【毎話更新】残念?美人?九条櫻子さんは3度の飯より骨を愛す。~櫻子さんの足下には死体が埋まっている~

時に主人公でもあり、ヒロインでもある 『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』のメインキャラ

「櫻子さん」こと、九条櫻子。骨を愛して、愛して、愛してやまない(特に人骨)彼女の魅力と活躍を、毎話のアニメ放送にあわせて、まとめて行きます。

九条櫻子 とは?

骨に恋をした姫君

出典:http://livedoor.blogimg.jp

CV:伊藤静

良家の出身であり、旭川に古くから建つ白を基調としたモダンな屋敷に住んでいる。

「愛している」といっても過言でないほど、『骨』に対して強い執着を持っており、

その骨への愛は、標本士としての資格を取得し、骨に関わることを仕事としてしまうほど。

趣味は、拾った動物の死骸を材料にして骨格標本を作ること。

父が名の知れた法医学者であり、素人ながら検死に関する知識も持ち合わせている。

弟がいたが、過去に亡くしている。

人骨は至高の宝

出典:http://livedoor.blogimg.jp

生物の骨は多々あれど、その中でも人間の骨には目がない。

それは希少性はもちろん、人骨の持つ美しさから。

人骨の中でも、特に頭蓋骨内にある「蝶形骨」という骨がお気に入り。

他殺願望

出典:http://livedoor.blogimg.jp

数々の生き物の死体と骨に向き合ってきた経験から、

現代において、人間の遺体が転がっているのは不自然なことであり、

「大抵の人間の死体は他殺体である」と考えている。

1話まとめ ~櫻子さんは、骨に恋をし、死体を愛す~

骨愛ずる姫君

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

1話、冒頭シーン。

作画のタッチが、『氷菓』という作品を思い出させます。 (制作会社は違うけど)

個人的に、こういうタッチの作品は大好きです。美しい!!

桜といえば、個人的には

「願わくば 花の下にて 春死なん ・・・」

という西行法師の詩を思い出します。

人は誰もが一羽の蝶を飼っている。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

人骨を拾うシーンから。

伝説の暗殺拳に伝わる秘孔を突かれる主人公 (違う)

「人は誰もが、一羽の蝶を飼っている」というフレーズ、すごく素敵だと思います。

さぁ、謎を解こうじゃないか

出典:http://livedoor.blogimg.jp

推理パートの開始。

個人的に1話でお気に入りのシーンのため抜粋。

こういう演出、僕は結構好きです。

私は他殺を望む

出典:http://livedoor.blogimg.jp

直後、主人公に、「不謹慎ですよ」と突っ込まれますが、

櫻子さんの価値観は、すごく分かりますよね。

確かに、今の世の中で、人の死体が道とかにあったら、

「誰かに殺されたんじゃ?」 と思いますよね。

人骨は持ち帰れない

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

ぐぬぬ・・・・・・。

こっそり、頭蓋骨を持ち帰ろうとして、主人公に怒られる櫻子さん。

1話の可愛いシーンです。はい。

普段はクールでお姉さんな櫻子さんですが、

こういう、時折見せる子供っぽいシーンが素敵ですね。

2話まとめ ~櫻子さんは、命の重さを知っている~

早朝から

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

櫻子 「何だ、こんな時間に!!」

今回の話は、不思議な迷子の話。

迷子の身元を知るために、正太郎くんは警官の内海さんと九条邸へ。

早朝から、インターホン鳴らしすぎww

これは、櫻子さんでなくても怒るわ!!

子供に優しい櫻子さん

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

子供に骨の話をして諭す櫻子さん。

結構、満更でもなく、子供が好きなご様子。(でもあくまで骨である)

「子供は嫌いだ!!」とか、言いそうな雰囲気なんですけどね?

露骨な舌打ち

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

チッ (・д・)

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

櫻子 「頭が悪いな君は!」

警官には厳しい、櫻子さんである。

露骨な舌打ち、やめてあげてww

このあと子供の身元が分かります、そこは・・・

ゴミ屋敷での捜索

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

迷子あらため「いーちゃん」の家に向かう一行。

そこはなんとゴミ屋敷。しかも中から死臭が・・・・・

1人だけ笑みを浮かべる櫻子さん、このひと絶対、いまの状況を楽しんでる。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

やはり、室内には死体が。 さっそく検死を始める櫻子さん。

しかし、部屋はゴミで埋め尽くされ捜査が上手いように進まない。

ゴミ屋敷汚い。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

櫻子 「どこに隠したんだ・・・」

子供がもう1人いる事に気づいた櫻子さん。

地下収納から、赤ちゃんを見つけます。

それにしても、「邪魔だ!!」と、遺体をひっくり返したり、

死体には容赦のない櫻子さん。

重なる過去

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

櫻子 「よせ・・・行くな、そうたろう!!」

赤ちゃんの心肺蘇生を開始する櫻子さん。

しかしそこに、今回の犯人がカムバック。手には包丁、完全に薬キメてます。

万事休すの時、正太郎が犯人に飛びかかります。

その時、櫻子の脳内にビジョンが‼ トラウマ回想シーンです。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

櫻子 「馬鹿者ッ!!」

なんと、古武術の黒帯だった正太郎くん。

犯人を取り押さえます。 こいつも主人公だったかぁ~。

しかし、「二度とするな」 と怒る櫻子さん。

やはり、以前のトラウマと関係ある感じですね。

ともあれ、正太郎のことを大事に思ってることが分かるシーンです。

これは後で、甘海老フルコースですな。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

事件は、一件落着。

死体と骨を愛する櫻子さんですが、

それらを愛しているからこそ、逆に同じくらい命の大切さも知っている櫻子さん。

意外な一面が見えた話だと感じました。

伏線もチラホラと出てきましたが、基本的に1話完結な感じも素敵ですね。

3話まとめ ~櫻子さんは骨のみを信ず~

そうだ、当麻に行こう。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

夏に入り、休日に当麻へ骨探しに向かう事にした

櫻子さんと正太郎くん。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

鍾乳洞の中で、櫻子さんをエスコートする正太郎くん。

鍾乳洞の中の背景美術が凄かったです。

綺麗な櫻子さん、あと謎のアングルな?ww

櫻子さんは死体に好かれる。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

鍾乳洞を出た先で、人の白骨化したいと遭遇する2人。

櫻子さんは、そのあまりの完璧さに大喜びですが、

正太郎くん至って冷静。警察に届け出ることに。

残された遺族

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

それから数日後のこと、

櫻子さんと正太郎くんが見つけた白骨化遺体は、

なんとクラスメイトの、鴻上さんのお婆さんだったのでした。

自殺だという捜査結果に、思いつめる鴻上さん。

しかし、櫻子さんは疑問の表情。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

「涙は、体内の水分のみを消費する・・・つまり、泣くのは身体に悪い。」

こんな論理的に、泣くのを諭す人は初めて見ました。

でも、確かにこういう風に諭されれば、たしかに泣くのは止めようとなるかも?

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

鴻上さんのお婆さんの遺体現場へと向かう3人。

櫻子さんは、お婆さんは自殺ではない、と断言します。

その証拠として、崖の上に3人。

そこに広がっていた景色は、鴻上さんのお爺さんが描いた絵と同じ景色だったのでした。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

「朝日を見に来る人は、自殺何て考えない。」 と断言する櫻子さん。

鴻上さんのお婆さんは、元気を得るために、

この場所へ朝日を見に来ていたのでした。