【ダイヤのA】兄の背中を追った小湊春市 兄の気持ちを背負って戦う選手

ずっと兄の背中をおって野球をしてきたダイヤのAの小湊春市

小柄な背中で兄の思いを受け継いで甲子園に立つ選手とは

小湊春市

プロフィール

出典:https://pbs.twimg.com

青道高校も3番

小湊亮介の弟であり兄と同様小柄な体系

しかしバッティング、守備ともに高いセンスを持っており、長打を打つこともできるなど幅広い活躍をしている

プレースタイル

出典:https://pbs.twimg.com

偽装サインを使用したり長いバットを短く持ち帰るなど相手を翻弄するプレーを得意としている

また、クラブ捌きとバッティングセンスも高く、早いスイングでしっかりとミートさせた上でボールを左右に打ち分けるなどといった細かいプレーと大胆なプレーを変幻自在に使い分けるプレーをする

性格

出典:https://pbs.twimg.com

恥ずかしがり屋な性格でヒットを打った後に照れながら右手を上げるなどしている

中学時代

ずっと兄に憧れてやっていた野球だが中学時代通算打率6割3分5厘という記録を出している

小湊亮介

春市との関係

出典:http://pic.prepics-cdn.com

春市がずっと憧れていた兄

春市が青道に進学する際に俺の真似をするなと言ったり春市に厳しく接することも多いが様々な面で春市を気にかけている様子も見られる

グローブを託す

出典:https://pbs.twimg.com

秋大会の決勝戦前に春市に一緒に戦う気持ちを持つためにグローブを貸してほしいと頼まれたが断り、代わりに革手袋を借した

卒業式で春市にそのグローブを渡し、春市はセンバツで亮介のグローブを使い試合に臨んでいる

木製バット

木製バットのこだわり

出典:https://pbs.twimg.com

高校生野球では珍しく木製バットを使っているが、これは兄を越えるために自らハードルを高めたものである

しかし、落合コーチからは木製バットを扱うパワーが足りないと指摘され、金属バットを使用するように命令されたが

木のしなりを利用した打ち方をしており金属バットに馴染めなかったのでその後も木製バットを使い続けている

欠点

小湊の欠点

出典:https://pbs.twimg.com

小柄なので体力やパワーがないことが欠点になる

だがそれを補うだけの技術と内に秘める強い気持ちがある

試合での活躍

夏季大会での活躍

出典:https://pbs.twimg.com

西東京大会決勝の稲城実業戦で、足を負傷した兄亮に代わり代打に立ち成宮鳴のインコースの球をバットを折りながらレフト前に運ぶヒットを打つ

しかし9回の守備で難しいゴロを捕球するもセカンドベースへのトスが緩く同点を与えてしまう

その後に成宮に決勝点を打たれてしまった

だが夏の予選戦では通算4打数4安打という成績を残し実力をみせており、今後の甲子園の活躍が期待できる