覚醒後がまるで別人の主人公!金木研の名シーン・名セリフ15選

東京喰種(トウキョウグール)の主人公、金木研(カネキケン)の仲間想いな優しい性格と、白カネキに覚醒後の普段と違った金木のかっこいい名セリフ・名シーンをここぞとばかりに紹介したいと思います。これを見ればなぜ金木研が主人公なのかも納得できないそこのあなたも納得すること間違いないでしょう。

僕を…人殺しにしないでくれ。

人間でも、喰種でもない。

そんな不完全な間に挟まれている金木が必死にもがき耐えながら訴えるこのシーンはとても心に響きました。

何もできないのはもう嫌なんだ。

仲間を守りたい気持ちが人一倍強いのは金木のそばに“あんていく”のみんながいてくれたから。仲間のためになにもできないなんてきっと誰しも嫌でしょう。

1000引く7は…?

出典:http://livedoor.blogimg.jp

このシーンを見て鳥肌が立った方もいるのではないでしょうか。ヤモリと同じ台詞を吐きながらも白カネキ覚醒シーンはかなり印象的だったようにも思えます。漫画のこのシーンの迫力はもちろんすごかったですが、アニメでは動作、色彩と音響の組み合わせでより迫力満載でした。

僕は自分を見失わない。それが僕の戦い方だ。

出典:https://i.ytimg.com

周りに流されず己の信念を曲げないそんな金木を見て素直に思ったのは「かっこいい」ただそれだけでした。自分を見失わずに生きることは、現実世界で生きる私たちにとっても難しいことでもありますね。

僕を喰おうとしたんだ。僕に喰われても仕方ないよね?

かっこいいけれど、どこか狂気を感じてしまうのはいつもの金木ではなく、白カネキだからこそでしょうか。第1期最終話のラストシーンは今でも脳裏から離れないぐらい衝撃的でした。

全てを知った上で受け入れてくれる人がいれば・・・枷を嵌めて生きる身だとしても、どんなに救われるだろう。

出典:http://pic.prepics-cdn.com

この台詞を読んで金木にとってそんな人が現れてほしいと、きっと読者の方も思ったことだと思います。簡単なことじゃないのはわかってはいても、そうあってほしいと願う金木の姿は少し悲しくもなりました。

「半殺し」の定義って何だと思う?

出典:http://livedoor.blogimg.jp

絢都に対して言ったこの言葉がもし自分に言われているんだとしたら…考えるだけでもとても恐怖を感じてしまうぐらい白カネキの怒りがここではよく表れています。

僕は思う。世界が間違っているとすれば、歪めているのは・・・この世界に存在するものすべてだ。

出典:http://tsundora.com

金木の正論とも言えるこの台詞になぜか考えさせられました。確かに世界を否定してしまえば、その中で生きている人間も喰種も皆生まれてくるべきじゃなかった、そういうことになりますよね。

そのまま黙って聞けよ…話してる。

出典:http://koebu.com

威圧的な白カネキにドM女子はきゅんと来るシーンではないでしょうか。たったこの一言だけなのに破壊力は凄まじいですね。

相手のこと知らないまま、間違ってるって決めてしまうなんて…そんなのが正しいなんて、僕は思えない。

出典:http://pic.prepics-cdn.com

金木のこの言葉は読み手である私たちにも“見えてこなかった答え”が相手を知ることによって選択の幅や視野を広げることができるんだと教えてくれているような…そんな気がしちゃいませんか?何か心にジーンと来るものがありましたね。

だからアヤトくん・・・君は『半殺し』だ。

出典:http://livedoor.blogimg.jp

董香ちゃんにとって、たった一人の弟だからこそ殺すことができない金木の優しさでもあり、気を失うほど傷つけた絢都に対する怒りがこの一言に込められていていますね。それだけ金木自身も董香ちゃんを大事に思っている証でもあるのでしょう。

もし仮に僕を主役にひとつ作品を書くとすれば・・・それはきっと・・・“悲劇”だ。

もしも金木が利世に出会っていなかったらこの物語の主人公になることはなかったことでしょう。彼が悲劇とそう称するのは、それだけの残酷な世界に突如迷い込むことになってしまったからかもしれません。

それに気付けるのは僕だけだ。喰種の僕だけだ 人間の僕だけだ。

出典:http://ghoul.tonblo.com

喰種にだって人間と同じで感情がある。半端者だからこそ、その事実を伝えることができて、思うことがある。それに気付くことのできた金木が、人間と喰種がどうやったら歩みよることができるのか改めて見つめなおす重要なシーンだったと思います。

もっと、知るべきなんだ、人間も、グールも。世界を歪めているのは、グールだけじゃない。あなたもだ。

出典:http://i.ytimg.com

亜門に強く訴えかけるも、伝わらないこのシーンは読者として、少しもどかしかったりしました。同時に金木の心優しさが垣間見れる瞬間でもありますね。

僕は…喰種だ。

出典:http://pic.prepics-cdn.com

7巻での、この言葉は特に金木の成長を上手く表していると思います。喰種だと認めたくなかった金木がようやく自分を受け入れる覚悟ができたシーンなので成長する過程を楽しめるのも魅力的ですね。おー金木くん、一番好きやわカネキチ大好きですかっこいい金木君食べたい金木君は僕のものだっ金木君が食べながら金木君を食べたいペンチで…指ヲ…
耳ノ中にむ、ムカ、ムカデ…
1000-…1000
1000-7ハ?(ポキッ
白カネキ好きだわ…
僕のだぞっ!!!!!!