【終物語】おっぱいを巡る扇ちゃんと羽川さんの女の戦いまとめ

おっぱいを巡る扇ちゃんと羽川さんの女の戦いをまとめました。おっぱいを切り札にあららぎさんを動かした羽川さんと、おっぱいに負けて悔しい扇ちゃん。そんな彼女たちの恨み嫉みの交わし合いを4~6話を通してまとめました!

女の戦い、勃発。

出典:http://livedoor.blogimg.jp

出典:http://livedoor.blogimg.jp

扇ちゃんの老倉家家庭訪問の同行に関して揉めはじめる2人。

女の戦いがここに始まります!

こんな怖い羽川さん見たことない…。

出典:http://livedoor.blogimg.jp

議論は進み、どちらがついていくか、に。

どちらが「上手くやれるか」

どちらが「ふさわしいか」

二人の対立は続きます!

「阿良々木先輩、あなたが決めてくださいな。」「阿良々木くんが決めて。」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

勝負の行方は阿良々木さんに託されました…!

そこで繰り広げられる二人の決意表明(?)

「私と一緒に行ってくれればそこにどんな謎があれ、またもひとつの解決を提示して差し上げると。」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

自身の推理力を武器に、あららぎさんを口説こうとする扇ちゃん。

それに対し羽川さんは…?

「おっぱいを触らせてあげる」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

羽川さんの巨乳という切り札。

誰がこの誘惑に勝てると言えるだろうか。

選ばれたのは…

出典:http://livedoor.blogimg.jp

巨乳でした。

あっけなくおっぱいに釣られるあららぎさん。

この後に「多くの人はひょっとすると誤解しているかもしれないが、別に僕は彼女の胸部に惹かれて羽川をパートナーに選んだわけではない」

と、供述していますが、だれが信じるというのでしょう。

この戦いはひとまず羽川さんの勝ち。

しかし戦いは終わらない

出典:http://livedoor.blogimg.jp

扇ちゃんの恨みは解消されていません!

「そんな胸部の肉塊で阿良々木先輩を誘惑した割にねぇ?」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

に、肉塊って…(笑)

扇ちゃんのおっぱいへの憎しみがひしひしと伝わります(笑)

「私だったら恥ずかしくて生きていけないなぁ。阿良々木先輩に色仕掛けで自分を選ばせておいて、それでむしろご迷惑をおかけするなんて」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

おっぱいは!!正義!!!

扇ちゃんには…色仕掛けできる胸部の肉塊が…そもそも足りないのでは…(笑)

「本当思いますよ。あのとき阿良々木先輩が私を選んでくれていたらって。でも私は阿良々木先輩を責めませんよ」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

おっぱいを選んだあららぎさんを責める扇ちゃん。

「羽川先輩も許して差し上げますよね?なんだったら、口に出して行って差し上げたらどうですか?」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

おっぱいで釣った羽川さんを恨む扇ちゃん。

「『私の愚かさはあなたの責任じゃないよ阿良々木くん』って」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

羽川さんのパネルに顔をはめる扇ちゃん。

どうせなら胸部まで映してくれれば巨乳な扇ちゃんが見られたのに。

「羽川先輩、どうしてもわからないというのであれば、巨乳を謝っていただければ私は鷹揚な対応を考えていますよ」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

巨乳を理由に謝罪を求められるとは。

敵対心がダダ漏れのよう(笑)

自分の貧乳を恨みなさい扇ちゃん。

「『おっぱいに全部栄養を回してしまいました。年下で後輩の扇ちゃん』」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

出典:http://livedoor.blogimg.jp

鷲掴みいいいいいい!!

あららぎさんの羨ましそうな顔が(笑)

自分も触りたかったんですねわかります。

「『この簡単な問題が私にはどうしても解けないので、答えを教えてください。もう二度と阿良々木くんを横取りしませんから』」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

しょ、触手化しているだと…!

きっとおっぱいドレインしているんだと思ってます。

「と、お願いするのであれば模範解答を提示してあげなくもありません」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

巨乳のボリューム変わってない良かった。

「僕がお願いするよ。わかっているんなら教えてくれ」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

羽川さんが巨乳に謝る必要はないってことですね!!違う!!!

「『羽川とかいう大したことのない奴を選んだのは間違いでした。羽川よりも扇ちゃんの方が好きです』というのであれば教えてあげますよ。ことの真相とやらを」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

出典:http://livedoor.blogimg.jp

羽川さんの巨乳に根を持っているのか、恨みが酷過ぎる扇ちゃん。

羽川さん(のおっぱい)よりも自分を好きでいてくれないことに嫉妬気味な模様。

「迷う必要なんてないでしょう。」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

驚きのぺったんこさ!!!

「扇ちゃん、十秒頂戴。証明するわ。私を選んだ阿良々木くんが正しかったと。」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

出典:http://livedoor.blogimg.jp

出典:http://livedoor.blogimg.jp

(主に巨乳に対する)恨みを散々に受けた羽川さん。

しかし彼女は巨乳だけじゃない!

「ゼロは数えなくていい。私の勝ち。」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

巨乳を巡る戦いに加え、

答えを巡る戦いにも終焉が。

羽川さんを選んだあららぎさんの正しさを証明できた羽川さん。

おわりに

出典:http://livedoor.blogimg.jp

巨乳を巡る女の戦い。

まとめた感想としてはやはり、

「おっぱいは正義」

でした!

さすがは羽川さん!

ということで、引き続き『終物語』をお楽しみに!扇ちゃんうらやましい