徹底追跡!黒崎一護の出番と活躍を全部時系列でまとめてみた【ブリーチ】

千年血戦篇において過去や本来の力やらがあらわになった俺らのヒーロー黒崎一護くん

最強すぎる彼の今までの戦いを時系列でみていきたいと思います

死神代行篇

出典:http://dreamwords.c.blog.so-net.ne.jp

VS虚記念すべき黒崎一護の第一戦

突如現れた虚に無謀にも戦いを挑む

この時当たり前のように歯が立つわけもなく一護はピンチに!

そんな一護くんを身を挺して庇ったのが護廷十三隊十三番隊隊士朽木ルキア

重傷を負った彼女から死神の力を受け取り白星をあげる

なぜ無謀にも立ち向かったのか

疑問に思う方もいるでしょう

いくら幽霊に慣れていて家族を守るためだからってこんな状況でよくもまあと

ええ私も思いました

でもしょうがないんです

一護が‘‘主人公‘‘だからです。うん納得

出典:http://pierrot.jp

VSその他虚死神の力が回復するまでルキアの代わりに死神代行として

空座町の平和を守るために尽力する一護

一護の友人である井上織姫や茶渡泰虎たちを襲った虚をぎったんぎったんと倒していく

織姫を襲った虚

お兄さんのエピソードもあり涙を誘う話でした

少し見える肌がエロイです

出典:http://ks.c.yimg.jp

VS石田雨竜

滅却師であり一護の同級生の雨竜が一護に喧嘩を吹っ掛けたことによるバトル

この時大量の虚が空座町に現れてしまう事態となったため

どっちかが死ぬといったようなえぐい結果にはならなかった

出典:http://file.kuroneko0525.blog.shinobi.jp

VSグランドフィッシャー

一護のお母さんを9年前に殺した因縁の虚

一護は奴との戦いに挑む

グランドフィッシャーという名前が付けられている時点でおわかりかと思うが

奴は今までの虚よりかは強かった

一護の母親を作りだし一護に見せることで一護はグランドフィッシャーを取り逃がすこととなってしまった

これは敗北ですね完全に

虚に心理戦で負けたと言ってもいいでしょう

尸魂界篇

尸魂界潜入篇

出典:http://images.forwallpaper.com

VS阿散井恋次&朽木白哉

重禍違反者としてルキアを捕縛しにきた

護廷十三隊六番隊隊長朽木白哉と副隊長阿散井恋次

ルキアと連れて行かせまいとする一護が2人に歯向かうも

2人と一護の力の差は歴然

あっさりと負けてしまいルキアも連れていかれてしまった

力の差を見せつけられた敗北は貴重ですね

なぜってこの後こういう主人公キャラは

これを機に修行して大きな力を手に入れるっていうのが

友情・努力・勝利を掲げるジャンプの作品らしくて大変いいです

出典:http://blogs.c.yimg.jp

<VS兕丹坊>

尸魂界内で死神が活動する瀞霊廷

その門番である兕丹坊との一戦

巨体であるし門番と言う立ち位置上中々に強そうではあるが

修行した一護の力のお披露目とうこともあり

全ての攻撃をいともたやすく受け止め兕丹坊の斧のような武器を壊す

そうして武器も壊された兕丹坊は完敗だと自ら負けを認め一護の大勝利

兕丹坊が圧倒的にいい奴なんですよね

田舎臭さがまた門番らしさがあります

出典:http://www.geocities.co.jp

<VS市丸ギン>

比較的ファンの間でも人気の高い市丸ギン

兕丹坊に門を開けてもらったらそこにいてまぁびっくり

知っているこういう登場の仕方するやつは冷酷で強くて切れ者なんでしょう

と読者が想う前に兕丹坊の腕を切り落としたキツネ…

もといギンは斬りかかる一護から間を取り斬魄刀を始解

そのまま勢いで門の外に飛ばされてしまった一護

残念ながら敗北です

出典:http://yaplog.jp

<VS阿散井恋次>

ルキアを連れて行ったうちの1人

六番隊副隊長阿散井恋次との再戦

闘いの最中恋次がルキアの幼馴染だと分かったり

これはもう「私のために争わないで!」かな?

と考えてしまうほどのアツい男のバトル

結局一護が辛くも勝利し恋次は一護に

「ルキアを助けてくれ・・・!」

と言う。

いやぁアツいですね!こういうの大好き!

出典:http://www.geocities.jp

<VS更木剣八>

一護の前に現れた十一番隊隊長更木剣八

片目に眼帯をしているし髪の毛がとげとげしているしどう考えてもヤバイ人

一護はそんな戦うことが大好きな剣八と剣を交える

剣八との血も肉も飛んでいくような死闘の後

(私には引き分けに見えるけど剣八の自己申告により)一護の勝利

尸魂界救出篇

出典:http://blog-imgs-24.fc2.com

<VS朽木白哉>

怪我が治りきっていないままルキア救出に向かった一護が再び白哉と対峙

これは誰がどう見ても勝てるわけがなく

同じくそう感じたであろう四楓院夜一が白哉に三日間の休戦を告げこの勝負はお預けとなった

そうして再戦の時

卍解を手に入れた一護は同じく卍解で対抗する白哉に苦戦する

しかし千本桜景厳のスピードを上回った一護がなんとか勝利

この夜一の休戦宣言でなんとなくズッコ―――――したファンも少なくないのではないかと思う

いやだって

おおおついにやっちゃう!?あのお兄様と決着付けちゃう!?でもムリゲーっぽくね!?勝てそうになくない!?でも主人公だしねあっはっは!

