愛おしい程おバカな松野十四松の魅力を徹底解剖【おそ松さん】

松野家5男で兄弟1おバカでテンションが高い十四松。今回そのおそ松さんにおける松野十四松(まつのじゅうしまつ)の魅力について迫ります。

松野十四松とは?

プロフィール

出典:http://tn-skr4.smilevideo.jp

【幼少期】CV:東美江 / 松井菜桜子 ⇔『おそ松くん』

【成人後】CV:小野大輔 ⇔ 『おそ松さん』

誕生日:5月24日(双子座) 血液型:A型

フルネーム:松野十四松

赤塚不二夫のギャグ漫画『おそ松くん』と、

その派生作品『おそ松さん』に登場する6つ子の五男。

6つ子の中では核爆弾的な存在。

異常に明るく、異常にバカである。

とにかくテンションが高いが何を考えているか分からない。

行動的なキャラ。というか行動がおかしい。 公式PVをして「明るい狂人」と表現された。

イメージカラーは黄。

外見上の特徴は、基本的に大きく開いた口に、あまりハイライトの入らない目は黒目が小さく、いまいち焦点が合っていないことも多い。アホ毛は彼だけ一本きり。

全体を通して奇行が目立つが、公式パンフレットに兄弟喧嘩は真面目に仲裁すると書かれているように兄弟思いな一面もある。

また、礼儀を知らない非常識人というわけでもなく、たとえ行動が突然でもちゃんと元気よく挨拶はする。

エンディングテーマ曰く、特技は「めちゃくちゃ足が速い」ことらしい。

寝る時の位置は足元から見て一番右端。チョロ松の隣である。

寝る前に動きたくなることがあるらしい。

作品中の活躍

出典:http://livedoor.blogimg.jp

1話

1話では「一万人斬りの王子様、スイートプリンス松野十四松」と言われている。

女生徒達に「サンクス」を「セクロス」と言い間違い、学園内にパチンコを持ち込んだ上で壁ドンではなく台パンを行い、黒服に連行された。

2話

冒頭には、チョロ松と釣堀でデリバリーコントを披露している。

ハローワークで希望職種を聞かれた際に触手のモノマネをし、ホームレスに元気よく挨拶し、ブラック工場で働く際にはレスラーのマスクをつけてチョップを繰り出した。そして、野球ユニフォーム姿で川を高速バタフライで泳いでいた。

3話

冒頭では宇宙飛行中に叫びながら回転していた。

逃げたトド松を警察コスプレで追跡する際に唯一警察「犬」のコスプレをしているなど、一人だけ行動が突拍子無い。

4話

離婚面接の時は、「俺のセールスポイントはチャンスに強いこと。あと年間ホームラン20本は固いよ~」と肩が強いアピールしていた。また、部屋の中で素振りをし、人が集まる度に「野球するのかな?」と尋ねたり、「野球はやらない」と言われて大ショックを受けたりと、かなり野球好きな様子。

5話

カラ松を誘拐したチビ太からの脅迫電話を受けた際には、真面目な表情で受け答えをしていたが、見事に聞き間違えていた。また、チビ太のおでんの料金を払う際はどんぐりをおいていった。エスパーニャンコの話では、一松のためにネコを探したりなど兄弟思いな面が見える。

6話

臭いで人を判断するなど、鼻が良いことが判明。ハタ坊の家では、兄弟に命じられて相手に卍固めを喰らわせる(相手を間違える)等、六つ子のなかでも出色の運動神経とパワーを誇ると思われる。

7話

兄弟が格段の奇行に走る中、悪ノリすることなく落ち着いていた。しかし、喫茶店で牛丼を注文したり等行動は常識的とは言い難いものの、彼らがトイレに連行された後は一人でせっせと床拭きをする様子が見られた。

異常なバカ

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

常識外れな行動が目立つ十四松。

1話から「サンクス」を「セクロス」と言い間違えたり、様々なキャラクターのコスプレ(モノマネ)をするなど3男のチョロ松を困らせていた。

2話での高速バタフライは兄であるおそ松に華麗にスルーされていた。

兄弟からもバカだと認知されており、扱いは少々冷たい。しかし、本人は気が付いていない様子(気にしていない)

間違いをすることが多く、言い間違えや聞き取り間違い、人違いなどをよくする。

両親の離婚騒動の際に行われた母親による面接では、肩の強さやバッティングの上手さをアピールするなど場違いな行動が多い。(面接結果は保留になった)

バカな兄弟の中で最もバカなため、バカさ加減が目立つのかもしれない・・・

異常に明るい

出典:http://jeg-a.xsrv.jp

バカだが、とっても明るい十四松。

常にハイテンションで、ボケをかましてくる。

常に口を大きく開き、焦点が合っていない、常識外れ、などなど文章だけだとどこかサイコパスに感じてしまう十四松(笑)さすが公式からも「明るい狂人」や「核爆弾」と言われてるだけありますね。

しかし、明るい性格が作用して、そんな狂人じみた行動をとっていてもどこかかわいさや愛しさを感じてしまうのかもしれませんね。

3話の冒頭の宇宙の話は、一人で、動きまくり、しゃべっていたが酸素が少なくなった時には、すぐにはなくならないという驚き!!意外と話しているときは酸素を使っていないのかもしれないですね(笑)

この明るさならば、本来は良い仕事に就けるのかも・・・

野球バカ

出典:http://pic.prepics-cdn.com

作中でちょいちょい野球好きをアピールする十四松。

野球のユニフォームを着てドブ川でバタフライ!

居間では、トド松と野球盤で遊んだり、扶養面接では、「年間ホームラン20本は固い」「遠投80mはいける(記録は78mだった)」等と何故か野球技術のアピールをしたり、扶養ドラフト会議でただ一人わくわくした様子を見せるなど、何かと野球推しの姿が見られている。

4話Bパートではトト子の部屋で素振りを行い、人が集まる度に「野球するのかな?」と尋ねたり、「野球はやらない」と言われて大ショックを受けたりと、かなり野球好きな様子。

伝説ともいえる1話では、アイドルの歌のシーンの際に流れた紹介映像でも野球ユニフォームを着て、グローブをかぶり、大根をバットに見立てた映像が見られた。

EDで足が速いと言っていることから、運動神経は良いらしい・・・

兄弟思い

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

常識はずれな行動が目立つが兄弟に優しい場面も多々あります。

十四松の優しさが最も見えていたのがエスパーニャンコの回。デカパンのミスで人間の本心が話せるようになったネコ(エスパーニャンコ)に4男の一松は自分の本心を兄弟にばらされてしまいます。それに怒り一松は、ネコを追い出してしまいます。

しかし、一松は罪悪感を感じたのか、ネコを探しますが見つかりません。そんな時ネコを見つけてくれたのが十四松でした。ボロボロになって探してきてくれた十四松に感動ですね。

他にも、カラ松がチビ太に誘拐された時にかかってきた脅迫電話にも割と真面目に応える面があったり(内容を聞き間違いしていましたがwww)、トド松のバイト先に行った際にも一人だけもらったパフェを一松にも食べさせてあげたり、兄弟がこぼしたコーヒーを拭いたりと兄弟思いな面がみられます。

とってもかわいいですね(*^-^)

十四松かわいい・・・天使松ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー十四松の袖がさらに可愛さを引き立たせる袖からたまに出てるお手手アカン