【ダイヤのA】成宮鳴 敗北から立ち上がったNo.1サウスポー

関東No.1のサウスポーと言われる成宮鳴

1年の時に敗北を経験し、2年の夏に甲子園出場を果たしたエースとは

成宮鳴

プロフィール

出典:http://matomame.jp

稲城実業のエース

関東No.1サウスポーと呼ばれるほど注目されているピッチャーであり打撃も強く5番を任されている

性格はプライドが高く「打席で驚く人の顔を見るのが1番好き」という程の自信家

しかしそれ故に過去に監督の指示を無視して交代させられたこともある

ピッチングに相当の自信を持っており全国制覇も公言した

球種

出典:http://pic.prepics-cdn.com

MAX148kmの速球にスライダー、フォーク、チェンジアップを駆使する

さらに決め球のチェンジアップはスクリュー気味に緩急をつけて落ちてくるが球数が増えると浮いて甘くなってしまうため決め所でしか使わない

稲城実業

稲城実業とは

出典:http://blog-imgs-63.fc2.com

毎年青道、市大三高と甲子園を争う西東京の強豪校

2年生レギュラーのほとんどが成宮に勧誘された強豪シニア出身だが皆我が強く協調性があまりないのが弱点でもある

御幸との関係

中学時代の成宮

出典:http://pic.prepics-cdn.com

中学時代の成宮は自分の世代で最強のチームを作るために同世代のシニアを集めていたが御幸だけは決裂した

しかしそれを見込んでお互いの実力を認め合っており「鳴」「一也」と呼び合っている

1年生の夏

成宮の暴投

出典:https://pbs.twimg.com

1年生の夏、甲子園3回戦で決勝点となる暴投をしてしまう

それが原因で自らを追い込みフォームを崩してしまう時期もあった

しかし甲子園への執着は凄く、その気迫は強かった

2年の夏

青道高校との決勝戦

出典:http://blog-imgs-51.fc2.com

2年の夏、西東京大会の決勝で青道高校との試合

青道の結城率いる強力打線に苦労する場面も多かったが得意の球種を活かして4失点に抑えた

そして9回、青道の川上投手からサヨナラヒットを奪い自身の雪辱を晴らすかのように自身のバットで甲子園の切符を手に入れた

甲子園

出典:https://pbs.twimg.com

自らの手で掴んだ甲子園

高校通算本塁打67本という愛知西邦高校の怪物佐野を三振で仕留めるなどの活躍をして決勝に進んだ

決勝の巨摩大藤巻高校戦では延長14回まで一人で投げ抜くもサヨナラ負け喫し、準優勝という結果に終わったが稲城のエースとして全国に名前を残した

実力のある投手なので今後の活躍が気になる選手です相手の稲実って、強いですね。