みたいな期待の高まりの時に休戦て

まぁ別にいいんですけどね、卍解手に入れて強くなったし

出典:http://bleblebleach.blog.so-net.ne.jp

<VS藍染惣右介>

もろもろの事件の黒幕だった愛染に立ち向かうも

黒幕ゆえの圧倒的強さの前には叶わずそのまま虚圏に消えていく藍染にさよならいばいした

破面篇

破面出現篇

出典:http://www.geocities.jp

<VS破面・ウルキオラ・グリムジョー・ヤミ―>

空座町に乗り込んできた破面のやつらに一護は敗北

今までとは全く違う力の差を感じる

この時一緒に来ていた懐かしのグランドフィッシャーは

気が付いたら一護の父親の一心によって一刀両断にされた

グリムジョーもウルキオラも現世が襲われた際に顔を合わせているが

なんやかんやで最後までいかず決着がつかないままでいる

ヤミ―は腕を落とされたりと小物感を漂わせていた

この時までは

虚圏救出篇

出典:http://blog-imgs-67.fc2.com

<VSドルドーニ>

今の時代にバラエティに出たら売れそうなおじさん

ガチムチなのかただ服のサイズがあっていないのかはわからないが虚圏にて一護と戦う

画面が大変いさわがしく戦いの印象というよりかは

本人の派手さ故のなんなんだこの人と考える間に一護が虚化により勝ってしまった、そんな人

ただドルドーニが戦闘の最中技を放った後に真面目な顔をしたときは

「最初からその顔でその雰囲気でいればいいのに」

と心の底から思った。

出典:http://blog-imgs-54.fc2.com

<VSグリムジョー>

強さを欲するグリムジョーとの因縁の対決

グリムジョーはかなりの回数一護に喧嘩をふっかているため

何回目のグリムジョーさんだろうと回数を数えてはいけない

イケメンだから出番多いのかなと考えてはいけない

途中からグリムジョーが昔のことを思い出したり

グリムジョーが人型から本来の形に変化してきたりと

イケメンVSイケメンを長く楽しませてくれた大変にファンサービスを分かっている破面

グリムジョーの過去が出てきたとき

突然どうしたと、獣だったのかいおうおうと動揺しつつ

破面の過去を見せて破面のファンを増やそうだなんて

先生も罪な人だぜと頭を抱えながら私の胸の中にグリムジョーの名前を刻みつけました

出典:http://blog-imgs-19.fc2.com

<VSノイトラ>

いつもいい感じのタイミングでこちら側のピンチを誘うノイトラ

一護をぼろぼろにするがネリエルが本来の姿を取り戻したり

剣八が一護のピンチに駆けつけたりと決着と言う決着はつかなかったが

これはどう見ても一護は負けていた気がする

出典:http://files.hangame.co.jp

<VSウルキオラ>

グリムジョー同様一護と因縁のあるウルキオラ

しかもウルキオラに至っては織姫をさらったその人であり

虚圏において織姫の監視役としてだいたい一緒にいる

闘いの中でウルキオラは圧倒的力の差を見せつけ

虚化した一護も力及ばずといった雰囲気に

ウルキオラさんは十刃の中でも稀有な刀剣解放第二階層をもち第4十刃とか嘘なんじゃないかと我々に疑う心を教えてくれた

出典:http://image.space.rakuten.co.jp

一護は胸に穴が開いたりと散々なやられっぷりを見せてくれたが

さすが俺らの主人公そんな簡単にはやられねーぜ!

