころの価値も解らん客に 仲間の価値も解らんクズにくれてやるもん何ぞ何もねえ。

お帰り願えますか お客さん。

「石ころにも使い道はある」

宝石にはマネできん輝き方がある お前はそれを見つけた

もうお前は立派な商人ぜよ

「売り払われ居場所のない奴隷達に、船員として居場所ば提供する」

代わりにこちらは人件費が浮く。両得ぜよ

早バレ注意!最新の坂本シーン

「すまんのう 手は尽くしたがこれだけ助けるのが精一杯じゃった」

お前らの大将は わしらの友達は わしらが必ず助けるぜよ。

「ならあのちゃらんぽらんは一体どんなくだんもんのために戦おうとしているのだろうな」

坂本さんかっこい~