【七つの大罪】憤怒の罪メリオダス!魔神の力も操る元団長の活躍!

豚の帽子亭の店主でもあり七つの大罪の元団長メリオダス。数々の敵を倒してきたその活躍をまとめました。

プロフィール

メリオダス

出典:http://livedoor.blogimg.jp

七つの大罪の団長、憤怒の罪のメリオダスという通称を持っている。

10年前の王国転覆を謀った大罪人として追われる身となった後は豚の帽子亭の店主として

居酒屋を経営しながら七つの大罪の団員を探していた。

魔神族の血を持つ混血であり、その力を開放すると魔力が飛躍的に上昇するが、自制心が

効かず、暴走状態のようになってしまっていた。

しかし、修行により魔神の力、怒りをコントロールすることが出来るようになったため、

暴走状態よりもはるかに上回る魔力を魔神の血にのまれないで使う事が出来るように

なった。

十戒が出てきて、メリオダスの事を知っている事からかなり前から生きていることや、

魔神族とのかんけいなど、まだまだ謎めいた部分が多く残っている。

神器

出典:http://7tuno-taizai-ken.up.n.seesaa.net

魔剣ロストヴェイン

ドラゴンの紋章のある片手剣

豚の帽子亭の資金のために一度メリオダスによって売られていた

今のところ詳しい能力などは不明であるが、ロストという名前とメリオダスがかなり

昔から生きている可能性を考えると過去の力を使える等あったら面白そうです。

能力

出典:http://maniq.jp

「全反撃(フルカウンター)」

相手の魔力を数倍にして跳ね返すことが出来る

跳ね返さず魔力を消し去るカウンターバニッシュという応用技も使う。

さらに、自身が無防備になり、相手の攻撃を限界ギリギリまで溜めて一気に放出する

リベンジ・カウンターという大技も使う事が出来る。

そして、「全反射」とは別に魔神族の能力と思われる黒い炎を操る「獄炎(ヘルブレイズ)」

という能力を使う。

過去

メリオダスの過去

出典:http://blogs.c.yimg.jp

16年前、ダナフォール王国で聖騎士団の長を任されていたが、フラウドリンと

交戦した際に、最愛のリズを殺されたことでメリオダスの怒りが暴走、魔神化した

メリオダスがダナフォール王国を消滅させた。

そして現在の罪「<憤怒>に我を忘れ「ダナフォール王国」を消滅させた」大罪人、

憤怒の罪メリオダスとなった。

ツイーゴ戦

ツイーゴからエリザベスを助けるメリオダス

出典:http://mangaga-xx.com

メリオダスが刃折れの剣を取り出した時です。

飾りかと思われていた刃折れの剣を初めて使用し、ただのガラクタでは無いと

証明した瞬間だった。

神器でもなく剣でもなく刃が折れた剣を抜くだけでそこら辺の聖騎士を圧倒

できるメリオダスの強さはさすがだと感じます!