完全虚化で自分の意識さえもほやほやしつつ自意識がない状態で

暴れ狂いどんちゃん騒ぎ

あんなに苦戦していたウルキオラを軽く消滅させてしまう

ここで一護かっこいい!ではなくウルキオラさんんんんんとなってしまうあたり散り際のウルキオラさんが圧倒的いい雰囲気過ぎたということがある

空座決戦篇

出典:http://pic.pimg.tw

<VS藍染惣右介>

空座町侵攻を始めようとしてレプリカの街から

尸魂界に飛ばされた本物の空座町に行こうとしていた藍染を恐怖心から当初止めることができずにさよならばいばいしてしまう

そうして気も落ちていた一護は一心に諭されて気分一新で修行に励み

「最後の月牙天衝」を手に入れてだいぶ老けた顔で最終決戦に挑む

出典:https://pbs.twimg.com

藍染はこの時すでに変わった見た目(気持ちが悪い)をしておりまず目が黒い

中国製のカラコンでもいれているのかと疑いたくなってしまう

自分で眼鏡壊したとはいえそのカラコンはどうかと思う

ドンキホーテにもっといいのがあると誰か教えてあげられなかったのだろうか

出典:https://pbs.twimg.com

最終決戦の最中藍染が昆虫のような姿になろうとも

俺らの一護は人間でいてくれると信じていた

だがしかし現実はそんな甘くなかった

一護は「最後の月牙天衝」が「おれ自身が月牙になる事だ」と言い出したのだ

出典:http://articleimage.nicoblomaga.jp

「なん・・・だと・・・!?」

と我々は思った。

いやいやいやお前それは

刀使えよ

もう殴り合いじゃね?そもそも自分自身とかそれ体当たりじゃん?

よくてボルテッカーじゃん?

と思っただろう?私も思った。

しかしその一護が結果的に藍染捕獲まで持ち込んだのだから悪い事ではなかったのだと思う。

死神代行消失篇

出典:http://www.j-bleach.com

<VS月島秀九郎・銀城空吾>

死神代行消失篇においてラスボスであった月島と銀城

一護の力を育て奪うという自家栽培にちかい方法で手に入れようとしていたが

そんなことが許されるはずもなく

斬られて絶対絶命のピンチのところで一護の元に現れたルキア

護廷十三隊のおかげで死神の力を与えてもらい再び息を吹き返し銀城に勝利

精神攻撃にも揺らがず一護の強さを見せつけた

正直完現術がどんなものかいまいち理解しないまま読んでしまっていたため

死神の力を取り戻した時は「そうそうこれこれ自宅だわ」と感じてしまった

この作品を読むにあたって年々難しさが増していると思ったら私の読解力が年々下がっているだけなのでつまりはそういう事だった

千年血戦篇

千年血戦篇

出典:http://vignette2.wikia.nocookie.net

<VS虚&アズギアロ・イーバーン>

同タイミング、というよりかは

虚が新たに来た空座町に配属された死神を襲っているときに一護が現れ2人を救出

その後日にイーバーンが一護を襲撃する

イーバーンは難なく撃退できたがこいつはただの足止め係りであり

かつこいつ自身ユーバッハに斬られてしまうためひょっと出のモブであった

少しシュッとしていてイケメン枠にあと少しと思っていただけに残念である

出典:http://blog-imgs-70.fc2.com

<VSキルゲ・オピー>

眼鏡をかけたインテリ

見るだけでイラッとしてしまう所がある

オピーとは侵略済みの虚圏での戦闘となり意外とオピーが強かったため

天鎖斬月を繰り出す羽目になった

結局は倒すことなくその場離脱というかたちになった

その場から離脱するさいにオピーにより閉じ込められ足止めを喰らった

出典:http://livedoor.blogimg.jp

<VSシャズ・ドミノ>

なんてことのない敵

技術開発局を襲っているところに駆けつけた一護が

主人公よろしく気持ちがいいくらいにバッサリと斬った(台詞を聞かずに斬りかかるほどに)

我々としてはここまでバッサリ斬っていただけると気持ちがいいものである

出典:http://kigyokari-man.sakura.ne.jp

<VSユーバッハ>

ラスボス

特に言うまでもなく強いため

一護の渾身の一撃をかるくいなされ

あろうことか斬魄刀もポッキーを折るかの如くぽっきりと折られてしまう

出典:http://d2llqpz8977uj1.cloudfront.net

千年血戦 訣別篇

出典:http://mangamatome.com

<VSキャンディス&リルトット&ミニーニャ&ジゼル>

剣八が苦戦しているところにかけつけた一護

四人を相手にしても引くことなくむしろ圧倒する

しかし途中でバズビーが手柄を横取りしようと邪魔しに来たため決着つかず

出典:http://blog-imgs-72.fc2.com

<VS霊王>

何の事だろうとは思うが私にもさっぱりだ

なんていったってわけがわからない

気が付いたら一護が霊王を斬っていた という展開

いやいやいやいや待て

そもそも霊王がなんか全裸だし腕とかないし

なんかすごいものの中に入っているしそれなのに一護軽く斬ってしまうし

突っ込むべき所が多すぎる

一護お前は何のために上に戻ってきたんだ

下に降りなければまだここまで侵攻されてなかったのでは?

と思わざるを得ないがただ悲しいかな

社会とは上の命令に従うものである

出典:http://blog-imgs-42.fc2.com

<VSユーバッハ>

再びのユーバッハ

前回とは違い多少なりとも戦闘になっている

ユーバッハの攻撃を受け止めたりと

主人公は主人公なりにやられているわけにはいかないのだ

喉に刃が?

安心してください。生きてますよ

主人公だからこういうときに生まれ持った血装が出てきてくれるんです

とはいってもユーバッハはラスボスである

以前最強のラスボスだった藍染と戦った際には

「俺が月牙」と言っていたがはたして一護はどの次元まで上り詰めるのか気になるところである