参番隊の頼れるリーダー オルガ・イツカ ~機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ~【毎話更新】

主人公が所属するCGS三番隊のリーダーであると同時に、主人公の兄貴分でもあるオルガ。

最近のガンダムシリーズによくある、主人公を支えるお兄ちゃんポジですね。熱い心と、三番隊のメンバーに対する責任感が強いオルガの行動を、放送中のアニメに合わせて、まとめて行きます。

オルガ・イツカとは

出典:http://g-tekketsu.com

CV:細谷 佳正

火星民間軍事会社クリュセ・ガード・セキュリティ(通称:CGS)所属の少年。

CGS内にいる少年たちから、厚い信頼を寄せられており、リーダー的存在。

オルガ本人も、少年たちからの期待に応えようと努力している。

少年たちが虐げられることなく暮らすことを目指し、CGSへのクーデターを決意する。

オルガの居場所 ~参番隊・鉄華団~

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

非正規雇用の少年兵たちで構成されたCGSの一部隊『参番隊』のリーダを務める。

ギャラルホルンの襲撃を転機に、不当な差別や暴力といった、

大人による人間以下の扱いを受ける現在の環境からの脱却を画策。

CGS本隊からの独立し、新組織「鉄華団」を結成。 地球を目指す。

右腕であり、弟分 ~三日月・オーガス~

出典:https://pbs.twimg.com

幼いころから一緒にいるミカ(三日月・オーガス)とは、

実の兄弟のような、深い信頼関係で結ばれている。

困った時の頼れる参謀 ~ビスケット~

出典:http://livedoor.blogimg.jp

参番隊の中では、数少ない就学経験者であり、

文字の読み書きも出来るビスケットは、

オルガにとって参謀役であり、ミカと同じく欠かせない存在。

1話のオルガ ~生き残るために~

参番隊の日常

出典:http://livedoor.blogimg.jp

ユージンとミカの喧嘩を眺めるオルガとビスケット。

個人的には、この2人の「長年の付き合い」みたいな雰囲気が好きです。

ギャラルホルン襲撃

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

地球連合治安維持部隊ギャラルホルンに襲撃されるCGSの基地。

モビルワーカーで善戦するオルガ達の前に、敵のMSが姿を現す。

今作では、MSは貴重な兵器という位置づけらしいですね。

焦るオルガの顔に、MSの脅威度を教えさせられる印象的なシーンです。

死んでたまるか‼

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

「こんなところじゃ終われねぇ・・・そうだろミカッ!!」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

オルガの決意の叫びと共に、

ミカの乗ったバルバトスが一撃を放つシーン。

一話で最高に熱いシーン。これはズルい。

この格好良さは、

「メイン主人公、オルガじゃね?(ガンダム乗ってないけど)」

と思ってしまうほど。オルフェンズはダブル主人公だったか~

2話のオルガ ~仲間たちのために~

許されない決意

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

基地襲撃に際して、大人たち(CGS本隊)を囮にした参番隊は、

CGSの大人たちから、制裁を喰らうことに。

「俺だけでいい」と一人殴られるオルガ、これは男前すぎる。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