出典:http://mangaga-xx.com

本当に剣を抜いただけのメリオダス。

この一撃だけでツイーゴを吹っ飛ばすとか登場から遠慮がない…

ここからエリザベスとの大罪探しや多くの強敵との戦いが始まったと思うと

感慨深い一戦です。

不気味な牙戦

対ルイン

出典:http://blogs.c.yimg.jp

聖騎士ヘンドリクセン派の不気味な牙(ウィアード・ファング)の一員ルイン

メリオダスがまともに対峙したのってルイン以外の記憶がないってくらいルインは

まともに七つの大罪たちと戦ったと思います。

メリオダスとディアンヌの前に立ちふさがったルイン。

魔力によって幻影を見せられ同士討ちをする。

そこへやって来たエリザベスがルインの杖から術の元となる鈴を奪い、

ルインの術が解けたメリオダスはルインをバステ監獄まで蹴り飛ばし

一撃で倒した。

ケイン・バルザド戦

喧嘩祭りに出てきた老人

出典:http://7tuno-taizai-ken.up.seesaa.net

最初キングと戦い、老人相手だと余裕を見せていたキングを簡単に

倒して勝利した。

喧嘩祭り準決勝、メリオダス対ケイン・バルザド。

ケインは相手がメリオダスだとわかるとマントを脱ぎ、胸の紋章を

見せるとそれはかつてメリオダスが滅ぼしたダナフォールの聖騎士であった。

涙を浮かべながらなぜダナフォールを滅ぼした、なぜリズを殺したと言いながら

巨大な炎で攻撃をする。

それをカウンターバニッシュで消したメリオダスを見てケインは本物のメリオダス

だとわかり、メリオダスも炎のバルザドだと思いだした。

メリオダスは仲間たちを裏切ったわけではないとケインに話すと、ケインは戦いを

やめ棄権した。

強大な敵と戦いうシーンではないですが、メリオダスの過去と旧友との出会いなど

様々な事が詰まった一戦でした。

鎧巨人戦

ゴウセルが鎧に閉じ込めていた怪物

出典:http://livedoor.blogimg.jp

その正体はヘンドリクセンが

新世代を作る過程で、魔神の血を飲ませ、それに適合することが出来なかった

ギーラの父・聖騎士デールのなれの果てであった。

複数の心臓と強力な魔力を持ち、暁闇の咆哮5人で戦っても倒すことができず

メリオダス、バンが参戦した。

メリオダスは獄炎を使うも相手を殺すことに躊躇ってなかなか倒す事が出来ない。

出典:http://blogs.c.yimg.jp

仲間がやられるのをみてバンが苛立つ。

そこへエリザベスが、リズがかつてメリオダスに渡そうとしていた剣を渡し、

戦うように促す言葉で心が動き、剣を抜いて戦い、切り刻み、バンが核を潰して

勝利した。

メリオダス、リズ、エリザベスの関係が今までよりも見えてきたことや、

メリオダスが本格的に剣を抜いて戦った一戦である。

ヘンドリクセン戦

聖騎士長であり、七つの大罪の最大の敵であったヘンドリクセン

出典:http://blogs.c.yimg.jp

魔神の血を聖騎士に飲ませ新世代を作ったりし、数々の敵を七つの大罪に

送りこんだ。

ギルサンダーにより倒されたが魔神の血を取り込んで復活したが、七つの大罪の

攻撃により追い詰められ、さらに灰色の魔神の血を飲み覚醒したヘンドリクセンに圧倒される。

出典:http://maniq.jp

次々と聖騎士を殺したヘンドリクセンにたいしてエリザベスが覚醒、さらには

メリオダスが大技リベンジ・カウンターを放つ。

メリオダスは攻撃を極限まで攻撃を受け、一気に解き放ち魔神化したヘンドリクセンを

遥か彼方に吹き飛ばした。

一章の最大の敵であったヘンドリクセン、さらには今までの一番の攻撃である

リベンジ・カウンターも繰り出した大きな一戦であった。

巨獣アルビオン戦

十戒の復活に影響されて目覚めた魔神族の兵器、巨獣アルビオン

出典:http://mangakansou.com

メリオダスが巨大な指に掴まれたアーサーを助けた時にリズからの贈り物の

剣が折れてしまった。

そこでマーリンがメリオダスに神器ロストヴェインを渡す。

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

一瞬消えたかと思われたメリオダスはアルビオンの腕の上に行き、アルビオンの腕を

バラバラにした。

するとアルビオンは5つの突起からそれぞれ魔力を放ったがメリオダスが5人に分身、

全ての攻撃を全反射しアルビオンの核ごと吹き飛ばした。

元から強かったメリオダスだったが、神器を持ったメリオダスがより強くなった戦い

であった。

ガラン戦

復活した魔神族十戒の一人、真実のガラン

出典:http://mangakansou.com

桁違いの闘級と魔力で七つの大罪を次々と倒していき力の差を見せつけられた。

強力な十戒と戦うためにドルイドの里で修行をし、怒りを抑え、魔神の力を

コントロールする事が出来るようになったメリオダスの闘級は跳ね上がり、ガランを

超えた。

出典:http://sanekosusumejouhou.com

マーリンにより一時十戒の前に現れたメリオダスはガランに攻撃し、全身から血が

噴き出るガランであり、雪辱を果たした。

今まで魔神の力を暴走させてしまうことがあったメリオダスであったが、その力を

コントロールし、強力な十戒と戦う力を付けた一戦であり、今後のメリオダスの

活躍にも期待できる戦いでした。

今後もメリオダスの活躍が楽しみです。