「許せねぇ・・・ちょうどいいのかもな」

いよいよ、これまでの不当な扱いに対して、決意をするオルガ。

ガンダム作品における、「大人の理不尽さ」というか、黒さは奥深いですよね。

独立

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

参番隊はCGSから独立することを決意するオルガ。

参番隊の面々に、決意を聞くオルガ。答えは決まってますよね。

オルガみたいなリーダーだったら、付いて行きたくなります‼

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

最終的な判断は、ミカの決意で決めると言うオルガ。

同時に、「自分が本気なら、確実にミカは応じてくれる」というオルガ。

オルガとミカの深い信頼と絆を感じさせるシーンでした。

オルガとミカのダブル主人公、グレンラガンを思い出します。いい感じです♪

3話のオルガ ~鉄華団~

粛清

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

オルガ 「おはようございます。薬入りの飯の味は如何でしたか?」

大人たちを拘束するオルガ達。

大人たちに、CGSから去るか、参番隊に従い協力するかを迫ります。

暗礁

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

大人たちを粛清したCGS。

しかし、資金難という問題が浮上します。

対策に揉める参番隊の面々。

そこに、ギャルホルンのクランク・ゼントが決闘を仕掛けてきます。

強さ

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

「ミカはな、強くなくちゃ生きていけないことを知ってるんだ。」

「意地汚くてだけど潔い。あいつは矛盾の塊なんだ。だけど…だからこそ強い。」

強さの意味を探す姫様が、ミカに対して抱く疑問に答えるオルガ。

長年、ともに生きてきたオルガだからこそ、の言葉でしたね。

オルガ自身も、隣で見てきたミカの生き方に、影響を受けている。

そんな印象を抱かせる場面です。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

決闘の様子を見届けるオルガ。

折れたメイスの柄が飛んできますが、

微動だにしないオルガさん、カッコいい・・・というよりも男前です。

オルガ自身の芯の強さ(揺るがない意思)を比喩した、良い演出でした♪

鉄華団

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

クーデリア 「鉄の火・・・ですか?」

オルガ 「鉄の華だ。決して散らない鉄の華」

『参番隊』 あらため 『鉄華団』 に命名変更。

3話のサブタイトルの 『散華』 に掛けているところが、ポイントに感じました。

地球へ

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

クランクを退けた鉄華団。

姫様もミカの生き様に感化され、決意を固めます。

改めて、地球へ向かう姫様の護衛任務を承諾するオルガ。

次回から、いよいよ物語が動き出す予感がします。

4話のオルガ ~旅立ちに向けて~

宇宙(そら)へ

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

クーデリア姫を地球へ護送するために、

オルガたちは宇宙へ向かう作戦を計画する。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

ギャラルホルンの目から逃れるためにも、

オルガ達、鉄華団は旅立ちへ向けての準備を開始する。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

オルガは昭弘に、マルバ達と契約書を変換。

「ヒューマンデブリ」と呼ばれ、人ならざる扱いを受けてきた昭弘たちを自由にした上で、

改めて、鉄華団への参加を提案します。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

「一緒によ。でっけぇ花火打ち上げようぜ?」

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

オルガの片目だけ閉じる仕草が、個人的にお気に入りです。

いやぁ、オルガさん本当にカリスマ的リーダーですわ。

全話でもコメントしたかもしれませんが、オルガのような事をされたら、

「よし、俺も頑張るか!!」という気持ちになりますよね。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

「ミカ。これを俺らで守っていくんだ。」

遂に完成する鉄華団のロゴマーク。

いよいよ、新体制がスタートという感じです。

次回からは、いよいよ宇宙へと舞台が移りますが、今後が楽しみです。

死亡フラグだけは回避してほしいッ!!

5話のオルガ ~宇宙(そら)を駆けて~

旅立ち

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

宇宙を航海するにあたっての航路を確保するため、

オルクス商会の代表、オルクスとの話し合いに挑むオルガ。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

オルクス商会との交渉がまとまり、

いよいよ鉄華団は、地球に向けて出発する。

襲撃

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

クーデリア 「私を差し出してください!」

  オルガ 「それはなしだ。俺らの筋が通らねぇ。」

宇宙へ飛び立った鉄華団の面々は、

程無くして、ギャラルホルンのMS隊に襲撃される。

予定外の襲撃に、動揺する鉄火団の面々。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

鉄華団の動向は、

トド・ミネルコンとオルクス商会の裏切りによって、

ギャラルホルンに連絡されていたのだった。

ギャラルホルンとオルクス商会の部隊に、

囲まれる鉄華団の面々。万事休すか!?

援軍

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

昭弘 「迎えに来たぜ? 大将。」

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

オルガ 「時間どおり。いい仕事だぜ昭弘!」

窮地のオルガたちの元に駆けつけたのは、

移動船 『イサリビ』 を従えた、昭弘であった。

トドの裏切りを予想したオルガ、マジで格好いいです。

仲間を信じろ!!

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

ユージン 「てめぇはおとなしく座ってろ」

 オルガ 「やれんだな?」

ユージン 「俺らに黙って船まで用意しやがって。俺にも仕事させろ!」

イサリビに乗り移る鉄華団の面々。

この危機的状態から脱出するために、

オルガは、小惑星にアンカーを撃ち込んで、

急速回頭する方法を思いつく。

しかし、それには誰かが、モビルワーカーに乗り、

アンカーを破壊する必要があるのだが・・・

ユージンさんの見せ場キタ――(゚∀゚)――!!

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

 オルガ 「ユージンはやるさ!!」

ユージン 「てめぇのそういうとこは、ほんと気に入らねぇなぁ!」

アンカーを起爆させるユージン。

男ユージン、最大の見せ場です。

まさか、MS戦よりも熱いシーンがあるとは。

最高です。

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

 オルガ 「ハラハラさせやがって」

ユージン 「クソみてぇな作戦立てた、てめぇが言うな」

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

 オルガ 「次もこの調子で頼むぜ?」

ユージン 「ふっざけんな!」

  昭弘 「疲れた・・・」

ということで、無事に敵の包囲網から抜け出したオルガ達。

無理してMS乗って戦ったのに、

スポットが薄い昭弘さん、可哀想すぎるww

でも、鉄華団のそれぞれの面々に、焦点が振られているのは、

良い作品だなぁ~と感じました。来週も期待です。オルガさんマジでかっけえ(^w^)